fc2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
和田アキラとプリズムを愛するすべてのファンに捧げる「ラブ・ミー」
プリズムの曲を初めて聴いたのは、ラジオ番組で、
雑誌「プレイヤー」のギター講座など連動していた、
ラジオ関東「プレイヤー・ショー」に、和田アキラと
森園勝敏が出て、バンド名の曲「プリズム」を流す。

もうテープが劣化してしまい、再生は不可能だが、
ケースごと記念に残してあるカセットのラベルには、
「プレイヤーショー 77年7月18日 プリズム」と、
書いてあり、自分は秋くらいと思い違いしていた。

リー・リトナーとラリー・カールトンの特集が続いた、
FM東京の「アスペクト・イン・クロスオーバー」を、
先に聴いたとばかり思っていたが、こちらの方は、
8月23日、8月30日と放送日を記入してあった。

この2人が、渡辺貞夫・五輪真弓のバックで来日、
コンサートやスタジオ生演奏が放送されたりして、
クロスオーバーギターがブームになってきた頃に、
ちょうど良いタイミングでのプリズムだったとばかり。

自分のことだが、リトナー「キャプテン・フィンガー」、
カールトン「ルーム335」など聴いていない段階で、
早弾きと変拍子の「プリズム」のテーマを聴いたら、
それは、ものすごい衝撃だっただろうなと想像する。

ただ、下地というか、高校のギター好きの仲間は、
たいていジェフ・ベックのインストをコピーしていて、
ロック畑からのクロスオーバーには親しんでいたし、
ジャズ畑のジョージ・ベンソンなども聴いてはいた。

ギターが上手くなるにはジャズを覚えた方が良いと、
友人たちから言われ、ジョージ・ベンソンを聴くが、
「ブリージン」は、今でこそポップなアルバムだと、
思うが、当時は、うわ、もろにジャズだよと感じた。

そうした中で聴いた「プリズム」は、ロックギターの、
歪ませた音で、ジェフ・ベックよりも早弾きがすごく、
スローな曲での泣きのギターは、これまたベックの、
「哀しみの恋人たち」のようで、すぐにとびついた。

デビューアルバムの発売より先に、シングル盤で、
「ラブ・ミー」を出していたようで、情報の早い人だと、
こちらを先に買ったり、ラジオでも聴いたのだろうし、
泣きのギターと中間部のサンバでの早弾きが見事。

プリズムの歴代の曲で、女声ボーカルが入るのは、
この曲だけかもしれず、バンドのデビューにあたり、
インスト曲よりは、歌ものを出す方が一般受けする、
そんなレコード会社の思惑がどことなく見てとれる。

インスト、クロスオーバーギターの先輩格でもある、
高中正義が、アグネス・ラム人気に便乗したような、
「スイート・アグネス」を出し、多少はヒットしたので、
同じ歌手を起用して、二匹目のドジョウを狙ったか。

プリズムのアルバムのクレジットには、ボーカルの、
名前は伏せてあるが、当時から、歌っているのは、
タンタン(大空はるみ)であると、自分も知っていて、
リマスターCDで明かされたというが、周知の事実。

これは秋になった頃だろうか、若山源蔵の番組に、
和田と森園がゲスト出演し、ジェームス・ボンドの、
吹き替えの人とプリズムの2人なんて奇妙だなと、
思いながら番組を聴くと、「トルネード」がかかった。

それこそ、こんな最先端プログレ・フュージョンを、
若山源蔵の番組で流すなんて意外だったのだが、
歌ものなんかよりアキラの早弾きを前面に出そうと、
ファンの反応を見て、路線変更をしたのだと感じた。

プリズムの「ラブ・ミー」の演奏は、10年程前にも、
一度やっているが、この1~2年の演奏に比べて、
それ以前のものは、かなりひどいクオリティなので、
やり直す以上は、できるだけ完コピを目指すことに。

40年以上前に買った、バンドパート譜シリーズは、
ドラムは基本パターンに「FILL」の表示だけとか、
エレピ、シンセはコード表記のみ、ひどすぎるのは、
ベースが「Your Feeling」で白紙のページが続く。

それでも、耳コピの苦手な自分には重宝していて、
ギターのアドリブ部分では16分音符以上になると、
明らかに違う音符が続くが、まったくないよりまし、
多少自分で修正しながら、これまで演奏してきた。

ただ、「ラブ・ミー」は、シングルカットされたからか、
「クロスオーバー・ジャパン」のバンドスコア集に、
収録されていて、こちらは、かなり正確な譜面で、
もう絶版だが、ダウンロード楽譜で曲単位で販売。

これで完コピだと、ドラム入力から取りかかるが、
自分のMTRは、テンポチェンジができないので、
途中のサンバで倍テンになる箇所は、文字通り、
倍のテンポ、16分音符を32分音符で入力する。

それで、ベース、ギターシンセ、リズムギターと、
いい感じで演奏していくが、いざリードギターを、
弾いてみると、サンバの部分がすごく間延びして、
テンポ60→120ではなく、135にしないとダメ。

とりあえず、録音を続けたが、ミックスダウン時に、
聴き返したら、中間部があまりに間抜けな感じで、
ここは、あせらず、じっくり取り組もう、中間部だけ、
別に録音して、あとでパソコンで編集すればよい。

時間をかける以上、昔から弾いているから楽勝だ、
目をつぶっても弾けるさと、豪語しているギターも、
原曲をじっくり聴き込んで、完全コピーを目指すが、
かなり、自分流のフレーズで弾いていたと気づく。

歌のメロディをなぞるように繰り返し弾くフレーズも、
チョーキングのタイミングや音程があまりにひどく、
ここだけでも、毎日何時間も練習するが、かえって、
ドツボにはまり、何が正解かわからなくなってくる。

昔、新婚旅行で同じツアーを回ったグループ中に、
ギターサークルで知り合ったというカップルがいて、
プリズムの話になると、和田アキラのフレーズは、
ミストーンまで完コピしたと言うので、嬉しくなった。

自分は渋谷河合楽器の発表会で、「プリズム」と、
「バイキングⅡ」を演奏したが、早弾きのところは、
かなり自分流で、単に16分音符を続けただけで、
世の中には上手い人がいくらでもいるなあと感心。

自分は、そこまでは無理だが、なるべく雰囲気が、
出るように心がけ、メロディを歌わせるのもそうだし、
サビのクリーントーンは、限りなく美しく響くように、
丁寧に弾くことにしたら、多少は似てきた気がする。

エンディングはフェイドアウトするが、ちょっと伸ばし、
アキラが近年のライブでは、ここで早弾きするので、
自分もなりきって、初期のレスポールで弾きまくる、
そんなフレーズを意識しつつ、ムチャ弾きで終える。

いずれ記事にするが、自分より、はるかにアキラに、
思い入れのある人が、かなり多いのに今回気づき、
そうしたファンの方々と、和田アキラへの愛をこめて、
プリズムの「ラブ・ミー」、1ヶ月かけてのアップです。





スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


久しぶりです
こんにちは。久しぶりの音源楽しませていただきました。

昨夜は、THE SQUAREの「うち水~」から「TRUTH」までを聴いておりました(泣)

プリズムに詳しくない自分でも、これは今唯一持っているベスト盤の1曲目ですから、よく聴いています。
いきなりですが、最後のフェードアウト直前の速弾きすごいですね。あのフルピッキングの音、まさにアキラ節という感じです。
この曲はけだるいスローな部分と、「同じ曲か?」と思わされるハードな部分のコントラストがすごく、そのかっこよさがよく表れたカバーだと思います。
これ使われているのレスポールですよね?
SMO | URL | 2021/04/29/Thu 17:20 [編集]
Re: 久しぶりです
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちは。久しぶりの音源楽しませていただきました。


仕事が忙しいせいもあって、1ヶ月空いてしまいました。



> 昨夜は、THE SQUAREの「うち水~」から「TRUTH」までを聴いておりました(泣)



安藤の引退も突然で驚きましたが、まさか和泉が、
62歳という若さでと、本当に信じられないです。



> プリズムに詳しくない自分でも、これは今唯一持っているベスト盤の1曲目ですから、よく聴いています。


デビューシングル曲でもあるので、プリズムの曲では、
CM曲の「テイク・オフ」と同様に有名な曲ですよね。


> いきなりですが、最後のフェードアウト直前の速弾きすごいですね。あのフルピッキングの音、まさにアキラ節という感じです。


まさに初期のフルピッキングを意識して弾きました。


> この曲はけだるいスローな部分と、「同じ曲か?」と思わされるハードな部分のコントラストがすごく、そのかっこよさがよく表れたカバーだと思います。


テンポが変わり、ギターもハードに弾きまくる、
本当、そのコントラストが格好良い曲ですよね。


> これ使われているのレスポールですよね?


アキラのカスタムとは違い、スタンダードですが、
黒のレスポールを使って、浸りながら弾きました。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2021/04/29/Thu 17:45 [編集]
何度もすみません
先ほど書き忘れたのですが、和田アキラって、過去のインタビューや、例のGUITAR STORIESで語っているように、GSから入って、ジミヘンやグランドファンク、ZEPなどHRを通り、サンタナやチック・コリアに傾倒している頃にプリズム始めているじゃないですか。
その当時作った曲ということは、あのフルピッキング速弾きスタイルは、アル・ディ・メオラとかの影響が強いのでしょうか?そのあたりは詳しくないので・・・曲調に関してはもう全くオリジナルスタイルで感動しかないですが。
SMO | URL | 2021/04/29/Thu 18:06 [編集]
Re: 何度もすみません
再びのコメント、ありがとうございます。


> 先ほど書き忘れたのですが、和田アキラって、過去のインタビューや、例のGUITAR STORIESで語っているように、GSから入って、ジミヘンやグランドファンク、ZEPなどHRを通り、サンタナやチック・コリアに傾倒している頃にプリズム始めているじゃないですか。
その当時作った曲ということは、あのフルピッキング速弾きスタイルは、アル・ディ・メオラとかの影響が強いのでしょうか?そのあたりは詳しくないので・・・曲調に関してはもう全くオリジナルスタイルで感動しかないですが。



おっしゃるとおり、最初はハードロックに傾倒して、
その後サンタナ、チック・コリアと言っているので、
チックのリターン・トゥ・フォーエバーに在籍した、
アル・ディ・メオラからの影響は確実だと思います。

自分が、ディ・メオラを聴くきっかけになったのも、
アキラが2枚目のアルバムを薦めていたからですし、
プリズムのデビューライブではカバー演奏してます。

ただ、当時から、アラン・ホールズワースのことも、
アキラは好きだと言っていて、レガート奏法自体は、
「ドリーミン」あたりからですが、ファーストでも、
ホールズワースっぽいフレーズを弾いていますよね。

このあたり、本人にお会いして、お話が聞けたなら、
いくらでも知りたいことがあったので残念です・・・。

ギターマジシャン | URL | 2021/04/29/Thu 19:41 [編集]
エンディングは早弾きを弾きまくっておられましたね。
途中でサンバのノリに変わるので難しかったでしょうね。
ジェフベックに比べるとメロディックというか日本風な泣きの感じが出ている曲ですね。
和泉さんの訃報は驚きました。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2021/04/29/Thu 21:20 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> エンディングは早弾きを弾きまくっておられましたね。


可能な限り、指を動かしたという感じです。



> 途中でサンバのノリに変わるので難しかったでしょうね。


録音自体はテンポチェンジの件もあって、別々にしたのですが、
伴奏も含めて、入るタイミングのリズムどりが難しかったです。


> ジェフベックに比べるとメロディックというか日本風な泣きの感じが出ている曲ですね。


演歌調とまではいきませんが、確かに日本風な感じがしますね。



> 和泉さんの訃報は驚きました。


病気や体調の話もなかったので、とにかく、びっくりです。

お聴きいただき、ありがとうございました。

ギターマジシャン | URL | 2021/04/29/Thu 21:47 [編集]
こんばんわ♪

この曲は、入りから途中までバラード調で進んでいきますが、途中からサンバビートになって盛り上がってエンディングへ向かうという流れになっていますが、そのあたりの雰囲気が良く出ていてよかったです。

速弾きフレーズはどうしてもピッキングが硬くなってしまって音がブツブツと途切れてしまいがちですが、ギターマジシャンさんはそのあたりを感じさせないでよどみなく弾ききっておられるのでさすがだと感じました。
私も刺激を受けて、練習に励みたいです。
ももPAPA | URL | 2021/04/29/Thu 23:41 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんわ♪
この曲は、入りから途中までバラード調で進んでいきますが、途中からサンバビートになって盛り上がってエンディングへ向かうという流れになっていますが、そのあたりの雰囲気が良く出ていてよかったです。


「君に捧げるサンバ」「哀愁のヨーロッパ」といった、
サンタナの曲は途中から次第に盛り上がっていくので、
そのあたりを意識したアレンジなのかなと思いました。



> 速弾きフレーズはどうしてもピッキングが硬くなってしまって音がブツブツと途切れてしまいがちですが、ギターマジシャンさんはそのあたりを感じさせないでよどみなく弾ききっておられるのでさすがだと感じました。
私も刺激を受けて、練習に励みたいです。



高校の頃から、ずっと早弾きに憧れ続けているので、
あと何年、こうして指が動くか、がんばりたいです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2021/04/30/Fri 00:04 [編集]
やはり
和田アキラ氏の記事以降、更新が滞っていたので、もしかするとPRISMでもカバーしているのかなと思っていたところでした。(笑)
1stの曲は、どの曲もいい意味で耳タコなので、ギターマジシャンさんのカバーを聞きながら、アキラ氏のソロを思い出してしまいました。なにしろすべてのソロフレーズが頭にこびりついているもので。
この時期は、もろロックの節回しというフレーズが多いのですが、それが結構カッコよく聞こえましたね。
AKISSH | URL | 2021/04/30/Fri 16:19 [編集]
Re: やはり
いつも、コメントありがとうございます。


> 和田アキラ氏の記事以降、更新が滞っていたので、もしかするとPRISMでもカバーしているのかなと思っていたところでした。(笑)


じっくり取り組んでいたので、かなり更新が滞りました。


> 1stの曲は、どの曲もいい意味で耳タコなので、ギターマジシャンさんのカバーを聞きながら、アキラ氏のソロを思い出してしまいました。なにしろすべてのソロフレーズが頭にこびりついているもので。


おっしゃるように、ファーストは聴き込んでいるので、
弾かなくても、すべてのフレーズが浮かんできますね。



> この時期は、もろロックの節回しというフレーズが多いのですが、それが結構カッコよく聞こえましたね。


ペンタトニックの定番フレーズが出てきたりして、
いかにもロックギターなので、そこのところでも、
和田アキラ、プリズムに皆とびついた気がします。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2021/04/30/Fri 18:42 [編集]
レスポールが泣いている!感動的に・・・
ギターマジシャンさま こんにちわ♪

メイプルトップ・マホガニーバック、
ハムバッカー、まさにレスポールならではの
泣きのギターを堪能させていただきました。

ギターマジシャンさまの色々な思いが感じられ、
ワタシには、まさに泣いているように・・・

5月の風の中、きっと和田アキラさんご本人にも
届いたのではないでしょうか。






いいだひろゆき | URL | 2021/05/01/Sat 11:37 [編集]
Re: レスポールが泣いている!感動的に・・・
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさま こんにちわ♪
メイプルトップ・マホガニーバック、
ハムバッカー、まさにレスポールならではの
泣きのギターを堪能させていただきました。



ジェフ・ベックは、レスポールだと思っていたら、
改造のテレキャスだったと意表をつかれましたが、
和田アキラは間違いなくレスポールのはずなので、
その泣きのギターを再現したくて、演奏しました。


> ギターマジシャンさまの色々な思いが感じられ、
ワタシには、まさに泣いているように・・・


お恥ずかしいのですが、泣きながら弾いています。



> 5月の風の中、きっと和田アキラさんご本人にも
届いたのではないでしょうか。



少しでも思いが届けばと良いのですが・・・。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2021/05/01/Sat 12:30 [編集]
早弾きの素晴らしさ

>ギターマジシャンさま

ギターマジシャンさんの和田さんへの想いが全部詰っているような圧巻のプレイですね。何度聴いてもシビレてしまいます。

わたしのような技術的なことがなにも分からない無知な人間でも、ギターマジシャンさんのご説明と今回の演奏で、「プリズム」がどんなに素晴らしいバンドだったかが分かります。

77年のカセット・テープ! 日本でも、リトナーやジェフ・ベックと同じころ、いえ、それより先。こんなに早弾き、しかも泣きのギターを聴かせる方たちがいたのですね。
それをこんなに自分のものにして弾いてしまわれるギターマジシャンさん。魔法のようです。


2分辺りからがとくに惹き込まれて圧巻です!この辺りからがご丁寧にプレイされたという中間部にあたるのでしょうか。なめらかさから始まり、早弾き、泣きのプレイ。連続で息もつかせません。ああ、ギターが泣いている~。
ずっと待っていたので、皆さまと同じでほんとうにうれしかったです。
プリズムと和田さんがどれだけ愛されていたのかも分かりました。

素晴らしいプレイと、いつも温かいコメントもいただいて本当にありがとうございます<(_ _)> このごろ悲しいニュースが多いですけれど、ギターマジシャンさんのプレイを聴き、受け継いでゆかれる人がちゃんといること。そのことが素晴らしいと思いました。
m-pon5 | URL | 2021/05/07/Fri 16:43 [編集]
Re: 早弾きの素晴らしさ
いつも、コメントありがとうございます。


>ギターマジシャンさま

ギターマジシャンさんの和田さんへの想いが全部詰っているような圧巻のプレイですね。何度聴いてもシビレてしまいます。


昔からのファンなので、かなり入れ込んで弾きました。


> わたしのような技術的なことがなにも分からない無知な人間でも、ギターマジシャンさんのご説明と今回の演奏で、「プリズム」がどんなに素晴らしいバンドだったかが分かります。



自分の文章は、ギターの事になると独りよがりで、
気持ちだけ先走ってしまう悪い癖が出るのですが、
少しでもプリズムへの思いが伝わり良かったです。



> 77年のカセット・テープ! 日本でも、リトナーやジェフ・ベックと同じころ、いえ、それより先。こんなに早弾き、しかも泣きのギターを聴かせる方たちがいたのですね。


m-pon5さんのブログでも、70年代の映画や音楽は、
次々とスターが登場し、新しい何かが生まれるのを、
実感しますが、ギター音楽でもそんな時代でしたね。


> それをこんなに自分のものにして弾いてしまわれるギターマジシャンさん。魔法のようです。


まだまだ和田アキラには追いつけませんが・・・。



> 2分辺りからがとくに惹き込まれて圧巻です!この辺りからがご丁寧にプレイされたという中間部にあたるのでしょうか。なめらかさから始まり、早弾き、泣きのプレイ。連続で息もつかせません。ああ、ギターが泣いている~。
ずっと待っていたので、皆さまと同じでほんとうにうれしかったです。
プリズムと和田さんがどれだけ愛されていたのかも分かりました。


更新がかなり空いてしまいましたが、こうしてまた、
皆様から励ましのコメントをいただいて嬉しいです。



> 素晴らしいプレイと、いつも温かいコメントもいただいて本当にありがとうございます<(_ _)> このごろ悲しいニュースが多いですけれど、ギターマジシャンさんのプレイを聴き、受け継いでゆかれる人がちゃんといること。そのことが素晴らしいと思いました。


こちらこそ、いつも温かいコメントに感謝しております。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2021/05/07/Fri 18:49 [編集]
いや、素晴らしいですね(*´ω`*)。ホントすごいです。

アキラさんの訃報が未だに信じられませんが、ギター好きには語り継がれてほしいなぁ。「日本初のフュージョンバンド」っていう叩き文句は、ひょっとしたらアキラさんの名前を不滅にしてくれるかもですよね。

アキラさん、商業的に成功したとは言い難いかもですが、ハーレクイン・ロマンスのアルバムや、タバコのCMソングとかに使われた時期は「売れ線」やってんだな、売れるといいなって思ってました(*´ω`*)。和田アキラっていう素晴らしいプレイヤーをもっとたくさんの人に知ってほしかったので。

これは全くの私の趣味なのですが、いくらポップな曲をやってもどこかひっかかるような、BGMになりにくいようなところがあったように思ってます。それこそがアキラさんの得難い個性で、孤高なイメージともひとつ一般受けしなかった所以なのかなって。

改めて合掌・・・。
home in my shoes | URL | 2021/05/09/Sun 10:43 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> いや、素晴らしいですね(*´ω`*)。ホントすごいです。



更新が空いてしまった分、いつもより時間をかけました。



> アキラさんの訃報が未だに信じられませんが、ギター好きには語り継がれてほしいなぁ。「日本初のフュージョンバンド」っていう叩き文句は、ひょっとしたらアキラさんの名前を不滅にしてくれるかもですよね。



ギタリストにとっては、これからの世代の子たちにも、
和田アキラのギターは、響いてくれると思っています。



> アキラさん、商業的に成功したとは言い難いかもですが、ハーレクイン・ロマンスのアルバムや、タバコのCMソングとかに使われた時期は「売れ線」やってんだな、売れるといいなって思ってました(*´ω`*)。和田アキラっていう素晴らしいプレイヤーをもっとたくさんの人に知ってほしかったので。



ハーレクイン・ロマンスのアルバムは、すごく意外で、
こんなタイアップってあるんだと驚きましたが、結局
スクエアのようなお茶の間人気には至らなかったです。


> これは全くの私の趣味なのですが、いくらポップな曲をやってもどこかひっかかるような、BGMになりにくいようなところがあったように思ってます。それこそがアキラさんの得難い個性で、孤高なイメージともひとつ一般受けしなかった所以なのかなって。


メロディの弾き方ひとつとっても癖のある弾き方ですし、
アドリブとなると、常人の理解を超えた部分まであって、
それこそ自分達がアキラを好きになった部分なのですが、
やっぱりギタリスト目線と一般では違ったのでしょうね。


> 改めて合掌・・・。


いまだに悔やまれますが・・・。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2021/05/09/Sun 12:21 [編集]
こんばんは。

やっぱり、和田さんの曲はギターマジシャンさんですね。
自分は速弾きが出来ないので和田さんの曲はどうしても苦しくなります。

PRISMは自分が高校生の時に知ったバンドですが、自分ももれなくこの
カッコよさにやられたクチです。
同時期のバンドとしてカシオペアとスクエアがあってこれらのバンドの影響で
ロックからフュージョンへ志向が変わった人たちも多かったのではないかなと
思います。

この曲はサンタナの「哀愁のヨーロッパ」の影響を受けていると感じてます。
構成がモロですよね。
テイルピース | URL | 2021/05/30/Sun 23:04 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。
やっぱり、和田さんの曲はギターマジシャンさんですね。
自分は速弾きが出来ないので和田さんの曲はどうしても苦しくなります。



テイルピースさんが、3人のギタリストの方々とコラボされた、
「ラブ・ミー」は、4人それぞれ音色・フレーズに個性があり、
何よりテイルピースさんの泣きのギターとビブラートが健在で、
とにかく出音から違うなあと感動して聴かせていただきました。


> PRISMは自分が高校生の時に出てきたバンドですが、自分ももれなくこの
カッコよさにやられたクチです。
同時期のバンドとしてカシオペアとスクエアがあってこれらのバンドの影響で
ロックからフュージョンへ志向が変わった人たちも多かったのではないかなと
思います。



自分の周囲でも、ギターキッズがフュージョン志向になり、
とにかくコピーしまくっては、練習していたイメージです。



> この曲はサンタナの「哀愁のヨーロッパ」の影響を受けていると感じてます。
構成がモロですよね。



クリーントーンのサビ、後半のサンバでテンポが変わるなど、
おっしゃるとおり、メロディ以外パクっている感があります。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2021/05/31/Mon 03:20 [編集]
こんばんは。
こちらのプログにご訪問いただき、ありがとうございます。
演奏、楽しく聴かせていただいています。
フュージョンはあまり知らないのですが、この曲はとても素敵だし、素晴らしい演奏と思います。
ギターの方って、すごいなぁ。。
yellowmagicwoman | URL | 2021/06/16/Wed 00:41 [編集]
Re: タイトルなし
コメントいただき、ありがとうございます。


> こんばんは。
こちらのプログにご訪問いただき、ありがとうございます。
演奏、楽しく聴かせていただいています。
フュージョンはあまり知らないのですが、この曲はとても素敵だし、素晴らしい演奏と思います。
ギターの方って、すごいなぁ。。



AKISSHさんのリンクから、そちらのブログへ何度か、訪問させていただいております。

「風に語りて」のフルート演奏は、本物そっくりで、感動しました。
(以前に、ギターシンセでやりましたが、実際の楽器とは大違いでした)

「天国への階段」やジャズのスタンダード、クラシックとジャンルも広く、
スケッチ描画から猫のお話と、多彩な内容の過去記事を楽しんでおります。

これからも、よろしくお願いいたします。
ギターマジシャン | URL | 2021/06/16/Wed 12:47 [編集]
ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
リンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
yellowmagicwoman | URL | 2021/06/18/Fri 00:24 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます

> ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
リンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?


リンクは、こちらもお願いしたかったので、大歓迎です。
よろしくお願いいたします。
ギターマジシャン | URL | 2021/06/18/Fri 00:43 [編集]
素晴らしい!!
かなりの腕前ですね!
ギターマジシャンさんの演奏を聴いて、プリズムを聴きたくなりますね
速弾きも凄いです!
レスポールが泣いてましたね
この曲は哀愁のヨーロッパを彷彿とさせますね
サンタナ好きでしたから、
そう言えば、若い頃、六本木のディスコで、古いですね(^ ^)
まだ客が少ない早い時間にサンタナの曲がかかり、自由に踊ってたら、気付くとぐるっと客に囲まれてました(^^)
また古い話ですが、live under the skyでサンタナもディ・メオラもカールトンも見ました
ギターマジシャンさんのギターを堪能させていただきました♪
carmenc | URL | 2021/10/11/Mon 17:13 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> 素晴らしい!!
かなりの腕前ですね!
ギターマジシャンさんの演奏を聴いて、プリズムを聴きたくなりますね
速弾きも凄いです!
レスポールが泣いてましたね


自分にとっては、日本の三大フュージョンバンドが、
プリズム、スクエア、カシオペアなので、いまだに、
彼らに近づけるようにとと、ギターを練習していて、
アキラのようにレスポールを泣かせるのも目標です。



> この曲は哀愁のヨーロッパを彷彿とさせますね
サンタナ好きでしたから、


テンポが速くなるところや、途中でギターが、
歪ませない音に変わるところがそっくりです。



> そう言えば、若い頃、六本木のディスコで、古いですね(^ ^)
まだ客が少ない早い時間にサンタナの曲がかかり、自由に踊ってたら、気付くとぐるっと客に囲まれてました(^^)


ジュリアナ東京など巨大ディスコブームの前でしょうから、
フロアで自由に踊る女性は注目の的だったのだと思います。


> また古い話ですが、live under the skyでサンタナもディ・メオラもカールトンも見ました


田園コロシアムには、本当に有名な人たちが来日していて、
自分はラジオでしたが、その場にいらしたとはすごいです。



> ギターマジシャンさんのギターを堪能させていただきました♪


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2021/10/11/Mon 18:52 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.