FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
エドワード・ヴァン・ヘイレンの記事を年内には書こうと準備中です
エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなったニュースは、
朝のラジオやテレビでも流されていたようなのだが、
まったく知らないままに出勤し、昼休みにスマホで、
ブログ仲間のSMOさんの記事で知り愕然となった。

ネットのニュースや記事はもちろん、ブログ仲間らも、
次々と追悼の記事を挙げて、それぞれの思い出や、
哀悼の意を表していて、自分も何か書こうと思うが、
ちょっとまとまらずに、様々な思い出が交錯している。

ヴァン・ヘイレンのデビューは1978年1月だそうで、
当時の自分は高2で、すぐには知らなかったはずで、
やがてギター雑誌でエディのライトハンド奏法を紹介、
何だかわからないが、すごい新人が出たという印象。

今ではタッピングと呼ばれているライトハンド奏法の、
本当の初期のパターン、3連トリルの楽譜が載ると、
高校の友人たちとは、すごく盛り上がって練習したが、
すごく熱心なファンではなくて、アルバムも買わない。

ギター雑誌を通じて、初来日や、セカンドアルバムや、
ハーモニックス奏法など次々出る特殊奏法のこととか、
音源そのものは置き去り、情報だけが先行していき、
バンドではなく、エディ個人のテクニックだけを追った。

もちろん、新曲が出ると、ラジオでは流れていたので、
当然に耳にすることはあったが、「暗闇の爆撃」ほど、
インパクトはないし、当時の自分はフュージョンでさえ、
ギターの間奏だけ編集する偏った聴き方をしていた。

大学の友人が、何でアルバムを聴いていないのかと、
ファーストをテープに録音してくれて、雑誌の楽譜で、
間奏の部分だけ、本物も聴かないまま練習していた、
「アイスクリーム・マン」「アイム・ザ・ワン」にぶっとぶ。

それでも、各アルバムを買うなり借りるかはしなくて、
ファーストのテープを聴き込んで、各曲を練習するが、
当時は完コピのバンドスコアも買い集めることもなく、
ギター誌のエディ特集のフレーズを繰り返し練習した。

そうした練習の成果も含め、ブログの記事を書くには、
ヴァン・ヘイレンのバンドスコアと音源を手に入れよう、
そうなるのが自分の悪い癖、今年は3月からいっさい、
楽譜もCDも買わずに節約生活だったのを一時解禁。

バンドスコアは、ベストも各アルバムごとのも廃刊で、
新品では、シンコー「アメリカン・ハード・ロック」くらい、
全21曲中13曲がヴァン・ヘイレンで、Amazonでは、
残りが3冊となっていたので、慌ててクリックし確保。

音源は、友人に録音してもらったファースト以外では、
CDの時代になって、すでに大ヒットしていた「1984」、
メンバーチェンジの「5150」はリアルタイムで買って、
どちらもディスクマンで通勤時にヘビーローテーション。

今回、せめてセカンドアルバムくらいは買っておこうと、
AmazonやHMV、タワーレコードなど検索してみたら、
国内盤は廃盤だし、輸入盤も取り寄せや出品者扱い、
迷っていたら、デイブ時代の全アルバムセットがある。

全6枚組で3千円以下だから、「1984」がダブるが、
どうせ、そのうち各アルバムを集めることになるから、
コスパも良いし、輸入盤で解説・歌詞カードもないが、
ネットがなかった頃ほどには貴重な情報源でもない。

いつものAmazon といきたいところだが、品切れ中で、
2万円近い出品のみなので、HMVとタワレコを見ると、
HMVの方が安いが取り寄せで、タワレコも同様だが、
一部店舗で在庫ありだから、こちらが確実とクリック。

今日現在楽譜とCDの入荷待ちだが、届いたところで、
エディのギターがすぐに弾けるわけもなく、それ以上に、
ボーカルをどうするか、ただでさえ、声が枯れてしまい、
いくつかのカバー演奏が、歌入れで保留になっている。

そもそも、自分のキーと歌唱力だと、ヴァン・ヘイレンは、
デイブでもサミーでも難しそうで、数少ないインスト曲、
「暗闇の爆撃」「スパニッシュフライ」を山籠もりでもして、
2~3ヶ月は練習したら、多少はまともになるだろうか。

思いつくまま、とりとめのない内容、追悼でも何でもなく、
楽譜とCDを探して買いましたよという報告に終始して、
自分でも呆れてしまうが、ギターの演奏は無理としても、
時間をかけて、エディの思い出は書こうと思っています。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


こんにちは。

すぐにスコアをさがし、自分で弾いて追悼しようとするギター・マジシャンさんは流石です。自分なんかリスナーとして楽しんできただけですから。

アルバムが品薄なのは気付きませんでした。買いに走った人が多かったんですね。自分も今は手元にないCDがありますので、2015年の輸入盤リマスター(1500円くらい)が欲しかったのですが・・・

ネットニュースもこんなに何日間も扱われるとは思っていませんでした。あのコメントの多さ。やはりギタリストに人気のギタリストだったんだなと痛感しました。

音源、気長に楽しみにしています。
SMO | URL | 2020/10/10/Sat 12:02 [編集]
Re: タイトルなし



> こんにちは。
すぐにスコアをさがし、自分で弾いて追悼しようとするギター・マジシャンさんは流石です。自分なんかリスナーとして楽しんできただけですから。


ギター演奏については、単なる自己満足に近いですし、
SMOさんの速報に続く、思い出を綴られた記事には、
すごく共感する部分があり、代弁いただいた気分です。



> アルバムが品薄なのは気付きませんでした。買いに走った人が多かったんですね。自分も今は手元にないCDがありますので、2015年の輸入盤リマスター(1500円くらい)が欲しかったのですが・・・


いずれ追悼企画でリマスターの国内廉価盤だったり、
年寄り向け(?)ワイド版の楽譜が出る気もします。



> ネットニュースもこんなに何日間も扱われるとは思っていませんでした。あのコメントの多さ。やはりギタリストに人気のギタリストだったんだなと痛感しました。


大物ミュージシャンから、知らないようなミュージシャン、
さらに自分たちのようなファンが次々とコメントしていて、
いわゆるネットの炎上でなく、みんなの愛情が伝わります。



> 音源、気長に楽しみにしています。


SMOさんのブログのコメント欄でのやりとりで、
「スパニッシュ・フライ」に言及されていたので、
その手があったかと練習しましたが、歯が立たず、
楽譜とCDが届いたら、弾けそうな曲を探します。

触れられていて、
ギターマジシャン | URL | 2020/10/10/Sat 12:41 [編集]
こんばんわ♪

エディは数年前からの闘病生活のこともあってずっと気になっていたこともありました。でも今回の訃報は驚きでした。
65歳といえば自分と同年代ですし、松原正樹さんもそうですが やはり身に詰まされる思いがします。
もっともっと彼の演奏を聴きたかったです。
エディに関する記事、楽しみにしています。
ももPAPA | URL | 2020/10/11/Sun 20:35 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。

> こんばんわ♪
エディは数年前からの闘病生活のこともあってずっと気になっていたこともありました。でも今回の訃報は驚きでした。


ガンを克服して再活動していると思っていたので驚きました。



> 65歳といえば自分と同年代ですし、松原正樹さんもそうですが やはり身に詰まされる思いがします。


自分が高校の時に、大学生くらいの歳でデビューして、
ほとんど同じくらいの感覚だっただけにショックです。


> もっともっと彼の演奏を聴きたかったです。


まだまだ円熟味の演奏が期待できただけに残念です。



> エディに関する記事、楽しみにしています。


まずはギターを練習していますが、一筋縄ではいかなくて、
エディの記事とカバー演奏には、しばらくかかりそうです。
ギターマジシャン | URL | 2020/10/11/Sun 22:21 [編集]
こんばんは。

もうCDが品薄なんですね!?
ビックリ!

今、YouTubeで彼らのライブを聴いていますが、316という曲が
エディのソロ曲としてあります。
やく14分。

カヴァーの完成お待ちしております。
バニーマン | URL | 2020/10/12/Mon 19:07 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。
もうCDが品薄なんですね!?
ビックリ!


Amazonでは出品者のみ、タワレコでは取り寄せで、
一気に注文が殺到して、一時期のマスク並みです。



> 今、YouTubeで彼らのライブを聴いていますが、316という曲が
エディのソロ曲としてあります。
やく14分。


息子の誕生日だという316という曲は知らなかったので、
今、YouTubeで14分の演奏を視聴しましたがすごいです。



> カヴァーの完成お待ちしております。


どんどんハードルが上がって、必死で練習中です。
ギターマジシャン | URL | 2020/10/12/Mon 20:04 [編集]
結局私は”ジャンプ”時代しか知らないのですが1978年からのバンドだったんですね。
当時は笑顔でなんだかわからない弾き方をするエディが野村義男に見えていました。

面白半分 | URL | 2020/10/17/Sat 10:00 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 結局私は”ジャンプ”時代しか知らないのですが1978年からのバンドだったんですね。




ロック、洋楽に詳しい面白半分さんでも、そうですと、
ジャンプの大ヒットまでは、エディのギターばかりが、
ギターキッズから注目される感じだったのでしょうね。



> 当時は笑顔でなんだかわからない弾き方をするエディが野村義男に見えていました。


ヤングギターにも、「まんま、よっちゃんではないか」と出てました。
ギターマジシャン | URL | 2020/10/17/Sat 18:33 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.