FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
スローな曲でも早弾きだらけのヴィニー・ムーア「ザ・ジャーニー」
ランキングのトップ3やベスト3に「三大○○」や、
三部作などと、3という数字はよく使われていて、
何か人類にとって意味があるのか、気になるが、
それは別の機会にして、三大ギタリストのことを。

今の若者だったり、一般お茶の間はどうなのか、
まったく見当つかないが、三大ギタリストとして、
昔からよく挙げられるのが、エリック・クラプトン、
ジェフ・ベックにジミー・ペイジが定番中の定番。

3人ともヤードバーズにいたので一緒にされるが、
実際にロック史に輝くギタリストで、クラプトンは、
クリーム、ソロで活躍、ベックはインストを究めて、
ペイジはレッド・ツェッペリンを結成し一世を風靡。

激しいパフォーマンスやエフェクターを自在に操り、
ギターの革命児とも呼ばれたジミ・ヘンドリックス、
ハードロックを牽引し続けたディープ・パープルの、
リッチー・ブラックモアをあげる人も少なくはない。

これもロックギターだが、プログレに目を向ければ、
キング・クリムゾンのロバート・フリップ、イエスの
スティーブ・ハウ、ジェネシスのスティーブ・ハケット、
ピンク・フロイドのデビッド・ギルモアも候補になる。

クラシックギターは、セゴビアとイエペスの巨匠に、
ジョン・ウイリアムスやジュリアン・ブリームがいて、
ジャズでは、ウエス・モンゴメリー、ケニー・バレル、
ジョー・パス、ジム・ホールにバーニー・ケッセルも。

こうしたギタリストは、60年代から70年代前半に、
突出したように出てきたので、74年の中2の夏に、
ビートルズ、高校になってパープル、ツェッペリンを、
ようやく聴いた自分には、すべてが後追いになる。

77年のクロスオーバーの流行で世間が注目した、
リー・リトナー、ラリー・カールトン、ロベン・フォード、
アル・ディ・メオラや、ジョージ・ベンソンらにしても、
デビューはそれ以前で、ソロアルバムも出ていた。

そんな自分にとって、デビューに立ち会えたという、
当時の若手ギタリストは、エディ・ヴァン・ヘイレン、
イングヴェイ・マルムスティーンが双璧をなしていて、
そこへスティーブ・ルカサーを加えても異論はない。

エディの、タッピング、ライトハンド奏法を駆使した、
「暗闇の爆撃」は、今日のハイテク奏法の先駆け、
フォロワーを生んだというより、誰もがその奏法を、
取り入れて、フュージョンギタリストまで真似した。

イングヴェイは、従来のクラシカル系ギタリストが、
バッハのフレーズを借用するのとは次元が違って、
パガニーニの超絶技巧のフレーズを楽々と弾いて、
スイープ奏法、ブロークン・コードを世間に広めた。

スウェーデンの無名ギタリストだったイングヴェイを、
新人発掘でアメリカへ呼んだマイク・ヴァーニーは、
今度は、イングヴェイ路線のギタリストを探しては、
自己のシャープネル・レーベルでデビューさせる。

よくもまあ見つけたというか、本人の意に反しても、
ネオクラシカル路線と名付けられたジャンルを弾く、
ギタリストが雨後の筍のごとく次々と登場したが、
特に、最初期の86年のデビュー組がすごかった。

三大イングヴェイ・フォロワーと呼ぶのは失礼か、
トニー・マカパイン、ヴィニー・ムーアはソロ作で、
ポール・ギルバートはレーサーXというバンドで、
多少の個性は出すが、イングヴェイ風に弾いた。

ただ、誰もがイングヴェイの真似と言われるのを、
嫌ったのか、影響を受けたギタリストをあげる際、
イングヴェイにはいっさい触れず、ロック以外にも、
クラシックを聴いたり、弾いたりしていたと語った。

イングヴェイが在籍したアルカトラスのボーカル、
グラハム・ボネットと、デビュー作で共演までした、
クリス・インペリテリは、自分と同じ弾き方をする、
北欧の知らない奴が先にデビューしたとも主張。

ポール・ギルバートは、確信犯なところを匂わせ、
「YRO」とイングヴェイのイニシャル入り曲を作り、
イングヴェイ奏法講座までやり、さすがにこれは、
俺の何を知ってて教えるんだと怒りをかっていた。

自分はイングヴェイが一番好きだが、セカンドは、
歌ものばかりになったので、買いも借りるもせず、
インスト曲ばかりのトニーとヴィニーのアルバムが、
その代用になり、特にヴィニーはかなり聴き込む。

ヴィニーは、フュージョンが好きだと語っているが、
アル・ディ・メオラ風のアコギの早弾きがあったり、
アラン・ホールズワースのようなピッキングしない、
レガート奏法でアームを駆使する演奏も聴かせる。

そのレガート奏法が、いまだに自分は苦手のまま、
今回カバー演奏しても、音が途切れてしまうので、
完コピはあきらめて、ほとんどフルピッキングにし、
どちらかというと、インペリテリの弾き方に近いか。

ヴィニーは、トレモロアームの使い方も素晴らしく、
単純なメロディのところでも、ニュアンスをつけるが、
今回自分は、ストラトの音よりもレスポールの方を、
優先したかったので、アームのフレーズは皆無に。

ヴィニー・ムーアの86年デビューアルバムのラスト、
「ザ・ジャーニー」は、本家のレガート奏法をごまかし、
ひたすらピッキングしましたが、それに気を取られ、
ビブラートをかけ忘れたり、かなりお粗末すぎです。




スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


すさまじい・・・
こんにちは。

お恥ずかしい話ですが、この人名前しか知りません(笑)
同じものばかり聴いていると広がりませんね。

それにしてもかっこいい曲ですね。映画のサントラで、エンドロールでかかると合いそうな曲です。後半すさまじいですね(驚)前半はレスポール系のセンターっぽいですが、フロントですか?
ギターマジシャンさんって、エディーやルークはお好きですが、もろハイパー系を聴いたり弾いたりするイメージがありませんでしたので、結構ビックリしました。自分90年以降のハイパー系は、ヴァイやペトルーシくらいしか聴きませんので。特にインギーはあれだけ話題になったのに全くと言っていいほど聴いていません。インギーがそんなにお好きなら、ギターマジシャンさんを沖縄のギタリスト佐藤圭一氏(YGイングヴェイに挑戦日本一)に会わせてみたかったです。
SMO | URL | 2020/09/28/Mon 16:24 [編集]
Re: すさまじい・・・
> こんにちは。
お恥ずかしい話ですが、この人名前しか知りません(笑)
同じものばかり聴いていると広がりませんね。


自分も名前しか知らないギタリストは数多いですが、
早弾きと聞くと食指が動いて、チェックしています。



> それにしてもかっこいい曲ですね。映画のサントラで、エンドロールでかかると合いそうな曲です。後半すさまじいですね(驚)前半はレスポール系のセンターっぽいですが、フロントですか?


おっしゃるように映画のエンドロールだとか、
ゲームミュージックに流れてきそうな曲です。

バッキングのみリアで、あとはセンターです。



> ギターマジシャンさんって、エディーやルークはお好きですが、もろハイパー系を聴いたり弾いたりするイメージがありませんでしたので、結構ビックリしました。自分90年以降のハイパー系は、ヴァイやペトルーシくらいしか聴きませんので。特にインギーはあれだけ話題になったのに全くと言っていいほど聴いていません。インギーがそんなにお好きなら、ギターマジシャンさんを沖縄のギタリスト佐藤圭一氏(YGイングヴェイに挑戦日本一)に会わせてみたかったです。


自分がイングヴェイを好きなのは、アルカトラスと、
ソロデビュー作で、どちらも80年代の前半でして、
90年代になってしまうと、知らない人だらけです。

ヤングギターは完コピのコンテストの盛んでしたが、
イングヴェイ日本一の方を目の前で聴きたいですね。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/09/28/Mon 19:00 [編集]
おはようございます♪

最初、ゲイリーかと思いましたが、名前が違ってました。
この人は知らないのですが、哀愁漂うメロディラインが印象的な曲ですね。
ギターも後半の速弾きフレーズもフルピッキングでしっかりと再現されていて素晴らしかったです。
ももPAPA | URL | 2020/09/29/Tue 09:17 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> おはようございます♪
最初、ゲイリーかと思いましたが、名前が違ってました。


ギタリストでムーアと言えば、ゲイリーが浮かびますが、
親戚なのか、海外ではよくある苗字なのか気になります。


> この人は知らないのですが、哀愁漂うメロディラインが印象的な曲ですね。


単なる早弾きやハイテクというだけではなくて、
それぞれの曲のメロディがしっかりしています。



> ギターも後半の速弾きフレーズもフルピッキングでしっかりと再現されていて素晴らしかったです。



かなりヨレヨレのピッキングですが、やりきりました。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/09/29/Tue 20:12 [編集]
どこがお粗末なのか分からない
こんにちは。
マジシャンさんが話題にあげた「三大○○ギタリスト」はお恥ずかしい話ですが
ほとんど聴いていません(笑) オンタイムだったのはヴァンヘイレンですが
「ふぅ〜ん」とよく分からなかったです。要は聞き取れなかったからだと思います。

ロイ スメックさんがウクレレで"もどき演奏"を芸としていたと聞いていました。
https://youtu.be/RcQYt7xvA8M
先月にヴィットリオ・カマルデーゼと言う放射線医がいた事を知りました。
https://youtu.be/UmTQYquqxSY
ヴィットリオさんから10年、エディの演奏はソロ奏法としてより進化して凄いですね。
最終形はスタンリー ジョーダンになるのでしょうか?
タッピング奏法、芸術的演奏は一つ間違えば"芸"になってしまう諸刃の剣の様です。

今回紹介のヴィニー・ムーアも初めて見ました 聴きました。
手は大っきいし、ギターのフレット山が高いし...早弾きギタリストはタッチが柔らかい。
こんなに弾ければ楽しいだろうなぁ〜。

マジシャンさんの演奏、ギターの音造り、私にはどこがお粗末なのか分からないです。
知らない事だらけです。ヴィニーさん 勉強になりました。有難う御座います。
コタパパ | URL | 2020/09/30/Wed 09:55 [編集]
Re: どこがお粗末なのか分からない
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちは。
マジシャンさんが話題にあげた「三大○○ギタリスト」はお恥ずかしい話ですが
ほとんど聴いていません(笑) オンタイムだったのはヴァンヘイレンですが
「ふぅ〜ん」とよく分からなかったです。要は聞き取れなかったからだと思います。



コタパパさんは、ブルースだったり、ルーツミュージック、
ワールドミュージックがお好きなようですから、こうした、
ロック系のギタリストを聴く機会も少なかったでしょうね。



> ロイ スメックさんがウクレレで"もどき演奏"を芸としていたと聞いていました。
https://youtu.be/RcQYt7xvA8M
先月にヴィットリオ・カマルデーゼと言う放射線医がいた事を知りました。
https://youtu.be/UmTQYquqxSY
ヴィットリオさんから10年、エディの演奏はソロ奏法としてより進化して凄いですね。
最終形はスタンリー ジョーダンになるのでしょうか?
タッピング奏法、芸術的演奏は一つ間違えば"芸"になってしまう諸刃の剣の様です。


早速YouTubeで拝見しましたが、ウクレレの演奏もすごいし、
ギターの方は、ほとんどスタンリー・ジョーダンの元祖で、
さらにボディヒットもして、押尾コータローも顔負けです。



> 今回紹介のヴィニー・ムーアも初めて見ました 聴きました。
手は大っきいし、ギターのフレット山が高いし...早弾きギタリストはタッチが柔らかい。
こんなに弾ければ楽しいだろうなぁ〜。



おっしゃる通り、タッチの柔らかいのが見事ですよね。



> マジシャンさんの演奏、ギターの音造り、私にはどこがお粗末なのか分からないです。


この曲に限らないのですが、早弾きに気を取られてしまい、
たまに音を伸ばす箇所で、ビブラートの処理が雑になって、
ヌメーっと平淡に伸ばし、ブレスもなしに、次の早弾きに、
進んで、メリハリのないのが、お粗末だと反省しています。


> 知らない事だらけです。ヴィニーさん 勉強になりました。有難う御座います。


こちらもコタパパさんのブログで、いろいろ教わっておりますし、
タッピングの元祖の人たちの映像は初耳で、すごく感動しました。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/09/30/Wed 19:01 [編集]
雑誌のギタリスト列伝のような記事でしたね。
(ありきたりの紹介の既成本より、よほど面白かったです。)

ヴィニー・ムーアって聞いたことないんです、と言ったら怒られますかね。
イングヴェイを聞いて、ピンとこないとなってから、その後に出てきた、いわゆる新世代速弾きロックギタリスト達は、まったく聞かなかったので。

聞いてみると、プログレとロックが融合したようなサウンドに感じました。
確かに表題通り「スローな曲でも早弾き」ですね。
あくまで速弾きを追及するギターマジシャンさんに敬服です。
AKISSH | URL | 2020/10/04/Sun 18:06 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 雑誌のギタリスト列伝のような記事でしたね。
(ありきたりの紹介の既成本より、よほど面白かったです。)


自分たちの世代が見たり聴いたりしたことを書きましたが、
延々と続きそうでセーブしたので、いつかまた書きますね。



> ヴィニー・ムーアって聞いたことないんです、と言ったら怒られますかね。
イングヴェイを聞いて、ピンとこないとなってから、その後に出てきた、いわゆる新世代速弾きロックギタリスト達は、まったく聞かなかったので。



世間一般では、イングヴェイも無名に近いでしょうし、
さらにフォロワーとなるヴィニーたちとなってくると、
アマチュアギタリストでも聴かない人が多いですよね。



> 聞いてみると、プログレとロックが融合したようなサウンドに感じました。
確かに表題通り「スローな曲でも早弾き」ですね。
あくまで速弾きを追及するギターマジシャンさんに敬服です。



おっしゃるように、プログレ的展開の曲も多くて、
それがネオクラシカルの様式美にもなっています。

ベック、リッチーに憧れた高校生の頃から今でも、
とにかく速く弾くことが目標で、良し悪しですが。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/10/04/Sun 20:02 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.