FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
野呂が珍しく延々とギターを弾きまくるカシオペア「パル」
自分が好きなビートルズは、レコードデビュー直前、
ドラマーが交代したが、デビューから解散するまで、
ゲストミュージシャンの参加はあっても、メンバーは、
ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4名のまま不動。

漠然と、バンドとはそういうものだと思い込んでいて、
クリームやレッド・ツェッペリンも同様だが、中には、
ディープ・パープルのようにボーカルが何度も交代、
イエス、クリムゾンは、ほとんど総入れ替えに近い。

サザンオールスターズが、ギターの大森が脱退後、
サポートに斉藤を呼んでも、メンバーにしないのは、
ビートルズファンの桑田が、オリジナルメンバーに、
こだわりがあるのだろうなと、勝手に想像している。

フュージョンでは、メンバーチェンジは日常茶飯事、
プリズムは、和田と渡辺以外、どんどん変わって、
最後は和田だけ、スクエアも安藤と伊東だけ残り、
その伊東も一時は脱退して、復帰したという次第。

カシオペアも、デビューしてLP2枚でドラムが交代、
その後不動のメンバーと思いきや、桜井と神保が、
衝撃の脱退、ドラムが2人交代後、神保が復帰し、
活動休止後の復活では、キーボード向谷が脱退。

結局、オリジナルメンバーはリーダーの野呂だけ、
このあたりは、プリズムも和田だけ、スクエアでも、
安藤だけが出入りがなく、3人ともリーダーだから、
逆に抜けてしまえば、バンドは解散になるのだろう。

メンバーチェンジが気に入らないわけでもないが、
自分がCDを買わなくなったのは、カシオペアでは、
櫻井・神保脱退後、スクエアは伊東の脱退後だし、
プリズムは渡辺の脱退後と、何ともわかりやすい。

彼が抜けたんじゃ聴かないよ、と思ったのでなく、
いつも似たような曲ばかりだと飽きたのが本音で、
実際、演奏する方も、同じメンバーでマンネリ化し、
行き詰まった末の交代劇だったのかとも想像する。

ただ、カシオペアの場合、歌ものバンドを結成して、
並行して活動しようと考えた櫻井と神保に対して、
カシオペアに専念するよう説得する野呂とが対立、
分裂状態で、予定していたライブだけ敢行し脱退。

新メンバーが決まってからの交代ではなかったし、
レコード会社の移籍もあり、2年ぶりとなる新作は、
イーストウエストの審査員だったベテランの鳴瀬に、
ジャズ系ドラマーの日山を迎えてのスタジオライブ。

ベースの鳴瀬は、現在もメンバーで残っているが、
日山は2年で脱退し、若手から抜擢された熊谷も、
5年で脱退、サポート扱いで神保に復帰してもらい、
ことドラムに関しては、デビュー前から延べ6名に。

カシオペアのファンでも、どの時期が一番好きかは、
意見が分かれるだろうが、今回90年以降の曲を、
図書館で借りて聴いたところ、それぞれ悪くないし、
とにかく、ギターソロが長ければ、それで満足する。

バンドスコアの掲載曲のうち、「PAL」も全面的に、
ギターがメロディを弾いて、短いピアノソロをはさみ、
オブリガードやアドリブと、アマ時代のライブ並みに、
野呂がギターを弾きまくっていて、カバーの候補に。

ベースは5弦ベースのようで、通常のベースの場合、
一番低い音はミ、Eのところ、D♭を弾いているので、
ベースのE弦をD♭に下げて弾いたが、弦の張りが、
ゆるゆるになって、ちょっとベコベコの音になっている。

エレピの音はDX7特有の音、生ピアノとエレピとの、
中間の感じで、ギターシンセでFM音源ピアノにして、
ホーンセクションも、まんまDX7のシンセブラスだが、
どうせだからサンプリング音のホーンも重ねておいた。

バンドスコアに記載がないが、全体にストリングスが、
鳴っているので、エレピとMIDIかもしれず、和音だけ、
流して弾いて、基本8ビートのドラムも、コンガの音で、
16ビートを刻んでいるので、それも追加して厚くする。

手持ち楽譜の活用計画というか、聴かず嫌いだった、
カシオペアの第2期にスポットを当てましょうというか、
とにかくギターが格好良い曲を演奏していこうと思い、
94年発売の「アンサーズ」から、「パル」の演奏です。





スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


これも(笑)
こんにちは。音源ありがとうございます。

毎回「好きな曲です」を連発していますが、これも好きなんですよね(笑)
というか、ギターマジシャンさんがあまり興味のなかったこの時期が、自分がCASIOPEAを聴き続けた最後の時期なんです(一応その後も聴いていますが)ライヴ観たのも、この曲の頃が最後です。このアルバムと次のアルバムは、「Full Colors」後の名盤だと思います。
書かれているキーボードの音色、難しいですよね。自分とこにも書いているのですが、プロとアマチュアのオケ音源の決定的な差はキーボードの音色だと思っています。ピアノとオルガンとブラスとストリングスだけって音源が多いですので。自分が言うのも偉そうですが、向谷っぽくていい感じだと思います。
SMO | URL | 2020/08/26/Wed 18:01 [編集]
Re: これも(笑)
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちは。音源ありがとうございます。
毎回「好きな曲です」を連発していますが、これも好きなんですよね(笑)
というか、ギターマジシャンさんがあまり興味のなかったこの時期が、自分がCASIOPEAを聴き続けた最後の時期なんです(一応その後も聴いていますが)ライヴ観たのも、この曲の頃が最後です。このアルバムと次のアルバムは、「Full Colors」後の名盤だと思います。



自分の場合は、ジンサク脱退まで聴いていましたが、
SMOさんは、この熊谷在籍時までだったのですね。

ライブと言えば、以前ブログの記事に書かれていた、
トイレで野呂と出会っての記念撮影がすごすぎます。



> 書かれているキーボードの音色、難しいですよね。自分とこにも書いているのですが、プロとアマチュアのオケ音源の決定的な差はキーボードの音色だと思っています。ピアノとオルガンとブラスとストリングスだけって音源が多いですので。自分が言うのも偉そうですが、向谷っぽくていい感じだと思います。



おっしゃるように、シンセ音源の再現がやっかいで、
とりあえず、DX7っぽい音色を選んで弾きました。

お聴いいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/26/Wed 20:36 [編集]
こんばんわ♪

楽曲の骨組みとなるビートを刻むベースやドラムスパートはバンドの中でも最も重要なパートになりますが、一方でギターが代わると音が全く違ってくると言われるくらいギターも重要なパートですね。
カシオペアで言えば、野呂氏がいるからカシオペアの曲になるし、楽曲のイメージを決定づける中核となる存在です。
そんな、ギターの音がしっかりと再現されていて、とてもよかったです。
勿論、キーボードの演奏やベース ドラムスによるビートもナイスでした。
ももPAPA | URL | 2020/08/27/Thu 21:48 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> こんばんわ♪
楽曲の骨組みとなるビートを刻むベースやドラムスパートはバンドの中でも最も重要なパートになりますが、一方でギターが代わると音が全く違ってくると言われるくらいギターも重要なパートですね。
カシオペアで言えば、野呂氏がいるからカシオペアの曲になるし、楽曲のイメージを決定づける中核となる存在です。
そんな、ギターの音がしっかりと再現されていて、とてもよかったです。
勿論、キーボードの演奏やベース ドラムスによるビートもナイスでした。


おっしゃるとおり、ギターもすごく個性が出て、
音色やフレーズのニュアンスなど違ってくるし、
カシオペアは、野呂だとわかるギターですよね。

自分の演奏も、なるべく近づけようとしますが、
チョーキングなどに自分の癖が出てしまいます。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/28/Fri 00:20 [編集]
聴かず嫌い時代の作品ですか!

ギターの流れる感じが素敵です。
また途中のエレピ?の部分、ここもいい音色に感じます。
面白半分 | URL | 2020/08/31/Mon 23:02 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 聴かず嫌い時代の作品ですか!


90年代は、フュージョンと疎遠になっていて、
その後も聴かずにいた曲だらけで、このところ、
図書館で借り、何でだったろうと自問してます。



> ギターの流れる感じが素敵です。
また途中のエレピ?の部分、ここもいい音色に感じます。


エレピはDX7の音色を意識して、多少近づけました。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/31/Mon 23:12 [編集]
カシオペアは僕も「Mint Jam」くらいまでしか聴いてなかったように思います。フュージョンも80年代前半くらいまでは勢いがあったというか、かっこよかったのですが、同じような曲調が多かったのもあって、飽きられた感もあったかと思います。

オーバードライブの掛かったリードギターはいかにもという感じで良かったです。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2020/09/02/Wed 14:57 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> カシオペアは僕も「Mint Jam」くらいまでしか聴いてなかったように思います。フュージョンも80年代前半くらいまでは勢いがあったというか、かっこよかったのですが、同じような曲調が多かったのもあって、飽きられた感もあったかと思います。



「Mint Jam」は初期の名曲を見事にライブ録音していて、
カシオペアのスタジオ、ライブ盤通して、一番好きです。

おっしゃるとおり、80年代前半までがピークというか、
だんだんとどのバンドも似たようになってしまいました。



> オーバードライブの掛かったリードギターはいかにもという感じで良かったです。


野呂のギターは、やはり歪ませた音色がいかにもですよね。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/09/02/Wed 21:26 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.