FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ホーンがユニゾンにアドリブと活躍するカシオペア「フリーク・ジャック」
お盆に帰省することもないので、昔からお盆休み中は、
電話番代わりに出勤していて、家族旅行もなくなると、
まとまった休みをとることもなくなり、飛び石で休むが、
昨年あたりから、なるべく連休にするよう通達がある。

働き方改革を受けてなのか、一斉に休むようにとあり、
今年は、山の日の連休に繋げて、11日から13日は、
全員夏休み、さらに14日や翌週まで休む人もいるが、
自分は決まりどおり8月8日~13日の6連休にした。

年末年始やゴールデンウィーク同様、何の予定もなく、
こういう時に、どんどんオケを作りおきし、ギターだけ、
録音すればよい状態になれば、ブログ更新も楽だと、
いつも皮算用してはテレビを見てゴロゴロしてばかり。

それでも、1曲くらいは仕上げよう、時間もあるだけに、
ホーンセクションとかを何度も重ねる曲でもやろうかと、
ちょうど、つい先日、図書館から借りたCDで聴いた曲、
カシオペアの「フリーク・ジャック」のオケに取り組んだ。

いつも、自分にとって日本の三大フュージョンバンドは、
プリズム、カシオペア、スクエアだと書いているのだが、
カシオペアのLPとCDは合計7枚しか持っていなくて、
スクエアの12枚、プリズムの17枚に比べると少ない。

カシオペアの場合、最後に買ったのが88年に発売の、
「ユーフォニー」だから、レコードデビューの79年から、
10年たたずに飽きて、その後活動休止期間も含めて、
32年もの間に出たCDは、ほとんど聴くことがなかった。

ブログ演奏に活用しているドレミ出版のバンドスコアは、
全21曲のうち、半分近い10曲が90年以降の作品で、
せっかくだから、曲を聴いて、ギターが格好良ければ、
楽譜の活用で、演奏してみようかなという気になった。

幸い、世田谷の図書館はCDの在庫が充実しているし、
昔はCDを置いてなかったから、90年以降のものが、
大半を占めていて、カシオペアもベスト、ライブ含めて、
25枚もあるので、楽譜の10曲は、どれもが借りれた。

それで、ホーンセクションがメカニカルなユニゾンリフを、
決める「フリーク・ジャック」にするが、収録アルバムの、
「マテリアル」は99年発売で、デビュー20周年記念と、
銘打って出たそうで、原点回帰のホーン導入だったか。

カシオペアが79年に満を持してレコードデビューして、
自分はすぐに買ったのだが、ライブのアドリブ部分が、
短くなったり、もともと4人で成立していたサウンドに、
ホーンやストリングスを重ねたのに少しがっかりした。

そのホーンは、ブレッカー・ブラザーズのトランペット、
ランディ・ブレッカー、弟でサックスのマイケルに加え、
彼らとの共演も多いサックスのデビッド・サンボーン、
この面子なら、後付けのダビングではもったいない。

その点、「フリーク・ジャック」は、ホーンを念頭にして、
野呂が作・編曲をしたと思えるほど、一体化していて、
それこそ、ブレッカーの「ロックス」のようなユニゾンで、
クロスオーバー時代のテクニックを前面に出した演奏。

米米クラブのトランペット、サックスを招聘したそうだが、
それぞれにダビングして音を厚くしたり、リフの部分と、
オブリガード、アドリブは別に録音しているようなので、
自分もそれぞれに3トラックずつ充てて、ダビングする。

ところどころ、ハモっているのに、ドレミ出版のスコアは、
ホーンが単音の採譜で、耳コピしてもよいが、ネットの、
ダウンロード販売がリットー版で、ホーンも2声なので、
これを買って、ホーンやピアノ伴奏は、こちらを参考に。

逆にギターは、リットー版では、リフの部分は単音だが、
ライブ映像で見ると、野呂は、ところどころ和音なので、
より正確なドレミ版で演奏、いつものことだが、各社が、
一長一短なので、あれこれ見比べて完コピに近づける。

ギターの音色は、野呂にしては珍しく生音に近い感じ、
多少コンプとコーラスをかませているが、歪ませないし、
ダブリングやオクターブの音は重ねてなくて、これまた、
原点回帰になるのか、何か期するものでもあったのか。

ベースは、衝撃の桜井・神保脱退以降に不動となった、
鳴瀬なので、日本のチョッパー第一人者にふさわしく、
安定したリズムで曲を支えて、ほんの数小節だけだが、
ベースソロはチョッパーに加え、トレモロアームまで使う。

本来は4弦のベースが5弦や6弦ベースで、ギターに、
近づいてきたが、まさか、トレモロアーム付モデルまで、
あったとは知らなくて、よくやるなあと、半ばあきれつつ、
自分のベースは違うから、そこだけギターで弾いておく。

ドラムは、一度脱退した神保が、日山、熊谷が抜けると、
サポートとして復帰、途中のドラムソロなど神業のようで、
自分は打ち込みするだけだが、かなり複雑で面倒くさく、
そのうえ、二社のスコアはところどころ違っている始末。

よほどのリズムの間違いでもなければ、かまわないやと、
もともと打込んでおいたドレミ版のままで変更しないが、
例えば、タムの連打ではハイタムとフロアタムが逆とか、
シンバルがオープンハイハットとか、何でこうも違うのか。

手持ちのバンドスコア活用で、最近聴いたばかりの曲を、
何日もかけて、ユニゾンのタイミングを覚えつつ録音して、
やればやるだけ、フレーズも弾けてくるし、リズムの方も、
裏拍の8分、16分音符のずれが少しずつそろってくる。

まだまだ、自分のギターは上手くなるんだと言い聞かせ、
暑さでついついサボりそうになりながら、今日はサックス、
今度はラッパ、シンセと、ちょっとずつ組み立てていった、
カシオペア「フリーク・ジャック」は、このへんで妥協です。








YouTubeより、第三者の著作権のコンテンツを含むので、
動画が見れない場合があると、メッセージが届いたので、
今のところ大丈夫ですが、同様なイーグルスの楽曲では、
視聴ブロックされたので、再生できないかもしれません。

スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


感動 !!
こんばんは。

やったー(笑)

この曲大好きです。ギターマジシャンさんのギターのドライブ感すごいです。近くに住んでいたら「今からお邪魔するので目の前で弾いて下さい!」とお願いしたいところです(笑)かっこいいなー。

というのも、この曲が入っているアルバム「MATERIAL」って、野呂さん、作る前にわけもなく、「歪み禁止」(笑)というくくりを作ってしまい(ご存知でした?アルバムに1曲もないんです)今までどれだけドライブトーンに逃げていたかを確認したというアルバムの1曲目で、この頃のCASIOPEAの楽曲のクリーン音ものとしては、すごいドライブ感の名曲ですよね。長いファンにはファーストの衝撃を思い出させてくれる1曲でした。この音源を聴いていると、そのエピソードを思い起こさせられます。

本当にいいものを聴かせていただきました。ありがとうございます。
SMO | URL | 2020/08/19/Wed 20:41 [編集]
Re: 感動 !!
いつも、コメントありがとうございます。



> こんばんは。
やったー(笑)
この曲大好きです。ギターマジシャンさんのギターのドライブ感すごいです。近くに住んでいたら「今からお邪魔するので目の前で弾いて下さい!」とお願いしたいところです(笑)かっこいいなー。


自分は、メンバーチェンジ後の作品は、ほとんど知りませんが、
このあたりお詳しいSMOさんは、昔から好きな曲なのですね。
そんなにも、ほめていただくと、挑戦してみた甲斐があります。



> というのも、この曲が入っているアルバム「MATERIAL」って、野呂さん、作る前にわけもなく、「歪み禁止」(笑)というくくりを作ってしまい(ご存知でした?アルバムに1曲もないんです)今までどれだけドライブトーンに逃げていたかを確認したというアルバムの1曲目で、この頃のCASIOPEAの楽曲のクリーン音ものとしては、すごいドライブ感の名曲ですよね。長いファンにはファーストの衝撃を思い出させてくれる1曲でした。この音源を聴いていると、そのエピソードを思い起こさせられます。



ネットのアルバム評を読んでいると、「歪み禁止」が出ていて、
そんなことするんだと、かなり驚いて、他の曲も聴きましたが、
おっしゃるように、1曲目のこれのドライブ感がすごいですね。




> 本当にいいものを聴かせていただきました。ありがとうございます。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/19/Wed 21:15 [編集]
ギターマジシャンさま おはようございます。

>まだまだ、自分のギターは上手くなるんだと言い聞かせ・・・

演奏もさることながら、ワタシ、
この一節に元気をいただきました。

励みになります。

これからも拝見、拝聴させていただきます。

ありがとうございました♪




いいだひろゆき | URL | 2020/08/20/Thu 10:52 [編集]
フュージョンぽく無いですね。
キメが多いし、雰囲気的にプリンスがライヴでやりそうな曲ですね。
ファンクぽくってフュージョンとは思えないですね。
ギターの弾きっぷり、流石です。カッコいいです!

"まだまだ、自分のギターは上手くなるんだと言い聞かせ"
最近ギターを持つことさえしていない自分が恥ずかしくなりました。
そうですよね、私も練習します!!
コタパパ | URL | 2020/08/20/Thu 18:07 [編集]
こんばんわ♪

もの凄いクオリティの高い演奏 ファンクでグルーヴィでリズムを体で感じながら聴かせて頂きました。
ビートを刻むドラムスに乗って入って来るトランペットのフレーズもカッコよくビシっと決まっていてギターも素晴らしかったです。
最高にいい演奏を ありがとうございます。
ももPAPA | URL | 2020/08/20/Thu 19:20 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさま おはようございます。
>まだまだ、自分のギターは上手くなるんだと言い聞かせ・・・
演奏もさることながら、ワタシ、
この一節に元気をいただきました。
励みになります。



こちらこそ、いいだひろゆきさんが、ブログの記事で、
スイープ奏法に取り組まれているのが、刺激になって、
オケ作りだけでなく、ギターの基礎練習を始めました。



> これからも拝見、拝聴させていただきます。
ありがとうございました♪


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/20/Thu 19:54 [編集]
Re: フュージョンぽく無いですね。
いつも、コメントありがとうございます。


> キメが多いし、雰囲気的にプリンスがライヴでやりそうな曲ですね。
ファンクぽくってフュージョンとは思えないですね。
ギターの弾きっぷり、流石です。カッコいいです!


おっしゃるように、ホーンが入るとファンクっぽくなり、
ブレッカーには「サム・スカンク・ファンク」なる曲が、
あるほどで、ファンクとの融合(フュージョン)ですね。



> "まだまだ、自分のギターは上手くなるんだと言い聞かせ"
最近ギターを持つことさえしていない自分が恥ずかしくなりました。
そうですよね、私も練習します!!



年老いたら、必死で練習しても衰える一方だろうと、
若い頃は思っていたのですが、いざ自分がなったら、
弾きたい曲が多く、モチベーションが維持できます。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/20/Thu 20:02 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんわ♪
もの凄いクオリティの高い演奏 ファンクでグルーヴィでリズムを体で感じながら聴かせて頂きました。


やはり原曲が見事なので、そのクオリティがカバーでも、
お伝えできることができれば、演奏した甲斐があります。


> ビートを刻むドラムスに乗って入って来るトランペットのフレーズもカッコよくビシっと決まっていてギターも素晴らしかったです。


トランペットは本当にカッコよいフレーズだったので、
シンセの音色ですが、雰囲気が出せたかと思いますし、
ギターは自分にとり新曲なので、かなり練習しました。


> 最高にいい演奏を ありがとうございます。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/20/Thu 20:09 [編集]
わースゴイ☆
なんというドライブ感☆ ライブ感☆
ホーンセクション、ドラム、ベース、そしてギターもカッコイイです☆
シンセ駆使できるとここまで表現できるのですね。
すごいです☆
Mr・へぼい | URL | 2020/08/22/Sat 16:44 [編集]
Re: わースゴイ☆
いつも、コメントありがとうございます。


> なんというドライブ感☆ ライブ感☆
ホーンセクション、ドラム、ベース、そしてギターもカッコイイです☆
シンセ駆使できるとここまで表現できるのですね。
すごいです☆



ホーンを6回、鍵盤系でも6回と音を重ねているので、
かなり厚みが出て、原曲の迫力に何とか近づけました。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/22/Sat 17:44 [編集]
ホーンを6回、鍵盤を6回重ねたというのはすごいですね。ドラムは打ち込みなんでしょうが、他は手弾きなのでしょうか。ギターも早弾きだし、大変でしたね。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2020/08/24/Mon 08:41 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ホーンを6回、鍵盤を6回重ねたというのはすごいですね。ドラムは打ち込みなんでしょうが、他は手弾きなのでしょうか。ギターも早弾きだし、大変でしたね。




ドラムだけは、MTR内蔵のドラムマシンの打ち込みで、
ギター、ベース、ギターシンセは手弾きで録音していて、
このところキーボードもギターシンセで代用しています。

ギターは早弾きもそうですが、裏拍が苦手で大変でした。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/24/Mon 18:46 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.