FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ベースのリフが曲を牽引するカシオペア「ダウン・アップビート」
先日演奏した「ストリート・パフォーマー」はドラム、
ツインペダルのバスドラムが曲を牽引していたが、
「ダウン・アップビート」は、イントロから繰り返す、
ベースのフレーズが、曲を最後まで牽引していく。

これなんかも、まずはベースのフレーズありきで、
そこへピアノやギターがリズム、コードを重ねて、
メロディのフレーズを探っていくうちに曲ができて、
あとはアドリブなどアレンジをすれば完成しそう。

もっとも、まともに自分で作曲したこともなければ、
バンドの仲間とアレンジしていく経験も少ないから、
何となく演奏してヘッドアレンジするイメージだが、
カシオペアは作曲段階で緻密にアレンジしてそう。

どちらにしても、この曲はベースフレーズが目立ち、
メインフレーズは低音の3・4弦で弾いているので、
親指でチョッパー・スラップしていたが、どうも似ず、
ライブ映像で確認すると、人差し指のプルもあった。

ベースは専門でないから、ついチョッパーの場合、
3・4弦は親指サムピング、1・2弦は人差し指の、
プリングで弾いているが、アクセントになる1音は、
3弦のプリングで、ケースバイケースだと教わる。

スクエアの曲でも、1・2弦でサムピングしていて、
自分が弾いたら、ペコペコ、スカスカの音になるが、
須藤はちゃんとはじける音になっていて、やはり、
餅は餅屋で、ベーシストのチョッパーはものすごい。

それで、自分の専門のギターはどうかと言ったら、
この曲は、渋谷河合楽器の発表会でも演奏して、
楽勝のつもりでいたら、かつてのようには弾けず、
そのうえ、ピッキングを間違えていて修正が必要。

昔、グレコギターのおまけの成毛滋の教則本で、
8ビートピッキングを覚えて、渋谷河合楽器でも、
バークリー教本でオルタネイト・ピッキングを習い、
機械的にピックを上げ下げして弾くのが癖になる。

この曲のメロディは、頭に16分音符の休符が入り、
裏拍で弾くので、16ビートのオルタネイトにして、
ダウンの空ピック、続くアップで弦を鳴らす方法で、
ずっと弾いていたが、野呂は全部をダウンで弾く。

オクターブ奏法のフレーズが主体で、1弦と3弦を、
同時に弾くから、アップとダウンではニュアンスが、
微妙に異なるから、ダウンのみに矯正して弾くが、
裏拍のノリがうまく取れなくて、リズムがバラバラ。

そのうえ、いつのまにか、裏と表がひっくり返って、
表でフレーズを弾いて、ユニゾンのシンセとずれて、
昔から、リズムギターでひっくり返ることがあって、
リズム音痴は、メトロノームで練習しても直らない。

シンセとのユニゾンは、間奏部分でもやっていて、
これは当時のライブや、3rdの再録音ベストでも、
まったく同じユニゾンフレーズなので、ここだけは、
アドリブのようでいて、書き譜で揃えたのだろう。

それで、ここも16分音符の細かいフレーズまで、
野呂はダウンピッキングで弾ききるが、自分は、
オルタネイトで弾いていたから、ダウンのみだと、
まず早さに追いつけなくて、ほとんど弾けてない。

しばらく更新が途絶えたのは、声が枯れてしまい、
歌ものが録音できないことに加えて、インストでも、
この曲に限らず、ギターの弾けない部分があって、
ゆっくりから練習しても、なかなか完成しなかった。

キーボードは、クラビ系の音でコードのバッキング、
オルガン系でメロディ・間奏のユニゾン、アドリブは、
ハーモニカとオルガンの中間のような音色だから、
それぞれ、ギターシンセで似たような音色を探した。

野呂がメロディの合間にオブリガードで入れてくる、
シングルノートによるアドリブは、ほとんどジャズで、
アマチュア時代に、ジョー・パスの教則本を入手し、
徹底的に研究、練習したのが頷けるようなプレイ。

自分も、そこまではいかないが、渋谷河合楽器で、
習っていたのはジャズギターだから、多少くらいは、
それっぽく弾けるさと、フェイドアウトするアドリブを、
長めにして、好き勝手に弾いたが、どうにも今一歩。

カシオペアの84年発売、9枚目のアルバムとなる、
「ダウン・アップビート」からタイトル曲は、ベースが、
曲を引っぱり、オクターブ奏法のギターがメインの曲、
ようやくの更新ですが、裏拍のノリが甘いままです。






スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


こんばんわ♪

カシオペアのこのあたりの楽曲は聴き込んできませんでしたが、ベースのリフとドラムスのビートがファンキーで心地よく響いてとてもよかったです。
フェードアウトしながら奏でられるギターもいい感じで素晴らしかったです。
ももPAPA | URL | 2020/08/02/Sun 22:42 [編集]
こんばんは。
楽しませていただきました。この曲も懐かしいです。

ソロのダウンオンリーのオクターブ奏法、昔一度挑戦したことがありましたが、野呂さんのダウンオンリー、本当にありえません。
ライヴバージョンは、国技館の映像がクオリティ高いですよね。
それにしても難曲にばかり挑戦され、本当にすごいです。この曲なんか、テンポはのんびりしていますが、重ねていくと意外とズレてしまい、ビートが落ち着かない難しさがありますよね。

本当に気が向いたらで結構ですが(笑)「SWEAR」なんかで、伸びやかに弾かれるギターマジシャンさんのプレイも聴いてみたいです。
SMO | URL | 2020/08/02/Sun 23:38 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんわ♪
カシオペアのこのあたりの楽曲は聴き込んできませんでしたが、ベースのリフとドラムスのビートがファンキーで心地よく響いてとてもよかったです。


おっしゃるとおり、リズム隊がすごくファンキーで、
この頃のカシオペアは、ダンスミュージックに近く、
コンサートでもボディコンが踊りまくっていました。



> フェードアウトしながら奏でられるギターもいい感じで素晴らしかったです。


野呂のギターソロが途中までしか楽譜になくって、
耳コピが面倒でアドリブした裏事情でもあります。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/03/Mon 00:44 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。
楽しませていただきました。この曲も懐かしいです。


カシオペア3rdまで続くレパートリーからすると、
この曲は初期と呼べるくらい懐かしい曲ですよね。


> ソロのダウンオンリーのオクターブ奏法、昔一度挑戦したことがありましたが、野呂さんのダウンオンリー、本当にありえません。


16ビートのダウンオンリーは驚きでした。



> ライヴバージョンは、国技館の映像がクオリティ高いですよね。


Youtubeの85年国技館の映像で、ベースのプリングや、
野呂のダウンピッキングなど細かい部分がわかりました。



> それにしても難曲にばかり挑戦され、本当にすごいです。この曲なんか、テンポはのんびりしていますが、重ねていくと意外とズレてしまい、ビートが落ち着かない難しさがありますよね。


おっしゃるとおりで、16ビートの裏拍がずれて、
ひっくり返ったり、走ってしまったり難しいです。



> 本当に気が向いたらで結構ですが(笑)「SWEAR」なんかで、伸びやかに弾かれるギターマジシャンさんのプレイも聴いてみたいです。



ドレミ「カシオペア・ベスト」に載っていないので、
どこかでスコアを見つけたら、挑戦してみたいです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/03/Mon 00:54 [編集]
すみません・・・
すみませんでした・・・
「Perfect Live」に入っていたので、お持ちだったと思いリクエストしてしまいました・・・
本当に、その気になった時で結構です。
SMO | URL | 2020/08/03/Mon 07:49 [編集]
Re: すみません・・・
いつも、コメントありがとうございます。


> すみませんでした・・・



いえいえ、リクエストいただくと、モチベーションがアップして、
他の曲のオケ作りや地味なギター練習についても気合が入ります。


> 「Perfect Live」に入っていたので、お持ちだったと思いリクエストしてしまいました・・・
本当に、その気になった時で結構です。



「パーフェクト・ライブⅡ」のスコアは2冊に分かれていて、
自分は1巻を買って、あいにく「Swear」は2巻の方でして、
後半は他にも名曲が多く、両方買っておけばと悔やまれます。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/03/Mon 20:03 [編集]
成毛滋のカセット
中学生の時に同級生がグレコのレスポールを買って、おまけのカセットと教則本を一晩借りたことがあります。オルタネイトピッキングの話が出て、確かレッドツェッペリンの曲が例題になっていたと思います。フォークギターで練習した想い出があります。

8ビートだったら全部ダウンピッキングで弾くのはありだと思いますが、16ビートだったらオルタネイトで弾いた方が楽だし、安定しますよね。全部ダウンで弾くのは難しいでしょうね。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2020/08/04/Tue 18:56 [編集]
Re: 成毛滋のカセット
いつも、コメントありがとうございます。



> 中学生の時に同級生がグレコのレスポールを買って、おまけのカセットと教則本を一晩借りたことがあります。オルタネイトピッキングの話が出て、確かレッドツェッペリンの曲が例題になっていたと思います。フォークギターで練習した想い出があります。


「胸いっぱいの愛を」や「移民の歌」のリフが、
例題になっていて、空ピックが難しかったです。



> 8ビートだったら全部ダウンピッキングで弾くのはありだと思いますが、16ビートだったらオルタネイトで弾いた方が楽だし、安定しますよね。全部ダウンで弾くのは難しいでしょうね。


自分は、ヘビメタ系のダウンで弾くパワーコードも、
オルタネイトで弾いていて、迫力が出せなかったり、
当然、16ビートも同様で、野呂のは難しすぎです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/04/Tue 20:11 [編集]
もう手慣れたサウンド・メイクだと、感心するばかりです。

今後もジャンルを問わず色々な曲で楽しませて頂きたいと思います。
kamiyo.m | URL | 2020/08/10/Mon 13:57 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> もう手慣れたサウンド・メイクだと、感心するばかりです。



MTRでの作業は、ルーティーンが決まってきましたが、
演奏がなかなか追いつかなず、必死で練習する日々です。



> 今後もジャンルを問わず色々な曲で楽しませて頂きたいと思います。



ロック、フュージョン、AORにニューミュージックと、
演奏したい曲が増える一方で、しばらくは続けられます。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/10/Mon 15:55 [編集]
連日の猛暑、たまらないですね。
カシオペアは最初の4,5枚以降はまったく聞かなくなったので、今回の曲は初聞きでした。
乗りは、まんまブレッカーブラザーズですね。1999年録音ならば、今更ブレッカーという時代ですから、何を狙って野呂氏は作曲したのでしょうか。
スコアを見ながらでも相当大変だったと想像します。猛暑の中、お疲れ様でした。
AKISSH | URL | 2020/08/21/Fri 23:55 [編集]
投稿ミスで、上は「フリーク・ジャック」のコメントでした。すいません。
AKISSH | URL | 2020/08/21/Fri 23:59 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 連日の猛暑、たまらないですね。
カシオペアは最初の4,5枚以降はまったく聞かなくなったので、今回の曲は初聞きでした。


自分は平成になってから、まったく聞いてなくて、
今回楽譜のために図書館で借りての初聞きでした。


> 乗りは、まんまブレッカーブラザーズですね。1999年録音ならば、今更ブレッカーという時代ですから、何を狙って野呂氏は作曲したのでしょうか。


おっしゃるとおり、この時期にブレッカー路線で、
デビューアルバムでの参加を再現したかったのか。


> スコアを見ながらでも相当大変だったと想像します。猛暑の中、お疲れ様でした。


ホーンを6回重ねたので、手間が6倍でした。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/22/Sat 01:24 [編集]
Re: タイトルなし
> 投稿ミスで、上は「フリーク・ジャック」のコメントでした。すいません。


了解いたしました。
ギターマジシャン | URL | 2020/08/22/Sat 01:25 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.