FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
つまらない大人にはなりたくないと叫んだ佐野元春「ガラスのジェネレーション」
今では、ピーターパン症候群という呼び方でさえも、
古くなっているのかもしれないが、自分が学生の頃、
モラトリアム人間という言葉が流行し、心理学者で、
提唱者の小此木啓吾の書籍がベストセラーになる。

もともとモラトリアムは金融用語で、天災や恐慌で、
預金や保険金が支払い不可能になると、一時的に、
猶予期間とすることだそうで、そこから転じ、若者が、
大人や社会人になることをためらう意味で使われた。

これは、古代エジプトの象形文字だかパピルスにも、
「近頃の若い者は~」と書かれていたとされるように、
はるか昔から、若者はなってないと非難すると同様、
あいつはいつまでたっても子供だと揶揄されてきた。

それが、その時々で、呼び方を変えてきたのだろうし、
モラトリアムとはニュアンスが違うが、ゲーテによる、
「若きウェルテルの悩み」でも、主人公は、ある意味、
大人になりきれないゆえに、恋の悩みに翻弄される。

夏目漱石「それから」の代助も、父の援助で暮らし、
定職に就かず家庭も持たない、気楽な高等遊民で、
文学の世界では、童話のピーターパンはもちろん、
大人になりたくないモラトリアム人間に事欠かない。

文学者と並び、青春病に取りつかれる音楽家でも、
そうした歌詞の作品は数多く、本人は違うとしても、
題材としては格好のネタだろうし、大半の主人公は、
相変わらず髪を伸ばし、ネクタイなしのジーパン姿。

かくいう自分も、来年には60歳になるのに、週末は、
ダンガリーシャツにジーパンで、後頭部が薄いのに、
髪は肩まで伸ばし、一歩間違えば、河童頭のところ、
ギターを弾き、気分だけはティーンエイジャー気取り。

ユーミンが、ブレッド&バターのために書き下ろした、
「あの頃のまま」は、「今でも気まぐれに街をゆく僕は
変わらないよ ああ あの頃のままさ」と歌い、さらに、
「人生のひとふしをまだ卒業したくない僕」とまで言う。

村田和人の「ソー・ロング・ミセス」は、パラシュートや、
AB’sのキーボード奏者、安藤芳彦が作詞した曲で、
「ネクタイが似合わない 髪は今も長いし 学生に
見られるよ 僕は変わらない」と、昔のままだと主張。

佐野元春も、2枚目の「ハートビート」のオープニング、
「ガラスのジェネレーション」で、若者の気持ちを歌い、
最後に「つまらない大人にはなりたくない」と叫んだが、
これは、大人への拒否とは、ちょっと話が違ってくる。

「つまらない大人」とすることで、もし大人というものが、
総じてつまらないものなら、それは御免だとする反面、
そうでなければ、大人になることもいとわないわけで、
では、つまらなくない大人とは何かという命題が残る。

自分は別に、佐野元春を人生の指針にしていないが、
プロギタリストをあきらめきれないまま、就職した際に、
佐野元春を聴いたので、自分はどんな大人になるか、
社会人として何を自分に律すれば良いかと考察した。

家庭、家族を持ち、定年を前にした今も、何が正解か、
見つけあぐねているが、立身出世や富を築くことなど、
まったく縁がないだけに、何か学問を究めれば良いか、
趣味のギターを続ければ良いか、高潔であるべきか。

おそらく、答えの出ないまま、さらに年を取るだろうが、
この曲と出会った時の自分に、「つまらない大人には、
何とかならずにすんだみたいだよ」と言えるだろうか、
そもそも、こんな悩み自体、まだモラトリアムのような。

「ガラスのジェネレーション」のバンドスコアは、その頃、
買った音楽春秋社の「ハート・ビート」にも出ているが、
昨年末に買った、リットーの20周年記念スコアの方が、
採譜が丁寧だし、ピアノも2段譜なので、そちらで演奏。

ただ、スクエアとかで、リットーとシンコーのスコアでは、
互いに一長一短あるように、シンセで弾くコード伴奏や、
最後のハモリなどは、音楽春秋の方にしか出てなくて、
ところどころは、そっちを参考にして、原曲に近づけた。

新型コロナの影響で、週末の自粛要請の呼びかけと、
この歌詞のような「街に出ようぜ ベイビー」といくには、
世間の目も厳しいが、佐野元春が今も歌い続けている、
街・ストリートの風景が日常的に戻ることを祈っている。

80年10月にシングル盤で出て、翌年1月発売となる、
「ハートビート」の冒頭、「ガラスのジェネレーション」は、
若々しく勢いのある佐野の歌声が何とも印象的ですが、
自分は歌唱力不足に声枯れと、いつもの出来でした。






スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


おはようございます♪

記事拝読させて頂いて自分も思いました。
学生の頃の思い出は今になっても鮮烈に記憶に刻まれていて、年齢を重ねてもなお、あの頃のエネルギーは今の自分の生活の中にも生き続けているんだろうと思います。
一昨日の夜、東京の学生寮で過ごした友人と電話で話し、また機会があったら一緒に呑んで語り合おうって話しました。
ガラスのジェネレーション この曲のサビメロと歌詞、印象的で今もしっかりと蘇ります。 演奏もバッチリ決まってますね。
心地よく聴かせていただきました。
ももPAPA | URL | 2020/04/05/Sun 09:24 [編集]
こんにちは。

音源聴かせていただきました。
やはり佐野のカバーは声質がとてもマッチしていらっしゃっていいですね。この曲も佐野の曲でよく聴いていた数少ない曲でした。
初めて聴いた頃、Bメロのせつなさにグッときたのを覚えています。高校生の頃のバンドイベントで、この曲をカバーしているバンドが必ずありました。懐かしいです。
東京は大変なことになっていますが、どうかお気をつけて。
SMO | URL | 2020/04/05/Sun 10:39 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> おはようございます♪
記事拝読させて頂いて自分も思いました。
学生の頃の思い出は今になっても鮮烈に記憶に刻まれていて、年齢を重ねてもなお、あの頃のエネルギーは今の自分の生活の中にも生き続けているんだろうと思います。


20歳前後の思い出は、次第に美化されている感もありますが、
自分にとってかけがえのないもので、今ここにある基盤ですね。


> 一昨日の夜、東京の学生寮で過ごした友人と電話で話し、また機会があったら一緒に呑んで語り合おうって話しました。


昔の仲間と語り合う時間は、本当に楽しいです。


> ガラスのジェネレーション この曲のサビメロと歌詞、印象的で今もしっかりと蘇ります。 演奏もバッチリ決まってますね。
心地よく聴かせていただきました。



あの頃を象徴するようで、印象に残るメロディ・歌詞だと思います。
お聴きいただき、ありがとうございました。

ギターマジシャン | URL | 2020/04/05/Sun 18:37 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちは。
音源聴かせていただきました。
やはり佐野のカバーは声質がとてもマッチしていらっしゃっていいですね。この曲も佐野の曲でよく聴いていた数少ない曲でした。


高音がつらいところがあって、ひっくり返りますが、
比較的、自分のキーに近いのでマッチするようです。

佐野元春の曲で、有名な部類に入る曲だと思います。


> 初めて聴いた頃、Bメロのせつなさにグッときたのを覚えています。高校生の頃のバンドイベントで、この曲をカバーしているバンドが必ずありました。懐かしいです。


高校生にとっても、この歌詞はぴったりだったのでしょうね。


> 東京は大変なことになっていますが、どうかお気をつけて。


お気遣いいただきありがとうございます。
最後の1枚になったマスクを洗って、外出時には必ずつけて、
自宅と職場の往復以外はスーパーの買い物にとどめています。

お聴きいただき、ありがとうございます。
ギターマジシャン | URL | 2020/04/05/Sun 18:44 [編集]
サウンド・ストリート
佐野元春というとNHK-FMのあの番組を思い出しますね。多分、高校生の頃だったかと思いますが、この曲と「君はアンジェリーナ」がしょちゅう掛かっていました。ギターマジシャンさんの声質が佐野さんにちょっと似てますね。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2020/04/12/Sun 12:21 [編集]
Re: サウンド・ストリート
いつも、コメントありがとうございます。


> 佐野元春というとNHK-FMのあの番組を思い出しますね。多分、高校生の頃だったかと思いますが、この曲と「君はアンジェリーナ」がしょちゅう掛かっていました。ギターマジシャンさんの声質が佐野さんにちょっと似てますね。


「こんばんは、佐野元春です。みんな元気でやってますか?」と、
独特の口調で始まるNHK‐FMの番組は一時期よく聴きました。

声質はハスキーなところが、多少は似ていますが、
本物は太い声も混じり、もっと安定してますよね。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/04/12/Sun 14:34 [編集]
こんばんは♪

記事を拝見してとても感銘を受けました。
そして、ギターマジシャン様のお声と演奏を聴きながら、身体はリズムノリノリで、あの頃の甘酸っぱくて大人に憧れた気持ちが同時に蘇えり胸を熱くしております。毎晩ラジオから流れてきた佐野元春が青春そのものだった気かします。
今も心の中にはあの頃と変わらない自分がいるようです。

お声もご本人かと思うほどで演奏も美しくクリアで素敵で、そして、記事に書かれているギターマジシャン様の今のダンガリーシャツにジーパン、最高に格好イイです。いまの大変な世の中だからこそ心に澄み渡りました(^-^)
ギターマジシャン様もお仕事などどうぞ無理せずお身体をご自愛下さい。



mimi-pon5 | URL | 2020/04/17/Fri 21:21 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは♪
記事を拝見してとても感銘を受けました。
そして、ギターマジシャン様のお声と演奏を聴きながら、身体はリズムノリノリで、あの頃の甘酸っぱくて大人に憧れた気持ちが同時に蘇えり胸を熱くしております。毎晩ラジオから流れてきた佐野元春が青春そのものだった気かします。
今も心の中にはあの頃と変わらない自分がいるようです。


佐野元春は、曲の歌詞が青春の思いを歌うものが多いので、
余計に自分の青春と重なって、甘酸っぱさが蘇りますよね。


> お声もご本人かと思うほどで演奏も美しくクリアで素敵で、そして、記事に書かれているギターマジシャン様の今のダンガリーシャツにジーパン、最高に格好イイです。いまの大変な世の中だからこそ心に澄み渡りました(^-^)


現実としてはメタボ体型のジーパン姿でひどいものですが、
気分だけは細いジーンズを履いていた頃のつもりでいます。


> ギターマジシャン様もお仕事などどうぞ無理せずお身体をご自愛下さい。


お気遣いありがとうございます。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/04/18/Sat 03:31 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.