FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
それでも春は訪れ桜は力強く咲く デパペペ「桜風」
教育TVで中高年向け「ゼロからはじめるブログ」を見て、
テキストを買い、このブログを始めたのが2010年6月で、
やがてブログ仲間に背中を押される形で、自分の演奏を、
アップするようにもなり、何だかんだで、10年近くになる。

最近は、更新も滞りがちで、何とか続けている状態だが、
ブログ仲間の中には、更新がプレッシャーになったから、
休止すると宣言した方や、年に1度くらいの頻度になり、
そのうち更新が途絶える方も多く、それはすごくわかる。

何年振りかで更新されると、懐かしい友に会えたように、
嬉しくなってしまうが、ブログ上にご家族や知人の方が、
故人となった旨を書き込まれるのを目にすることもあり、
そんなことになっていたのかと、愕然としたことも何度か。

あの東日本大震災で津波の犠牲となったエレギ師さん、
プロギタリストとして活躍し、起業されるも、体を壊して、
故郷で療養中だったpipco1980さん、ガンの告知を受け、
昔の仲間とバンド活動を続けられたpurplehazeさんたち。

かくいう自分も毎年、健康診断の結果は思わしくないし、
新型コロナの猛威は、いつ自分に降りかかるかしれず、
あと何年ブログを続けられるか、少なくとも指が動く限り、
ギターは弾きたいし、パソコンのキーボードを叩きたい。

テレビからは、今なお東北の復興は進まないという話や、
新型コロナの感染が何人だ、マスク不足が深刻だとか、
暗くなるニュースばかりだが、それでも「冬来たりなば、
春遠からじ」の故事の如く、必ず春は来ると信じている。

デパペペ「桜風」は、別に復興ソングというわけでなくて、
純粋な卒業ソングで、PVでも、同窓会の風景に始まり、
中学時代の文化祭や卒業式、思いを告げられないまま、
すれ違いになった場面が続き、まさに胸キュンの世界。

同窓会というと、坂口健太郎の出たCMが思い出され、
相談にのってあげた女の子に、思いを伝えようとすると、
彼氏が迎えに来て、言葉を飲みこんだ苦い過去があり、
その娘と同窓会で再会すると、相談を持ちかけられる。

「もちろんだよ」と笑顔で答え、周りから冷やかされるが、
自分だったら、今度も相談だけで、彼氏は別にいるのか、
あの時のあいつに、いくらでも相談すればいいだろうと、
冷たく言い放ちそうで、もてない原因はその心の狭さか。

話はそれたが、デパペペ「桜風」は、卒業の歌なのだが、
春の訪れ、桜の咲き誇る季節が情景として浮かぶから、
毎年、この時期に「エレギ師さんへ捧ぐ」として演奏する、
あの日のことを忘れないぞという曲にふさわしいかなと。

デパペペは、徳岡と三浦のギターデュオで、基本的には、
2人のアコギで成立するが、次第にダビングを重ねたり、
バンド形式の曲も増えてきて、この「桜風」では歌入りで、
それも出身中学の合唱部がコーラスという大がかりな曲。

かなりダビングを重ねないと、合唱部分は再現できないし、
自分が歌うにはキーが高く、あまりにもお粗末になるので、
ギターシンセで、コーラスというパッチを選び、機械的で、
ヴォコーダーのような音色だが、自分の歌声よりはまし。

演奏は、それこそアコギ2本でも良いが、ドラム、ベース、
ピアノ、タンバリンも録音して、ギターもメロディとリズムを、
交互に演奏するところ、別々に録音して、スコアにないが、
原曲でギターのハモリを追加している箇所は多少耳コピ。

アコギデュオのデパペペの卒業ソング「桜風」を拝借して、
ブログ仲間の追悼で演奏するが、これはその人に限らず、
みんなを忘れずにいるよ、今も何とかブログも続けている、
自分は相変わらずここにいるよとの思いもこめています。






スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


3月
3月はもともと卒業式で切ない時期なのに、さらに3.11が加わったもの悲しい季節となってしまいました。
ブログ友達が少しづつ減っていく寂しさは、私も感じます。
(前向きな意味で更新を停止した方もいると思いますが。)
そんな季節にぴったりの曲でした。
得てして陳腐になりがちな、ギターシンセのコーラスがフィットしてました。
AKISSH | URL | 2020/03/08/Sun 23:15 [編集]
Re: 3月
いつも、コメントありがとうございます。


> 3月はもともと卒業式で切ない時期なのに、さらに3.11が加わったもの悲しい季節となってしまいました。


おっしゃるように、ちょうどのタイミングが重なりましたよね。


> ブログ友達が少しづつ減っていく寂しさは、私も感じます。
(前向きな意味で更新を停止した方もいると思いますが。)


誰もが、中高年のブログ入門を見たわけでないでしょうが、
すごくブログが盛り上がり、知人が増えた時期がある反面、
次第に寂しくなって、それでも新しい出会いもありますね。


> そんな季節にぴったりの曲でした。


デパペペの名曲がちょうど良かったです。



> 得てして陳腐になりがちな、ギターシンセのコーラスがフィットしてました。


原曲が「ラララ」と歌詞がないのも、うまくフィットした要因です。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/03/09/Mon 00:11 [編集]
おはようございます♪

3月のこの時期になると、自分もあの日のこと そしてブログ仲間だったpipさんのことなど思い出します。
間が空いてしまったこともありましたが、11年間こうして何とか続けてこれたのも、たくさんのブログ仲間の方たちの支えあってのことと痛感しています。

ギターマジシャンさんの歌と演奏をこうして聴かせて頂けるのもこれまで続けてきたからこそ 感謝に尽きません。

DEPAPEPE 2人組のギターインストゥルメンタルユニットというのはなかなか珍しいいなって思います。でも、いいですね。
この時期に この桜風の演奏を、色んなことを思い出しながら聴かせて頂きました。ありがとうございます!
ももPAPA | URL | 2020/03/09/Mon 10:15 [編集]
アコギの音を自然な音で録音するのは結構難しいように思いますが、とてもさわやかできれいな音で録れていますね。
ギターシンセの音がとてもよく合っていました。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2020/03/09/Mon 18:34 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> おはようございます♪
3月のこの時期になると、自分もあの日のこと そしてブログ仲間だったpipさんのことなど思い出します。


ももPAPAさんもpipco1980さんと交流があったのですよね。


> 間が空いてしまったこともありましたが、11年間こうして何とか続けてこれたのも、たくさんのブログ仲間の方たちの支えあってのことと痛感しています。



ちょっとしたコメントが嬉しくて、それをモチベーションに、
ここまで続けてこれましたし、まだまだがんばっていきます。


> ギターマジシャンさんの歌と演奏をこうして聴かせて頂けるのもこれまで続けてきたからこそ 感謝に尽きません。


こちらこそ、長く続けたゆえの出会いもありますね。


> DEPAPEPE 2人組のギターインストゥルメンタルユニットというのはなかなか珍しいいなって思います。でも、いいですね。


アコギの2人組ですが、フォークソングというよりは、
フュージョンやロック系の曲調で、気に入っています。



> この時期に この桜風の演奏を、色んなことを思い出しながら聴かせて頂きました。ありがとうございます!


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/03/09/Mon 18:55 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> アコギの音を自然な音で録音するのは結構難しいように思いますが、とてもさわやかできれいな音で録れていますね。


以前はエレアコのライン録音にしたり、マイク録音の際に、
エフェクトをかけたのですが、今は録音時は何もかけずに、
ミキシングでリバーブにするので、素朴な感じになります。


> ギターシンセの音がとてもよく合っていました。


アコギの響きと、上手く溶け合ってくれたようです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/03/09/Mon 18:58 [編集]
こんばんは。

久しぶりのデパペペですね。この曲を聴くと、オッサンのくせに(笑)少し甘酸っぱい気分になります。あの印象的なMVも久しぶりに観に行きました。

また、曲のコンセプトやタイプがデパペペにしては意外だし、彼らの高い作曲力がわかる曲でもありますね。

アコギ、いい音で録れていますね。さすがです。ライヴで曲によって仕方なく弾いていた自分にとっては、聴きほれてしまう、うらやましいプレイです。今夜はよく眠れそうです。
SMO | URL | 2020/03/09/Mon 23:19 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。
久しぶりのデパペペですね。この曲を聴くと、オッサンのくせに(笑)少し甘酸っぱい気分になります。あの印象的なMVも久しぶりに観に行きました。


オケ作りに挫折すると、よくデパペペを演奏したのですが、
毎週の更新をやめてからは、いくらか離れていた感じです。

あのMVは、すごくよくできていて、甘酸っぱいですよね。



> また、曲のコンセプトやタイプがデパペペにしては意外だし、彼らの高い作曲力がわかる曲でもありますね。


フュージョン系のデパペペが、珍しく歌ものを手掛けた感じです。



> アコギ、いい音で録れていますね。さすがです。ライヴで曲によって仕方なく弾いていた自分にとっては、聴きほれてしまう、うらやましいプレイです。今夜はよく眠れそうです。


ボーカルと兼用のマイクですが、サウンドホールの前で、
ストロークする右手が当たりそうな位置で録っています。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/03/10/Tue 01:27 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.