FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
疲弊するサラリーマンへの応援歌のような浜田省吾「J.Boy」
84年、親戚の娘から、高校で浜田省吾が流行っていて、
LPは持っていないかと尋ねられ、聴いたことがないので、
最新アルバムの「ダウン・バイ・ザ・メイン・ストリート」と、
バラード集「サンド・キャッスル」を買って、テープに録音。

その子は、「サンド・キャッスル」の何曲かを知っていたが、
新譜の方は、「何だか、大人の世界って感じね。」と言い、
自分もフォーク歌手だと思っていた浜田が、ロック調だし、
歌詞も挫折や怒りのようなものが多くて、意外に感じた。

数年後、職場の女の子たちが、浜田省吾のライブへ行き、
「格好良かった、すごく格好良かった。」と話題にしていて、
佐野元春マニアの友人は、浜田省吾もファンだったなと、
その話をすると、一緒に行こうと、チケットを取ってくれた。

先の2枚だけでは、ライブは知らない曲だらけになるので、
2枚組の「J.BOY」を買うと、やはりロック調の曲が多く、
会場は最初から総立ちで、ロックコンサートさながらだし、
後半のタイトル曲では、観客全員が拳を振り上げて歌う。

興奮覚めやらない友人と居酒屋へ寄ると、「J.BOYは、
俺たちサラリーマンの気持ちを代弁してくれているんだ、
年に一度は浜省のライブに行き、この曲で一緒に叫び、
日頃のストレスを解消しているんだ。」と熱く語っていた。

自分は、都会で倒れそうになりながらも、故郷の母親へ、
「元気です」と手紙を書く「路地裏の少年」、大学で挫折し、
「違う 違う こんな風に僕は 打ちのめされるために
生きてきた訳じゃない」と呟く「遠くへ」の方に惹かれた。

おそらく学生気分の抜けないままで、就職はしたものの、
まだ、プロギタリストになれないかと、夢見ていた自分と、
若くして家庭を持ち、マンションも購入、仕事に身を入れ、
毎日を送っている友人とは考え方が違っていたのだろう。

今では、この曲の歌詞は自分のことのように身にしみて、
「仕事終わりのベルに とらわれの心と体 取り返す
夕暮れ時」や、「家路たどる人波 俺はネクタイほどき
時に理由もなく叫びたくなる 怒りに」は、日常茶飯事に。

そして、「J.BOY 掲げてた理想も今は遠く J.BOY
守るべき誇りも見失い」というサビは、個人のことでなく、
世の中全体の閉塞感を歌っていて、34年近くも過ぎた、
今でも当てはまるどころか、もっとひどくなっている様相。

Amazonで、たまたま浜田省吾のバンドスコアを見つけ、
シンコー版は絶版だが、KMP版は新品が売れ残っていて、
自分が知らない、この十数年の曲もかなり入っているが、
1曲目が「J.BOY」なので、売り切れる前にと購入した。

この曲は、全体に売れ線ロックの曲調で、ギターも目立ち、
それでいて、Aメロは、シンセがテクノ風なバッキングをし、
ベースもアクセントをずらすようなスライドしたチョッパーで、
途中では、ジャコ・パストリアスのようなベースソロも披露。

間奏とエンディングで延々とギターソロが続くので、これは、
高校時代からのバンド仲間で、愛奴でのデビューも一緒の、
町支に花を持たせたと思ったら、かつてのツアーメンバー、
法田が弾いていて、ギターインスト曲の「滑走路」でも法田。

実力の差で、旧友の町支よりも法田に弾かせたのだろうか、
実際、法田のギターは見事で、売れ始めた頃の徳永英明の、
渋谷公会堂ライブで、ニューミュージックなのにギタリストが、
和田アキラみたいに弾きまくり、誰だろうと思うと法田だった。

トレモロアームまで使って、アラン・ホールズワースのように、
ウネウネフレーズを弾いていて、「滑走路」でも、それらしい、
ギターソロを披露するが、こんなもんじゃなく、すごかったし、
できれば、フュージョンアルバムでも出して欲しいギタリスト。

「J.BOY」のアドリブは、流れるようなレガートフレーズが、
その片鱗を窺わせるが、アームは使わないので、自分は、
ストラトではなく、レスポールにして、フェイドアウトを伸ばし、
ゲイリー・ムーアを意識して、ひたすら早弾きで好き勝手に。

YouTubeには、バンドでカバーしている演奏がかなりあり、
バンドスコアはスタジオテイクなのに、みんな耳コピなのか、
ライブアレンジで演奏していて見事なのだが、ライブでは、
エンディングのギターソロがないから、自分はスタジオ版。

ボーカルは、バンドやカラオケ、弾き語りとみんな上手く、
テレビの物真似番組に出ても通用するくらい似ているが、
「物真似かよ」と小ばかにしたようなコメントも見受けられ、
ファンはそれさえ許せないほど、神格化されているのか。

自分の歌が急に上手くなるわけないので、せめてオケは、
きちんと仕上げようと、突き指の人差し指にテーピングし、
何度もチョッパー奏法をやり直したり、ホーンセクションも、
ギターシンセの音を重ねたり、リズムギターも数テイクに。

時代の閉塞感、サラリーマンの悲哀を見事に歌い上げた、
浜田省吾「J.BOY」の、「頼りなく豊かなこの国」は、今や、
豊かとさえも言えないのではと、かなり歌詞へ入り込んで、
歌いましたが、歌よりはギターの方を聴いていただければ。




スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


こんばんは。

聴かせていただきました。
しかし・・・ギターマジシャンさんは自分のどんな話題にも絡んでくださるのに、自分でもあきれますが、浜田省吾の曲を1曲も知らないという・・・もちろん耳にしたことは何度もありますが、自分で1曲フルに聴いたことがないという意味です。

じゃあコメントするなよって話ですが。

関係ないですが、昨夜WOWOWで、CASIOPEA 40周年記念ライヴと、続けてT-SQUAREの昨年のライヴという、夢のような2時間でした。
野呂さん・・・すっかりおじいちゃんです(泣)
SMO | URL | 2020/02/13/Thu 19:38 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。
聴かせていただきました。
しかし・・・ギターマジシャンさんは自分のどんな話題にも絡んでくださるのに、自分でもあきれますが、浜田省吾の曲を1曲も知らないという・・・もちろん耳にしたことは何度もありますが、自分で1曲フルに聴いたことがないという意味です。
じゃあコメントするなよって話ですが。



自分の聴く音楽や演奏する音楽は、ジャンルは広範囲ながら、
マニアックなものも多いので、職場で話せる人はいませんし、
それこそ浜田省吾はファンの方なら怒られるかもしれません。


> 関係ないですが、昨夜WOWOWで、CASIOPEA 40周年記念ライヴと、続けてT-SQUAREの昨年のライヴという、夢のような2時間でした。
野呂さん・・・すっかりおじいちゃんです(泣)


自分も、普段は3~5倍モードにしているところ、
ハイビジョン録画で、ブルーレイに保存しました。

演奏は見事ですし、多少枯れた部分もありますが、
やっぱり老けたなあと、何だか寂しい気もします。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/02/13/Thu 20:27 [編集]
こんばんわ♪

浜田省吾 自分も曲を知らなくて、FMラジオの特集などでたまに聴く といった程度でした。
ただ、彼の持っている個性は、Vocalからもギターからも十分に感じとれます。

こんな私ですので、 この際 浜田省吾について学びたいです。
ももPAPA | URL | 2020/02/13/Thu 22:54 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんわ♪
浜田省吾 自分も曲を知らなくて、FMラジオの特集などでたまに聴く といった程度でした。
ただ、彼の持っている個性は、Vocalからもギターからも十分に感じとれます。


自分にしても、親戚の子や職場の娘たちの影響もあり、
一時期にLP、CDを買った程度ですが、80年代は、
こうしてユーミン、オフコース、山下達郎、佐野元春、
杉真理、さらに浜田省吾とニューミュージック中心に、
歌詞までじっくりと読みこんで、聴いていたものです。



> こんな私ですので、 この際 浜田省吾について学びたいです。


アルバムも多く、ベスト盤でも再録音バージョンもあったりで、
どれをお勧めしてよいか迷いますが、浜田の公式チャンネルが、
YouTubeにあるので、まずは、そちらからご覧いただければと。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/02/13/Thu 23:29 [編集]
学園祭で自分とは別のバンドがこの曲を演奏していたのを思い出しました。ベースも弾かれるのですね。今はスラップと言われますが、チョッパーの方が僕なんかはぴんと来ますね。

パソコンは大変でしたね。
僕はMacなのであまりそういう経験はないですが。データーは消える時は一瞬なので、こまめにバックアップしておいた方が無難ですね。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2020/02/15/Sat 13:43 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 学園祭で自分とは別のバンドがこの曲を演奏していたのを思い出しました。ベースも弾かれるのですね。今はスラップと言われますが、チョッパーの方が僕なんかはぴんと来ますね。


学園祭でこの曲を演奏すると、盛り上がるような気がします。
ベースは、ほとんどピック弾きですが、チョッパーの時には、
指で弾くので、リハビリというか、練習しないと厳しいです。
(スラップはチョッパー、タッピングはライトハンドかと)



> パソコンは大変でしたね。
僕はMacなのであまりそういう経験はないですが。データーは消える時は一瞬なので、こまめにバックアップしておいた方が無難ですね。


Windowsパソコンの宿命というか、すぐフリーズしたり、
アップデートでバグったり、昔から苦労してばかりです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2020/02/15/Sat 17:46 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.