FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
声が出なくなり、突き指もひどく、しばらく演奏は休みます
幼い頃から、扁桃腺がすぐに腫れてしまい、高熱が出たり、
悪化して気管支炎になったり、治りかけては咳が止まらず、
喘息かと思うくらい、夜も眠れずに、布団の中でもがいたり、
おかげで、高熱が出たり、声が枯れることには慣れっこに。

その繰り返しのせいか、30代になった頃、風邪が治っても、
枯れた声が回復するどころか、聴き取れないほどにかすれ、
職場の人から絶対にまずいよと脅され、耳鼻科へ行ったら、
ポリープができかけていて、危ないところだったと言われる。

手術はせず、じっくり治そうと言われ、ほとんど毎日のように、
耳鼻科に通い、喉への吸入を3ヶ月くらい続けると良くなり、
その後は、風邪気味になるたびに、1ヶ月くらい吸入に通い、
かすれた声を回復したり、夜中に出続ける咳を軽減できた。

十数年前、耳鼻科の先生が、もう自分も老いて、これ以上、
医院を続けるのは無理でやめることにした、最後まで喉を、
治療してあげたかったけれどすまないねと言われ、その後、
風邪をひくと、内科で診てもらうか、市販薬を買って飲んだ。

それでも、声が出せないほど悪化したことがあって、これは、
吸入しなければと、耳鼻科もある大きなクリニックへ行くと、
ポリープだからすぐ手術した方が良いと、喉に薬を塗るとか、
風邪薬の処方もしてくれず、大病院への紹介状を渡される。

前の老先生は、手術せずに治そうと言ってくれたのだから、
セカンドオピニオンでもないが、別の耳鼻科で診てもらうと、
風邪で喉が腫れているから吸入しましょうと、普通に治療、
抗生剤、うがい薬も処方してくれ、そこがかかりつけとなる。

年に2~3回はお世話になったが、しばらく行っていなくて、
先週、また声がかすれて、これは歌を歌ったせいではなく、
扁桃腺が腫れて、気管支炎になりかけている症状なので、
また吸入してもらおうと耳鼻科へ行くと、更地になっている。

職場では冗談半分で、あそこも先生がだんだん歳をとって、
いつ廃業になってもおかしくないんだと話して、念のために、
スマホで調べ、翌日が休診日なので今日のうちに行こうと、
職場から回ったら、建物ごとなくて、しばらく呆然とたたずむ。

薬局で、浅田飴、龍角散、ヴィックスドロップ、のどぬーると、
吸入できない分、直接喉に作用するものを買い、抗生剤は、
ルルA、パブロンゴールド、ロキソニンを買い、いくら何でも、
一度に飲んだりはせず、どれが効くのか、様子を見ることに。

声を出さないのが、一番なのだが、職場ではそうもいかず、
多少の電話応対くらいは、周りの人がカバーしてくれるが、
午後になると、もう声がかすれるどころか、ほとんど出せず、
低いトーンで、ゆっくり話しても、相手に通じないことばかり。

そんな状態で、歌を歌うなんて不可能で、実はオケの方は、
MTRのドラムマシンのバグが出やすくなる、フュージョンの、
細かいドラムは避けようと、ドラムの簡単な歌ものばかりを、
いくつか並行して作っていたので、最後の歌入れで挫折に。

あまり更新があくのも何だからと、クラシックギターの曲や、
ソロギターの1曲でも弾きたいところだが、練習不足に加え、
右手の人差し指の第一関節を突き指して、完治しないので、
フィンガーピッキング、指弾きをするのも、歌う以上に無理。

昔から、突き指が癖になっていて、すぐ痛めてしまうのだが、
半年前くらいから、触っただけでも、すごい激痛を感じるし、
関節が膨れてもいるので、ちょうど、テレビ番組で特集して、
キャシー中島が苦しんだという、ヘパーデン結節かと疑う。

テーピングで固定していたが、ぎっくり腰でお世話になって、
通院している整骨院で尋ねたら、単なる突き指だと笑われ、
まだ腫れているから、テーピングや風呂でもんだりはせず、
冷やすこと、湿布よりも氷などのアイシングするよう教わる。

それでも、後遺症なのか、またも痛めたのか、人差し指は、
ちょっとしたはずみで激痛になり、実は、この数ヶ月の間、
ギターを弾く時もピックを持つと痛むので、人差し指でなく、
親指と中指でピックを握って練習して、録音もそうしていた。

もともと、エディ・ヴァン・ヘイレンが駆使する奏法の1つに、
ハミングバード・ピッキングがあり、人差し指を使わないで、
親指・中指でピックを握り、軽やかにトレモロ奏法するので、
それと同じ感じでスケール練習すると、何とか形になった。

アコギのコードストロークでは、ちょっと力強さに欠けるので、
痛くない程度に人差し指を添えて、ガンガン鳴らしていたし、
エレキやギターシンセを弾くには、早弾きも大丈夫になるが、
フィンガーピッキングで人差し指を使わないのはありえない。

だましだましというか、そっと弦に当てるように弾いてみると、
1曲くらいは、人差し指を使っても、多少痛む程度なのだが、
ちょっと大きな音を出そうとすると、途端に激痛が走るので、
今日のところは、ササっとアコギの曲を弾くのは到底無理。

延々と言い訳を連ねてきましたが、せっかく作ったオケには、
歌入れしようにも声が出ないし、アコギ1本で録音しようにも、
右手の指が痛いというわけで、エレキのインスト曲のオケに、
これからじっくり取り組み、近いうちには復活するつもりです。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


お大事に。
外傷は自分で見て判断もできますが、見えない部分の不調は辛いですね。
その上に病院がなくなるとは....

食べ物,薬,すべて喉を通る物ばかり。
これから寒く、乾燥した季節になります。
冷たい空気など、喉にしみる?
無理はなさらずに、お大事に。
コタパパ | URL | 2019/11/24/Sun 22:25 [編集]
Re: お大事に。
いつも、コメントありがとうございます。


> 外傷は自分で見て判断もできますが、見えない部分の不調は辛いですね。
その上に病院がなくなるとは....


道を間違えたかと、何度か行き来してしまいました。


> 食べ物,薬,すべて喉を通る物ばかり。
これから寒く、乾燥した季節になります。
冷たい空気など、喉にしみる?
無理はなさらずに、お大事に。


寝る時もマスクをしたり、保湿に努めるつもりです。
お気遣いいただき、ありがとうございます。
ギターマジシャン | URL | 2019/11/24/Sun 23:45 [編集]
自分も小さい頃から風を引くと途端に喉をやられて咳も長く続き、内科に通院することがよくあります。
喉の痛みや咳 違和感などが続くのは本当にお辛いことと思います。

これから寒さも増し、空気も乾いて喉にとってはキツイ季節になりますが、どうかご無理をされず、お大事になさってください。
ももPAPA | URL | 2019/11/25/Mon 11:56 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 自分も小さい頃から風を引くと途端に喉をやられて咳も長く続き、内科に通院することがよくあります。
喉の痛みや咳 違和感などが続くのは本当にお辛いことと思います。


ちょうど今日が代休日でしたので、午前中に近所の内科に出かけて、
抗生剤、咳止めなど5種類処方してもらい、おとなしくしています。



> これから寒さも増し、空気も乾いて喉にとってはキツイ季節になりますが、どうかご無理をされず、お大事になさってください。


お気遣いいただき、ありがとうございます。
ギターマジシャン | URL | 2019/11/25/Mon 15:41 [編集]
こんばんは。

実は自分も小さい頃から扁桃腺に悩まされていまして、5年前には入院もしましたが、それでも切っておりません。歯の治療とも関係がありますので厄介です。

扁桃腺と指。何か自分と同じですね。突き指ではありませんが。

とにかくどうかお大事に。
SMO | URL | 2019/11/25/Mon 20:12 [編集]
お大事に!
休むのもまた愉し。

せっかくですから、音楽からちよっと離れた記事も読んでみたいところですよ!
面白半分 | URL | 2019/11/25/Mon 21:01 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。

> こんばんは。
実は自分も小さい頃から扁桃腺に悩まされていまして、5年前には入院もしましたが、それでも切っておりません。歯の治療とも関係がありますので厄介です。


幼い頃は、扁桃腺ですぐに高熱が出てひきつけを起こし、
親は切除も考えたようですが、手術せずに至っています。


> 扁桃腺と指。何か自分と同じですね。突き指ではありませんが。


歌とギターをやる者の宿命でしょうか?


> とにかくどうかお大事に。


お気遣いいただき、ありがとうございます。
ギターマジシャン | URL | 2019/11/25/Mon 21:17 [編集]
Re: お大事に!
いつも、コメントありがとうございます。


> 休むのもまた愉し。
せっかくですから、音楽からちよっと離れた記事も読んでみたいところですよ!


演奏にこだわらず、このブログを始めた頃のように、
読書や映画についての記事も書いてみたいのですが、
いかんせん引き出しが少ないので、がんばってみます。

お気遣いいただき、ありがとうございます。
ギターマジシャン | URL | 2019/11/25/Mon 21:20 [編集]
回復をお祈りします
最近、少しペースが落ちたのかなと思ったら、こんな訳があったのですね。
喉は、気を付けて下さい。
知り合いに、長年喉を傷めたのが重なって、声がほとんど出なくなってしまった方がいます。
喉を傷めやすいのは一種の体質なので、使わないようにするしかないのだとか。
ギターを早く弾けるように、お祈りします。
AKISSH | URL | 2019/11/26/Tue 21:44 [編集]
Re: 回復をお祈りします
いつも、コメントありがとうございます。


> 最近、少しペースが落ちたのかなと思ったら、こんな訳があったのですね。


ペースダウンは、つい自分の怠け癖が顔を出してきたり、
夕食後は疲れて、横になっているせいもありますが・・・。


> 喉は、気を付けて下さい。
知り合いに、長年喉を傷めたのが重なって、声がほとんど出なくなってしまった方がいます。
喉を傷めやすいのは一種の体質なので、使わないようにするしかないのだとか。


ポリープの手術をしても、結局は体質で再発しやすいそうで、
普段から気をつけたり使わないようにするのが一番ですよね。


> ギターを早く弾けるように、お祈りします。


指の方もあせらずに回復させたいと思います。
お気遣いいただき、ありがとうございます。
ギターマジシャン | URL | 2019/11/27/Wed 03:36 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.