FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
杉真理の曲で佐野元春がさりげなくハモる「内気なジュリエット」
杉真理を意識して聴いたのは、ナイアガラ・トライアングルで、
佐野元春とともに、それまでの無名に近い存在から、一気に、
お茶の間へと浸透した時ではなく、その後に、グリコのCMで、
「バカンスはいつも雨」が流れて、シングルヒットした時だった。

ビートルズを思わせるCMソングに、まだあか抜けない感じで、
とても可愛らしかった堀ちえみの映像は、すごく印象に残って、
後に、佐野元春が気に入って、ナイアガラのLPも買ったときに、
杉真理の曲もいいなあと、当時出ていた3枚のLPを全部買う。

その杉が、ソロデビューする前にも、バンド形式でアルバムを、
2枚出していたとは知らなくて、大学のサークルで頭角を表し、
「マリ&レッド・ストライプス」として、77~78年活動したようで、
雑誌「ヤングギター」を引っ張り出すと、レビューや広告がある。

このアルバムの録音には、大学のサークルの後輩でもあった、
竹内まりやがコーラスで参加しているが、バイト代をもらったと、
述懐するのを読んだ記憶があり、正式なバンドメンバーでなく、
そもそもバンド自体が流動的で、その時々で集められた模様。

その頃、喫茶店で竹内が杉に、「レコードが出たら、杉さんとは、
こんな風に、お茶したりできなくなるのねえ。」としみじみ語って、
「スターになる杉さんへ」という曲をプレゼントしてくれたそうだが、
彼女の方が売れるわ、達郎と結婚するわ、罪作りな女性だなと。

もちろん、杉も芸能人だから、いろいろと噂はあったのだろうし、
女の子にふられたとき、竹内がヤケ酒につきあってあげたとか、
別れた子の歌を作ってライブで歌ったら、その子が会場にいて、
気まずかったとか、エピソードには事欠かないので、お互い様。

レッド・ストライプスが、2枚目のアルバムを出した直後、杉は、
風邪が悪化し急性髄膜炎となり、入院に自宅療養で引退同然、
しばらく表舞台から消えるが、他者への楽曲提供はしたそうで、
再デビューのLPタイトルが「ソングライター」なのは、そこから。

大瀧詠一のナイアガラ・トライアングルに、佐野と抜擢されると、
その経験を元に、ソロ2枚目の「オーバーラップ」を作り上げて、
CM曲の「バカンスはいつも雨」がヒットして、3枚目のアルバム、
「スターゲイザー」が出るという、このあたりが全盛期だと思う。

同じ頃に、佐野元春も3枚目の「サムデイ」までが出ていたので、
ちょうど自分がファンになったこともあって、勝手に3部作として、
佐野も含めて総括し、その頃が自分にとっての2人の全盛期で、
その後でもLPやCDを買ったが、聴き込んだのは3枚目に集中。

杉真理のソロ1作目「ソングライター」が、他人へ提供した曲や、
沈黙期に書きためた曲の集まりで、次の「オーバーラップ」では、
宝石箱のように煌めく小品に満ちていて、「スターゲイザー」は、
コンセプトアルバムのように、1つのショーの構成になっている。

舞台の幕が開くのをイメージしたと杉が語った、冒頭の曲名は、
「ショー・ゴーズ・オン」で、ジャニーズ事務所のモットーでもある、
「ショー・マスト・ゴー・オン」に似ているが、座右の銘ではなくて、
「これから始まるよ」程度で、ペパーズを意識している気がする。

話は飛ぶが、ビートルズの「サージェント・ペパーズ~」について、
コンセプトアルバムと呼ばれることに対し、ジョンは、解散直後、
「『ショーが始まる』と言ったのはポールで、自分は単に、『今朝、
新聞を読んだよ』と言っただけだ。」と冷めたような意見を述べた。

杉真理の場合は、本人が「物語は始まる」という歌詞を書いたり、
「どの曲が欠けても、バランスが崩れてしまう、そういう意味では、
初めてのトータルアルバムだと思います。」と、語っていたので、
間違いないが、1曲くらい欠けても大丈夫な気もしないことはない。

「バカンスはいつも雨」は、CMでヒットしていた、先行シングルで、
トータルアルバムと考えると、入れても大丈夫なのかは微妙だが、
特に違和感はないし、アルバムと同時発売の形となるシングルの、
「内気なジュリエット」もビートルズ風の曲だから、逆に良いくらい。

「バカンス」では、いかにもビートルズというハーモニカで始まるし、
「内気な~」は、ジョージ・ハリソンがソロになってから得意とした、
スライドギターのツインリードで始まり、ディミニッシュのハモリは、
ジョージの代表曲の「マイ・スイート・ロード」に、かなり似ている。

ただ、ジョージのスライドギターについて言うと、ビートルズ時代、
ほとんど弾いていなくて、アンソロジー・プロジェクトの新曲の際、
ジョージのスライドを入れることには、ビートルズらしくなくなると、
ポールが反対したという説もあり、スライド=ビートルズは微妙。

「内気な~」がビートルズっぽいのは、何よりも佐野元春を呼び、
ジョンとポールのハモリを意識して、2人でハモっているところで、
「彼と僕がハモると、どっちが誰の声だかわからなくなるんで」と、
杉が語っていて、自分も、ほとんどの部分が杉のみに聴こえる。

前回の佐野元春「シュガータイム」は、全部、佐野の声に聴こえ、
杉真理「内気なジュリエット」は、杉の声で、それこそ、友人から、
こんなにわかりやすいのに、区別できないなんて信じられないと、
非難されても仕方ないが、杉本人もわからなくなると言うことだし。

エンディングで、メロディにかけ合うように、セリフっぽく入るのは、
佐野がジョンっぽく歌っているので、はっきりと区別でき、ここは、
2人でビートルズっぽくしようとしたそうで、フェイドアウト寸前は、
「If I fell in love with you 」と、まんまビートルズの歌詞まで入る。

ビートルズ好きの杉に、佐野がつき合ってくれた形でのハモリは、
本当にジョンとポールのように溶け合い、それを自分が歌ったら、
単なる一人二重唱なので、せめて演奏は、本物に近づくようにと、
細かい音も意識して、「内気なジュリエット」を何とか歌いました。








スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


こんばんは。

音源楽しませていただきました。前回と言い今回といい、バックの演奏より、ギターマジシャンさんのボーカルが、とても楽曲と馴染んでいて心地よいです。
杉真理には本当に疎くて、というか達郎の大ファンなのに、大瀧やナイアガラには詳しくありません。杉真理も、ポールの来日が始まり、特番のゲストによく出るものですから、初めて見るようになったという感じです。あとは竹内まりやの楽曲通して聴くくらいです。。

スライドの話ですが、実は最後にやったライヴで、フジ・ファブリックの「若者のすべて」という曲があり、相棒ベースから、スライドやらないかな~とか言われ、初めてバー買ったんですが、自分のギター弦高低すぎなのと、そもそも基礎ができていないことで、断念しました(笑)いつかなんちゃってレベルは弾けるようになりたいです。
SMO | URL | 2019/10/27/Sun 22:31 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。
音源楽しませていただきました。前回と言い今回といい、バックの演奏より、ギターマジシャンさんのボーカルが、とても楽曲と馴染んでいて心地よいです。


ビートルズに近い曲なので、歌いやすいのでしょうね。


> 杉真理には本当に疎くて、というか達郎の大ファンなのに、大瀧やナイアガラには詳しくありません。杉真理も、ポールの来日が始まり、特番のゲストによく出るものですから、初めて見るようになったという感じです。あとは竹内まりやの楽曲通して聴くくらいです。。



杉真理は佐野元春よりも知名度としては低いでしょうし、
「バカンスはいつも雨」しかヒット曲はないですから。



> スライドの話ですが、実は最後にやったライヴで、フジ・ファブリックの「若者のすべて」という曲があり、相棒ベースから、スライドやらないかな~とか言われ、初めてバー買ったんですが、自分のギター弦高低すぎなのと、そもそも基礎ができていないことで、断念しました(笑)いつかなんちゃってレベルは弾けるようになりたいです。


フォークギターを買った頃に、何となくカポタストと、
スライドバーなども揃えましたが、あまり練習せずに、
自分もこうした曲で弾く、なんちゃってレベルですね。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/10/28/Mon 00:04 [編集]
つい先日「スターゲイザー」のLP盤を買いました。
見事なポップ声でいい雰囲気のアルバムですね。
面白半分 | URL | 2019/11/09/Sat 14:20 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> つい先日「スターゲイザー」のLP盤を買いました。
見事なポップ声でいい雰囲気のアルバムですね。


このLPは、捨て曲がないくらいの名曲が揃っているうえに、
バックの演奏も、大御所スタジオミュージシャンで見事です。

面白半分さんは、掘り出し物のお買い得LPを入手されては、
レビューされているで、「スターゲイザー」もお願いします。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/11/09/Sat 15:26 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.