FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
夏だ、海だ、高中だ、シャカタクっぽい歌入りの「シェイク・イット」
80年代のキャッチコピー「夏だ!海だ!タツローだ!」に倣い、
梅雨が明けたので、山下達郎の曲をアップしようと取り組むが、
クーラーのせいか喉を痛めて、高い声がかすれて出ないので、
声の回復を待ちながら、インスト曲のオケ作りにも取り組んだ。

ラジオからは、「夏だ、エレキだ、ベンチャーズだ」とCMが流れ、
その手もあったかと、昔の楽譜を出してくるが、リズムギターは、
全然レコードと違うし、ドラムはかなり省略されて、このままでは、
使えそうになくて、耳コピしてまでやりたいと思う曲も特にない。

自分がギターを弾くせいもあり、夏のインストと言えば何よりも、
高中正義で、まんま「夏・全・開」なんてアルバムまであるくらい、
夏だの海だのが曲名につくのは、日常茶飯事というくらいだし、
ここは高中の曲をやろうと、トランクルームの段ボールを探す。

渋谷河合楽器のピアノ教室の発表会で、「エピタウロスの風」、
「渚・モデラート」をやったことがあるので、それぞれ1曲だけの、
バンドピースを持っていたはずと、奥まで潜り込んで探したが、
見つからず、その代わりというか、「シェイク・イット」が出てきた。

よくよく考えると、「渚」「エピタウロス」「シェイク・イット」のどれも、
女声ボーカルのパートがあるが、高音のハーモニーではないし、
かすれながらも、何とか音程が取れそうなので、この曲に決定、
それにしても、楽譜があるから練習したのだろうが、記憶にない。

この頃の高中は、けっこう歌入りの曲を出していて、おそらくは、
大ヒットしたグローバー・ワシントンJr.「クリスタルな恋人たち」、
シャカタク「ナイト・バード」などの歌ものフュージョンを意識して、
お茶の間や一般大衆向けシングルヒットを狙っていたのだろう。

TVのミュージックフェアだったと思うが、シャカタクが売れた時、
「ああ、やられた、と思った。」と高中が語っていて、高中自身も、
歌入りの「スイート・アグネス」など出してはいたが、シャカタクは、
その上をいくというか、いとも簡単に、お茶の間にまで浸透した。

ヒットした「ナイト・バード」は、口ずさめるような単純なメロディを、
コード進行に呼応しながらピアノが奏で、サビはボーカルになり、
それもわかりやすいメロディで、ギターやピアノの間奏アドリブも、
難しいことはせずに、キャッチーなソロで、見事な売れ線だった。

日本のクロスオーバー黎明期から、第一人者として活躍し続け、
その自覚もあったろう高中にとって、ジャズ・フュージョンの本場、
アメリカではなく、イギリスから登場したシャカタクは、寝耳に水、
こんなバンドがいたのかと、ある意味衝撃的だったのではないか。

真似をするのではないが、自分の理想とするサウンドに近いと、
仲間意識を感じて、これまで以上に、歌ものの割合を増やしたり、
ライブでは、まるでシャカタクのセットのように、ステージ上段に、
女性ボーカルを並べて、歌わない時にも踊り続ける演出にした。

ライブ盤まで出た「ジャングル・ジェーン」のコンサートの映像が、
YouTubeにあり、ユーミンのバックで有名な3人組アマゾンズの、
大滝と吉川が参加していて、シャカタクのボーカルが2人だから、
あえてトリオから2人を参集したのかと、これまた勘繰りたくなる。

アマゾンズの歌と踊りは、ライブ映像では、すごくうまく編集され、
歌っている時も、高中の肩越しになるアングルに切り替わったり、
各楽器の演奏中にも、2人が踊っているのがカットバックしたり、
ちょっとしたプロモなみで、ライブ演奏のクオリティもすごく高い。

アマゾンズは、今も活動して、実際、いいおばさんたちなのだが、
ジャングル・ジェーン・ツアーでは、まだ20代で、ボディコンとは、
違うが、派手な衣装に身を包み、ソバージュ風のロングヘアーも、
時代を感じさせつつ、綺麗なお姉さんという風貌で妙に懐かしい。

「シェイク・イット」は、かなりパーカッションが重ねてあり、実際に、
ライブで再現するとしたら、ドラム以外に4人は必要なくらいだが、
シャカタクのように、ボーカルがコンガを叩くこともなくて、大半は、
打ち込みにしているのだろうが、ドラムがかなりがんばっていた。

自分は、ドラム以外にカウベルとマラカス、コンガを打ち込みで、
バケツやドラムマシンのティンバレスを、実際に叩いて録音して、
これでトラック数をくってしまい、ホーン、ストリングスと重ねると、
ギターはリードとリズムに、1トラックずつ割り当てるのがやっと。

バンドスコアのリズムギターは、5フレット前後のコードを押さえ、
リードギターのバックでは、細かいアルペジオを指定しているが、
レコードでもライブでも、オクターブのカッティングが目立つので、
何本か重ねているとしても、リズムギタートラックはオクターブに。

高中はトレモロアームを付けたヤマハのSGを使い、ライブでは、
レコード以上に、やたらとアームを使うが、自分はレスポールで、
大半を演奏して、急激なアーミングを繰り返す箇所だけストラトで、
これもトラックが1個なので、録音をいったん止めて、持ち替えた。

86年発売の「ジャングル・ジェーン」から、先行シングルとなった、
「シェイク・イット」は、そんなに夏らしいイメージの曲ではないが、
ラテン系のリズムだから、サンバ=ブラジル=夏ということにして、
何とか1ヶ月過ぎることなく、演奏を更新して、また次に備えます。








追記
自分の演奏動画を貼り付けようとしたら、YouTube上で、
埋め込みコードが表示されず、画面がフリーズしてしまい、
アカウントの問題か、ネット回線か、あるいはパソコンか、
せっかくの更新が、また先送りになりそうな嫌な予感に。

ネット検索しても、特にYouTubeの仕様変更はないようで、
IE、Edgeが悪さしているのか、久々にFireFoxを立ち上げ、
そっちから埋め込みコードを取得したら、特に問題もなく、
そのまま、ブログ記事に貼り付けて、事なきを得ました。

スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


こんにちわ♪ いつもありがとうございます!

シェイク・イット 拝聴させて頂きました。
これだけの打ち込みをされながらの作業、相当大変だったことと推察します。

カウベルとマラカス、コンガのリズムがとても効果的で、ラテンフレーバーなノリ を生み出してて心地いいです。
マジシャンさんのギター サンタナ風なタメを効かせたフレーズがナイスな感じで思わず体でリズムをとりながら聴いていました。

最後、フェードアウトしていくところでかっこいい速弾きフレーズをもう少し聴いていたかったです(*^。^*)
素晴らしいカバー ありがとうございました♪
ももPAPA | URL | 2019/08/26/Mon 15:47 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちわ♪ いつもありがとうございます!
シェイク・イット 拝聴させて頂きました。
これだけの打ち込みをされながらの作業、相当大変だったことと推察します。


忍耐強く(?)、毎日少しずつでも作業を進めていくうち、
ピースが揃うように形になってくると、達成感があります。


> カウベルとマラカス、コンガのリズムがとても効果的で、ラテンフレーバーなノリ を生み出してて心地いいです。
マジシャンさんのギター サンタナ風なタメを効かせたフレーズがナイスな感じで思わず体でリズムをとりながら聴いていました。


高中がストラトからヤマハSGに持ち替えたのは、
サンタナの影響が多少はあったように思いますし、
そのサンタナ本人と共演までしたくらいですから、
原曲の高中のフレーズもサンタナっぽいですよね。


> 最後、フェードアウトしていくところでかっこいい速弾きフレーズをもう少し聴いていたかったです(*^。^*)
素晴らしいカバー ありがとうございました♪



原曲より長めにオケを作って、弾いていたのですが、
最後に息切れ(?)して、ミストーンだらけになり、
その手前でフェードアウトして、ごまかしています。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/08/26/Mon 18:47 [編集]
こんにちは。お久しぶりです。
もう大丈夫ですか?復活第一弾でこの大変な打ち込みとプレイ、感服いたします。このノリも弾くの大変ですよね。

これも大好きな曲です。プレイでいえば、この頃が高中の絶頂期だったかもしれませんね。
ソロかっこいいです。最後はもう少し聴きたかったような・・・

ところでこの曲、前半のテーマ部分、この最初のバージョンだけがクリーントーンで、その後は高中初めから歪んだ音で弾いているので、自分はそちらがお馴染みになっていて、久しぶりにこのパターンを聴かせていただきました。

話は変わりますが、この頃オリジナルアルバムには入っていない「SMOOTHER」という高中の個人的名曲があります。ご存知でなかったら、ぜひお聴きください。
SMO | URL | 2019/08/31/Sat 13:06 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちは。お久しぶりです。
もう大丈夫ですか?復活第一弾でこの大変な打ち込みとプレイ、感服いたします。このノリも弾くの大変ですよね。


まだ声をの方はかすれていますが、腱鞘炎は痛みも取れて、
突き指気味の部分にテーピングすれば、何とかできました。


> これも大好きな曲です。プレイでいえば、この頃が高中の絶頂期だったかもしれませんね。
ソロかっこいいです。最後はもう少し聴きたかったような・・・


ジャングルジェーンのライブ盤なども、絶頂期と呼べる出来栄えですね。
ソロは、また別の機会にフェイドアウトで弾きまくろうと思っています。


> ところでこの曲、前半のテーマ部分、この最初のバージョンだけがクリーントーンで、その後は高中初めから歪んだ音で弾いているので、自分はそちらがお馴染みになっていて、久しぶりにこのパターンを聴かせていただきました。


高中は、「レディ・トゥ・フライ」にしても、もともとは、
ストラトでクリーントーンだったのを、SGで歪ませたり、
けっこうライブで音色を変えてしまうことが多いですよね。


> 話は変わりますが、この頃オリジナルアルバムには入っていない「SMOOTHER」という高中の個人的名曲があります。ご存知でなかったら、ぜひお聴きください。


図書館で借りた「シングルス」に入っていますが、印象になくて、
今、聴いてみると、昔の「アローン」に似た感じのスローな曲で、
サンタナ「ムーンフラワー」にも通じる泣きのギターが良いです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/08/31/Sat 18:44 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.