FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
小田と鈴木のハモリと演奏が特徴的なオフコース「水曜日の午後」
この2週間、ブログで演奏したい曲が、コロコロ変わり、
リードギターが目立つオフコースの曲をやろうと思って、
何曲かオケを作っていたが、いよいよ夏が来たようだと、
山下達郎の方に目移りし、そっちのオケに取りかかる。

ところが、急に寒くなる日があったせいか、喉が痛くなり、
話していても、声がかすれて、とても歌どころではなくて、
それならインストに切り替えよう、ジェフ・ベックにするか、
夏なんだから、高中正義とか松岡直也あたりにしようか。

枕元に積み上げているバンドスコアを、あれこれ眺めて、
候補の曲をスマホで聴きながら、ドラム入力の確認用に、
小節数のメモ譜を書いて、どのシンセ音を割り当てるか、
トラックシートを作り、その中から候補の曲を決めていく。

ドラム入力や、シンセが面倒な曲は、いずれやることにし、
暇を見つけては、少しずつ入力しているが、実際のところ、
やりかけの曲は20曲以上あって、一度、やめてしまうと、
その曲に再度向き合うのは、かなりモチベーションがいる。

松岡、高中も、それぞれ2曲ずつ、シンセで中断していて、
今回、それをやろうと思ったが、まったく別の曲のほうが、
良い気もして、松岡から選ぶも、他の松岡の曲と同じで、
バンドスコアの不備で、耳コピが必要となり、そこで挫折。

自分なんかは、出版社側の言い訳だと思っているのだが、
松岡のバンドスコアは持っている2冊とも、ピアノパートは、
左手部分が省略されたり、アドリブソロも採譜されてなく、
自由に演奏するようにとの、松岡のポリシーによるそうだ。

ドラムはフィルインが省略、いくつもあるパーカッションは、
コンガとティンバレスの基本パターンの繰り返しになって、
カウベル、ギロ、マラカスなど持ち替えたり、フィルインで、
複雑に叩くのは、自分で楽譜に書き込んだりするしかない。

それらしく、ドラム、パーカッションも何とか仕上げてみて、
ベース、リズムギターと録音してから、ピアノに取り掛かり、
初めて気づいたが、メロディを単音でしか採譜していなくて、
左手どころか、右手も手抜きになり、音がスカスカになる。

結局、昨夜の段階で、その「クライ・フォー・ザ・ムーン」は、
しばらく中断することにし、多少は声が回復してきたので、
オフコースにしようか、それもまた、やりかけの曲でなくて、
キーが低く、ダビングも少なくすむ曲を、スコアからあたる。

「水曜日の午後」は、小田のピアノと鈴木のアコギだけで、
ダビングなしで成立するという、初期の特徴的なパターン、
それにベースとドラムが加わる程度で、オケの方は楽だし、
ハモリも2声から3声で伸ばすだけで、複雑な部分もない。

何より、歌詞に「あたたかい雨の降る水曜日~」とあって、
これは、梅雨から夏へ向かう今の季節にぴったりかなと、
半ば我田引水的な解釈で、二転三転した演奏候補曲を、
これに決まりとばかり、自分に言い聞かせることができた。

オフコースは、昔、FMでの全曲放送をエアチェックしたが、
あまり聴き込まないうちに、カセットの時代は過ぎ去って、
初期の曲は、もっぱら、「セレクション」で聴く程度だから、
あまり詳しくはないが、基本は2人の演奏という気がする。

小田のピアノと鈴木のギターで、互いにハモることで成立、
レコードでは、そこにベースとドラムを加えたり、コーラスを、
時に複雑なラインでダビングするが、昔のライブを聴く限り、
後に加わる3人のハモがなくても、2人だけで見事はハモ。

これは、歌唱力のたまものだろうと、自分には無理だから、
厚化粧でもないが、2声のバックコーラスは2回重ねたし、
メロディでも、サビでハモるとき以外は、ユニゾンで歌って、
ダブルトラックに近い形で、音を厚くして、ごまかしておく。

ただ、この曲に限らず、初期のオフコースでは、よく聴くと、
小田が一人で歌っているようで、鈴木もユニゾンで歌って、
ついたり離れたりのハモリをすることも多くて、このあたり、
ビートルズのジョンとポール、S&Gのような変幻自在な2人。

この曲は、YouTubeに、ソロになった鈴木がテレビ番組で、
歌っている映像があり、自分の曲でなく小田が作った曲を、
解散後に歌ったというのは、ジョンとポール並みの確執が、
噂されている2人が、どこかで通じ合うのかなとホッとする。

オフコース時代も、小田が作りレコードで歌うも、ライブでは、
鈴木がメインボーカルを取ることもあり、5人体制になった後、
松尾や清水が昔の曲で、2番を歌わせてもらったのとは違い、
小田と鈴木とは一心同体で、役割分担していたと思いたい。

「1周回って」でなく、2週間かけて、オフコースへとまた戻り、
日曜日の夜なのに、「水曜日の午後」という、雨を歌った曲、
まだ、声は完全に治らず、かなり、しぼり出して歌ったうえに、
かすれていますが、普段も、そう大差ないので、アップします。




スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


こんばんわ♪

元となる音源の選定 そしてそれを元に演奏による打ち込み音源を作り、それをミキシングしていく これって相当大変な作業だと思います。

候補があればあるほど選曲だけでも時間がかかりますよね。 それに体調がいまいちのときって エネルギー削られますから・・ その辺 ほんとうによくわかります。

絶不調な状況下で それらのプロセスをこなしながら仕上げられた "水曜日の午後" 作品が完成し、アップされた曲をこうして聴いてると、文面からだけしかわからいところはあるにしても その思いがわかるからなおのこと感動しますね♪

今日もナイスな1曲 ありがとうございます!

ももPAPA | URL | 2019/06/30/Sun 21:30 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんわ♪
元となる音源の選定 そしてそれを元に演奏による打ち込み音源を作り、それをミキシングしていく これって相当大変な作業だと思います。


長年続けて、作業の工程には慣れていくはずなのに、
より大変に感じる昨今で、歳のせいもあるようです。


> 候補があればあるほど選曲だけでも時間がかかりますよね。 それに体調がいまいちのときって エネルギー削られますから・・ その辺 ほんとうによくわかります。


やりたい曲はたくさんあるのに、いざやろうとすると、
モチベーションが上がらなかったりして、仕事疲れや、
季節の変わり目の体調不良に、かなり左右されますね。


> 絶不調な状況下で それらのプロセスをこなしながら仕上げられた "水曜日の午後" 作品が完成し、アップされた曲をこうして聴いてると、文面からだけしかわからいところはあるにしても その思いがわかるからなおのこと感動しますね♪



延々と記事で、愚痴をこぼしているようなものでして、
本来は完成し作品だけで、良いのかもしれませんが・・・。


> 今日もナイスな1曲 ありがとうございます!


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/06/30/Sun 23:24 [編集]
こんばんは。疲れる週明けの夜に
またまた癒してくださいました。
ありがとうございます。そしてお疲れさまでした。
前回のを聴かせていただいた後、セレクションの1を聴いていました。
あれに入っている曲のなんと自分的ベスト3は、ギターマジシャンさんの
この2曲と「潮の香り」なんです。高校生の頃よく聴いていました。

あっ、今回は催促ではありませんので(笑)

しかし、今聴いても全く色あせない楽曲ですよね。
SMO | URL | 2019/07/01/Mon 21:56 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。疲れる週明けの夜に
またまた癒してくださいました。
ありがとうございます。そしてお疲れさまでした。


何かと二転三転しての更新となりました。


> 前回のを聴かせていただいた後、セレクションの1を聴いていました。
あれに入っている曲のなんと自分的ベスト3は、ギターマジシャンさんの
この2曲と「潮の香り」なんです。高校生の頃よく聴いていました。


「セレクション」は、絶対的に1の方が自分は好きですし、
どの曲も甲乙つけがたいのですが、「潮の香り」はそれ以前、
FMで「ジャンクション」から「秋の気配」と一緒に流れて、
どちらも気に入って、今でも、セットの2曲に感じています。


> あっ、今回は催促ではありませんので(笑)


実は、夏向きだと思い、取り組んでいます。


> しかし、今聴いても全く色あせない楽曲ですよね。


ビートルズ、S&G、カーペンターズも、そうでうし、
ユーミン、達郎など、40年以上前とは思えないです。

お聴いいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/07/01/Mon 23:00 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.