FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
時代を超えた泣きのギターの最高峰のジェフ・ベック「哀しみの恋人達」
このブログには、何度も書いていることだが、中学時代、
ビートルズばかり聴いていた自分が、高校に入学すると、
パープルやツェッペリンのギターを弾く同級生に刺激され、
買ったLPが、全曲インストのジェフ・ベックのアルバム。

その「ギター殺人者の凱旋」は、その後の自分の嗜好性、
ロック系フュージョンのギターが好みというのを決定づけ、
リトナー、カールトンのクロスオーバーギターのブームや、
プリズム、カシオペアの登場でも、すんなりと受け止めた。

ベックが泣きのギターを聴かせる「哀しみの恋人達」は、
もう40年以上前という演奏なのに、今でも自分にとって、
最高峰の一つであり、いくら完コピしようと弾き続けても、
独特のニュアンスが出せずに、果たせないままでいる。

平成の終わりにあたり、何か演奏しようと思ったものの、
手持ちの楽譜、バンドスコアの大半は、昭和時代の曲、
それならば、一度このブログで演奏したが、悔いが残り、
リベンジしたかったこの曲を、時代が変わる前に再挑戦。

ブログを始めて、すぐくらいの時に、演奏したせいもあり、
まだ、ギターがきちんと弾けていないし、何よりもオケが、
ブラシの音は、あまりに金属音だったり、ミキシングの際、
エフェクトをかけるのを手抜きしたり、全体に貧弱だった。

今回にしても、ドラムは、MTRの内蔵ドラムマシンだから、
そうそう飛躍的に良くはならないが、ブラシとスティックで、
トラックを分けて、ドラムキットの音色を切り替えて録音し、
バスドラ、スネア、タム、ハイハット、シンバルも別トラック。

ただ、別々に入力したので、スネアだけ2小節分ずれたり、
いつものドラムマシンのバグ、入力していない楽器が鳴り、
その削除ができなくて、トラックごと打ち込みをやり直して、
ドラム入力だけで、1週間以上かかって、めげそうになる。

それでも、この名曲を弾き直したいというモチベーションで、
何とか仕上げて、エレピも、ギターシンセをステレオにして、
原曲のように、音が左右のチャンネルを動き回れないか、
オートパンの機能を見つ出して、多少は、雰囲気が近づく。

イントロはフリーテンポ、ルバートなので、およその位置で、
シンバルを入力しておいたが、全然タイミングが合わなくて、
結局、イントロ用に空けた7小節に収まるよう、先に演奏し、
それに合わせて、電子ドラムのシンバルを叩くという荒業。

ギター演奏は、なるべく完全コピーを目指すため、通勤で、
この曲だけ繰り返し聴いて、細かいニュアンスを覚えたが、
40年も弾いていると、自分の歌いまわし、節回しができて、
それが良ければいいが、変な癖になって、直すのに苦労。

以前、YouTubeには、外人さんがアトリエのような場所で、
文句のつけようがないくらい完コピで、レスポールを弾く、
見事な映像があったが、今回、参考にしようと検索しても、
なかなかヒットしてこないので、うますぎて削除されたか。

当時、コメント欄には、「レコードでは、ジェフの意に反して、
プロデューサーのジョージ・マーティンが編集しているが、
お前は、それをわかったうえで、完コピをしているのか。」と、
非難めいた内容があり、そんな言い方されるのかと驚いた。

難解フレーズで有名な(?)アラン・ホールズワースの場合、
UKのアルバムでは、わかりやすいフレーズに編集したと、
エディ・ジョブソンが裏話をしていたが、ジェフ・ベックでさえ、
そんな目にあうのか、元テイクの海賊盤はないのだろうか。

ところが、ウィキペディアには、一発録りで演奏したとあり、
YouTubeの事情通らしき人の勘違いなのか、不思議だが、
どちらにしても、自分の目標は完コピで、非難コメントやら、
当局の削除要請が来るくらいに、上手くなりたいものだと。

ギターは黒のギブソンレスポールを使ったが、当然ながら、
アルバムのジャケットで、レスポールを弾くベックに憧れて、
このギターを買ったわけで、実際にベックが使用したのは、
改造したテレキャスターと知った時、すごいショックだった。

BBAのライブと「ギター殺人者~」は、レスポールを弾き、
「ワイヤード」から、これまたアルバムジャケットのとおりに、
ストラトへ持ち替えたと思っていたが、「ギター殺人者~」も、
「フリーウェイ・ジャム」など、ストラトを使った曲はあった。

ビートルズの前期はリッケンバッカー、後期はエピフォンと、
ギターを変えても、その時期は同じギターを使い続けると、
勝手に思い込んでいて、パープルのリッチーはストラトで、
ツェッペリンのジミー・ペイジはレスポールと決めてかかる。

後になって、ビートルズもレコードではストラトを使ったり、
リッチーは335、ペイジはテレキャスと、他のモデルでも、
録音やライブをやっていたのを知るが、トレードマークの、
愛用ギターはあるわけで、黒のレスポールに後悔はない。

ただ、これにしても、ベックが弾いていたのは黒はなくて、
オックスブラッドと呼ばれる特殊な色、さらに、70年代は、
黒ではなく深緑のようだと、写真の色合いから想像されて、
グレコのベックモデルは、深緑色で作ったという失敗談も。

改造テレキャスは、ハムパッキングだから、ストラトよりは、
レスポールの方が音が似るので、レスポールで弾いたが、
イントロのボリューム奏法は、レスポールでは厳しいので、
そこは、ストラトで代用して、その部分だけノイズが多めに。

75年に出たジェフ・ベックの名盤「ギター殺人者の凱旋」、
「ブロウ・バイ・ブロウ」から、泣きのギターの名演、最高峰、
「哀しみの恋人達」は、昔の演奏より、ましになりましたが、
ビブラートのかけ具合などの問題点は、残ったままでした。



スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


こんにちは。いつも音源を聴かせていただいた感想に
「癒されました」とか書いていますが、今日は「戦慄が走った」という感じです。
すごいです。こんなに弾けると「エレキ弾いてて良かった」と
思えるでしょうね。羨ましいです。
ベックがスイッチやノブに頻繁に触っているであろうことが
とてもわかる曲ですが、ギター・マジシャン様の音色も
聴いていてニヤリですね。
ギターもなんですが、この曲はローズピアノの音色抜きには
語れないと思うのですが、そこのこだわりもさすがです。

ところで自分も若い頃、この曲の使用ギターには騙されました。
当時結構自分的にはギターの音色聴き分けに自信あったんですが
さすがにテレギブみたいな変化球は絶対無理ですね。
聴き分けていたという人の話も聞きますが、怪しいものです(笑)
SMO | URL | 2019/04/22/Mon 14:56 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちは。いつも音源を聴かせていただいた感想に
「癒されました」とか書いていますが、今日は「戦慄が走った」という感じです。
すごいです。こんなに弾けると「エレキ弾いてて良かった」と
思えるでしょうね。羨ましいです。


ベック特有のスリリングな雰囲気が多少は出せたかと思いますし、
アコギでなくエレキならではのフレーズ、音色だらけですよね。


> ベックがスイッチやノブに頻繁に触っているであろうことが
とてもわかる曲ですが、ギター・マジシャン様の音色も
聴いていてニヤリですね。


ベックは、BBAライブでも、かなりいじっているのがわかり、
昨今のストラトでの演奏は、フレーズの途中でも触ってますが、
自分のは歪み方を変える程度で、ピッキングで調整しています。


> ギターもなんですが、この曲はローズピアノの音色抜きには
語れないと思うのですが、そこのこだわりもさすがです。


ロータリースピーカーっぽい音に、オートパンで近づけました。



> ところで自分も若い頃、この曲の使用ギターには騙されました。
当時結構自分的にはギターの音色聴き分けに自信あったんですが
さすがにテレギブみたいな変化球は絶対無理ですね。
聴き分けていたという人の話も聞きますが、怪しいものです(笑)



テレギブ自体が特注で、もともと存在していなかったわけでして、
テレキャスシンラインとも音が違うし、聴き分けは無理ですよね。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/04/22/Mon 21:09 [編集]
お見事!
山ほどカバーされているギターマジシャンさんが、「哀しみの恋人達」初めて!?
と思ったら、やはり2回目、リベンジですか。
前回のアップは、何年何月でしょうか?探すに探せなくて。
ブローバイブローは、僕ら世代のギター弾きにはスタートラインのようなアルバムですね。

普通のディストーション音色のようで、実はこの音色、意外と出せないのに、非常にいい。ややオフ気味なのもオリジナルそっくりだし。フレーズはもちろん。
加えて、ブローバイブローの魅力のかなりはエレピ(マックスミドルトンでしたっけ?)と思いますが、手弾きですか?雰囲気出てますね。
ここまで完成度が高いと、MTRのスネアの音が軽いのだけが気になります。
お見事でした。
AKISSH | URL | 2019/04/22/Mon 21:44 [編集]
Re: お見事!
いつも、コメントありがとうございます。


> 山ほどカバーされているギターマジシャンさんが、「哀しみの恋人達」初めて!?
と思ったら、やはり2回目、リベンジですか。
前回のアップは、何年何月でしょうか?探すに探せなくて。


前回は2010年11月で、今聴き返すと、オケも演奏も雑で、
それから比べると、ギターも上達したと思いたいですし、
2年前あたりの演奏でも、かなり恥ずかしいレベルです。



> ブローバイブローは、僕ら世代のギター弾きにはスタートラインのようなアルバムですね。


今の自分のギター人生を決めてしまったと言っても、
過言ではないくらいに、影響を受けたアルバムです。



> 普通のディストーション音色のようで、実はこの音色、意外と出せないのに、非常にいい。ややオフ気味なのもオリジナルそっくりだし。フレーズはもちろん。


MTRのマーシャルモデリングにして、前半部分は、
ギター側のボリュームを絞って、歪みを抑えました。


> 加えて、ブローバイブローの魅力のかなりはエレピ(マックスミドルトンでしたっけ?)と思いますが、手弾きですか?雰囲気出てますね。


ギターシンセの手弾きでやっていますが、何より、
バンドスコアがいい感じに採譜してくれてました。


> ここまで完成度が高いと、MTRのスネアの音が軽いのだけが気になります。


他の曲でも、やはりドラムマシンがネックですね。



> お見事でした。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/04/22/Mon 23:24 [編集]
ギターマジシャンさんもいろいろこだわりぬいた演奏なんですね。
聞き惚れました。
でもビブラートかけ具合で問題アリとは求道者ですね。

フリーテンポ部での”荒業”はなかなか面白かったです

面白半分 | URL | 2019/04/30/Tue 17:44 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさんもいろいろこだわりぬいた演奏なんですね。
聞き惚れました。
でもビブラートかけ具合で問題アリとは求道者ですね。


ジェフ・ベックのように弾きたいというのが、目標なので、
ビブラートをかけ忘れ、ヌペーっとしたようになる部分は、
がっくりときて、もっと練習しなければと気合が入ります。


> フリーテンポ部での”荒業”はなかなか面白かったです



バンドでなく、自宅録音ならではの、無理やりでした。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/04/30/Tue 18:49 [編集]
生指!?
今晩は。
ワォ!大好きな楽曲、でも最初はシリータ・ライト、S.Wonder作詞作曲でした・・・・・、スティーヴィーがベックさんに此の楽曲提供の噂ありデス。

此の曲の印象に残る演奏は、英JAZZCLUB:ロニー・スコットで、ベースにタルちゃん迎えての演奏、レコーディング時期とは違い此の時期のベックさんは、ピック使用せず生指の演奏ですけど、ギタマジさんはピック使用の様に思いますが!?

でも重要なのは全体の雰囲気ですよネ、チョーキング・バイブレーション効かせた抜群の演奏はサスガです、追いつくという挑戦について遠回りな賛辞はしません、素晴らしいギタープレイです。
take10n | URL | 2019/05/01/Wed 23:15 [編集]
Re: 生指!?
いつも、コメントありがとうございます。


> 今晩は。
ワォ!大好きな楽曲、でも最初はシリータ・ライト、S.Wonder作詞作曲でした・・・・・、スティーヴィーがベックさんに此の楽曲提供の噂ありデス。


BBAに提供した「迷信」を、スティーヴィー本人がシングルで出し、
ヒットしてしまったお詫びに、この曲も提供したと思っていましたが、
つい最近、シリータの歌が先だったと知り、すごくびっくりしました。


> 此の曲の印象に残る演奏は、英JAZZCLUB:ロニー・スコットで、ベースにタルちゃん迎えての演奏、レコーディング時期とは違い此の時期のベックさんは、ピック使用せず生指の演奏ですけど、ギタマジさんはピック使用の様に思いますが!?


「フラッシュ」の頃から、ベックはピックをやめていきましたが、
ロニースコットのライブは、もう指弾きが神の領域になっていて、
ボリュームとトーンをコーントロールしながら、アームもからめ、
誰にも真似でいないニュアンスでして、自分は当然ピックでした。


> でも重要なのは全体の雰囲気ですよネ、チョーキング・バイブレーション効かせた抜群の演奏はサスガです、追いつくという挑戦について遠回りな賛辞はしません、素晴らしいギタープレイです。


まだまだ、ベックの表現力には及びませんが、研鑽します。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2019/05/02/Thu 07:12 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.