FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
バンド形式だとフュージョンのようなゴンチチ「プラティパス」
このところ、週末のブログ更新に無理やり間に合わせようと、
ギターの二重奏を演奏することが多く、その大半となるのは、
ゴンチチとデパペペで、どちらもギターのデュオ、2人組だが、
当然というか、アルバムではバンド形式の曲も演奏している。

ゴンチチは、デビュー当時から、そうした曲も演奏していたか、
いかんせん「放課後の音楽室」くらいしか、知らなかったので、
図書館でベスト盤など借りて、バンド演奏が多いのに驚くが、
基本はデュオで、バンドはおまけなのか、その逆なのか不明。

デパペペは、もともとがアコギのデュオで、ストリートライブで、
その形式で実力を鍛えながら、インディーズで出したCDでも、
基本はダビングもない2人だけの演奏、メジャーデビューして、
録音時間や人件費(?)がかけられてからの、バンドの導入。

これは、自分の勝手な思い込みもあり、ゴンチチはベテランで、
ジャズ畑出身だから、もともとバンド形式もありで、円熟味ある、
小粋なジャズや落ち着いた曲も多い、片や若手のデパペペは、
2人でギターをかき鳴らし、元気いっぱいに演奏するイメージ。

先日演奏したように、デパペペにもスローな曲は、かなりあるし、
ジャズっぽい演奏もやっているが、ついつい、ゴンチチと比べ、
年季が違うよなとか、スイングのノリは、ゴンチチは本物だとか、
勝手に比較してしまうところ、どうやら年寄りびいきも感もある。

そのゴンチチの、唯一持っている楽譜「ワークス」の冒頭の曲は、
ベスト盤向けの新曲、それもバンド形式で元気いっぱいな演奏、
サンバとまではいかないが、アップテンポのボサノバというのか、
フルート、ピアノも加わり、もろにフュージョンと呼んでも良いほど。

タイトルの「Platypus(プラティパス)」とは、何のことかと思ったら、
カモノハシのことだそうで、いったいどういう経緯でついた題名か、
カモノハシの写真や映像を見てもピンとこなくて、自分の感性が、
乏しいのか、インストの題名がイメージと一致することは少ない。

クラシックの例だが、ドビュッシー「月の光」は元々のタイトルで、
ベートーベンのピアノソナタ「月光」は、後でついたサブタイトル、
それが派生して、「月夜に散歩していたベートーベンが~」なる、
作曲にまつわるエピソードまで教科書に載るが、単なる作り話。

ソルのギター練習曲にも、「月光」の別名があり、このくらいなら、
月の光の揺らぐ感じを表すのかなと、ちょっとは想像もできるし、
「子犬のワルツ」、「夢」なども大丈夫だが、「カモノハシ」となると、
うーん、どうなのだろう、カワウソでもアヒルでも良い気もしてくる。

それを言ったら、フュージョンのインスト曲も、ほとんどが同様で、
プリズムの「モーニングライト」は、爽やかな朝なのかと思えても、
カシオペアの「朝焼け」だとピンとこないし、スクエアの大ヒット曲、
「トゥルース」もF1のイメージはあっても、何が「真実」かは不明。

フォークとかの作詞作曲で、歌詞が先行か、メロディ先行なのか、
人によって違ったり、同じ作者でも曲によって違ったりするだろうし、
インストを作る場合も、タイトル先行、メロディ先行とかがあったり、
主題歌やCM曲の場合、イメージ優先させて作ったりするのだろう。

「プラティパス」は、そのイメージがどうかはともかく、テーマ部分は、
ギターとフルート、グロッケンのユニゾンで奏でて、左チャンネルに、
ガットギターでボサノバ風のテンションコードを弾き、右チャンには、
カヴァキーニョというウクレレのようなギターのような楽器を使って、
こちらもテンションコードを弾いて、これは自分はアコギで代用する。

パーカッション類は、マラカスやシェイカーっぽい音はカバサ使用、
タムやティンバレスと思ったのは、タブラやスルドという民族楽器、
当然ながら、そんな楽器もなければ、MTRのリズムマシンにもなく、
マラカスやタム、コンガの音で代用して、ちょっと貧弱なリズム隊に。

ゴンチチには珍しく、間奏とエンディングで、ギターがアドリブして、
このあたりは、先日の「ゴンチチのアコギ入門」のエッセイにある、
ジャンゴ・ラインハルトのファンというのが、はっきりわかるラインで、
アコギのビブラートも見事で、これは、ちょっと自分には再現不可。

間奏とエンディングの1コーラス分は、バンドスコアに完コピされて、
ジャンゴっぽいビブラートやニュアンスは無理だが、楽譜に沿って、
2コーラス目からは好きにアドリブして、原曲よりもフェイドアウトを、
長くしているが、オケ作りで力尽きて、ソロは1テイクでやり直さず。

ギターデュオのゴンチチがバンド形式で演奏したうえ、伴奏部分が、
いつものように左右に分かれた、ガットとアコギ(カヴァキーニョ)で、
ジャンゴのようなアドリブも見事な、もうフュージョンと呼んで良い曲、
「プラティパス」は、自分の演奏では、まんまフュージョンとなります。





スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


お手数おかけしました
今回少しの休憩を取る事になると思います。変なお手間を取らせてしまいました。ありがとうございます。

朝のイメージの曲は確かにそうですね。モーニングライトは泣きそうなくらいの懐かしさです。
サンバ系のリズムは確かにフュージョンでも多用されますし、相性が良いのだと思います。本来フュージョンの生まれた姿が他のジャンルからリズムを取り入れたのですから、必然的な事だと思います。

確かにジャンゴの系統のジプシースタイルは的を得ていますね。私も同感ですし、それを具体化して演奏するギターマジシャンさんも素晴しいです。

本当に心配は無いのでご安心下さると嬉しいです。
毎週演奏するギターマジシャンさんを拝見します・・・。
kamiyo.m | URL | 2018/04/25/Wed 04:22 [編集]
Re: お手数おかけしました
いつも、コメントありがとうございます。


> 今回少しの休憩を取る事になると思います。変なお手間を取らせてしまいました。ありがとうございます。


AKISSHさんへお伝えしましたところ、自分同様に驚かれていました。


> 朝のイメージの曲は確かにそうですね。モーニングライトは泣きそうなくらいの懐かしさです。

自分たちの世代がクロスオーバーに触れ始めたころの作品ですよね。


> サンバ系のリズムは確かにフュージョンでも多用されますし、相性が良いのだと思います。本来フュージョンの生まれた姿が他のジャンルからリズムを取り入れたのですから、必然的な事だと思います。


マイルスのビッチェズブリューにしても、アフリカのリズムでしょうし、
アドリブはジャズのままで、アフロ、ラテンやロックの8ビートから、
ソウル、ファンクの16ビートまでも取り入れていったのでしょうね。


> 確かにジャンゴの系統のジプシースタイルは的を得ていますね。私も同感ですし、それを具体化して演奏するギターマジシャンさんも素晴しいです。


ゴンチチの本物に近いビブラートには及びませんが、
アコギで弾くと、それらしい雰囲気になるようです。


> 本当に心配は無いのでご安心下さると嬉しいです。
毎週演奏するギターマジシャンさんを拝見します・・・。


いずれブログが再開、更新されるのをお待ちしていますし、
それまで自分の演奏を時々覗いていただけると嬉しいです。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2018/04/25/Wed 06:28 [編集]
凄っ💦
こんな完成度の高い音源を1週間の間に作ること自体が凄い!
楽譜がよめること、そのように演奏できること、、それに支えられて一連の
作業をスムーズに行えること、、、。尊敬します。

タイトルなのですが、先日、ORIBASTONEライブで「ヌデレバの追走」と
いう曲があって、アテネで金の野口みずきを執拗に追う姿だと解説があった。
それをイメージし聞きながら、インストは聞き手としてタイトル先行のほうが
より理解しやすいもんだと思いました。

ご機嫌に素敵なサウンドをありがとう。



ロッシー | URL | 2018/04/28/Sat 09:45 [編集]
Re: 凄っ💦
いつも、コメントありがとうございます。


> こんな完成度の高い音源を1週間の間に作ること自体が凄い!
楽譜がよめること、そのように演奏できること、、それに支えられて一連の
作業をスムーズに行えること、、、。尊敬します。


耳コピが苦手で、基本的に市販の楽譜に頼り切った演奏でして、
ギターだけは昔取った杵柄で何とかなっているという感じです。


> タイトルなのですが、先日、ORIBASTONEライブで「ヌデレバの追走」と
いう曲があって、アテネで金の野口みずきを執拗に追う姿だと解説があった。
それをイメージし聞きながら、インストは聞き手としてタイトル先行のほうが
より理解しやすいもんだと思いました。



追いかけっこ(?)の情景が浮かぶような曲調なのでしょうか、
おっしゃるとおり、タイトルから連想してインストを聴く方が、
わかりやすいですし、それでイメージも広がっていきますよね。



> ご機嫌に素敵なサウンドをありがとう。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2018/04/28/Sat 14:18 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.