FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
サンタナの二大インスト曲にして初期ヒット作「君に捧げるサンバ」
中学時代はビートルズばかり聴いていたこともあって、楽譜も、
「ビートルズ80」や「弾きがたりビートルズ」を買うくらいだから、
デパートのレコード売り場にある楽譜コーナーや本屋で十分で、
ヤマハなどに行くことはなく、そもそも楽器屋は敷居が高かった。

今でも、中学で一番ギターが上手かったと思っている同級生が、
模擬テストへ一緒に行った帰り、渋谷道玄坂のヤマハへ行って、
楽譜を探すというので、何となくついていき楽譜売り場へ行くと、
デパートや本屋とは比べ物にならないほど、楽譜が置いてある。

ただビートルズに関する限り、そんなに種類も出ていないから、
ヤマハに寄った意味はなく、あれこれ物色する友人につきあい、
ただ眺めていたら、「ロックギター」というムック本を何度も見て、
これを買って帰るよと、嬉しそうにして、レジに向かって行った。

あいつが買うのだから、ちゃんとした本なんだろうなと思いつつ、
自分も立ち読みすると、巻頭のカラーページにジョージが載り、
名盤紹介にはペパーズとホワイトアルバム、楽器カタログには、
リッケンバッカーとヘフナーが出ていて、かなり欲しくなってくる。

結局、翌週には一人でヤマハへ行って、買ってくることになるし、
これは、ヤマハの雑誌「ライトミュージック」の増刊号だったので、
同様に出ていた「アコースティック・ギター」も、ほんの数ページ、
ビートルズの写真や記事があるというだけで、あとから買った。

この時は、ロックやフォークの本にも、ビートルズは出ているぞと、
何だか自分がほめられたような気分で、ただ持っていただけで、
たまにパラパラ見ては、いろいろなギタリストの名前を知ったが、
いわゆる三大ギタリストも含めて、その音楽を聴くのは高校から。

高校になって、ジェフ・ベックのLPを買った後、次に何を買おうか、
この「ロックギター」や、やはりビートルズが数曲載っているから、
買っておいたヤマハの「ロックギター完全レコードコピー曲集」を、
参考にして、普通なら聴かないロイ・ブキャナンとかのLPを買った。

どういう選択基準なのか、ムック本の「ロックギター」に掲載曲は、
バッド・カンパニー、ディープ・パープル、フォーカス、サンタナに、
ロイ・ブキャナンで、普通に考えると、パープル以外はクラプトン、
ツェッペリン、ジミ・ヘンドリックス、ジェフ・ベックじゃないだろうか。

まあ、そのおかげで、ロイ・ブキャナンやフォーカスと出会えたし、
簡単ではあるが、ロックギター講座や奏法紹介も役に立ったし、
「曲集」からも、ジョニー・ウィンター、ウィッシュボーン・アッシュ、
バックマン・ターナー・オーバードライブなどを聴くことになった。

サンタナは「君に捧げるサンバ」の楽譜が出ていたが、見た感じ、
ちょうど短い髪型の時期だったので、サラリーマンみたいに見え、
イージーリスニングとかジャズだろうかと、漠然と思ってスルーし、
友人がテープに録音してくれるまで、あえて聴こうとはしなかった。

ギターが上手くなりたいから、ジェフ・ベックのLPを買ったと話すと、
クリームとサンタナを90分テープのA・B面に友人が録音してくれ、
クリームは最後の方に「レイラ」を、サンタナは日本公演を中心に、
最後に「哀愁のヨーロッパ」で、どちらも、おまけの方が気に入る。

ちなみに、その友人はツェッペリンやパープルもライブをメインに、
ベスト盤的なテープを作ってくれたので、自分にとって、もう十分、
クラプトン、パープル、ツェッペリンは、CD時代まで買うことはなく、
サンタナは今に至るも、LPもCDも持っていないという有様となる。

サンタナは、77年の「ムーンフラワー」はエアーチェックして聴き、
「サンバ」、「ヨーロッパ」に次ぐインスト曲の「ムーン・フラワー」は、
ヤングギターの楽譜で練習して、シングル「シーズ・ノット・ゼア」は、
「ブラック・マジック・ウーマンと」同様な歌ものとして、気に入った。

渋谷公園通りにあった映画館で、「ツェッペリン・狂熱のライブ」と、
「ウッドストック」の二本立てを見た時、デビュー当時のサンタナが、
ワイルドな演奏をしていて驚いたし、マイク・ブルームフィールドの、
「フィルモアの奇蹟」のLPでは、ブルースを弾き、これにも驚いた。

ただ、やっぱりサンタナと言ったら、「哀愁のヨーロッパ」が好きだし、
それと並ぶ初期のインスト曲「君に捧げるサンバ」もギターメインで、
ベックを聴いて、クロスオーバー路線にはまっていく自分からしたら、
歌がなくギターが延々と続く、その2曲があれば、サンタナは十分。

本人のLPを買わないくせに、ロックギター教則本で一世を風靡した、
小林克己の教則カラオケシリーズには、サンタナのその2曲のみが、
フルコーラスで入っているものがあり、そのカセットテープ版で購入、
かなり真剣に練習して完コピを目指したものの、けっこう難しかった。

今回、久しぶりにサンタナ「君に捧げるサンバ」を演奏しようとして、
セカンド「天の守護神」を図書館で借りると、自分が思っていたほど、
サンタナのギターの音が歪んでいないのに気づき、自分の中では、
「哀愁のヨーロッパ」の音ばかり、イメージとして拡大していたようだ。

それでも、サンタナの音というか、決して真似のできない独特の音、
ボズ・スキャッグスの「トワイライト・ハイウェイ」がCMで流れた時に、
チョーキング一発でサンタナとわかったが、その間の取り方もあるし、
一説には、ストラトだろうが何だろうが、サンタナの音になるらしい。

楽譜通りに演奏するクラシックのピアニストでも、音色に違いはあり、
ましてアドリブするロックギターでは、個性が分かれて当然なのだが、
サンタナはメロディからして、独特のタイム感で完コピは難しいしうえ、
拍子の頭を外したり8分音符がずれたり、抑揚のつけ方が半端ない。

ここは、カバー演奏とわりきるが、サンタナのアドリブフレーズだけは、
70年代の楽譜にしては、珍しいくらい、きちんと採譜してくれている、
ヤマハ「ロックギター」に敬意を表して、なるべく同じように演奏するが、
それだけに、本物との音色、間の取り方の違いが目立つことになった。

せっかくなので、江部賢一のギター編曲版もエレガットで弾くことにし、
この楽譜は、アール・クルーが弾く「いそしぎ」や、チェット・アトキンス、
「星に願いを」が出ているので買ったが、「君に捧げるサンバ」のような、
江部独自の編曲やオリジナル曲が入っていて、かなり難易度が高い。

こうした自分に弾けないクラシックギターやソロギターの楽譜も多くて、
毎日、アルペジオやスケール練習を繰り返し、いずれは制覇したいが、
そうしたそばから、また別の楽譜を買ったり、やはりエレキが一番だと、
その伴奏のオケを作ったりして、本当、時間がいくらあっても足りない。

時間が足りない中でのオケ作りに演奏だから、下手でも仕方ないよと、
開き直るつもりはないが、ついつい愚痴を言いたくなる年度末の忙しさ、
週末や祝日も自主出勤しているが、土曜だけはブログ更新したいから、
今日は自宅にとどまり、朝から録音したり、ブログ記事を書いたりする。

カシオペアの野呂の泣きのギターを演奏したら、kamiyo.mさんからの、
「サンバ・パティが好きな曲です。」との嬉しい反応で、すぐに調子づく、
能天気な自分としては、もちろん、弾けない曲だとどうしようもないが、
ギターカラオケで練習した曲だと、早速、この曲を課題曲へと決定した。

耳コピの苦手な自分としては、Amazonでバンドスコアを検索するが、
シンコーのサンタナのバンドスコアは、この曲はギターのみで伴奏なし、
洋書「サンタナ・グレイテスト・ヒッツ」には、バンドスコアで出ているが、
入荷待ち状態、ダウンロード販売のサイトには、バンドスコアがあった。

素人というか、個人が採譜してアップロードしたものを販売するという、
オークションサイトのような形式の、DLマーケットで試しに購入したら、
ギターのメロディも間違えているし、伴奏は同じパターンの繰り返しで、
とりあえず参考にしながら、オルガン、ベース、パーカッションを演奏。

ヤマハ「ロックギター」には、演奏アドバイスに、「サンタナのバックでは、
キーボードは走り回ってはいけない、ギターのサポートに徹し」とあり、
「ベースは全音符で十分」、パーカッションも「テンポのキープを確実に、
サンタナの後ろで真剣に、コンガを叩くペラサを見習うよう。」ともある。

要するに、サンタナのギターを邪魔しないよう、リズムキープに徹して、
同じパターンの繰り返しでもかまわないのだろうし、実際の演奏でも、
オルガンはコードを流しているし、パーカッションもフィルインは少なく、
自分の伴奏作りも、わりと淡々として、あまり抑揚もつけずにしておく。

サンタナの「哀愁のヨーロッパ」と並ぶインスト曲の傑作のうちの一つ、
「君に捧げるサンバ」は、40年以上前、中学時代に買った楽譜を出し、
ギターに夢中になって、どのページも食い入るように読んだよなあと、
遠い目になっての演奏、やっぱり70年代は良かったなあと実感です。


























スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


私も大好きです
今週はサンタナの曲のカバーなのに、ビートルズ本の話し。
どこからサンタナになるのか楽しみながら読みました。
まさかギター雑誌の特集とは思いませんでした。

「君に捧げるサンバ」の原曲は耳にこびりついていて、
それとそっくりのカバーはさすがです。
意外だったのは、アコギのカバー。
非常にフィットしていて驚きました。
確か、以前も江部賢一さんのアレンジを弾かれていたような。
いいアレンジですね。もちろん、ギターマジシャンのプレイも。
AKISSH | URL | 2018/03/24/Sat 23:51 [編集]
Re: 私も大好きです
いつも、コメントありがとうございます。


> 今週はサンタナの曲のカバーなのに、ビートルズ本の話し。
どこからサンタナになるのか楽しみながら読みました。
まさかギター雑誌の特集とは思いませんでした。


サンタナを演奏しようと古い雑誌を出してきたのですが、
懐かしくなって、あちこちのページから読み返しました。


> 「君に捧げるサンバ」の原曲は耳にこびりついていて、
それとそっくりのカバーはさすがです。
意外だったのは、アコギのカバー。
非常にフィットしていて驚きました。
確か、以前も江部賢一さんのアレンジを弾かれていたような。
いいアレンジですね。もちろん、ギターマジシャンのプレイも。


AKISSHさんが、サンタナの「キャラバンサライ」3部作や、
「ロータスの伝説」を記事にされていて、その影響もあって、
1枚も持っていないサンタナのCDを買おうか、Amazonの、
「あとで買う」に、旧作5枚組など入れたまま悩んでいます。

江部賢一のギター編曲は、原曲の雰囲気をいい感じで残して、
弾いていてすごく楽しいので、他の曲も取り上げる予定です。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2018/03/25/Sun 01:24 [編集]
遅れました
この曲好きです。
恐らく一番早く覚えた、ギター・インストだったと思います。

AKISSHさんと同じくの感想ですが、さすがです。。。

今回は2TAKEですが長年慣れ親しんだメロディーを大事に弾いているのが、良く分かります。
サンタナのバージョンよりいいところも有って良い感じです。

考えてみても当時のニール・ショーンが17才くらいで衝撃だしたが、今の我々は当時のサンタナの年齢を遥かに超えています。
それだけ慣れ親しんだ曲が、身体の中に残っていますね。

音楽は疑似体験ではダメだと思いますが、我々は実体験として、その年月を感じて来ました。その差は大きいと思う最近ですね。
こうして音源として残せるギターマジシャンさんには、感服します。
kamiyo.m | URL | 2018/03/26/Mon 23:03 [編集]
Re: 遅れました
いつも、コメントありがとうございます。


> この曲好きです。
恐らく一番早く覚えた、ギター・インストだったと思います。


kamiyo.mさんは、中1の頃にもう、いろいろ弾かれていたので、
「哀しみ~」が出る前は、この曲しかないという状況ですよね。


> AKISSHさんと同じくの感想ですが、さすがです。。。
今回は2TAKEですが長年慣れ親しんだメロディーを大事に弾いているのが、良く分かります。
サンタナのバージョンよりいいところも有って良い感じです。


ギターカラオケで練習した曲なので、指が覚えていましたが、
ビブラートのかけ忘れやミストーンも多く、お恥ずかしいです。


> 考えてみても当時のニール・ショーンが17才くらいで衝撃だしたが、今の我々は当時のサンタナの年齢を遥かに超えています。
それだけ慣れ親しんだ曲が、身体の中に残っていますね。


若きニール・ショーンが、この曲で淡々とリズムを刻んでいる映像が、
YouTubeにありますが、ものすごい歳月を感じて、不思議な気分ですし、
こうした音楽をかれこれ40年以上に渡って聴いてきたことになります。


> 音楽は疑似体験ではダメだと思いますが、我々は実体験として、その年月を感じて来ました。その差は大きいと思う最近ですね。
こうして音源として残せるギターマジシャンさんには、感服します。



70年代の音楽をリアルタイムで経験できたのは財産だと思います。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2018/03/27/Tue 00:27 [編集]
ガット・カッティング
ギタマジさん今晩は。

江部氏編曲のサンタナ初音イントロ流れてきた際、トリハダが出ました!
カーロスのエレキ演奏原曲ではあまりサンバ感触は在りませんでしたが、初めて聴くガットギターでのカッティンッグはストレートにサンバ醸造しており、さすが江部氏(ギタマジさんも)バーデン・パウエル大好きな私の魂を侵食しました。

また、ギタマジさんのトピック読むと、嬉しい固有名詞が少なからずカキコされ若返りますよ!?今回のフォーカスなども秀逸です、ヤン・アッカーマン大好きでしたから。
take10n | URL | 2018/03/28/Wed 00:20 [編集]
Re: ガット・カッティング
いつも、コメントありがとうございます。


> ギタマジさん今晩は。
江部氏編曲のサンタナ初音イントロ流れてきた際、トリハダが出ました!
カーロスのエレキ演奏原曲ではあまりサンバ感触は在りませんでしたが、初めて聴くガットギターでのカッティンッグはストレートにサンバ醸造しており、さすが江部氏(ギタマジさんも)バーデン・パウエル大好きな私の魂を侵食しました。


江部編曲は本当に見事で、ボサノバ系のコードのつけ方やリズムは、
特に素晴らしい作品が多いので、また演奏してみたいと思いますし、
江部採譜によるバーデン・パウエルや、30年以上前に出版された、
「郷愁のブラジルギター」にもバーデンの楽譜が出ていましたので、
ハードルは高いですが、taka10nさんのコメントに刺激されました。



> また、ギタマジさんのトピック読むと、嬉しい固有名詞が少なからずカキコされ若返りますよ!?今回のフォーカスなども秀逸です、ヤン・アッカーマン大好きでしたから。



こちらも、ギターの楽譜はあるので、少し時間がかかりますが、
他のパートを耳コピして、アッカーマンを弾いてみたいですね。
(さすがにヨーデルのパートは無理ですが)

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2018/03/28/Wed 07:12 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.