FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
フュージョン全盛期を飾った松原正樹の名曲「スナイパー」
高校時代、岩崎宏美、ピンクレディらアイドルに夢中になると、
バックバンドに入ったら、知り合いになれると単純に考えたが、
平凡や明星の付録の歌本を見ると、歌謡曲でもコードが難しく、
テンションや分数コードを知らないと、リズムギターも弾けない。

そのコードはジャズを覚えないとダメだよ、と同級生に言われ、
ちょうどクロスオーバーのブームが始まり、ジャズも聴き出して、
高校卒業時、友人が河合楽器のドラム教室に入ると言うので、
自分も楽譜が初見で弾けるように、ジャズギター教室へ入る。

ただ、その頃には、アイドル歌手のバックバンドの憧れは消え、
プロになりたい、できればスタジオミュージシャンという気持ちで、
クロスオーバーギターブームの立役者であるラリー・カールトン、
リー・リトナーがスタジオ出身というのを知り、もろ影響を受けた。

さらには、松田聖子のアルバムで、松原正樹の間奏が格好良く、
松原正樹は、ソロアルバムも出して、作曲・編曲もこなす人だが、
自分には、そっちの才能はなさそうなので、誰かのアルバムで、
間奏のギターを弾かせてもらうのが良いと、これまた単純に思う。

アイドル歌手のバックバンドは、テレビにしてもコンサートにしても、
シングル盤のヒット曲がメインで、ギターの間奏の曲はまずないし、
スタジオならば、クロスオーバー系のギターソロを弾かせてもらい、
うまくすれば、歌入れに来たアイドルと会えたりするかもしれない。

自分の実力、身の程も知らずに、そんなバカなことばかり考えては、
河合楽器のギター教室に、大学を卒業して社会人になってからも、
何年も通ったが、初見に強くなり、多少テクニックも向上したものの、
とうていプロのレベルには程遠く、発表会でも足を引っ張っていた。

その頃の憧れでもあった松原正樹は、ソロアルバムを数枚買ったり、
今剛と結成したパラシュートのアルバムも買ったりと、ファンだったし、
ニューミュージックのアルバム、ユーミンや松山千春、寺尾聰などの、
名演も気に入っていて、間奏だけを編集したテープまで作っていた。

松原正樹を最初に知ったのは、クロスオーバーギターが流行した頃、
スタジオミュージシャンがソロアルバムを出したと、雑誌で話題になり、
リトナー、カールトンが愛用したギター、335を抱えた写真が紹介され、
これは間違いないだろうと買ったLP「流宇夢サンド」は、愛聴盤になる。

プロフィールに、バウワウの山本恭司も通ったネム音楽院出身とあり、
ハイ・ファイ・セットのバックバンド、ガルボジンや、上田正樹のバンド、
プッシュ&プルに参加していたことなど知るし、雑誌のインタビューで、
ハイファイの「冷たい雨」のギターソロが名刺代わりになったと語った。

かなりギターソロが好評で、あちこちの仕事に呼ばれるようになったと、
語っていたのだが、自分が聴いていたのは、「ハイファイ・ブレンド」の、
「冷たい雨」だったので、スチールギターのカントリーっぽいフレーズを、
松原正樹が弾いたのか、ソロアルバムとはだいぶ路線が違うと思った。

後になって、ラジオから流れてきた「冷たい雨」が全然別のバージョンで、
その間奏のギターは、いかにも松原正樹というフレーズで納得の演奏、
自分が聴いていた方は、本当にスチールギターだったようで、大勘違い、
徳武弘文のようなフレーズも弾くのかと妙に感心したりと、馬鹿みたい。

ついでに言うと、本家のユーミンの「冷たい雨」を聴いたのはCD時代で、
一番最初に聴いたのは、高校の頃、バンバンがカバーしたバージョンで、
ユーミンやハイファイセットよりは、ちょっと明るい曲調に思えるアレンジ、
ロカビリーっぽいアルペジオバッキングは、けっこう気に入って練習した。

バンバンは、「いちご白書をもう一度」のリードギターが格好良く、楽譜は、
自由国民社の「ギターライフ」だったか、別冊「ラン・ラジオ」に載っていて、
「霧雨の朝突然に」と共に、必死でリードを練習して、バンバンの相方は、
ギターが上手いと思っていたが、実際は芳野藤丸あたりで、また勘違い。

松原正樹は、「流宇夢サンド」のリトナーを思わせるコンプサウンドに加え、
曲によっては、ワウワウを踏んで弾きまくったり、ナチュラルブースト音も、
伸びやかで気に入ったし、続くセカンド「テイク・ア・ソング」は、ギターが、
ソリッドギターになり、エッジのきいたディストーションもすごく気に入った。

アメリカのスタジオミュージシャンが、ハンバッキング搭載のテレキャスを、
メインで使うようになると、3枚目「スナイパー」あたりが、そのサウンドか、
ストラトのハーフトーンのようで、太い音色で、コーラスをかませたような、
その後の特徴となる松原サウンドが、確立していったにではないかと思う。

1・2枚目はLPを買ったが、「スナイパー」は、ちょうどレンタルレコードが、
ブームになった頃、「友&愛」でやたらと借りたころで、レンタルですませ、
次の「ペインテッド・ウーマン」は買っているので、ミッシングリンクの1枚、
今回「スナイパー」を演奏するにあたり、どうせだからAmazonで購入した。

松原正樹の楽譜は、何曲か市販されたことはあるのか、ネットで見ても、
プリント楽譜に、「スナイパー」とパラシュート「ハーキュリー」があるくらい、
その2曲も元々は、リットーの「クロスオーバー・ジャパン」に入っていて、
収録曲の12曲が、プリント楽譜で600円で買えるのだが、ちょっと割高。

ただ、今では売り切れて、定価の数倍もするバンドスコアで、それよりは、
全曲ばら売りで買っても安いし、12曲のうち、約半分は持っている曲で、
だぶって買う必要もないから、そういう時に欲しい曲だけ買えるのは重宝、
せいぜい、以前買った「アガサ」「ハーキュリー」と、「スナイパー」で十分。

左右に分かれた単音リフと和音リフから始まり、メロディのギターは2本で、
ところどころハモっているが、ダブリングの音は、ディメンションはない頃で、
コーラス、ショートディレイ、ハーモナイザーのどれを使っているか、たぶん、
それらを組み合わせているが、厚化粧エフェクトにならないのが、さすが。

自分は、MTR内蔵エフェクトのみで、ダブリングは、実際にギターを重ねて、
ブレイクの間奏のギターだけ、メロディよりコーラス系のきつめの音なので、
コーラスをかませるが、松原正樹のギターの音色は簡単には再現できず、
それ以上に独特の運指が難しくて、ニュアンスがなかなか出せなかった。

シンコーのフュージョン・ガイドで、「日本のフュージョン史に残る大名曲」と、
絶賛されている「スナイパー」は、バンドスコアがあるので演奏したものの、
なかなか再現できず、どうせ完コピでないならと、エンディングを伸ばして、
松原正樹を意識したフレーズを好き勝手に弾きまくり、開き直っています。







スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


正樹さんの追悼ですね
私も記事にしましたが・・・お亡くなりになって二年です。
この曲は私もかなり聴いて耳コピしましたね。懐かしいですね。私は基本耳コピ派なので・・・時間はかかりますが。

どちらかと云えばこの曲は正樹さんの良さが出ている曲調ではないと思います。
インストのアルバムでハードな曲を入れないと、中々セールス的には厳しかったんだと思います。

本来は歌心のあるクリーンなトーンのギターの方が、らしさが出ていると思います。まさに”冷たい雨”なんかはそのらしさが出ていると思います。

アルバムタイトルは忘れましたが、アリア・プロのギターを持ったジャケット写真のオープニング曲の”バレリーナ”がご本人らしさが凄く出ていると思います。
作曲は松任谷正隆さんです。

私が鳥山さんの名盤だと思っている”テイストオブ・パラダイスも”オープニングにはハードな曲を持ってきていますからね。

今回の演奏はギターのオーバーダブのハモリが素晴らしいです。チョーキングの音程もしっかりしていてさすがだなと思いました。お疲れさまでした。

「いちご白書をもう一度」のギターソロは確かに藤丸さんですね。スペースバンドに在籍していた頃のスタジオ・ワークだと聞いています。
この曲で一気にスタジオ・ミュージシャンの一流になりましたね。スローバラードなら藤丸さん・・・とのご指名が一気に来たとの事です。

バンバンのもう一人のメンバー・・・今井さんの「いちご白書をもう一度」のライブでのソロも素晴らしかったと記憶しています。

今回はギターマジシャンさんの見事な演奏だと思います。

私はギター買ってさぁこれからなのに、帰宅後のビールが止められず自分の甘さに情けなくなります。。。
kamiyo.m | URL | 2018/02/18/Sun 04:37 [編集]
Re: 正樹さんの追悼ですね
いつも、コメントありがとうございます。


> 私も記事にしましたが・・・お亡くなりになって二年です。


実は、kamiyo.mさんの追悼記事で2月が命日だったことを知り、
これは何か演奏したいと楽譜になっている曲を探した次第です。


> この曲は私もかなり聴いて耳コピしましたね。懐かしいですね。私は基本耳コピ派なので・・・時間はかかりますが。


自分は耳コピが苦手で、今でもスコアに頼りきっています。


> どちらかと云えばこの曲は正樹さんの良さが出ている曲調ではないと思います。
インストのアルバムでハードな曲を入れないと、中々セールス的には厳しかったんだと思います。


インスト曲で売れるための方程式みたいのがあったのか、
おっしゃるとおり、本来のスタイルとは曲調が違います。


> 本来は歌心のあるクリーンなトーンのギターの方が、らしさが出ていると思います。まさに”冷たい雨”なんかはそのらしさが出ていると思います。


歪ませた音色も見事ですが、伸びのあるクリーンなトーンが、
より特徴的な「らしさ」が出ていて、自分もそれが好きです。


> アルバムタイトルは忘れましたが、アリア・プロのギターを持ったジャケット写真のオープニング曲の”バレリーナ”がご本人らしさが凄く出ていると思います。
作曲は松任谷正隆さんです。


セカンドの「テイク・ア・ソング」の歌もので、ボーカルの前に、
ギターがメロディを本当歌うように1コーラス演奏する曲ですね。

このアルバムをCDで買い直そうか、ずっと「あとで買う」にして、
迷いながら、LPで持っていない「スナイパー」を先に買いました。


> 私が鳥山さんの名盤だと思っている”テイストオブ・パラダイスも”オープニングにはハードな曲を持ってきていますからね。


鳥山さんも、早いうちからフュージョンスタイルでしたが、
冒頭をハードな曲にして、インパクトを狙うのでしょうか。


> 今回の演奏はギターのオーバーダブのハモリが素晴らしいです。チョーキングの音程もしっかりしていてさすがだなと思いました。お疲れさまでした。


チョーキングは、まだまだ甘いところも多いうえに、
やはり伸ばす際のビブラートの課題が残っています。



> 「いちご白書をもう一度」のギターソロは確かに藤丸さんですね。スペースバンドに在籍していた頃のスタジオ・ワークだと聞いています。
この曲で一気にスタジオ・ミュージシャンの一流になりましたね。スローバラードなら藤丸さん・・・とのご指名が一気に来たとの事です。


ギター誌に芳野藤丸さんと書いてあって、そうかと思いつつ、
他のスタジオミュージシャンの名前を挙げる人もいたりして、
実際にはどうかと思っていたのですが、確かだったのですね。


> バンバンのもう一人のメンバー・・・今井さんの「いちご白書をもう一度」のライブでのソロも素晴らしかったと記憶しています。


テレビ番組で、テレキャスか何かでリードギターを弾かれていたり、
ライブ盤かなにかもあったはずで、今井さんも上手かったですよね。


> 今回はギターマジシャンさんの見事な演奏だと思います。
私はギター買ってさぁこれからなのに、帰宅後のビールが止められず自分の甘さに情けなくなります。。。


自分も、夕食後にはテレビを見ながら寝てしまうことが多くて、
それでも、週末の更新を心がけて何とかやっているところです。
kamiyo.mさんは、ギターもテレキャス、ストラトと新しくされ、
エフェクターやMTRまで揃えられたので、音源が楽しみです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2018/02/18/Sun 07:37 [編集]
ブログ読んでみて下さい
ストラトのスプリング交換したら、全く別のストラトに生まれ変わりました。
驚きです。絶対お勧めです。アマゾンで2000円しません。
kamiyo.m | URL | 2018/02/19/Mon 20:25 [編集]
Re: ブログ読んでみて下さい
いつも、コメントありがとうございます。

> ストラトのスプリング交換したら、全く別のストラトに生まれ変わりました。
驚きです。絶対お勧めです。アマゾンで2000円しません。



kamiyo.mさんのブログと、アマゾンのレビューを早速拝見しましたが、
ビンテージスプリングで音が太くなると、べた褒めになっていますね。

40年以上ギターを弾いて、自分でパーツ交換したことはないのですが、
スプリング交換だったら何とかなるか、いずれ試してみたいと思います。



ギターマジシャン | URL | 2018/02/19/Mon 20:39 [編集]
さすが
LP「流宇夢サンド」は、私も愛聴盤で、バンドでやった曲もがありました。
この曲スナイパーは記憶になく、聞いたこともないかも知れません。
あるいは、当時の趣味とちょっとずれていたので、貸しレコード店で借りて、1回聞いただけで忘れたのかも。

YouTubeで今聞くと、ギターマジシャンさんのコピー精度が高く、感心しました。
こういうロック調のキターもさらっとこなすのは、やはり、昔とった杵柄でしょうか。
AKISSH | URL | 2018/02/24/Sat 21:30 [編集]
Re: さすが
いつも、コメントありがとうございます。


> LP「流宇夢サンド」は、私も愛聴盤で、バンドでやった曲もがありました。
この曲スナイパーは記憶になく、聞いたこともないかも知れません。
あるいは、当時の趣味とちょっとずれていたので、貸しレコード店で借りて、1回聞いただけで忘れたのかも。



自分も今回バンドスコアを見つけたので、CDも買った次第で、
愛聴したのは、LP時代の「流宇夢サンド」が何よりでしたし、
「スナイパー」はレコードも買わず、レンタルしただけですが、
それでも、曲を聴いたら、ほとんどの部分を覚えていました。



> YouTubeで今聞くと、ギターマジシャンさんのコピー精度が高く、感心しました。
こういうロック調のキターもさらっとこなすのは、やはり、昔とった杵柄でしょうか。



耳コピが苦手なので、バンドスコアの精度に左右されますが、
ロック調ギターは、ブルースやハードロックではボロが出て、
フュージョンギターのロック寄りが、多少は得意に思います。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2018/02/25/Sun 02:29 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.