僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
スクエアのF1テーマ曲「トゥルース」の原点とも言える「プライム」
実は、またまた演奏もブログもとばしていまいそうな、綱渡りで、
性懲りもなく、キーの高く歌えそうにないのにやりたい曲があり、
オケはそこそこ完成したものの、週明けから風邪気味になって、
低い音程の曲でさえ無理な状態のまま、週末になってしまった。

そんなときは、クラシックギターの1つでもといきたいところだが、
基礎練習を怠っているうえに、右爪も割れてきて、切ってしまい、
安直にギター二重奏とも思ったが、今週は土曜出勤でないから、
インスト曲、スクエアあたりなら、1日あれば十分だと高を括る。

ピアノがメインの曲は和音が難しいし、サックスがメインの曲は、
フレーズが細かいし、ギターシンセではニュアンスが出しにくい、
やはりギターがメインで、ギターソロもある曲で練習もした曲と、
アルバム「リゾート」収録で、ハードロック調の「プライム」にする。

ベースとドラムは、ほとんどハードロックかヘビメタという感じで、
ベースの田中は得意のチョッパーはまったく使わずに、ひたすら、
8ビートを弾き続けて、ドラムも基本パターンを力強く叩きまくり、
フィルインは、ロックドラマーのドラムソロ並みに細かく入れてくる。

ピアノがリズムを刻みながら、ストリングスでコードを伸ばしたり、
メロディの合間にアクセントのリフを入れてきたり、ジャーニーが、
やりそうなパターンで、伊東はサックスではなく、リリコンを吹いて、
シンセリードのようにして、サビではギターとユニゾンにしている。

ギターのアルペジオの変形のような、リフの繰り返しで始まって、
ベースとユニゾンの8分音符や、クリーントーンのコードだったり、
いろいろ小技が効いたバッキングだが、全体に歪ませた音色で、
ほとんどロックギターで、ジャズ出身とは思えないくらい様になる。

間奏は、派手なアーミングもあり、エディ・ヴァン・ヘイレンのようで、
やたらと早弾きなのは、ハーモニックマイナースケールではないが、
イングヴェイやスティーブ・ヴァイのようで、デビュー当時に比べて、
どんどんロック色が強くなり、もともとロックギター少年だったのか。

スクエアのこと、ブログ用に、いろいろなバンドスコアを手に入れて、
物色していることも書きたいが、週末更新に間に合わなくなるので、
とりあえず、スクエアの「プライム」を、ほんの1時間前にミックスして、
まだミスも多いままですが、アップして、後で苦労話とか追加します。










(土曜のうちに書ききれなかった分です)
スクエアの代表曲といったら、F1テーマ曲になった「トゥルース」で、
お茶の間にも浸透するくらいに、テレビでも、やたらと流れた曲で、
自分も好きな曲だが、最初に聴いたときに、あれ、昔の曲だっけと、
勘違いするくらいに、「プライム」に似ていて、ほとんど同じ路線の曲。

コンサートでは、こうしたロック系の曲は、当然のように盛り上がって、
YouTubeを見ると、ライブ盤と同様に、安藤のギターソロから始まり、
ヴァン・ヘイレンの「暗闇の爆撃」のように、ライトハンド奏法を駆使し、
ステージを走り回ったり、倒れこんだりしながら、派手にやっている。

曲が始まると、ベースの田中がこぶしを突き上げて、観客をあおり、
会場は、さながらロックコンサートのように総立ちで、腕を振り上げ、
自分が見に行ったのは、「トゥルース」のツアーだから、曲は違うが、
「プライム」以上に、「トゥルース」は熱気に包まれて、ものすごかった。

ただ、自分の場合、ロックのコンサートでも、立っているのは苦手で、
何でフュージョンなのに、座って、じっくりと演奏を聴けないのかと、
かなり不満で、一度しか行っていなくて、それは、時代がさせたのか、
カシオペアにしても、松岡直也にしても、異様な盛り上がり方だった。

カシオペアは、ある時からディスコ調になったと、自分は思っていて、
バブルほどではないが、会場では着飾った女性が踊りまくっていて、
カシオペアのメンバーも、少年隊のような派手な衣装に身を包んで、
踊りながら演奏して、時には、揃って一回転して、客席を沸かせた。

ベースの桜井が演奏中、横向きになったと思うと、後ずさりを始めて、
たぶんムーンウォークの真似事だろうが、マイケル・ジャクソンに比べ、
あまりに情けない感じで、こんなことより、演奏を聴きたいのになあと、
お約束の「朝焼け」の観客の掛け声も、うるさいなあと思ってしまう。

松岡直也は、基本ラテンバンドだから、陽気に騒ぐのが当然なのか、
ジャズの場合、それぞれがアドリブした時に、拍手することもあるが、
和田アキラのアドリブに「アキラー」とか、「キャー」とか叫んでみたり、
松岡が決めのフレーズを弾くと、地響きのように皆がうなりだしたり。

結局、自分はフュージョンのライブさえ、だんだん行かなくなっていき、
そのうち、スクエア、カシオペアへの興味もなくなり、新譜も買わずに、
昔の曲だけ聴いていれば良いと、偏屈爺への第一歩を踏み出して、
今に至っては、70年代を中心にCDや楽譜を集め、時が止まっている。

スクエアは、「トゥルース」と「イエス・ノー」は、バンドスコアがあるし、
数年前に復刻した「ベスト」も持っているが、「プライム」は載ってなく、
昔のベスト集「パーフェクション」に出ていて、このギターの演奏は、
確かギターマガジンに載っていたのを、かなり必死に練習していた。

昔弾いた曲だから、楽勝でしょうと、一日で仕上がると踏んでいて、
ドラムとベースだけは、金曜の夜に、もう歌うのは無理と見切って、
リズム入力とベース演奏を録音したが、土曜にシンセから始めると、
ピアノパートだけで1時間かかって、ストリングスなどで午前は終了。

昼食後は、テレビを見たり、図書館にCDを借りに行ったりしてから、
シンセでリリコンのメロディを録音して、ユニゾンのギターも重ねる、
最初ギターは、全部ストラトにするつもりだったが、音色が貧弱で、
ギターリフやメロディは、レスポールで、全部やり直しをすることに。

間奏のギターもレスポールにしたかったが、ここではアーミングの、
派手なプレイがあるので、ストラトでないと再現できないから使用、
ただし、自分のストラトはノーマルなトレモロなので、音程が狂って、
アームをやってから、一度録音を止めて、チューニングし直したり。

途中の決めのフレーズや、間奏の早弾きまでも、何とか演奏でき、
30年以上前に、河合楽器でバークリー教本で鍛えてもらったのは、
財産になって、今でも、そこそこ弾ける程度で衰えていなかったと、
ちょっと嬉しい半面、ビブラートやチョーキングは進歩せず下手くそ。

エンディングは、キーボードがシンセソロになるが、バンドスコアは、
「アドリブ」と書いて省略してあり、その段階で、夜の10時を過ぎ、
もう耳コピしている時間もないしと、出だしのフレーズだけ似せて、
数小節弾いてから、レスポールで好き勝手に弾き、フェイドアウト。

たった1日で仕上げるというと、ビートルズのデビューアルバムの、
10時間で10曲が思い浮かぶが、ビートルズが時間がないから、
カバー曲を演奏したのと、自分がカバー曲しかできないのとでは、
大違いで、その出来も若輩者の彼らに大きく水をあけられている。






スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


完成度高いです
お風邪は大丈夫ですか?私は風邪には強いタイプなので・・・ご自愛下さい。
爪ですよね!乾燥してくる冬の時期は本当に手のケアは大切です。私は昔からの癖でこの時期クリームは常に塗っています。

今回の演奏は完成度が高いですね。
楽器のバランスも良いし、ギターもいいです。やはりこのジャンルのギターはお手の物ですね。
ソロもバッキングも完成度が高いので聴いていて感心しました。

当時は確かフロイトローズのアームが大流行していた時期だったと思います。スクエアの安藤さんだけではなく、ほとんどのギタリストがフロイトローズ付きのギターを使っていた時代ですね。ケーラーもありましたね・・・確か。

私のストラトもフロイトローズが欲しくて組んでもらったのです。チューニングが狂わないのは感動的でしたね。弦交換は面倒でしたけれどね・・・。

pipco1980さん。こんにちはです。よろしくお願いします。
kamiyo.m | URL | 2017/11/19/Sun 00:30 [編集]
Re: 完成度高いです
いつも、コメントありがとうございます。



> お風邪は大丈夫ですか?私は風邪には強いタイプなので・・・ご自愛下さい。
爪ですよね!乾燥してくる冬の時期は本当に手のケアは大切です。私は昔からの癖でこの時期クリームは常に塗っています。


風邪は発熱はないので、寝込むほどではないのですが、
すぐに喉がやられてしまい、声がかすれる一方ですし、
ちょっと爪を伸ばすと、どこかへ引っかけてしまうし、
指もカサカサで、弦をこするノイズも大きくなります。



> 今回の演奏は完成度が高いですね。
楽器のバランスも良いし、ギターもいいです。やはりこのジャンルのギターはお手の物ですね。
ソロもバッキングも完成度が高いので聴いていて感心しました。


まだまだ細かいミスも多いうえに、ギターソロもいつもの癖で、
フレーズの最後のビブラートや消音が、おろそかになってます。


> 当時は確かフロイトローズのアームが大流行していた時期だったと思います。スクエアの安藤さんだけではなく、ほとんどのギタリストがフロイトローズ付きのギターを使っていた時代ですね。ケーラーもありましたね・・・確か。


ヴァン・ヘイレンやナイト・レンジャーのブラッド・ギルスという、
凄まじいアーミングをやるロックギタリストには、必須でしょうが、
スティーブ・ルカサーも使ったことで、日本のフュージョン系にも、
ロック式アームをつけたギターが使われるようになった気がします。



> 私のストラトもフロイトローズが欲しくて組んでもらったのです。チューニングが狂わないのは感動的でしたね。弦交換は面倒でしたけれどね・・・。


弦交換を含めて、かなり手入れが大変だったとか。



> pipco1980さん。こんにちはです。よろしくお願いします。







お聴きいただき、ありがとうございまいした。
ギターマジシャン | URL | 2017/11/19/Sun 00:52 [編集]
毎度です
いやあ演奏力凄いです!感服しました!.

ただヤッパリこの手の80年代っぽい平板サウンドは
苦手中の苦手ですから、今回はおとなしくギターマジシャンさんの
テクニックの前にひざまずく...で、おとなしくするとします。

kamiyo.mさんこちらこそです。
ところで、豊中のI師匠のところに出入りされてませんか?
違ったらごめんなさい。
pipco1980 | URL | 2017/11/19/Sun 12:44 [編集]
Re: 毎度です
いつも、コメントありがとうございます。



> いやあ演奏力凄いです!感服しました!.


歌の入った曲よりも、インストの方がましになりますよね。


> ただヤッパリこの手の80年代っぽい平板サウンドは
苦手中の苦手ですから、今回はおとなしくギターマジシャンさんの
テクニックの前にひざまずく...で、おとなしくするとします。



昔、発表会の演奏テープをジャズに詳しい友人に聴いてもらうと、
どの曲も単調でメリハリがないよと、「平板」と指摘されました。
そうした演奏内容に加え、フュージョンというジャンルというのは、
pipco1980さんには、いろいろおっしゃりたいことあると思います。



> kamiyo.mさんこちらこそです。
ところで、豊中のI師匠のところに出入りされてませんか?
違ったらごめんなさい。





お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/11/19/Sun 14:22 [編集]
pipco1980さん
豊中の方は存じ上げません。何かの間違えかと思います、スミマセン・・・。
kamiyo.m | URL | 2017/11/19/Sun 14:49 [編集]
kamiyo.mさん
失礼しました。別人さんのようです。
ギターマジシャンさんにも板を汚しましたこと、お詫び申し上げます。
pipco1980 | URL | 2017/11/19/Sun 15:16 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.