FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
安藤がベンソンっぽくアドリブする「チャーリー&アイドル」
日本のフュージョンバンドのうち、一番お茶の間に浸透したと言える、
ザ・スクエアのリーダーでギターの、安藤ひろまさのソロアルバムは、
バンドでデビューした78年から8年後で、バンドでは11枚も出して、
サックスの伊東たけしも2年前にソロを出し、満を持しての発表となる。

よくソロアルバムを出す時には、リズム隊はバンドメンバーを使うとか、
何曲かはバンドの鍵盤や管楽器にゲスト参加してもらうこともあるが、
安藤は、まったく別の人を起用し、かつ全曲をその面子で通していて、
スクエアとは別ながら、バンドという形で統一して、作りたかったのか。

キーボードの笹路正徳は、日本のクロスオーバーの初期から活躍し、
渡辺香津美に次ぐギタリストとしてデビューした、秋山一将を支えたり、
清水靖晃、渡嘉敷裕一らとフュージョン・バンド、マライアを結成したり、
同じフィールドながら、スクエアとは違う味を出せるという人選だろう。

ベースのデレク・ジャクソンは、発売当時にはほとんど知らなかったが、
同じころに出た高中正義の「ジャングルジェーン」のライブ盤で演奏し、
その後は、サックスの土岐英史とギターの山岸潤史が作ったバンドの、
チキンシャックでベースを担当するという、これまたフュージョン畑の人。

ドラムの青山純も、山下達郎バンドが有名だが、プリズムに参加したり、
かつてスクエアにも在籍、自分が安藤のギターを気に入るきっかけの、
「トゥモローズ・アフェア」が入っているアルバム、「ロックーン」の頃で、
スクエアがロック調になっていくのは、青山の影響も大きかったと思う。

自分は、プリズムで青山純を知り、プログレ系の変拍子もこなす達人で、
そんな人が、ニューミュージックの山下達郎のバックになって驚いたが、
達郎はフュージョン系のミュージシャンたちと、早いころから交流があり、
あの名盤「イッツアポッピンタイム」のライブ盤も、そんなメンバーだらけ。

アラン・ホールズワースの名演で知られる、ジャン・リュック・ポンティの、
アルバムでドラムを叩いていたスティーブ・スミスは、売れ線のロックの、
ジャーニーに長く在籍したり、その後、フュージョンよりはジャズに近い、
ステップスに参加したりと、ロックとジャズを行ったり来たりする人は多い。

安藤の初ソロ作品「メロディ・ブック」の中で、「チャーリー&アイドル」は、
間奏とエンディングで、クリーントーンのジャズっぽいフレーズが聴けて、
スクエアを結成する前は、大学のジャズ研で、純粋な4ビートを演奏し、
バンドではなく、ジャズ・ギタリストとしてプロを目指していたのも頷ける。

ただ、ジャズっぽいとはいえ、いわゆるビバップフレーズとは違っていて、
どちらかというと、ジョージ・ベンソンみたいで、使用ギターはフルアコか、
雑誌で、フルアコを抱えた写真を見たことがあるが、、この曲のことだか、
実際、コンプを強くかけた音で、ストラトとかでも再現できる音色ではある。

それでも、YouTubeにあるライブ音源は、コーラスとディレイを強くかけた、
いかにもストラトという音で演奏していて、レコードはフルアコだったのか、
自分は、フルアコもセミアコもないから、とりあえず、ストラトで演奏したが、
音がキンキンして気になって、結局レスポールで丸々やり直すことにした。

メインのメロディは、安藤の愛用するハンバッキング搭載のストラトの音で、
ライブでも同じ音になっていて、自分もストラトを使うが、シングルコイルで、
やはりキンキン、ザリザリした感じで、これも、今日のアップする直前になり、
気に入らないと、レスポールでやり直し、またまた時間切れになるところ。

イントロは、ギターの16ビートのカッティングパターンを、シンセで演奏して、
しかも一音ごとに交互に左右のチャンネルで分けていて、笹路の解説では、
パンでふったのでなく、2台のキーボードだそうで、自分もギターシンセで、
別々に弾いたが、かなりリズムが食い違って、これは毎日やり直していた。

「チャーリー&アイドル」が何を指すのか、自分はチャーリーと言えばすぐに、
スヌーピーの飼い主、チャーリーブラウンが浮かぶが、喜劇映画のファンは、
チャーリー・チャップリン、昔のドラマでは「チャーリーズ・エンジェル」があるし、
ジャズギターのチャーリー・クリスチャンとか、いくらでも思い浮かんでくる。

日本のフュージョン生誕40周年、自分がフュージョンに目覚めたのも40年、
先週に引き続いて、一番、お茶の間に浸透しているフュージョンギタリストの、
安藤ひろまさ「チャーリー&アイドル」は、いろんな音が整理しきれないのと、
得意のつもりのジャズギターでも、指がもつれ、練習不足がたたっています。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


今回はナチュラルトーン
アドリブ・パートはナチュラルトーンですね。良い音してます。
この手の音は好きですねやっぱり。安心すると言うか何とも言えないです。

歪の音はもう少しリバーブが欲しかったかなと思います。
カッテイングはストラトでしょうか?こちらも良い音してますね。

確か私の記憶では笹島さんはスクエアにいらっしゃった、キーボードの宮城さんとご結婚されていたと思います。その繋がりがあったのだと思いますね。今もご一緒かどうかは分かりませんが・・・。
宮城さんとはCMの録音で一度だけ、ご一緒した事がありますね。

何にせよ毎週のアップ・・・しかもテクニックを要する曲へのチャレンジには脱帽です。私なんぞは好きな曲を練習しているだけですから(しかも所々)・・・見習わなくてはなりません。

今回も良い演奏でした。お疲れ様です。
kamiyo.m | URL | 2017/10/29/Sun 01:08 [編集]
Re: 今回はナチュラルトーン
いつも、コメントありがとうございます。


> アドリブ・パートはナチュラルトーンですね。良い音してます。
この手の音は好きですねやっぱり。安心すると言うか何とも言えないです。


本物はフルアコなのか、ムーンやシェクターのストラトなのか、
いわゆるジャズギターの音色ほどには、こもらせていなくて、
すごく良いので、多少でも近づくように、いじってみました。


> 歪の音はもう少しリバーブが欲しかったかなと思います。
カッテイングはストラトでしょうか?こちらも良い音してますね。


お風呂場エコーにならないようにと、軽めにかけたのですが、
聴き返してみると生音すぎ、もう少しかけた方が良いですね。
おっしゃるとおり、カッティングはストラトを使っています。



> 確か私の記憶では笹島さんはスクエアにいらっしゃった、キーボードの宮城さんとご結婚されていたと思います。その繋がりがあったのだと思いますね。今もご一緒かどうかは分かりませんが・・・。
宮城さんとはCMの録音で一度だけ、ご一緒した事がありますね。


宮城純子はスクエアが78年にデビューした当時のピアノで、
初期は、生ピアノの音色がすごく印象に残る曲が多いですが、
そんな繋がりがあったとは、まったく知らず、驚きましたし、
kamiyo.mさんが、スクエア関連の方とお仕事をされたのも、
びっくりでして、フュージョン系のお宝音源も期待します。



> 何にせよ毎週のアップ・・・しかもテクニックを要する曲へのチャレンジには脱帽です。私なんぞは好きな曲を練習しているだけですから(しかも所々)・・・見習わなくてはなりません。


おそらく、練習のレベルが全然違うと思います・・・。



> 今回も良い演奏でした。お疲れ様です。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/10/29/Sun 08:14 [編集]
毎度です
チャーリーといえば...チャーリ−石黒さん...なんっつって...。
彼のラテンキューバン・フルバンド「東京パンチョス」にはギターが
いないので、よく呼んでいただきましたけど、取りあえずフルバンで
ディストーションはNGで、あくまでもクリアトーンで弾かないと
分厚いブラスサウンドとはバランスが取れず...
余談過ぎましたすみません。

なるほど、ジョージベンソンっぽいディミニシュ+イオニアン...
見事です!。
アイバニーズ特注フルアコと、暖かくて良い音なんだけど、
すぐにSPがすっ飛んじゃって金食い虫な、ポリトーンアンプの
優しいサウンドが目に浮かぶようなそんなサウンド...良かったです。

最終的にはレスポールだそうですが、フルアコのモコモコ感は、
帰って出力の小さい修多羅と当たりの方が、真似しやすいん
じゃないかな?レスポールだと、パワーありすぎて制御がムズいんでは
なかろうか?...なんて瞬間思いましたが、全く杞憂のようで、
実にも見事でした。意外とレスポール系って何でも出来そうで
出来ないっていうか、自分的にはストラトとか、テレキャあたりの方が
いろんなサウンドが作りやすいですね。

そういうわけで、今週もおつかれさまでした。良い演奏だと思います。


pipco1980 | URL | 2017/10/29/Sun 10:23 [編集]
Re: 毎度です
いつも、コメントありがとうございます。


> チャーリーといえば...チャーリ−石黒さん...なんっつって...。
彼のラテンキューバン・フルバンド「東京パンチョス」にはギターが
いないので、よく呼んでいただきましたけど、取りあえずフルバンで
ディストーションはNGで、あくまでもクリアトーンで弾かないと
分厚いブラスサウンドとはバランスが取れず...
余談過ぎましたすみません。


pipco1980さんは、チャーリー・ワッツあたりかと思いましたが、
チャーリー石黒とは思いつかず、そのうえトラで参加されたとは。

ラテンロック、サンタナ好みの松岡直也のバンドの参加でしたら、
ディストーションOKでしょうが、東京パンチョスはNGですね。



> なるほど、ジョージベンソンっぽいディミニシュ+イオニアン...
見事です!。
アイバニーズ特注フルアコと、暖かくて良い音なんだけど、
すぐにSPがすっ飛んじゃって金食い虫な、ポリトーンアンプの
優しいサウンドが目に浮かぶようなそんなサウンド...良かったです。


実は、MTRのエフェクトにベンソンのプリセットがあるのですが、
自分のストラト、レスポールと相性が悪く、自分で音作りしました。


> 最終的にはレスポールだそうですが、フルアコのモコモコ感は、
帰って出力の小さい修多羅と当たりの方が、真似しやすいん
じゃないかな?レスポールだと、パワーありすぎて制御がムズいんでは
なかろうか?...なんて瞬間思いましたが、全く杞憂のようで、
実にも見事でした。意外とレスポール系って何でも出来そうで
出来ないっていうか、自分的にはストラトとか、テレキャあたりの方が
いろんなサウンドが作りやすいですね。


おっしゃるとおり、昔、ジャズバンドで演奏した時は、ストラトの方が、
それらしい音になり、かなり万能だなんて思いましたが、今回ばかりは、
どうもキンキンする感じが抜けなくて、レスポールの方が多少ましでした。



> そういうわけで、今週もおつかれさまでした。良い演奏だと思います。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/10/29/Sun 12:11 [編集]
初耳でした
スクエアは、1枚目、2枚目で、それまでになかったクロスオーバーを聞かせてくれた時代に夢中になってききました。その2枚のアルバムからは何曲か当時のバンドのレパートリーにしたのも懐かしい思い出です。ただ、スクエアがブレイクして、松任谷由美と一緒にやる頃になってからは、そのわかりやすさがつまらなくなって、以後、聞くことはありませんでした。この曲も今回、YouTubeで初めて聞きました。(スクエアメンバーが演奏していた音源でした。)

出だしは高中を連想させるメロディーで、2分辺りから始まるソロで急にベンソンのクロマティックフレーズが出てくるのが面白かったです。
ギターマジシャンさんの、知らない曲を紹介してくれる自作音源は興味深いです。
AKISSH | URL | 2017/10/29/Sun 18:35 [編集]
東京パンチョス
私もかなりの数パンチョスでギターを弾かさせて頂きました。
私の場合若かった事もあって(18才後半)、NHKの録音とかでディストーションを掛けたソロを弾かされましたね。元々バリトンのソロでしたが急遽ギターに8小説のソロが言い渡されて緊張でしたね。

パンチョスではその後は日比谷公会堂のフルバンのフェスがあってイントロから16小節ギターのカッティングをフェイザーを掛けて一人で弾いて曲が始まるなんてのも経験しました。当然ソロはMXRのディストーションで弾きましたね。確か宮川さんのアレンジでしたね。何曲かその手の曲があって、サー・デュークとかサマータイムとかを演りましたね。ワウも流行っていたので使っていました。

そのアレンジで別の会場でパンチョスのソロ・コンサートにも使って頂きました。
19才前半の頃です。当時のリズム隊はベースの甲斐さんがすごく親切で色々と教えてもらいましたね。確かドラムは重富さんでした。懐かしですね。私も若かったのでとても楽しく弾けたのを覚えています。

リハはパンチョスのホームグラウンドの赤坂のキャバレーの月世界でやったのは覚えていますね。
kamiyo.m | URL | 2017/10/29/Sun 20:04 [編集]
Re: 初耳でした
いつも、コメントありがとうございます。


> スクエアは、1枚目、2枚目で、それまでになかったクロスオーバーを聞かせてくれた時代に夢中になってききました。その2枚のアルバムからは何曲か当時のバンドのレパートリーにしたのも懐かしい思い出です。ただ、スクエアがブレイクして、松任谷由美と一緒にやる頃になってからは、そのわかりやすさがつまらなくなって、以後、聞くことはありませんでした。この曲も今回、YouTubeで初めて聞きました。(スクエアメンバーが演奏していた音源でした。)



デビュー当時のスクエアは、今よりかなりジャズに近いサウンドでしたし、
フロントマンとして、伊東たけしのサックスが入っていることもあって、
リトナーのジェントルソウツの路線なのかと、自分はとらえていました。

ギターよりサックスが目立つので、カシオペアの方が好みだったのですが、
ロック系ギターのアドリブが増えて、自分はコピーするようになりました。



> 出だしは高中を連想させるメロディーで、2分辺りから始まるソロで急にベンソンのクロマティックフレーズが出てくるのが面白かったです。


確かに、ブルーラグーンや虹伝説の高中の曲といっても違和感ない出だしで、
突然生音に近いベンソンフレーズになるのは、ソロアルバムならではですね。



> ギターマジシャンさんの、知らない曲を紹介してくれる自作音源は興味深いです。


ギタリストしか手を出さないのではという曲ばかり買っていた時期があります。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/10/29/Sun 20:29 [編集]
Re: 東京パンチョス
いつも、コメントありがとうございます。


> 私もかなりの数パンチョスでギターを弾かさせて頂きました。
私の場合若かった事もあって(18才後半)、NHKの録音とかでディストーションを掛けたソロを弾かされましたね。元々バリトンのソロでしたが急遽ギターに8小説のソロが言い渡されて緊張でしたね。



ギタリストがいないバンドなので、kamiyo.mさんにもお声がかかったのですね。
このところ、ブログで取り上げられている石川ひとみのバックバンドだったり、
ビッグバンドだったり、ジャンルの振り幅が大きくて、それがプロなのですね。



> パンチョスではその後は日比谷公会堂のフルバンのフェスがあってイントロから16小節ギターのカッティングをフェイザーを掛けて一人で弾いて曲が始まるなんてのも経験しました。当然ソロはMXRのディストーションで弾きましたね。確か宮川さんのアレンジでしたね。何曲かその手の曲があって、サー・デュークとかサマータイムとかを演りましたね。ワウも流行っていたので使っていました。



フェイザーのカッティングがあったり、スティービーの曲とは、
新しいレパートリーも取り入れていたようで、バンドとしては、
ラテンがメインでも、ニューブリードのようだったのでしょうか。



> そのアレンジで別の会場でパンチョスのソロ・コンサートにも使って頂きました。
19才前半の頃です。当時のリズム隊はベースの甲斐さんがすごく親切で色々と教えてもらいましたね。確かドラムは重富さんでした。懐かしですね。私も若かったのでとても楽しく弾けたのを覚えています。


老舗のバンドですと、古株に何も教えてもらえないとか、
逆にしごかれるとか、そんなイメージを持っていました。


> リハはパンチョスのホームグラウンドの赤坂のキャバレーの月世界でやったのは覚えていますね。


そういったビッグバンドのホームとなる場所もあった時代ですね。
貴重な思い出話をありがとうございました。
(それにしても、石川ひとみとの振り幅が・・・)
ギターマジシャン | URL | 2017/10/29/Sun 20:44 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.