僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
サンバのリズム乗せ交互にソロをとるデパペペ「ラ・タンタ」
我が家のビーグルは、6月で15歳になったが、まだ元気で、
多少ふらつきつつ、何とか歩いて散歩するのは良いものの、
年寄りの早起きなのか、4時半には、もうお腹がすいただの、
散歩へ行くだの騒ぎ出して、家族全員が睡眠不足の状態。

自分も早朝散歩につきあうことがあり、5時過ぎに二度寝し、
いつもどおりに出勤するが、その日の夜は、睡魔に襲われ、
10時過ぎには、ラジオを聴きながら、寝てしまうことも多くて、
そんな日は、当然ギター練習もMTR録音も、さぼってしまう。

趣味のギターだから、そんなに根を詰める必要もないさと、
わりきっていて、それはそうなのだが、それを口実にしては、
さぼり癖がついてしまうのが、昔からの性分なので、週末に、
ブログを更新すると決めていないと、どんどん怠けてしまう。

ただ、締め切りがあるのも良し悪しで、手抜きにしてみたり、
じっくり取り組むような曲は、はなから無理だとあきらめたり、
かといって、2週間とか、1ヶ月かけて、作りこむとなったら、
途中で飽きたり、結局は、ギリギリでお茶を濁したりしそう。

小説だったか、エッセイだったか、毎日のように絵を描くのに、
1年に1枚も売れるかどうかで、認められないと悩む画家に、
1年かけて作品に取り組めば、1日で売れるとアドバイスを、
する場面があったが、自分は時間をかけても、どうだろうか。

結局、今のスタイルで、続けていこうと、開き直っているが、
今週は、日曜から4時半起きが続いて、早く寝てばかりいて、
それでも、カシオペアの曲を予定していたので、ギターならば、
楽譜を見なくても弾けるさと、かなり余裕でのんびりしていた。

金曜にベースを録音して、さらにシンセとなり、アドリブもなく、
バッキングだけで楽勝と思っていたら、DX7の音色だろうが、
ギターシンセのプリセットに、似たような音が見つからなくて、
今から音作りをしていたら、何日もかかかるので、ギブアップ。

今週の土曜日は出勤なので、さらに時間的な余裕もなくって、
こんな時には、クラシックギターか、アコギのソロギターだと、
めぼしい楽譜を探すが、右手の指弾きが練習不足で、もつれ、
やはりピック弾きだ、それならば、デパペペがあるさと、安直に。

デパペペの楽譜は3冊あって、よりどりみどりという感じだが、
やはり、曲の好みはあるし、ドラム入りなのに、スコアにない、
ギターを何本もダビングしているのに、メインの2本のみ採譜と、
けっこう省略もあり、耳コピの苦手な自分は、選択肢が少ない。

インディーズのデビュー作の「ラ・タンタ」は、サンバのリズムで、
「ラ・バンバ」をもじってタイトルをつけたのか、それは不明だが、
デパペペの特徴である、力強いストロークと、オクターブ奏法に、
互いのソロとバッキングを交代する、すべてが詰まったような曲。

デパペペは、アコギでも、歌モノのようなメロディラインが多くて、
インストとはいえ、フュージョンでもないし、ヒーリングとも違って、
まあデパペペサウンドになるのだろうが、ヒット曲のエッセンスも、
うまく取り入れて、シャカタク路線のフルーツケーキにも通じる。

ボサノバで使うテンションコードで、サンバのリズムを刻みつつ、
サンバのベースラインをなぞるように、5弦と6弦を交互にして、
コードの低音を強調するのだが、これが、かなり自分は苦手で、
バッキングだけ別トラックにして、何度もやり直すが限界だった。

今回は、ブログの記事も、あまり書くこともないままの手抜きだが、
おそらく、ビートルズ以外の曲をアップするときは、そんな感じで、
やはり、自分でもビートルズへの思いいれ、学問的探究心とかは、
半端じゃないなあと、あらためて、今週のようなときに実感する。

それだけ思い入れのあるビートルズだが、演奏は空回りしがちで、
何と言っても、ボーカルはひどいと、自分でも実感しているところ、
先日アップしたペニーレインも、伴奏に比べて、ひどいと思ったが、
YouTubeでは、50回の再生で、低評価が12件もあるという始末。

こちらのブログを訪問していただいたり、コメントされる方々は、
ブロともや、相互に交流している人が多く、お手柔らかというか、
かなり気を使っていただいているし、演奏だけでなく、ブログの、
記事についても感想をいただくが、YouTubeは演奏のみで評価。

自分もビートルズのカバーについては、評価ボタンは押さないが、
「全然だめだ、声が似ていない、ギターの音が違う」と、シビアで、
途中で聴くのをやめることもあるから、自分のカバー演奏に対して、
特にビートルズもので、低評価だらけなのも、すごく納得している。

それで、デパペペとかのギター演奏では、どうだろうかと思ったら、
先日の「MTMM」も、低評価6で、歌は下手だが、ギターのほうは、
いい線いっているさと自惚れているのは、自分だけだったと痛感、
まだまだ練習が足りないと反省して、モチベーションも沸いてくる。

そんなことを言いながら、犬のせいで眠くって、今日は無理だよと、
さぼる日々もあるだろうし、それでも、ブログを続けていなければ、
こんなにギターを弾かなかっただろうし、とにかく、週末の更新を、
無理やり、手抜きになりつつも、続けていこうと、開き直った次第。

カシオペアはDX7の壁があるので、他のフュージョンにしようかと、
歌がなくて、ギターが目立つ曲を、またいろいろ物色しているが、
とりあえず、今回は、困ったときのデパペペ、アコギのピック弾きで、
しかも二重奏でごまかせると、「ラ・タンタ」を2時間で仕上げました。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


分かります
ギターマジシャンさんの・・・特にペットとの付き合いのご苦労は私も全く同じです。
我が家の飼い猫”花”さんは、どうも私を父親か母親だと思っていた時期がかなりあって、寝ている時に起こしに来て遊びに付き合わされたり、自分が眠くなると寝ている私の所まで来て、自分の寝床で一緒に寝ろと誘いに来ます。

冬時期はホットカーペットの上が彼女の寝床で彼女専用の毛布があるので、そこに一緒に入れと、夜中の3時だろうが4時だろうがお構いなしです。腰が痛くてたまりません。
睡眠不足はいつもでしたね。今は少し物分りが良くなってくれて助かっていますが。

PCのキーボードの上は彼女の通り道なのは今も一緒ですが・・・私がキーボードを叩いている時に限りですが。

今回のデパペペはいつもの通り、アコギが良く鳴っています。週一での音源アップでこれだけのクオリティーが出せるのですから凄いです。

YouTubeの評価は気にしても仕方ありません・・・と私は思いますよ。再生回数なんかも気にする必要は全くないと思います。聞く人の自由意志で評価をするのですから、専門的な人がキチンと聞いて評価している訳ではありません。

私はYouTubeの場合は自分の評価が高い時は、コメントを残す様にしています。
適当にポチったりはしません。音楽は上手い下手ではなくて心に残るか・響くかだと思っていますから。

毎週の選曲を始めとしてそこからの各工程ごとに大変なご苦労だと思います。
私なんぞはケースからギターを出さないのが1ヶ月なんて事も最近ではありますよ。

ただギターマジシャンさんの演奏を毎週期待している自分がいます。ここ迄続けて来られたのですから、行ける所まで行って見るのも良いかも知れませんね。
私達も健康でいられる事で、ブログを書けたりする訳ですから。

演奏は凄く良いですよ、個人的にはたまにはゴンチチ辺りのまったりしたも聞きたいです。
Les Paul L-5 | URL | 2017/07/09/Sun 03:42 [編集]
Re: 分かります
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさんの・・・特にペットとの付き合いのご苦労は私も全く同じです。
我が家の飼い猫”花”さんは、どうも私を父親か母親だと思っていた時期がかなりあって、寝ている時に起こしに来て遊びに付き合わされたり、自分が眠くなると寝ている私の所まで来て、自分の寝床で一緒に寝ろと誘いに来ます。

冬時期はホットカーペットの上が彼女の寝床で彼女専用の毛布があるので、そこに一緒に入れと、夜中の3時だろうが4時だろうがお構いなしです。腰が痛くてたまりません。
睡眠不足はいつもでしたね。今は少し物分りが良くなってくれて助かっていますが。


Les Paul L-5さんの花さんは、小説でも重要な役割でしたし、
ブログのプロフィール写真にも、しっかり写っていますよね。

テレビ番組で、夜中ずっと猫が遊んで欲しいと、乗っかってきて、
ほとんど眠れない映像がありましたが、同じような感じなのですね。



> PCのキーボードの上は彼女の通り道なのは今も一緒ですが・・・私がキーボードを叩いている時に限りですが。


犬と違って机の上にも乗ってくるから、ますます大変ですね。



> 今回のデパペペはいつもの通り、アコギが良く鳴っています。週一での音源アップでこれだけのクオリティーが出せるのですから凄いです。


コードストロークの課題はありますが、これが精一杯のところです。


> YouTubeの評価は気にしても仕方ありません・・・と私は思いますよ。再生回数なんかも気にする必要は全くないと思います。聞く人の自由意志で評価をするのですから、専門的な人がキチンと聞いて評価している訳ではありません。


たぶん、専門的な人は、もっとシビアに評価されるのでしょうし、
あまり深刻には考えずに、まずは聴いてもらっていると捉えてます。


> 私はYouTubeの場合は自分の評価が高い時は、コメントを残す様にしています。
適当にポチったりはしません。音楽は上手い下手ではなくて心に残るか・響くかだと思っていますから。


心に残るか・響くかというのは、すごく自分には貴重なお話で、
ついつい、テクニック重視、上手く弾こうとあせってばかりです。


> 毎週の選曲を始めとしてそこからの各工程ごとに大変なご苦労だと思います。
私なんぞはケースからギターを出さないのが1ヶ月なんて事も最近ではありますよ。


手品に凝ったり、ゲーム機にはまっていた頃には、枕元に出していても、
触らないことが続いて、ブログを始めてから、かなり復活した次第です。


> ただギターマジシャンさんの演奏を毎週期待している自分がいます。ここ迄続けて来られたのですから、行ける所まで行って見るのも良いかも知れませんね。
私達も健康でいられる事で、ブログを書けたりする訳ですから。


おっしゃるとおりで、いつ何があるか、わからない年齢になってきているので、
指が動く限りは、毎週の演奏を心がけて、ブログも更新しようと考えています。



> 演奏は凄く良いですよ、個人的にはたまにはゴンチチ辺りのまったりしたも聞きたいです。


実は、ゴンチチも好きなのですが、「放課後の教室」くらいしかスコアがなく、
耳コピはきびしいなあと、そう思っているうちに、何年もたってしまいました。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/07/09/Sun 05:37 [編集]
まいどです
自分の場合は高校生になってエレキを始めて、すぐに
ブルーノートスケールってヤツを覚えると、何だか急に
巧くなったような気がして、いきなり初対面のギター侍とでも、
3コードのブルースセッション他流試合みたいなことに
没頭するわけです。馬鹿みたいに何十分もソロとバッキングを
交互に繰り返すうちに、相手側の手の内と云うか、
自分にはない「技」を、こちらもコッソリと習得する
愉しさに溢れた、実に有益なセッションだったりするわけです。

「でおぺぺ」さん...というのを私は全然存じ上げないですし、
たぶん、アルバムを戴いても聴こうか…という衝動には
駆られることはないと思いますが、何だかそんなギター侍的な
衝動と云うか、△9thコードを初めて覚えて、嬉々として
これでもか!ってほどに「猿みたいに…?」使ってみたぜ的な、
そんな初々しさ以外のナニモノでもない感じが伝わってくる感じ…。
言い換えれば、同じコードを効果的に使った、たぶんこの世の中の
最高峰のセンスを、つい先週取り上げられてたのに、今週いきなり
スターウォーズ的に創世記に戻る…みたいで、
なにしろギターマジシャンさんの振り幅の激しさと云うか、
忙しさは生半可ではありません!
好きですけどね…奇想天外なことは(笑)…。

「いいね」なんて全然気ににされることないですよ!
(いろいろ押しときましたよ…)
仮にアーティスト御本人が、家のD™機材で自作デモ曲を、
匿名でコッソリ発表したところで、大した評価は得られないと思います。
特にラインではない「マイク」っていうナマモノを扱う以上、
その使用環境はプロとアマでは天と地ほども違いますしね。
理想のマイクを求めて、ノイマンU87(パーナナ!)購入まで
行き着いたものの、民生レベルのプリアンプ機能とか、
独特の音場環境を作るWベッドみたいに巨大な「鉄板エコー」、
あと高性能な「リミッター」とかないと、
マイクのポテンシャルをほとんど活かせいことに、
やっと気付いたり…皆さん苦労されてます。

個人的には、モア・ビートルズ!ですけどね。
pipco1980 | URL | 2017/07/09/Sun 10:12 [編集]
Re: まいどです
いつも、コメントありがとうございます。



> 自分の場合は高校生になってエレキを始めて、すぐに
> ブルーノートスケールってヤツを覚えると、何だか急に
巧くなったような気がして、いきなり初対面のギター侍とでも、
3コードのブルースセッション他流試合みたいなことに
没頭するわけです。馬鹿みたいに何十分もソロとバッキングを
交互に繰り返すうちに、相手側の手の内と云うか、
自分にはない「技」を、こちらもコッソリと習得する
愉しさに溢れた、実に有益なセッションだったりするわけです。



自分も高校の頃は、ドラムもベースもなく、ギター2人だけで、
延々とアドリブ合戦をして、フレーズやコードを教わりました。




> 「でおぺぺ」さん...というのを私は全然存じ上げないですし、
たぶん、アルバムを戴いても聴こうか…という衝動には
駆られることはないと思いますが、何だかそんなギター侍的な
衝動と云うか、△9thコードを初めて覚えて、嬉々として
これでもか!ってほどに「猿みたいに…?」使ってみたぜ的な、
そんな初々しさ以外のナニモノでもない感じが伝わってくる感じ…。
言い換えれば、同じコードを効果的に使った、たぶんこの世の中の
最高峰のセンスを、つい先週取り上げられてたのに、今週いきなり
スターウォーズ的に創世記に戻る…みたいで、
なにしろギターマジシャンさんの振り幅の激しさと云うか、
忙しさは生半可ではありません!
好きですけどね…奇想天外なことは(笑)…。



それこそ、高校の頃、メジャー7やマイナー7のコードを覚え、
さらに、モード奏法なんて友人に教わると、そればかり弾いて、
デパペペの演奏には、そうしたアマチュアっぽさがありますね。

自分のレパートリーは、クラシックギターからネオクラシカル、
もろのビバップから売れ線フュージョンと、ごちゃごちゃで、
そんな中から、とっかえひっかえ、演奏していこうと思います。



> 「いいね」なんて全然気ににされることないですよ!
(いろいろ押しときましたよ…)
仮にアーティスト御本人が、家のD™機材で自作デモ曲を、
匿名でコッソリ発表したところで、大した評価は得られないと思います。
特にラインではない「マイク」っていうナマモノを扱う以上、
その使用環境はプロとアマでは天と地ほども違いますしね。
理想のマイクを求めて、ノイマンU87(パーナナ!)購入まで
行き着いたものの、民生レベルのプリアンプ機能とか、
独特の音場環境を作るWベッドみたいに巨大な「鉄板エコー」、
あと高性能な「リミッター」とかないと、
マイクのポテンシャルをほとんど活かせいことに、
やっと気付いたり…皆さん苦労されてます。


いいねのポチっ、お気遣いいただき、ありがとうございます。
ブラインドテストでもないですが、プロの方の演奏であっても、
なかなか高評価を得るのは難しいようですし、何よりも本物、
ビートルズ本人の音源でさえも、低評価が押されたりしますね。

宅録はつきつめていくと、防音設備のついたスタジオだったり、
本格的な録音機材がないと、マイク一つ活かせないのですね。




> 個人的には、モア・ビートルズ!ですけどね。


これからもビートルズは、定期的に取り組んでいきます。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/07/09/Sun 12:19 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.