僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
松木・細野らのバッキングがいかす山下達郎「ラブ・スペース」
幼い頃に聴いていた、テレビ主題歌や映画音楽は別として、
夢中で音楽を聴くようになったのは、74年、中2の夏休みに、
ビートルズの映画を見たのがきっかけで、高校に入ってから、
ロック、クロスオーバー、同時にニューミュージックも聴き出す。

同年代の友人達に比べると、音楽を聴き始めた年齢にしても、
どんなミュージシャンやジャンルに目覚めたか、そのレベルも、
かなり遅れをとってしまったが、それでも、かれこれ40年以上、
聴いてきたわけで、けっこう多くのジャンルにまたがっている。

40年もたつと、自分自身が数年後には、定年の60歳になり、
そのせいだろうか、昔を振り返ってばかりいるし、よく聴くのは、
70年代の曲が多いし、購入するのも、レコードで持っている、
昔のアルバムを、スマホで聴くために、CDで買い直している。

昔は良かったなんて、あまりにありきたりすぎ、口にするのも、
はばかるが、やはり、音楽一つとってみても、それは実感して、
ところが、歳をとるから当然とはいえ、自分が昔からよく聴いて、
憧れたミュージシャンの訃報に、次第に接することが多くなる。

リアルタイムで聴いた、70~80年代の日本の音楽を支えた、
ニューミュージック、フュージョン系のバックミュージシャンたち、
その代表格である大村憲司や、松原正樹が次々と旅立たれて、
つい先日、松木恒秀の記事をヤフーで見て、またかという気分。

大村憲司の49歳は持病もあったのだろうが、松原正樹は61歳、
松木恒秀は68歳と、まだまだ現役でいてもおかしくない年齢で、
平均寿命が延びたなどと言っているが、それは戦前の人たちで、
自分たちの場合、70歳まで生きられるのかと、漠然とした不安。

松木は、鈴木宏昌・コルゲン率いるザ・プレイヤーズのギターで、
タモリの「今夜は最高」に出演したから、お茶の間にも知られたし、
プレイヤーズでの名演、歌謡曲の有名な曲でも演奏しているが、
自分が好きなのは、山下達郎の「ラブ・スペース」のリズムギター。

山下達郎のセカンドアルバム、「スペイシー」の冒頭を飾る曲で、
30年以上前、山下がDJを勤めるラジオで、ファルセットではなく、
実音で一番高い声を出した曲として、紹介されて、ハイトーンの、
ボーカルに加え、バックのサウンドが格好良くて、気に入った曲。

山下のアルバムは、LP時代にレンタルしたり、購入していたが、
なぜか、「スペイシー」だけが、エアチェックしたテープもないまま、
空白のアルバムとなっていて、CD時代になり、LPで持っていない、
「ライド・オン・タイム」などを買い直した際も、当初スルーしていた。

今となっては、記憶があいまいで、「ラブ・スペース」を聴きたくて、
CDが出た当時の3800円もする、「スペイシー」を買うことしたか、
LPと混合ではあるが、85年段階としては、全アルバムが揃うから、
買ったのか、どちらにしても、CDで買って、そのまま愛聴盤となる。

LP発売は77年6月で、当時、まだAORの言葉はなかったと思うし、
フュージョンにしても、クロスオーバーの名称で、日本のブームが、
リー・リトナー、ラリー・カールトンのギター中心に火が付いた頃で、
当時としては、かなり最先端というか、先を行くサウンドだったろう。

録音は、基本的に2つのユニット、リズムセクションを使い分けて、
松木のギター、細野晴臣のベース、佐藤博のピアノに、ドラマーが、
村上秀一と、山下のギター、田中章弘のベース、上原祐のドラム、
坂本龍一のピアノという組合わせで、どちらとも、すごいメンバー。

フュージョン音楽が、ジャズロック、クロスオーバーと呼ばれた頃、
ニューヨークやロスのスタジオミュージシャンらが、仕事の合間に、
自分達がやりたい音楽を演奏して、ジャンルの一端となったように、
日本でも、若手のミュージシャンのセッションが、新しい流れとなる。

今では、ベテランの部類になる面子だが、村上ポンタでさえ26歳、
同じく赤い鳥のバック出身の大村憲司と、ニューミュージック系の、
セッションをこなしながら、日本のフュージョンの黎明期を支えたし、
坂本龍一は、YMOどころか、香津美のバンドに参加する前の若手。

ボズ・スキャッグスの録音がきっかけで、TOTOが生まれたのとは、
少しニュアンスが違うが、セッションに呼ばれたミュージシャンが、
そこで、新しい音楽を作り上げたり、意気投合しバンドを組んだり、
そうした流れは、70年代の音楽シーンには、すごくあったと思う。

「ラブ・スペース」は、自分がギターを弾くこともあり、右チャンから、
バリー・ホワイト「愛のテーマ」で、デヴィッド・T・ウォーカーの弾く、
1~3弦を主体に流れるように刻むリズムギターを彷彿とさせる、
松木の演奏が、本当に見事で、これだけでもこの曲が気に入った。

デヴィッド・T・ウォーカーはフルアコを弾いていたし、松木にしても、
ザ・プレイヤーズではフルアコを抱えた姿が印象的で、そのせいで、
日本のエリック・ゲイルとも呼ばれたが、リマスターの達郎の解説で、
「松木さんのストラト~」とあり、ストラトを使ったと知り、びっくりした。

ちなみに、この解説には、「佐藤くんの黒鍵のグリス」の言及もあり、
バンドスコアが細かく採譜した、ピアノのアルペジオのフレーズを、
必死にギターシンセで弾き、トラッキングの遅れに苦労していたが、
何だよ、グリスかよと、そこだけ電子ピアノで、ジャララーンと弾いた。

ベースは、クレジットで見るまでは、岡沢章だとばっかり思っていて、
リズム&ブルース、ソウルのメッカ、モータウン・サウンドのベースで、
バスドラムとシンクロさせた、裏拍のくったフレーズは、リズム音痴で、
本職がベースでない自分には、かなり難しくて、やり直しつつも妥協。

細野は、お茶の間には、はっぴいえんどやテイン・パン・アレイよりも、
YMOの活動が知られているが、自分はテクノ音楽は苦手なジャンルで、
それでも、結成直後、ゲスト参加した渡辺香津美がギターを弾きまくる、
グリーク・シアターのライブは、テレビで見た当時から気に入っている。

この時、地味なシンセベースに徹していた細野が、アンコールになると、
ベースギターに持ち替えて、親指と人差し指でつまむように弦を弾いて、
そこから繰り広げられるグルーヴは、本当に見事で、チョッパーっぽい、
フレーズもこなしていて、何で全曲でベースを弾かないのかと思った。

バンドスコアには、パーカッションが載っていないが、イントロに1度だけ、
ビブラスラップが鳴り響き、トライアングルは、途中から鳴ってくるような、
音量バランスの問題で、最初からずっと叩いていたか、微妙なところだが、
ドラムマシンの機械的な部分を補う意味で、ずっと自分で叩いておいた。

山下達郎の「ラブ・スペース」は、本人でも、ライブでは声がひっくり返り、
かなり高音がきついので、ひらき直って歌い、それをミックスで小さめに、
その分、昔から好きだった、松木さんのリズムギターを大きな音にして、
かなり、これはいい感じになったと思うので、歌だけはご容赦ください。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


松木さんの追悼ですね
今回は達郎の曲ですね・・・。私にはツボです。

私もニューミュージック系の音楽は大好きでした。日本のスタジオミュージシャンの演奏を研究するうちに、そのクオリティーの高い演奏から達郎・ユーミン・EPO等々結構好きになりました。
達郎のスパークルのイントロカッティングは私も相当練習したのでそれだけは自信があります(笑)。

確かに渡辺香津美さんのアルバムではドラムがつのだ☆ひろ・ベースが後藤次利・キーボードが坂本龍一さんと今では考えられない組み合わせでしたね。
あのアルバムは好きでした。インナーウインドのイントロなんかは今でも好きで良く弾いたりしています。

松木恒秀さんは竹内まりやさんの”倶楽部活動”と称するリハーサルバンドでは色々なスタンダード曲をアレンジして、いつも渋いギターを弾かれていたのが印象的ですね。今回の訃報は残念で仕方がありませんね。

スタッフもエリック・ゲイルとリチャード・ティーが亡くなったのも、プレイヤーズと見事に重なっていて不思議な感じです。

ミュージシャンはやはり若い時期から不規則な生活を強いられ、しかもお酒の強い方も多いので一般の方の様な健康管理が出来ないのかも知れません。

スタジオミュージシャン達の中ではヘッドフォーンでいつも演奏しすぎて、難聴になる方もいたと聞きます・・・やはり職業病なのでしょうか。

達郎サウンドは当時の音が私も好きですね。ユーミンも80年代始めまでのサウンドがいちばん好きです。

今回の演奏もギターのカッティングが良いですね。何だか久し振りにギターマジシャンさんの16物を聴かせて頂いて、流石だなと感心させられます。トーンも切れ味も凄く良いです。

細野さんは余りベースは弾きませんが、凄く良いベースを弾く方です。タッチが素晴らしいし大人なグルーブと云うか、クールな中でのベースラインが凄くていつも感心しています。
高中さんの教則レコード的なアルバムで一曲だけ参加していたレインボウという曲では凄いベースを弾いていました。

ヴァンダイン・パークスが来日した時のツアーではベーシストとしてフルに参加されていました。私もサンプラザのライブで拝見しましたが、日本人は細野さんお一人でした。やっぱりベーシストの腕前は凄い方なのだと改めて感心しました。

セッションバンドがクロスオーバーの流れを作ったのは確かにおっしゃる通りだと私も思います。NYのスタッフ、LAのトトは正にその中から生まれたバンドですね。
トトに関してはあそこまで長続きするバンドになるとは思いませんでしたが。ポーカロが亡くなって終わりかなと思っていました。

何にしても今回の音源はクオリティーが高いですね。いつもながら感心させられます。私も練習しなければと励みになります。全然練習していない自分なので、これから少しギターを弾く時間を増やそうかなと思っています。

音源のアップお疲れ様でした。
Les Paul L-5 | URL | 2017/07/02/Sun 04:20 [編集]
Re: 松木さんの追悼ですね
いつも、コメントありがとうございます。



> 今回は達郎の曲ですね・・・。私にはツボです。


同学年ですので、ツボの曲も似通っていますよね。



> 私もニューミュージック系の音楽は大好きでした。日本のスタジオミュージシャンの演奏を研究するうちに、そのクオリティーの高い演奏から達郎・ユーミン・EPO等々結構好きになりました。
達郎のスパークルのイントロカッティングは私も相当練習したのでそれだけは自信があります(笑)。



まさに、山下達郎、ユーミン、EPOは、自分もアルバムを集めた人たちです。

スパークルのイントロは印象的ですが、プロの方も練習されたのですね。



> 確かに渡辺香津美さんのアルバムではドラムがつのだ☆ひろ・ベースが後藤次利・キーボードが坂本龍一さんと今では考えられない組み合わせでしたね。
あのアルバムは好きでした。インナーウインドのイントロなんかは今でも好きで良く弾いたりしています。



ロックサイド、ジャズサイドとリズムセクションを使い分けていて、
特にロックサイドは、その組み合わせが本当にものすごい面子です。
「インナーウィンド」は、キリンでも再演している名曲ですよね。


> 松木恒秀さんは竹内まりやさんの”倶楽部活動”と称するリハーサルバンドでは色々なスタンダード曲をアレンジして、いつも渋いギターを弾かれていたのが印象的ですね。今回の訃報は残念で仕方がありませんね。


フルアコでの渋い演奏は、ますます円熟していたでしょうに、残念です。


> スタッフもエリック・ゲイルとリチャード・ティーが亡くなったのも、プレイヤーズと見事に重なっていて不思議な感じです。


日米で似たようなサウンドのバンドのメンバーがという、不思議です。


> ミュージシャンはやはり若い時期から不規則な生活を強いられ、しかもお酒の強い方も多いので一般の方の様な健康管理が出来ないのかも知れません。


大村憲司の肝硬変というのも、そんな一因な気がしています。


> スタジオミュージシャン達の中ではヘッドフォーンでいつも演奏しすぎて、難聴になる方もいたと聞きます・・・やはり職業病なのでしょうか。



難聴は歌手にもありますし、まさに職業病なのでしょうし、
ロックの爆音なんかも、かなりひどいのではと思います。


> 達郎サウンドは当時の音が私も好きですね。ユーミンも80年代始めまでのサウンドがいちばん好きです。


デジタルレコーディングだから、ダメというつもりはないのですが、
アナログ時代の楽器で演奏した音を、どうも自分は好きなようです。


> 今回の演奏もギターのカッティングが良いですね。何だか久し振りにギターマジシャンさんの16物を聴かせて頂いて、流石だなと感心させられます。トーンも切れ味も凄く良いです。


16ビートは弾いていて、すごく気持ちがよいですし、ロックより、
フュージョン、ニューミュージックの方が合っている気もします。


> 細野さんは余りベースは弾きませんが、凄く良いベースを弾く方です。タッチが素晴らしいし大人なグルーブと云うか、クールな中でのベースラインが凄くていつも感心しています。
高中さんの教則レコード的なアルバムで一曲だけ参加していたレインボウという曲では凄いベースを弾いていました。


「オンギター」の「レインボウ」は、ボトムのきいたベースだった記憶ですが、
いつものバンドメンバーか後藤次利あたりの演奏だとばかり思っていました。


> ヴァンダイン・パークスが来日した時のツアーではベーシストとしてフルに参加されていました。私もサンプラザのライブで拝見しましたが、日本人は細野さんお一人でした。やっぱりベーシストの腕前は凄い方なのだと改めて感心しました。


もっとベースを弾いてほしいと、今でも思ってしまいます。


> セッションバンドがクロスオーバーの流れを作ったのは確かにおっしゃる通りだと私も思います。NYのスタッフ、LAのトトは正にその中から生まれたバンドですね。
トトに関してはあそこまで長続きするバンドになるとは思いませんでしたが。ポーカロが亡くなって終わりかなと思っていました。


TOTOは、いつのまにか、ルカサーバンドになってしまい、メンバーも、
昔の仲間が出入りしつつ、ツアー用セッションバンドの感じもしています。



> 何にしても今回の音源はクオリティーが高いですね。いつもながら感心させられます。私も練習しなければと励みになります。全然練習していない自分なので、これから少しギターを弾く時間を増やそうかなと思っています。



ぜひとも、Les Paul L-5さんのギター演奏を、またお聴かせください。


> 音源のアップお疲れ様でした。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/07/02/Sun 04:59 [編集]
まいどです
演奏は素晴らしいの一言に尽きると思います。

ただ、感想を云わせてもらうなら、あまりにも正解と云うか、
模範解答過ぎて、逆に当時の空気とは真反対をいうか、
違和感を感じてしまいます。

この曲だけじゃないですけど、当時のシュガーベイブから
達郎さん、あるいはユーミンなんかも含めて、
そのコードフォームは新鮮というより、不思議そのもの
でしたから、10人いれば10通りの解釈によるコードが
存在するわけです。

「へえー、そう来たか!?なしではないよなあ….」

達郎さんなんかもシュガーベイブ当時のインタビューでは、
バンドの演奏技術が他のバンドに比べ明白に劣っているから、
せめてコードだけにはこだわろうと、次々に自己流テンション
コードをでっち上げていた…何が言いたいかと云うと、
そんな切磋琢磨が、達郎さんの音楽はもとより、日本の音楽界を
成長させて行ったように思うわけで、ギターマジシャンさんの
完璧な演奏をまえに、ちょっとした違和感と云うか、
この曲の時点からもう40年も立ってるわけですから、
ギターマジシャンさんらしい蓄積と流儀の2017年版
ラヴスペースを提示して欲しかったなあなんて、
失礼ながら思った次第です。
pipco1980 | URL | 2017/07/02/Sun 12:58 [編集]
Re: まいどです
いつも、コメントありがとうございます。



> 演奏は素晴らしいの一言に尽きると思います。

ただ、感想を云わせてもらうなら、あまりにも正解と云うか、
模範解答過ぎて、逆に当時の空気とは真反対をいうか、
違和感を感じてしまいます。

この曲だけじゃないですけど、当時のシュガーベイブから
達郎さん、あるいはユーミンなんかも含めて、
そのコードフォームは新鮮というより、不思議そのもの
でしたから、10人いれば10通りの解釈によるコードが
存在するわけです。

「へえー、そう来たか!?なしではないよなあ….」

達郎さんなんかもシュガーベイブ当時のインタビューでは、
バンドの演奏技術が他のバンドに比べ明白に劣っているから、
せめてコードだけにはこだわろうと、次々に自己流テンション
コードをでっち上げていた…何が言いたいかと云うと、
そんな切磋琢磨が、達郎さんの音楽はもとより、日本の音楽界を
成長させて行ったように思うわけで、ギターマジシャンさんの
完璧な演奏をまえに、ちょっとした違和感と云うか、
この曲の時点からもう40年も立ってるわけですから、
ギターマジシャンさんらしい蓄積と流儀の2017年版
ラヴスペースを提示して欲しかったなあなんて、
失礼ながら思った次第です。




すごく、貴重なアドバイスをありがとうございます。

pipco1980さんのブログで、この曲をライブの新曲として聴き、
録音したカセットテープから、翌日にはすぐコピーしていたら、
レコードでは、ライブを上まっていたとおっしゃってましたが、
その辺りを肌で感じられた方ならではの違和感なのでしょうね。

YouTubeにあるスタジオのデモ音源でも、松木さんのギターは、
発売したものとは、まったく別のバッキングパターンをしていて、
山下のライナーには、イントロのピアノは本番で突然弾いたとあり、
スタジオの中でも、いろいろ作り上げていった過程がわかります。

他の演奏でも、ついつい完コピに憧れてしまうことが多いのですが、
好きな曲を一通りカバーしたら、自分なりの演奏をやってみようと、
あるいは、スコアのない曲だと、演奏をあきらめている曲なんかも、
新たな解釈でやってみるとか、まだ先になりますが挑戦したいです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/07/02/Sun 14:48 [編集]
サンデー・ソングブック
ギタマジさん今晩は。

洋楽ベースのJ-popヴァチュオーゾ:タツロー氏のトピック、意外!?~とも思いましたが、年代的に当然ベクトルでもあり且つ新鮮でした!

50年代~60年代ベースとするR&Bっぽい彼のサウンド私は大好きで、氏がプロデュースする奥様竹内まりあさん作品含め、結構CDを持ってます。

今でも日曜日14:00からの「サンデー・ソングブック」欠かさずとは云えませんけど、車中などでなるべくTUNEし楽しみに聴取してますね。

彼の声域が結構ハイトーンの為、カラオケのKEYコントロール難しく私は何度か赤っ恥失敗あるのですが、懲りずに年末になると『Xmas eve』唄っちゃいます。

ギタマジさんの演奏と気持ち入ったヴォーカル!?、雰囲気醸し出していてG~ooooood、結構ゾクゾクしましたよ
take10n | URL | 2017/07/04/Tue 00:22 [編集]
Re: サンデー・ソングブック
いつも、コメントありがとうございます。


> ギタマジさん今晩は。
洋楽ベースのJ-popヴァチュオーゾ:タツロー氏のトピック、意外!?~とも思いましたが、年代的に当然ベクトルでもあり且つ新鮮でした!


ビートルズの演奏ばかりしていますが、実はJ-POPというか、
ニューミュージックの頃、けっこうはまって聴いていましたので、
特に山下達郎、ユーミン、オフコースは今も当時の曲を聴きます。



> 50年代~60年代ベースとするR&Bっぽい彼のサウンド私は大好きで、氏がプロデュースする奥様竹内まりあさん作品含め、結構CDを持ってます。


オールディーズへの知識、薀蓄は半端ないですし、それを反映したサウンドは、
竹内まりあの作品でもメロディの良さもあり、山下の作品以上に光っています。



> 今でも日曜日14:00からの「サンデー・ソングブック」欠かさずとは云えませんけど、車中などでなるべくTUNEし楽しみに聴取してますね。


かつてのサウンドストリート同様に、マニアックな選曲にニヤリとしたり、
すごく良い番組ですよね、と言いつつ、たまにしか聴いていないです・・・。



> 彼の声域が結構ハイトーンの為、カラオケのKEYコントロール難しく私は何度か赤っ恥失敗あるのですが、懲りずに年末になると『Xmas eve』唄っちゃいます。


年末のクリマスイブは定番というか、無礼講というか、みんな歌いますね。


> ギタマジさんの演奏と気持ち入ったヴォーカル!?、雰囲気醸し出していてG~ooooood、結構ゾクゾクしましたよ


気合(?)で歌いましたが、いつも以上に演奏とのギャップが大きいです。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/07/04/Tue 05:45 [編集]
山下達郎ですね
山下達郎、なつかしい。
彼のアルバムはほとんどリアルタイムで聞いたのですが、SPACYはさかのぼって聞いた数少ないアルバムです。
ギターマジシャンさんのブログ、自分が書いたのかと思うほど、まったく同じ感想です。
こんなお洒落なサウンドがあるのかと、毎月、発見がある時代だったような気がします。

この曲は、なんといっても松木恒秀さんのカッティング。
特に、冒頭のDb△9の、降りてくるカッティングのところが好きです。
ギターマジシャンさんの、そこの部分のカッティング、とてもいいです。
AKI | URL | 2017/07/04/Tue 21:43 [編集]
Re: 山下達郎ですね
いつも、コメントありがとうございます。


> 山下達郎、なつかしい。
彼のアルバムはほとんどリアルタイムで聞いたのですが、SPACYはさかのぼって聞いた数少ないアルバムです。
ギターマジシャンさんのブログ、自分が書いたのかと思うほど、まったく同じ感想です。
こんなお洒落なサウンドがあるのかと、毎月、発見がある時代だったような気がします。



AKIさんとは、同年代でギターを弾いていたということに加え、
自分のほうが遅れがちですが、同じような音楽を聴いてきたので、
似たような経験が多く、AKIさんのブログにもそれを感じます。

クロスオーバー、ニューミュージック、AORの黎明と隆盛を、
肌で感じることができた自分たちの世代は、本当良かったです。



> この曲は、なんといっても松木恒秀さんのカッティング。
特に、冒頭のDb△9の、降りてくるカッティングのところが好きです。
ギターマジシャンさんの、そこの部分のカッティング、とてもいいです。


おっしゃるとおり、松木さんのカッティングがこの曲を左右していて、
あの降りてくるところが弾きたくて、この曲を取り上げた次第です。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/07/04/Tue 23:20 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.