僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
映画「卒業」のサントラ用に1曲だけ書き下ろした「ミセス・ロビンソン」
卒業式・卒園式は当然ながら、退職や転勤も多い時期とあって、
テレビやラジオでは、お別れソングの特集があちこち組まれて、
この10年くらいは、春先の恒例になっていて、懐かしい曲から、
初めて聴く曲、ちょっとこじつけかという曲まで、いろいろ流れる。

卒業式というと、自分たちの頃は、「蛍の光」と「仰げば尊し」を、
せいぜい合唱というか、ハモリもせず、ユニゾンで歌ったくらい、
今日では定番となった「旅たちの日に」に、最近は「群青」だとか、
年をとったせいか、歌詞を見ただけで、泣けてしまう曲も数多い。

そもそも、文部省唱歌でもない曲を式典で歌うようになったのは、
いつからなのか、あの金八先生の「贈る言葉」が走りだったのか、
自分たちの頃、謝恩会だったら、「あの素晴らしい愛をもう一度」、
「翼をください」や「なごり雪」を歌うクラスはあったが、式の前日。

だいたい、謝恩会では、自分もビートルズを演奏したくらいだから、
おごそかな式典とはまったくの別物、卒業式として、フォークの曲、
歌謡曲を歌うのは考えられなかったが、自分の通った区立中学が、
たまたま、頭の固い(?)先生だらけで、他では歌われていたのか。

ただ、もし自分が歌うことになったとしても、それこそ「翼をください」、
「卒業写真」くらいしか、当時はなかったろうし、子供の卒業式でも、
小・中・高を通じて、「さくら(独唱)」、「YELL」や「桜」といった曲が、
歌われることはなく、合唱曲が主で、ポピュラー曲とは一線を画す。

それだけに、卒業と何も関係ないビートルズは、歌われないだろうし、
ましてロックの曲が歌われることは、ほぼありえないと思っているし、
そのものずばり、「卒業」というタイトルの映画サントラに使われた、
サイモン&ガーファンクルの曲にしても、古今東西歌われない気が。

アメリカでは、日本のように、卒業式で曲を歌う習慣がないらしいし、
仮にあったとしても、そこで、「サウンド・オブ・サイレンス」だったり、
映画で使われた「スカボロー・フェア」、「ミセス・ロビンソン」などは、
歌われないだろうし、映画には卒業式の場面はあったのだろうか。

自分は、この映画をきちんと見たことはなくて、名場面特集とかでは、
何度となく、最後の教会の場面を見ているが、音楽の印象はなくて、
サイモン&ガーファンクルを聴くようになり、サントラを担当していた、
「ミセス・ロビンソン」は、登場人物の名前だとかを、後付けで知った。

映画では、何度目の再利用になるのか、デビューアルバムの曲の、
「サウンド・オブ・サイレンス」は、ポール・サイモンがイギリスへ行き、
現地で作った「ソングブック」にも収録、その間にバンドをダビングし、
シングル盤がヒット、それを2枚目に収録、さらに映画にも使われた。

映画には、他にも、「スカボロー・フェア」、「4月になれば彼女は」に、
「プレジャー・マシーン」と既存の曲が使われ、唯一書き下ろしたのは、
「ミセス・ロビンソン」なので、映画にちなんだタイトルが付いているし、
映画の場面に合わせたからか、後の演奏とは、長さも編曲も異なる。

自分がサイモン&ガーファンクルを聴いたのは、何度も書いているが、
NHK「世界のワンマンショー」がきっかけで、母に買ってもらったのが、
「グレイテスト・ヒット」だから、その1曲目である「ミセス・ロビンソン」は、
ものすごく印象的なわけで、映画版を後で聴いたときは、びっくりした。

どちらを原曲と言うべきか、映画版をプロトタイプと呼ぶのも変だろうが、
「ブックエンド」収録版は、低音をメインにリズムを刻むフォークギターに、
パーカッシブに叩きつけようなギターのリフ、リードギターが絡んできて、
ベース、コンガ、マラカスのアコースティックなリズム隊が加わった演奏。

かたや、映画ではギター1本の伴奏で、Aメロも微妙に歌い回しが違い、
歌詞も違っているし、1番のみで終わり、サビの部分はまだ出てこない、
かなり違和感があったのだが、このギター1本のカッティングが格好良く、
こちらのリズムの刻み方のインパクトがあり、こっちが普通に思えてくる。

実際、今回演奏する際に、イントロのリズムギターは、リードがなければ、
この映画版と同じと思い込んでいて、バンドスコアでは、そうでないから、
曲をじっくり聴くと、裏拍のアクセントもなく、音もミュートをかけたりせず、
4~6弦の低音ではあるが、エッジが効くくらいに、クリアに鳴らしていた。

本当、映画版のインパクトは強いうえ、昔買った曲集「グレイテスト~」は、
イントロは、いわゆる開放弦のC7フォームのままに、5フレでE7にして、
全弦を鳴らす形だったから、1~3弦をミュート気味にする癖がついたし、
7th系のコードを鳴らす曲は、何でも、「ミセス・ロビンソン」に思えてくる。

ビートルズの「ジョンとヨーコのバラード」を弾いても、こっちのリズムが、
ついつい出てしまったり、ジョージ・マイケルの「フェイス」を聴いたときも、
まんま「ミセス・ロビンソン」のアコギパターンじゃないかと、思ったりして、
映画版はラジオで数回聴いただけなのに、どうもはまってしまったようだ。

リードギターは、チョッパーベースのような、パーカッシブな叩きつける音、
チョッパーが一般的でない当時、ギタリストがサムピングやプリングまで、
やるわけはないから、ピックを三味線を弾くようなアタックで強くしたのか、
遊び半分でやる、親指と人差し指で弦をつまんではじくのをやっているか。

さらに、ポジションも、バンドスコアは5弦の2フレットにハンマリングだが、
同じシンコーでも弾き語り集は、6弦開放から5フレ・7フレにハンマリング、
YouTubeのカバー演奏、奏法解説でも、どちらのやり方も混在しているし、
右手もピックから指弾き、指にしても、強く弾いたり、引っ掛けて弾いたり。

あれこれ悩んでいたら、ポール・サイモン本人がインタビューに答えつつ、
ギターを弾く映像があり、この曲のイントロ部分のリードギターも披露して、
親指と人差し指ともに、引っ掛けながらベシベシと音を出し、ポジションも、
6弦開放をはじき、5弦開放から2フレ、4弦開放から2フレと、一目瞭然。

そのまま、チョーキングのフレーズも弾いていて、たいていの楽譜と違い、
かなりハイポジションに移動しているうえ、そこでも、右手は指弾きなので、
アルペジオのようにして、チョーキングの前後に1弦や6弦の開放弦まで、
鳴らせるわけで、ほぼレコードの音に近くて、ものすごく参考になる映像。

低音のはじく音から、流れるようなチョーキング、さらに低音の和音へと、
見事な展開のリードギターは、ナッシュビルの腕利きミュージシャンかと、
ずっと思っていたら、ポール本人の演奏で、フィンガーピッキング奏法の、
ギター伴奏も見事なら、こうしたリード、リフも見事で、本当、すごい人だ。

アルバム用に2番以降やサビが追加されて、プロ野球、大リーグの英雄、
ジョー・ディマジオに言及して、「どこへ行ってしまったんだろう?」と歌うと、
これが、侮辱していると告訴騒ぎになったそうで、なんでまたと思ったが、
ビートルズ解散の告訴合戦にもあるように、西洋社会の一端を垣間見る。

ディマジオ本人が、サイモンに「俺は、どこにも行っていないんだけど」と、
レストランで話しかたけそうで、これまた、懐の広さを感じるエピソードだし、
普通に歌詞を読めば、ディマジオのような英雄が再び現れないのかと、
閉塞していく社会の英雄待望論、その象徴だとわかりそうに思うのだが。

「卒業」シーズンにこじつけて、映画「卒業」の曲、「ミセス・ロビンソン」を、
レコードバージョンで演奏し、リードギターのニュアンスに苦労したうえに、
歌詞のハモリがずれてしまい、どっちが正しいのか、両方やり直したりし、
歌い直すたびに、声がかすれていき、いつもながら、歌唱力の限界です。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


まいどです
自分は中高ともに庶民の公立なもので、卒業と受験が
微妙に重なり、どちらも殺伐とした時期だけに、
卒業式とか謝恩会とか、そんな煌びやかな行事には、
まったく縁がなかったことに今頃気付いたりして…。
大学は中退…でしたしねえ…。

ただ早い時期に上級生を送り出す「予餞会」というのがあって、
そこでは高1、高2と、それぞれ別のバンドのデビューライヴを
そこで行ったって記憶も、たった今、蘇りました。

特に高1バンドは滅茶滅茶で、フェイセスにフリーに
ビートルズにガロ…?って、取りあえずメンバーの希望
すべて叶えてみた!っていう、ガバナンスなしの混沌バンド。

確かStay With Meの次がWhile My Guitar…
そんなハチャメチャな感じでしたね。

さてMrs.ロビンソン….出だしのギターサウンドには正直
度肝をぬかれましたよ!現物はとても不安定で妖しい感じの
始まりなんですが、ギターマジシャンさんのは、
いきなり自信満々の堂々たる音圧とサウンド!
本物をとっくに凌駕しています!

唄いっぷりも、どうしたの?なんか良い事あった?
ってほど堂々たる唄いっぷり….いやはやお見逸れしましたで
ございます。

なにしろ今日もお疲れでした。素晴らしい演奏でした!。
pipco1980 | URL | 2017/04/02/Sun 00:25 [編集]
Re: まいどです
いつも、コメントありがとうございます。




> 自分は中高ともに庶民の公立なもので、卒業と受験が
微妙に重なり、どちらも殺伐とした時期だけに、
卒業式とか謝恩会とか、そんな煌びやかな行事には、
まったく縁がなかったことに今頃気付いたりして…。
大学は中退…でしたしねえ…。

> ただ早い時期に上級生を送り出す「予餞会」というのがあって、
そこでは高1、高2と、それぞれ別のバンドのデビューライヴを
そこで行ったって記憶も、たった今、蘇りました。

> 特に高1バンドは滅茶滅茶で、フェイセスにフリーに
ビートルズにガロ…?って、取りあえずメンバーの希望
すべて叶えてみた!っていう、ガバナンスなしの混沌バンド。

> 確かStay With Meの次がWhile My Guitar…
そんなハチャメチャな感じでしたね。



自分は予餞会は、中・高・大を通じて、まったく経験ありませんが、
他校の知人は、やはり1・2年生でバンド演奏をしていたようです。

pipco1980さんの高1バンドは、本当、メンバーがやりたい曲を、
持ち寄ったようなレパートリーですし、中・高の文化祭によくある、
バンドが目的で、好きな音楽はバラバラでも集まるパターンですね。



> さてMrs.ロビンソン….出だしのギターサウンドには正直
度肝をぬかれましたよ!現物はとても不安定で妖しい感じの
始まりなんですが、ギターマジシャンさんのは、
いきなり自信満々の堂々たる音圧とサウンド!
本物をとっくに凌駕しています!


シンセ類がないので、音がスカスカにならないよう、音圧を上げて、
ちょっとうるさいかと思ったのですが、そうおっしゃっていただき、
とても嬉しいですし、本物を凌駕とは、かなり恐れ多いことです・・・。



> 唄いっぷりも、どうしたの?なんか良い事あった?
ってほど堂々たる唄いっぷり….いやはやお見逸れしましたで
ございます。


ハモリの高音はきついですが、サイモンの歌っている音域は、
ジョンよりも低いので、いつもよりは声が出ているようです。



> なにしろ今日もお疲れでした。素晴らしい演奏でした!。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/04/02/Sun 08:34 [編集]
最高です、カバー!
ミセスロビンソンは、中1で新しく友達になった家に初めて遊びに行った時、
最初にかけてくれたLPの(多分)最初の曲でした。
まだロックもろくに聴いていなかった耳に、この玉手箱をひっくり返したような
カラフルなイントロは衝撃的で、なんと素敵な音楽がこの世にあるのかと感じたのを今でも覚えています。

メジャーコードの明るい曲に、浮遊感のあるコーラスにも驚きました。
S&Gは趣味でなくて余り聞かなかったと書く割には、ほぼすべての曲を正確に覚えている。やはり影響を受けたんだな。

ギターマジシャンのカバー、いつにもましていいですね。
上のpipco1980さんも書いておられますが、
どうしたんですか?素晴らしい出来で驚きました。
ボーカルもバッキングも凄くいいですが、上に書いた原体験があるので、
イントロのサウンドメイキングにノックアウトされました。
Aki | URL | 2017/04/02/Sun 14:16 [編集]
Re: 最高です、カバー!
いつも、コメントありがとうございます。


> ミセスロビンソンは、中1で新しく友達になった家に初めて遊びに行った時、
最初にかけてくれたLPの(多分)最初の曲でした。
まだロックもろくに聴いていなかった耳に、この玉手箱をひっくり返したような
カラフルなイントロは衝撃的で、なんと素敵な音楽がこの世にあるのかと感じたのを今でも覚えています。



同い年のAkiさんですが、自分はビートルズが中2、S&Gが高1と遅れていて、
それでも、グレイテストヒットで聴いた1曲目のイントロは、本当に衝撃的でした。



> メジャーコードの明るい曲に、浮遊感のあるコーラスにも驚きました。
S&Gは趣味でなくて余り聞かなかったと書く割には、ほぼすべての曲を正確に覚えている。やはり影響を受けたんだな。


自分もビートルズほどには聴き込んでいなかったつもりが、今回取り組んだら、
けっこういろいろな曲の歌詞を覚えていて、中高時代の影響は大きいようです。



> ギターマジシャンのカバー、いつにもましていいですね。
上のpipco1980さんも書いておられますが、
どうしたんですか?素晴らしい出来で驚きました。
ボーカルもバッキングも凄くいいですが、上に書いた原体験があるので、
イントロのサウンドメイキングにノックアウトされました。



ギターシンセのダビングやら、ギターを重ねることもなかったので、
歌とギターをやり直す時間的余裕があり、良くなったのでしょうね。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/04/02/Sun 19:01 [編集]
相変わらずの素晴らしさです。
私はギターマジシャンさんの音楽的見識に感服するばかりです。
解説も為になりますし、それより何より演奏が、増々上昇の一途を辿っていますね。素晴らしい事だと思います。

この曲は私の中では完全に映画とシンクロしていて、映画音楽として認識しています。

この曲の良さは私の中ではサビのハモリですね・・・この部分だけ聴いても映画の全てが蘇る思いです。私のツボの選曲ですありがとうございます。

これからも音楽的な解説も宜しくお願い致します。私の知らないことがあって、とても勉強になります。

演奏はとにかく素晴らしいので、この先もこの調子で突き進んで欲しいです。良い演奏でした。
Les Paul L-5 | URL | 2017/04/06/Thu 16:49 [編集]
Re: 相変わらずの素晴らしさです。
いつも、コメントありがとうございます。



> 私はギターマジシャンさんの音楽的見識に感服するばかりです。
解説も為になりますし、それより何より演奏が、増々上昇の一途を辿っていますね。素晴らしい事だと思います。


とても嬉しいコメントですが、見識というほどのものではなくて、
昔から思ったり感じたことを、解説書やネットをいろいろ調べて、
納得してみたり新たな発見があったりと、楽しんでやっています。



> この曲は私の中では完全に映画とシンクロしていて、映画音楽として認識しています。


映画を見た人たちには、S&Gの楽曲がぴたりとはまったでしょうね。



> この曲の良さは私の中ではサビのハモリですね・・・この部分だけ聴いても映画の全てが蘇る思いです。私のツボの選曲ですありがとうございます。


映画で使われた曲は、どれもS&Gの名曲ばかりですし、
この曲は書き下ろしなので、さらに映画が浮かんできます。、



> これからも音楽的な解説も宜しくお願い致します。私の知らないことがあって、とても勉強になります。


自分もブログを仕上げるために、いろいろ調べて、勉強になっています。



> 演奏はとにかく素晴らしいので、この先もこの調子で突き進んで欲しいです。良い演奏でした。


おそらく、出来不出来のムラはあるでしょうが、がんばって続けます。
お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2017/04/06/Thu 19:44 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.