僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
レノンとエルトン、2人のジョンがハモッた「真夜中を突っ走れ」
ビートルズを聴き始めたのは、中2の74年だが、その数年前に、
彼らは解散していたうえ、公式ベストの赤盤・青盤も発売済みで、
完全に後追いだったし、メンバーそれぞれの、ソロ活動も盛んで、
ソロアルバムも数枚出していたから、こちらも、ほとんど後追い。

リアルタイムの新譜だったのは、ジョンだと「心の壁、愛の橋」で、
ポールは、「ビーナス・アンド・マース」だが、ビートルズのLPを、
やっと借りたり、買ったりして、少しずつ聴き始めたばかりだから、
ソロまで手を出す余裕もなく、ラジオからの録音さえしなかった。

それでも、「心の壁、愛の橋」からの、第1弾シングルカットとなる、
「真夜中を突っ走れ」は、ラジオでよく聴いたように記憶しているし、
ジョンがサングラスを何個もかけている写真が、印象的だったが、
これは、LPの表ジャケットでないから、どこで見て覚えていたか。

ビートルズの海賊盤特集で買った、音楽専科の74年12月号の、
アルバムレビューは、幼いジョンが書いた絵のジャケットが載り、
広告ページは、サングラスをいくつもかけた白黒の写真だけだが、
その他の笑っている顔や、舌を出す顔もカラーで見た覚えがある。

友人に借りて、福笑いのように、めくって見たという記憶はないし、
シングル盤のジャケットも、全然別の写真だし、あちこちで見かけ、
白黒であったものの、カラーに変換して覚えたりしたのか、どうも、
この歳になると、いろいろなことが、どこまで実際なのか、曖昧に。

「真夜中を突っ走れ」は、エルトン・ジョンと共演していて、その際、
エルトンが、この曲が1位になったら、ライブに出てほしいと頼み、
どうせ無理だろうと、ジョンは軽く受け流してOKしたら、1位に輝き、
ジョンは、マディソン・スクエア・ガーデンのライブに、飛び入りする。

ライブは、「真夜中を突っ走れ」に続き、エルトン・ジョンがカバーし、
ジョンもゲスト参加した、ビートルズ「ルーシー・イン・ザ・スカイ~」、
さらに3曲目は、「僕を捨てた婚約者のポールが作った曲。」と言い、
「アイ・ソウ・ハー・スタンディング・ゼアー」を歌う、ものすごい展開。

ビートルズ・ナンバーには、いくらでも、ジョンによる単独曲はあるし、
ライブ向きのオノ・バンド時代の曲、得意とするカバー曲もあるのに、
あえて、ポールが作った曲、メインボーカルもポールの曲にしたのは、
ポールへのラブコールだったのだろうかと、ついつい想像してしまう。

「真夜中を突っ走れ」で、久々に、自分のダビングやヨーコとでなく、
エルトンとハモったことで、改めてハモリの良さを再認識、さらには、
自分がハモるのは、やっぱりポールしかいないと痛感したのではと、
これまた勝手に考えるのは、自分の思い込みが激しすぎるだろうか。

実際、この曲は、ポールとのハモリを前提に作ったのではないかと、
思えてくるほど、見事なハモリで、単なる3度の平行移動ではなくて、
まるで、初期のビートルズのように、片方が同じ音程を続けていたり、
2度のぶつかるハモから、5度のハモなど、変幻自在にラインが動く。

ただ、YouTubeには、リハーサルテイクが、いくつもあり、弾き語りは、
メロディもコード進行も模索中だが、バンド形式で演奏されてくると、
かなりジョンが自由にメロディを変えつつも、だんだん固まってきて、
それを聴く限りは、ハモリは考えてないようで、メロディも微妙に違う。

エルトン・ジョンが参加することが決まってから、ハモのラインを考え、
ほぼ完成形だったメロディを変えたり、さらに、もともと録音していた、
オルガンとピアノ伴奏に、エルトンの弾く、ゴリゴリした生ピアノを加え、
さらには、サックスをダビングしたのか、かなり編曲が変化している。

元々の演奏は、テイク1からテイク18あたりで、イントロのギターは、
片方が16ビートのカッティング、もう片方は、リフっぽいコードを弾き、
その高音の動く音を、オルガンがなぞっていて、そこだけを聴いたら、
もろにユーミン「デスティニー」だが、リハテイクからパクリはしないか。

リハテイクは、ギターはエレキ2本に、アコギらしきカッティングも鳴り、
オルガンも、コードとリフが別々、エルトンのピアノ以外のピアノもあり、
手拍子だの、コンガだの、すごく賑やか、イントロに笑い声が入るのも、
パーティっぽい演出で、ワイワイ演奏する曲という雰囲気なのだろう。

冒頭から勢いよく、まさに突っ走るサックスは、途中やエンディングも、
生きのいいソロを吹いて、このあたりが、後のスプリングスティーンの、
Eストリートバンドへと、受け継がれたと思うのは、ビートルズファンの、
身びいきで、昔からあるスタイルだろうが、ついつい関連づけたくなる。

YouTubeには、ほぼ完成形の伴奏に、ジョンの歌だけのまであって、
これは、マルチトラックからエルトンの声を消したか、ハモリを入れず、
伴奏も完成テイクがあったのか、どちらにしても、ジョンの声が目立ち、
エルトンには悪いが、このままでも良かったかと、勝手に思っている。

ただ、ピアノに関すると、エルトンのガンガン入れてくるオブリガード、
コードは、すごく迫力があり、ラグタイムのホンキー・トンク・ピアノや、
ジャズブルースのストライドピアノを思わせ、本当に見事な演奏だが、
バンドスコアは省略され、自分も、耳コピや解析もできずに挫折した。

ジョンがエルトンジョンと共演して、見事なハモリを久々に聴かせた、
「真夜中に突っ走れ」は、16ビート、8ビートに、1拍半のフレーズが、
混在した伴奏で、パーティの賑やかさより、バラけがちな演奏になり、
上下が混ざって覚えていたメロディを、直すのにも苦労し、反省です。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


毎度です
リアルタイムには、もちろん何となく聴いてはいましたが、
あんまり興味がわかないアルバムだったと云うのは
以前も語りましたけど、そう云う意味でニルソンのPussy Catは
買って愛聴しても(意外と好きです)、こっちは買う気持ちも
なかったなって感じでした(今は箱もので所持してはいます)。

さらには同じ時期にDボウイのジョンとの共作というふれこみの
Fameの出来の良さ(Young American)もあり、ますます
この「心のなんとか…」(未だに邦題覚えれません)との距離は
広がるばかりであります。ちなみに前作となる「MInd Games」は
「〜魂」とはまったく別の意味の最高傑作だと信じてます。

この曲に関しては、やっぱりDボウイの「STAY」と
何となく曲調が似ていて、向こうがファンク調を強力に
押し出してますが、ジョンの方もそう云うトレンド方向に
もうちょい向けなかったかなあ…エルトンジョンじゃなくて
もうちょいボウイとかと関係を密にできなかったものかなあと
何となく悔やまれたような記憶があります。

74年と云うのは、実はロックの大転換期であったと
思いますし、業界全体がスクラップ&リビルドの時期に当たります。
そんなときにやっぱりジョンにはきっちり目を覚まして、
名作と云うか、ロックの指針を示す作品を作って
欲しかっただけに、このアルバムはやっぱりとっても残念な
作品というしかないです。

さて演奏の方ですが、あまりで出来がよろしくないホンチャンよりも、
ギターマジシャンさんの方が、気持ちよいオルガンがアクセントになっていて、
より良いと感じました。ジェシデイビスのギターも工夫なく雑で、
彼らしくないなあと思ってましたが、こちらはいい感じにバックビートが
利いていて、ビートルズっぽくて、こちらのテイクの方が好きです。
ピアノの音は意識的にオフ気味ですけど、それもまたすっきりと今風の
サウンドに差し替えられており、良い結果になっていると思います。

なにしろおつかれさまでした。
pipco1980 | URL | 2016/10/16/Sun 02:20 [編集]
Re: 毎度です
いつも、コメントありがとうございます。


> リアルタイムには、もちろん何となく聴いてはいましたが、
あんまり興味がわかないアルバムだったと云うのは
以前も語りましたけど、そう云う意味でニルソンのPussy Catは
買って愛聴しても(意外と好きです)、こっちは買う気持ちも
なかったなって感じでした(今は箱もので所持してはいます)。


音楽専科には、11月号にニルソン、12月号はジョンが載って、
ほぼ同時期に出た2枚ですが、自分は、どちらも聴いていなくて、
そもそも、ジョンのソロも、「シェイブドフィッシュ」程度です。



> さらには同じ時期にDボウイのジョンとの共作というふれこみの
Fameの出来の良さ(Young American)もあり、ますます
この「心のなんとか…」(未だに邦題覚えれません)との距離は
広がるばかりであります。ちなみに前作となる「MInd Games」は
「〜魂」とはまったく別の意味の最高傑作だと信じてます。


デヴィッド・ボウイは、「ジョンは自分のアイドルだ」と言ったそうで、
ジョンが、ビートルズでは、あの曲をぶち壊されたと不満だらけだった、
「アクロス・ザ・ユニバース」もカバーして、ジョンも参加してますね。

ジョンのソロは、「ジョンの魂」「マインドゲーム」は傑作でしょうし、
次いで「イマジン」で、リラックスしたのが「心の壁」という感じです。




> この曲に関しては、やっぱりDボウイの「STAY」と
何となく曲調が似ていて、向こうがファンク調を強力に
押し出してますが、ジョンの方もそう云うトレンド方向に
もうちょい向けなかったかなあ…エルトンジョンじゃなくて
もうちょいボウイとかと関係を密にできなかったものかなあと
何となく悔やまれたような記憶があります。


ジョンは、エルトンとも今回限りで、ボウイとも同様でしたし、
ザッパバンドともライブのみ、パートナーとしてつきあうのは、
ヨーコはともかく、自分にはポールしかいないと思っていたでは。



> 74年と云うのは、実はロックの大転換期であったと
思いますし、業界全体がスクラップ&リビルドの時期に当たります。
そんなときにやっぱりジョンにはきっちり目を覚まして、
名作と云うか、ロックの指針を示す作品を作って
欲しかっただけに、このアルバムはやっぱりとっても残念な
作品というしかないです。


74年は、クリムゾンが「レッド」で振り切れて解散した年で、
クラプトンは、「461」で、歌手へ転向(?)してしまうし、
ロキシーやイーノが名盤を出し、さらにはパンク前年でしょうか。



> さて演奏の方ですが、あまりで出来がよろしくないホンチャンよりも、
ギターマジシャンさんの方が、気持ちよいオルガンがアクセントになっていて、
より良いと感じました。ジェシデイビスのギターも工夫なく雑で、
彼らしくないなあと思ってましたが、こちらはいい感じにバックビートが
利いていて、ビートルズっぽくて、こちらのテイクの方が好きです。
ピアノの音は意識的にオフ気味ですけど、それもまたすっきりと今風の
サウンドに差し替えられており、良い結果になっていると思います。



なかなか70年代の音というのが、再現しにくいこともありますし、
逆にデジタル録音でクリアすぎたりするのが、悩ましいところです。

この曲は、それぞれ勝手に演奏した感じで、リズムがバラけがちで、
これは、ジム・ケルトナーの、ルーズなようで芯の通ったドラムで、
全体を支えるのでしょうが、リズムマシンでは、どうにもできなくて、
手拍子をメインにしたり、ギターの16ビートに、オルガンを絡めて、
ピアノについては、エルトンのフレーズが弾けず、音量を下げてます。



> なにしろおつかれさまでした。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2016/10/16/Sun 07:13 [編集]
今回も最高です
ギターマジシャンさん こんばんは。

全米№1ヒットで、ヨーコさんと、縁りを戻した曲という印象が大です。
マディソンスクェアガーデンでのフィルムが公式で存在しないのが
とても不思議で、ジョンの出演している3曲を本当に見てみたい
と思います。

ギターマジシャンさんの演奏は、今回もとてもクリアで、ブラス、ピアノ
が最高でノリノリです。

もう、完全に再現されていてジョンそのものですね。
マサジョン | URL | 2016/10/16/Sun 19:09 [編集]
いや~イントロから引き込まれちゃって
一緒に唄っちゃいました^^>

おいらも、シングルで買った記憶があります。
そして、ずっと後で、MSGのライブ聴きましたが、
仰るとおり、「真夜中を突っ走れ」
「ルーシー・イン・ザ・スカイ~」
「アイ・ソウ・ハー・スタンディング・ゼアー」
この展開は『涙モノ』ですね☆
Mr・へぼい | URL | 2016/10/16/Sun 19:25 [編集]
Re: 今回も最高です
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんばんは。
全米№1ヒットで、ヨーコさんと、縁りを戻した曲という印象が大です。
マディソンスクェアガーデンでのフィルムが公式で存在しないのが
とても不思議で、ジョンの出演している3曲を本当に見てみたい
と思います。


ライブ音源は、エルトンの全曲版、ジョンのボックスセットもあるのに、
いまだに映像は、客席からの断片的なものしか、公開されていないので、
あの歴史的演奏を撮影しなかったのか、そうならば悔やみ切れないです。



> ギターマジシャンさんの演奏は、今回もとてもクリアで、ブラス、ピアノ
が最高でノリノリです。
もう、完全に再現されていてジョンそのものですね。


伴奏も含めて、まだまだ再現とは言えませんが、雰囲気は出たでしょうか。
お聴きいただいて、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2016/10/16/Sun 20:32 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> いや~イントロから引き込まれちゃって
一緒に唄っちゃいました^^>


Mr・へぼいさんは、キーが高いので、エルトンのパート、
高音ハモも、楽に歌えるでしょうから、うらやましいです。



> おいらも、シングルで買った記憶があります。
そして、ずっと後で、MSGのライブ聴きましたが、
仰るとおり、「真夜中を突っ走れ」
「ルーシー・イン・ザ・スカイ~」
「アイ・ソウ・ハー・スタンディング・ゼアー」
この展開は『涙モノ』ですね☆



ビートルズ時代に一度も生演奏していない「ルーシー~」、
自分の持ち歌でない「アイ・ソウ・ハー~」と続くわけで、
会場にいた人も、この展開には、すごく驚いたでしょうね。

Mr・へぼいさんが弾き語りを再開され、次が楽しみです。
ギターマジシャン | URL | 2016/10/16/Sun 20:38 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.