僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
せっかくつけたラッキーナンバー9が邦題では消された「夢の夢」
ジョン・レノンは、誕生日が10月9日なので、数字の9を、
ラッキーナンバーと捉えていたそうで、ビートルズ時代に、
「ワン・アフター・909」、「レボリューション9」を書いたし、
ソロになっても、「#9ドリーム(邦題・夢の夢)」を書いた。

邦題というと、ビートルズの曲では、初期から中期にかけ、
直訳にはせず、歌詞の意味などを勝手に解釈したような、
邦題のついた曲が多くて、LP「ラバー・ソウル」の大半は、
トホホな邦題で、その反動か、後期になると邦題は少ない。

「夢の夢」が出た74年前後は、また邦題をつけるのが多く、
アルバムタイトルも、「心の壁、愛の橋」、第1弾シングルは、
「真夜中を突っ走れ」、ポールでも、「あの娘におせっかい」、
「ワインカラーの少女」で、この2曲は、まったく原題と違う。

「夢の夢」という邦題は、ジョンのラッキーナンバーのことを、
レコード会社の担当者が知らずに、つけてしまったそうだが、
75年に出たベスト盤では、この曲の解説で触れているから、
あとで、わかったのか、単に邦題をつけた人の、うっかりか。

自分も、中学時代、ジョンのラッキーナンバーのことなんて、
特に意識しなかったし、ベスト盤の解説も、記憶にはなくて、
平成以降のビートルズ本で、「レボリューション9」の解説に、
数字の意味について書いてあり、そうだったのかという程度。

「レボリューション」に、テイク1~9まであるとは思わないが、
「レボリューション」、「レボリューション1」に比べて、まったく、
別物なので、対極にあるという意味で、1から遠い9にしたか、
一番大きい数字の9で、究極を表したのだろうと思っていた。

ビートルズ時代の、ラッキーナンバーをつけた、もう1つの曲、
「ワンアフター909」にしても、自分は、「あずさ2号」のような、
実際の列車番号と思っていたが、そもそも、英国の列車には、
どんな番号が付いているかも知らないし、我ながらいい加減。

ただ、ジョンは、そんなに9が好きならば、「銀河鉄道999」に、
興奮して、「これこそ、自分の物語だ、哲郎は自分のことだし、
メーテルはヨーコじゃないか。」とでも言い出し、ゴダイゴとは、
無関係に、主題歌でも、新たに作れば良かっただろうにと思う。

中学時代、バイブルだった、香月利一の「ビートルズ事典」に、
9のことは書いてあったろうかと、押入れから引っ張り出すと、
「ワンアフター909」、「レボリューション9」の、曲目解説では、
触れていないし、エピソード集みたいなページにも、特にない。

「ビートルズ事典」には、4人のソロアルバムも、載っているが、
初版は74年12月なので、発売直後の「心の壁、愛の橋」は、
出てなくて、当然、「夢の夢」のことも、まったく書いていなくて、
編者たちが、ラッキーナンバーを知っていたかどうかは不明。

ジョン自身がラッキーナンバーについて、何か言っていたのか、
「ビートルズ革命」をめくると、3種の「レボリューション」に関し、
述べた箇所があって、「9は私の誕生日の数字でもありますし、
私にとってのラッキーナンバーでもあったりするわけ~」と語る。

この「ビートルズ革命」、今は原題「レノン・リメンバーズ」として、
改定版も出ているが、中学時代は、読んでいても、つまらなくて、
ほとんど飛ばし読みで、今でも、ブログの記事の参考にする際、
パラパラ見るだけだが、ちゃんと読まないと駄目だったと反省。

そのラッキナンバーをつけた、「#9ドリーム・夢の夢」の歌詞は、
ジョンが見た夢の内容らしく、歌詞そのものに9は出てこないが、
イントロやAメロが9小節という、ジョン、やるなあという凝り方で、
全体のサウンドも、夢見心地のような、浮遊感のある作りになる。

見た夢に基づくというと、この曲より、十数年後の作品となるが、
黒澤明の「夢」は、自分の見た夢を、8編のオムニバスで構成し、
冒頭の「こんな夢を見た。」の引用元とされるのが、夏目漱石の、
「夢十夜」で、その8と10の間が、ジョンの9という偶然にも驚く。

「心の壁、愛の橋」から、第1弾シングル「真夜中を突っ走れ」は、
全米1位になったが、続くシングル「夢の夢」は、あまり伸びずに、
最高で9位だったそうで、ジョンは、「1位を取るよりも嬉しい。」と、
語ったと言うが、これこそ、どのインタビューなのか見てみたい。

サビで繰り返す呪文のような、「アー・バワ・カワ・ポセ・ポセ」は、
これも、ジョンが夢で聴いた言葉らしく、もともと「ポセ」の部分は、
「プシー」だったが、放送禁止用語に、引っかかる恐れもあると、
レコード会社からクレームがついて、フランス語風にしたそうだ。

「プシー」というと、幼い頃に見た、「チキチキマシン猛レース」で、
5号車が、プシーキャットのミルクちゃんだったが、子供向番組で、
普通に使っていた言葉が、実は隠語だったとは、誰も思わないし、
ジョンとハリー・ニルソンの共演LPも、まんま「プシー・キャッツ」。

「アー・バワ・カワ」は、何の意味もなく、それこそ、夢で聴こえた、
妖精の言葉らしいが、昔からお馴染みの「アーブラ・カタブラ」を、
ちょっともじったんじゃないかと、自分は思っていて、このあたり、
周りが詮索するよう、あえて仕組んだジョンのしたり顔が浮かぶ。

そのサビの前には、「ジョン」と囁く声が入っていて、ヘッドホンで、
真夜中に聴いていると、背筋がぞっとするほどで、この声の主は、
録音当時、ジョンと暮らしていた、メイ・パンというのが通説だが、
ヨーコは自分の声だと主張しているそうで、何でまたという気持ち。

このアルバムが作られたのは、ジョンとヨーコが別居中だった頃、
誰が名づけたか、「失われた週末」と呼ばれる、73年10月から、
75年1月の間なのだから、ヨーコがレコーディングに加わるのは
不可能だと思うが、いったい何を根拠に、言い出したのだろうか。

もし、ジョンとメイ・パンの関係を恨んで、嘘をついているようなら、
こんな女だから、やはり、ビートルズ解散の原因を作ったんだとか、
ジョンを洗脳したり、ジョン亡き後、愛と平和の使者へ祭り上げた、
性悪女だけのことはあるよと、こちらも悪口言いたい放題になる。

まあ、自分のヨーコに対する屈折した思いは、置いておくとしても、
マイクの前に立ち、吹き込んだかどうか、レコードから聞こえる声は、
自分の声かどうか、それが、ヨーコだとしても、メイパンだとしても、
当人同士が一番わかっているだろうに、勘違いするなどないはず。

イントロのスライドギターは、バングラディシュ・コンサートで活躍の、
ジェシ・エド・デイビスだそうで、自分は、最初ジョンだと思っていて、
「ゲット・バック」でリードギターを弾いたり、「フォー・ユー・ブルー」で、
スチールギターのスライドを弾いたジョンだから、楽勝と思うのだが。

このスライドは、ワウワウを通した音なので、自分が演奏するとき、
最初は、MTR内蔵のオートワウにしたら、どうもニュアンスが違い、
ちゃんとワウワウをつなぐが、自分のVOXワウは、ハイがきつく、
波形カーブも極端なので、踏み込み過ぎないよう、気をつけて弾く。

中学時代、ビートルズが使ったという理由で買った、VOXワウは、
そんなに音に癖もなく、気に入っていたが、電池の液漏れがひどく、
捨ててしまい、数年前に、Amazonで、一番安いタイプを買ったら、
ハイゲインのエッジが鋭く、歪みも強いので、ちょっと使いづらい。

ジョンの見た夢の世界に、ラッキーナンバーを重ねた「夢の夢」は、
ギターシンセを6回重ねて、バックの音を厚くして、多少似せても、
囁くようなジョンの声は、苦手なシャウト以上に真似ができなくて、
いつもながら、演奏と歌のギャップの大きさには、反省しています。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


毎度です
私も高校生の頃、VoxのWow使ってましたが、自分のも
安物だったのか、踏み込んだときのキツメ音が気に入らず、
ゴムを挟んだりして工夫してましたが、結局処分したっきり
以来約40年、全く踏み込んだことがありません。335メインが
長かったのでヴォリュームペダルは必須でしたけどね…なんだか
今無性にWow踏み込みたくなりました(笑)。

実はこのアルバムは個人的にはとっても遠いと云うか、
印象が薄くて、しかるにまずは本家からじっくり聴いて
みることにしました。改めて「こんな曲だっけ?」
ってな感じで、意外にも新鮮に聴けましたよ。

この時期の特徴でもある分厚いストリングスが何しろ印象的で
相当に暑苦しいはずなんですが、それがそうでもなくて、
耳をソバダテて聴いていると、原因はジムケルトナーのシンプル
だけど誠実なグルーヴ感と、「うつろな愛」以降突然歌心を増したクラウスとの抜群のコンビネーションが曲をすっきりと
聴かせてくれてるなあと思いました。

さてギターマジシャンさんのヴァージョン。
いつも以上にとっても安定した演奏に驚いています!
ぐっと前に出たストリングスも臨場感満点でいい感じ!。
欲を言えば、まあマシンの限界かもしれませんが、
肝のBdとSnr、さらにBassの音量を揃えつつ
ノリとバランスを整えるように、もっともっと神経を
リズム構築に研ぎすませてもらえれば、
より気持ちよく唄えたと思います。

コピー譜の欠点は、エコーの感じがマシンの違いや
コンディションで相当印象が変わりますから、
リズムを作り込む時点で、楽器や音数を減らしたして
加減した方が、本物に似てくるようなときがあります。
特にアコギで刻むリズムは取り扱いが難しいですし、
ハイハットとかシェーカーなんかもtoo muchで
邪魔になることが多いです。そうなるとジョージマーティンの
ポストエコー方式(あとからエコー)は、とっても合理的に
思えたりしますね。メンドクサイですけど….。
pipco1980 | URL | 2016/10/09/Sun 00:03 [編集]
Re: 毎度です
いつも、コメントありがとうございます。



> 私も高校生の頃、VoxのWow使ってましたが、自分のも
安物だったのか、踏み込んだときのキツメ音が気に入らず、
ゴムを挟んだりして工夫してましたが、結局処分したっきり
以来約40年、全く踏み込んだことがありません。335メインが
長かったのでヴォリュームペダルは必須でしたけどね…なんだか
今無性にWow踏み込みたくなりました(笑)。


ワウは、VOXでも機種により、音色やカーブの差がありますし、
友人たちは、JENのクライベイビーを好んで、使っていました。
335にボリュームペダルというと、カールトンのようですが、
それだけに、ショーバットのペダルが流行っていた気がします。



> 実はこのアルバムは個人的にはとっても遠いと云うか、
印象が薄くて、しかるにまずは本家からじっくり聴いて
みることにしました。改めて「こんな曲だっけ?」
ってな感じで、意外にも新鮮に聴けましたよ。


自分もビートルズの場合は、どの曲も聴き込んでいますが、
ジョンやポールのソロ作は、けっこう疎い曲が多いうえに、
どちらもアルバムは数枚しか持ってないとうい有様です。



> この時期の特徴でもある分厚いストリングスが何しろ印象的で
相当に暑苦しいはずなんですが、それがそうでもなくて、
耳をソバダテて聴いていると、原因はジムケルトナーのシンプル
だけど誠実なグルーヴ感と、「うつろな愛」以降突然歌心を増したクラウスとの抜群のコンビネーションが曲をすっきりと
聴かせてくれてるなあと思いました。


おっしゃるとおり、ジム・ケルトナーのドラムが要ですし、
クラウスのベースラインも、ルート音ばかりを弾いていた、
プラスチックオノバンド時代に比べ、格段の出来栄えです。



> さてギターマジシャンさんのヴァージョン。
いつも以上にとっても安定した演奏に驚いています!
ぐっと前に出たストリングスも臨場感満点でいい感じ!。
欲を言えば、まあマシンの限界かもしれませんが、
肝のBdとSnr、さらにBassの音量を揃えつつ
ノリとバランスを整えるように、もっともっと神経を
リズム構築に研ぎすませてもらえれば、
より気持ちよく唄えたと思います。



まさにMTRの内蔵リズムマシンの限界で、スネア、バスドラを、
いったん別々のトラックにでもダビングして、音量調整すれば、
少しは、ましになるでしょうが、そもそも、ドラムの音源自体、
もっとサンプリングしたようなリアルな音が欲しいところです。



> コピー譜の欠点は、エコーの感じがマシンの違いや
コンディションで相当印象が変わりますから、
リズムを作り込む時点で、楽器や音数を減らしたして
加減した方が、本物に似てくるようなときがあります。
特にアコギで刻むリズムは取り扱いが難しいですし、
ハイハットとかシェーカーなんかもtoo muchで
邪魔になることが多いです。そうなるとジョージマーティンの
ポストエコー方式(あとからエコー)は、とっても合理的に
思えたりしますね。メンドクサイですけど….。



エコーを深くかけたり、ディレイの遅れをどの程度にするか、
YouTubeの達人たちは、そのあたりも、すごい完コピですし、
いずれ自分も時間をかけて、リベンジしたい曲だらけです。

お聴きいただき、ありがとうございました。

ギターマジシャン | URL | 2016/10/09/Sun 06:40 [編集]
最高です。
ギターマジシャンさん こんばんは。

ジョンの誕生日に合わせての公開ですね。
「ジョンの魂」からのソロアルバムはリリースするごとに
洗練されていっている気がして、「Walls And Bridges」は
最高の出来だったと思っています。

「#9 Dream」は唯一無二の曲で、それだけ素晴らしい
曲だと思います。

ギターマジシャンさんの「#9 Dream」、凄いいいと思います。
いつもの完コピで、聞いていた当時を思い出しました。
マサジョン | URL | 2016/10/09/Sun 20:31 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016/10/09/Sun 21:31 [編集]
Re: 最高です。
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんばんは。
ジョンの誕生日に合わせての公開ですね。
「ジョンの魂」からのソロアルバムはリリースするごとに
洗練されていっている気がして、「Walls And Bridges」は
最高の出来だったと思っています。


毎週末の更新にしているので、10月9日とは、ずれますが、
なるべく近い日に、ラッキーナンバーの歌に挑戦しました。
おっしゃるとおり、ジョンのアルバムは、どんどん良くなり、
そのうえ、「心の壁、愛の橋」は、バンドにも恵まれました。



> 「#9 Dream」は唯一無二の曲で、それだけ素晴らしい
曲だと思います。


自分にとっては、今日、代表曲とされる「イマジン」より、
この曲や、「マインド・ゲームス」が、昔から好きでした。



> ギターマジシャンさんの「#9 Dream」、凄いいいと思います。
いつもの完コピで、聞いていた当時を思い出しました。


バンドスコアが、ストリングスをかなり正確に採譜しているので、
おかげで、曲全体の雰囲気は近づきましたが、繰り返しの省略で、
ピアノやベースが変化していく部分は、完コピとは程遠いです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2016/10/09/Sun 21:48 [編集]
Re: タイトルなし
鍵コメントの方へ

ジョンの誕生日へのコメント、すごく嬉しくなります。
ギターマジシャン | URL | 2016/10/09/Sun 21:50 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.