僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジョージが歌い間奏もたっぷり「クライング・ウェイティング・ホーピング」
94年に公式盤として発売された、「ライブ・アット・ザ・BBC」は、
約20年後の13年に出た、「vol.2」も合わせると、CD4枚になり、
BBCラジオで放送された、ビートルズのスタジオライブの音源は、
ほぼ網羅されたが、当然、70年代はその存在さえ知らなかった。

以前も書いたが、海賊盤の名盤「イエロー・マター・カスタード」は、
レコードで没になったカバー曲を収録して、「アウト・テイクス」も、
オリジナル曲をレコーディングした際の、没テイクや別テイクだと、
ビートルズ事典や、海賊盤特集号の音楽専科にも書いてあった。

「スタジオ・セッション」の解説でも、「『アウトテイクス』と同じ曲で、
リハーサルを収録し~」などと書かれ、「ライブ・イン・イタリー」や、
「イン・アトランタ・ウイスキー・フラット」、「ストックホルム」なども、
「明らかに別の場所だが、どこかは不明」のライブ音源とされた。

何曲かは、「BBCテレビで放映」と書いてあり、BBCということは、
わかっても、アメリカの「エド・サリバン・ショー」のようなTV番組で、
放送されたのを録音した音源だとされ、実際にはラジオ番組とは、
思いつかなかったようで、専門家であっても情報が限られていた。

そんなわけで、自分はBBCライブが出るまでは、愛聴した海賊盤、
「イエロー~」は、スタジオでレコーディングしたのに、没になった、
カバー曲を集めたものと思い、当時は、日本編集盤で聴いたから、
「ビートルズNo.5」や「フォーセール」の頃の没テイクと思っていた。

このLPで特徴的だったのは、全13曲のうち、ジョージが歌う曲が、
5曲もあったことで、初期のアルバムでは、14曲のうち2曲くらい、
カバー曲やジョンが書いた曲を歌っていたが、その倍以上はあり、
それだけ、没にされた曲が多いということかと、ジョージには同情。

今は、これは没テイクでなく、BBCライブと判明し、CD解説では、
全92曲中、オリジナル曲では、ジョンとポールが圧倒的なのだが、
カバー曲となると、ジョンが30曲、ポール18曲、ジョージ16曲と、
リーダーのジョンは別格として、ポールと大差なく、ジョージも歌う。

ジョージのボーカルは、デッカ・オーディションやスター・クラブでも、
けっこうあって、アマ時代には、ジョンやポールがメインボーカルの、
オリジナル曲が少なかったし、カバー曲では、ジョージも対等扱い、
BBCライブは、レコードで出番が少ない分、歌わせてもらったか。

ジョージが歌い、間奏のギターソロも、ビートルズの曲では破格の、
16小節とかなり長い、「クライング・ウェイティング・ホーピング」は、
ラジオの海賊盤特集で聴いた時から、気に入って、デビューLPは、
「チェインズ」より、こっちにしてあげても良かったのではと思うほど。

ギターソロが長いのは、原曲でも、この長さで延々と弾くからであり、
ジョージは、ほぼ完全コピーで弾くから、自然と、こうなるしかないが、
歌にギターに、フィーチャリング・ジョージという貴重な曲で、珍しく、
アレンジも原曲に近くて、完コピのカバーゆえにLPからは外したか。

原曲を歌うバディ・ホリーは、ジョンがメガネを真似るほど敬愛して、
ポールは70年代になってからだが、曲の版権を買い集めるほどで、
そもそも、ビートルズというバンド名も、バディ・ホリーのバンド名の、
クリケッツに影響されて、昆虫の名前で、二重の意味にしたともいう。

そのホリーの曲は、公式録音では、「ワーズ・オブ・ラブ」の1曲だけ、
ホリーを敬愛するゆえに、安易にカバーしなかったとも言われるなか、
「クライング~」をジョージが歌い、さらにジョンとポールのコーラスで、
支えて、かわいい弟分に花を持たせたのは、ライブならではだろうか。

初期のコンサートの定番レパートリーで、ジョージの代名詞のような、
「ロール・オーバー・ベートーベン」は、もともとは、ジョンが歌っていて、
歌い飽きたので、ジョージへと譲ったと、ビートルズ本にはあるのだが、
これも、歌いながらリードギターも弾くスタイルを、やらせてくれた気も。

「クライング~」は、デッカ・オーディションでも演奏、早いテンポなのに、
ジョージは、完コピで弾ききっていて、やはりギターの腕前、実力では、
かなりのものだったが、作曲が苦手だったように、自分でアドリブして、
ソロを組立てるのができず、そのうちポールが弾くようになったのでは。

それでも、バンドスコアが手に入ったから、何とか演奏する自分に比べ、
ヒット曲や気に入った曲を、耳コピでカバーして、どんどん自分たちの、
レパートリーしていったビートルズは、聴音・ソルフェージュの能力から、
完コピする演奏能力といい、20代前後から、ライブで鍛えられていた。

驚いたことに、YouTubeには、ゲット・バック・セッションの演奏もあって、
何とも全体にゆるい演奏で、ジョンが主旋律に下のハモをつけみてり、
ポールも一緒になって、歌詞を変えて笑ったり、ほとんどお遊びに近く、
ジョージも完コピフレーズにしつつ、アマ時代とは別人に思えるほど雑。

マニアの絶叫の中のライブは、次第に、演奏してもしなくても同じだと、
だんだん手抜きになり、ジョージは間違えても気にしなくなっていって、
静かな日本公演で、下手になっていたと気づき、あせるポールに比べ、
ジョージはマイペース、レコーディング時代で、さらに下手になったか。

BBCライブのうち、「クライング・ウェイティング・ホーピング」は、昔から、
聴き込んでいたから、間奏のギターソロも鼻歌で歌えるほどだったが、、
間違えて覚えている箇所があり、歌詞も同様、ついつい、覚えたままに、
歌ったり、弾いてしまい、何度もやり直して、手癖の修正に苦労しました。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


まいどです
私は(も?)Yellow Matter Custardでこれを知ったと云うか、
とっても好きな曲でした(これと「夕日に赤い帆」かな!)。

ギターマジシャンさんの、いつになく少し鼻に掛かった発声が
「おっ!なりきってますな!」という感じで、可笑しかったです!。

これを聴いてたのは中学生の頃ですが、やがて高校生になると、
バディホリーのベストアルバムなんてのを購入すると、
これも含め、クリケッツの演奏クオリティにも圧倒されたりも
するわけで、まあビートルズに限らず、後年の英米ロック勢は
ホントに良い教科書を持っていたんだなあと感心するわけです。

楽しい演奏ありがとうございました。
pipco1980 | URL | 2016/09/24/Sat 23:16 [編集]
Re: まいどです
いつも、コメントありがとうございます。



> 私は(も?)Yellow Matter Custardでこれを知ったと云うか、
とっても好きな曲でした(これと「夕日に赤い帆」かな!)。


「イエローマター~」はBBCのうち、名演そろいの選曲でしたし、
「夕日」は、ハワイアンのような原曲を見事にロックしてますよね。



> ギターマジシャンさんの、いつになく少し鼻に掛かった発声が
「おっ!なりきってますな!」という感じで、可笑しかったです!。


ちょっと、ジョージを意識して、歌ってみました。


> これを聴いてたのは中学生の頃ですが、やがて高校生になると、
バディホリーのベストアルバムなんてのを購入すると、
これも含め、クリケッツの演奏クオリティにも圧倒されたりも
するわけで、まあビートルズに限らず、後年の英米ロック勢は
ホントに良い教科書を持っていたんだなあと感心するわけです。



ビートルズだけでなく、ローリングストーンズも影響を受けて、
何よりも、ギターバンド、ギター2本、ベースにドラムという、
クリケッツの編成が、ビートルズ始め、基本ピースとなったり、
ロリーギャラガーの愛用ストラトも、ホリーの影響だそうです。



> 楽しい演奏ありがとうございました。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2016/09/25/Sun 00:53 [編集]
言うことなしです
ギターマジシャンさん こんばんは。

当時、BBCは購入はしたのですが有名曲を中心に聞いて、
カバー曲はあまり聞いていませんでしたが、後年、カバー曲に
こそエネルギー感が込められていると判ると、聞いてしびれましたね。

当初は、ジョンのレパートリーのような気がしますが、メンバーが
よい配分でボーカルを分け合っていた頃に好感がもてます。

今回も、ギターマジシャンさんの演奏は完璧で音もクリアで
よく聞こえて言うことなしの出来ばえです。
マサジョン | URL | 2016/09/25/Sun 17:27 [編集]
Re: 言うことなしです
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん こんばんは。
当時、BBCは購入はしたのですが有名曲を中心に聞いて、
カバー曲はあまり聞いていませんでしたが、後年、カバー曲に
こそエネルギー感が込められていると判ると、聞いてしびれましたね。



自分も、初期は単純で、ライブは音もスカスカだと思ってましたが、
ライブバンドとしての底力、コーラスワークに迫力ある演奏などと、
新たな発見があり、初期のアルバム、BBCライブも気に入りました。



> 当初は、ジョンのレパートリーのような気がしますが、メンバーが
よい配分でボーカルを分け合っていた頃に好感がもてます。



まずは、ジョンが歌って、次第にアレンジを固めていって、
ジョージに譲ったりした曲も、わりとあるかもしれませんし、
何よりも、ジョージの歌が多いことには、すごく驚きでした。



> 今回も、ギターマジシャンさんの演奏は完璧で音もクリアで
よく聞こえて言うことなしの出来ばえです。


まだまだ細かいニュアンスとかは再現できず、反省点もあります。
今回も、お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2016/09/25/Sun 18:56 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.