僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
4人が集まって演奏するも、トラブルも多々あった「カム・トゥゲザー」
ビートルズの実質的ラストアルバムとなった、「アビイ・ロード」は、
もう一度ビートルズとして、まとまったLPを4人で作ろうとしたが、
その1曲目のタイトルが、「カム・トゥゲザー」、「みんな集まれ」で、
B面も、おまけの曲を除くラストが、「ジ・エンド」という曲の構成。

1曲目が、「カム・トゥゲザー」というのも、なんとも出来過ぎだが、
もともとは、選挙のキャンペーンソングを、ジョンが頼まれていて、
そのスローガンが、「カム・トゥゲザー」だそうで、そんな偶然さえ、
アルバムコンセプトに引き寄せてしまうのは、ビートルズマジック。

同様に、当初は「エンディング」の仮タイトルで、B面のメドレーの、
最後を締めくくるという程度の曲が、リンゴのドラムソロに始まり、
3人のギターバトルを含む、アルバムの大団円で、ビートルズの、
「白鳥の歌」とも呼べる、「ジ・エンド」になったというのも出来過ぎ。

ただ、そうしたことに、ジョンは、どこまで関心があったか疑問で、
渋谷陽一は、新潮文庫「ロック・ベストアルバム・セレクション」で、
「またビートルズが再結成されたところで、アビイロードみたいな、
アルバムぐらいしか作れない。」という、ジョンの言葉を紹介する。

ポールが、かつてのようにと、マーティンにプロデュースを依頼し、
最後の力をふりしぼるように、完成されたアルバムを作り出すが、
マーティンは、「ジョンは、飾りがない古きロックで突っ走りたくて、
長いほうの面でやったことには、ひどく反対した。」と語っている。

よく言われるA面がジョン、B面がポール主導で作ったというのも、
妥協の作だと、マーティンは語り、結果的にアルバムは見事だが、
衝突もあったし、ゲットバック・セッションでバラバラになった4人が、
そうそう、急にまとまるわけもなくて、録音中もトラブルは多かった。

川瀬泰雄「真実のビートルズ・サウンド」に、「カム・トゥゲザー」は、
ジョンとポールの仲がうまくいってなくて、メロディもハーモニーも、
ジョンが歌い、間奏のエレピのソロも、ポールが考えたフレーズを、
ジョンが弾いたので、怒ったポールはスタジオを出て行ったとある。

中山泰雄「ビートルズの謎」は、アビイ・ロードのレコーディング中、
ポールが泣きながら、スタジオを飛び出して、そのまま家に帰ると、
翌日も姿を見せず、ジョンが迎えに行っても、ポールは出てこない、
その際、塀によじ登ったジョンが怒鳴っている写真も、載せている。

こういうのを読むと、小学生の頃、落語家を目指した自分としては、
「見てきたような嘘をつき」と、勝手に話を組み立てる癖が出てきて、
ビートルズでは、自分の思い込みも含め、断片的なエピソードから、
あれこれと想像したり、時系列を無視して、起承転結にしたくなる。

「カム・トゥゲザー」のエレピを録音するジョンに、気づいたポールが、
「あれ?そこは僕が弾くところだけど。」、「ああ、簡単なフレーズで、
覚えたから、自分で弾くことにするよ。歌のハモも自分でできるし。」
「ハモリもピアノもジョンがやるなら、僕は、何をすればいいのさ。」

「あのベースで十分だろうが。だいたい、お前のベースは、うるさくて、
歌がよく聴こえないんだけれど。ジョージも『サムシング』のベースは、
歌より目立つフレーズばかりで、何とかならないのかって困ってたよ。
もしライブでもやることになったら、クラウスにでも頼もうかってな。」

「それじゃ、ビートルズじゃなくなっちゃうよ。今度のアルバムは皆で、
一体となったところを見せようって決めたろう、ビートルズとしてさ。」
「はあ?お前、いつまでもビートルズ、ビートルズ言ってんじゃないよ、
ガキじゃあるまいし。それに言わなかったっけ、俺は抜けるってさ。」

「ジョンは、何かあると、抜けるだの、やめるだのって、昔からだよ。」
「いや、今度は本気だから。クラプトンとバンドを作るかもしれないし、
この曲も、クラウスに弾かせて、プラスチック・オノ・バンドで出すか。
作曲は、レノン=マッカートニーにしておくよ、昔からの約束だしな。」

これにショックを受けたポールは、泣きながら帰宅してしまうと、翌日、
スタジオに来なくて、さすがに悪いと思ったか、ジョンは迎えに行くが、
いくら呼んでも出てこないから、塀によじ登ると、「ジョージやリンゴは、
田舎から出てきて、待ってるんだぞ。」など、怒って叫んでいたらしい。

この時も、ジョンのことだから、調子にのって、「レット・イット・ビー」の、
イントロのような裏声を出して、「ポールちゃあん、早く出ておいでー。
君の大ちゅきなビートルズが、始まりまちゅよー。聞こえまちゅかあ?
早く来ないと、終わっちゃいまちゅよ。」くらいのことを言いかねない。

ファンは集まってくるし、ポールは、出て行こうにも、出て行けなくなり、
窓を閉め耳をふさぎ、「あー、もう嫌だ、あー、もうジョンとなんか嫌だ、
やめよう、もうビートルズなんてやめよう。」なんて思って、自分自身へ、
言い聞かせる意味もあり、マスコミへ脱退宣言を流した気もしてくる。

とまあ、まったく時系列を無視した、自分の作り話を延々と書いたが、
似たようなもんだったろうと思っていて、それでも、「アビイ・ロード」を、
作り上げたポールはさすがだし、ジョンも少なくとも自分の曲だけは、
きちんと対峙して、ビートルズのジョンとしての作品に仕上げている。

「カム・トゥゲザー」は、ジョンも気に入っている曲で、解散後のライブ、
ニューヨーク・シティのワン・トゥ・ワン・コンサートで、演奏しているが、
やはり、自分にとっては、ビートルズの演奏がベスト、リンゴのドラム、
ポールのベースは、他の人には出せない音だし、ジョージのギターも。

リンゴのドラムは、シンバル、ハイハット、タム、フロアタムと変化して、
特にタムの6連符フレーズは、すごく曲のイメージを特徴づけていて、
音がこもったような感じなのは、毛布をタムに乗せミュートしたそうで、
バスドラムの中に毛布を入れたのと同様、何気ないアイデアが豊富。

ポールのベースは、リズムギターと多少シンクロしながら、曲を支配し、
後期特有のゴリゴリ音の、リッケンベースを使っていると思っていたが、
ジャズベースの説もあり、だいだい、「ラバーソウル」からリッケンだと、
つい最近知って驚き、さらに、ポールがジャズベースを弾いたなんて。

ポールとリンゴの裏にアクセントをつける、リズム隊に対して、おそらく、
ジョージが弾いているリズムギターは、最初はベースとユニゾンだが、
途中から、いわゆるロックンロールのリフで、前ノリのフレーズになり、
ポリリズムとか変拍子までいかないが、アクセントがずれたようになる。

そこへ、歌が2番のときは、それまでの半拍ずれて始まったメロディが、
拍の頭となって、自分で歌っているときに、あの目立つベースにつられ、
リズムの表裏がわからなくなり、全部ずれたように感じて、困惑するし、
さらに、そこで、ハモリという、リズム音痴の自分には、ハードルが高い。

「シュッ」とジョンがイントロで呟くのは、「Shoot me」と言ってるそうで、
同時に鳴っている手拍子も、「パン!パン!」と銃声を真似ているとか、
「me」は、ポールのベースにかき消されていると言うが、ライブで見ても、
「Shoot」しか言わず、「アンソロジー」では、4回目だけ小さく言っている。

ジョンの手拍子は、エコーをかけ、3連符にしているが、バンドスコアは、
リムショットの6連になっていて、自分は民族楽器のアゴゴベルと思い、
ヤフー知恵袋で質問してみたら、マニアの方々から、回答がいただけて、
結局、手拍子にエコーとわかり、本当、自分の知らなかったことが多い。

「アンソロジー」で、ジョンは、歌の間も手拍子をして、タンバリンを叩き、
その間、リズムギターは、ほぼレコードと同じフレーズを弾いているから、
ジョンでなく、ジョージが弾いたと思われ、「全曲バイブル」の左チャンが、
ジョンのカジノは間違いで、逆にツインリードの片方を弾いた可能性も。

間奏のツインリードは、ジョージがレスポールでダビングしたと言われ、
エンディングのリードギターもジョージとされるが、ジョンのような気もし、
さすがに、ポールの弾くギターとは音色もフレーズも違うが、ジョンだと、
「アイ・ウォント・ユー」にしても、ジョンかジョージなのか、ちょっと微妙。

そして、ハモリはポールの言い方が、「歌わせてくれず残念だった」とも、
「うまく歌えず、やり直したい」とも取れて、マーティンは、ポールと言い、
エンジニアのジェフは、ジョンだと言い、さすがに、この件を、ポールに、
今さら、深く突っ込んで尋ねるのは酷だろうから、真相はわからぬまま。

ただ、自分からすると、もともと、この太い歌い声は、「レディ・マドンナ」、
「アイヴ・ガッタ・フィーリング」で、ポールが目立つが、映画「ヘルプ!」で、
スキー場のそり遊びで、ジョンが、サンタの笑い声を、ずっと真似ていて、
ジョンにも出せる声、「ユー・ノウ・マイ・ネーム」も、一部はジョンだと思う。

ビートルズの解散を覚悟し、ビートルズに扮して作ったとも言われるLP、
「アビイ・ロード」の1曲目、後にチャック・ベリーの盗作騒ぎになる曲でも、
ジョンが気に入った曲に挙げる「カム・トゥゲザー」は、ベースは難しいし、
ジョンの歌となると、音痴云々を抜きにしても、一本調子になりがちです。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


毎度です
ほんとにジョージマーティンってオッサンは
今更ながら、何もわかってない凡人だったんだなあって、
よくわかるエピソードですね!。

飾りがない古き良きロック…?ジョンの魂とかイマジン、
NYCやマインドゲームスさえ、そんな単純な古き良き…
ではないはずで、以前からこの人はジョンを全く理解して
ないな!っていう漠然とした嫌疑が、今更ながらはっきりと
得心したような気がします。

ジョンがビートルズに集中できなくなった理由の一つが
よくわかったような気がします。

そういうわけで、最もビートルズらしくないアルバムですけど
カムトゥゲザーだけは実は大好き(笑!。
グルーヴ感は間違いなくこのアルバム中唯一の
典型的なビートルズのり!
リンゴのおかずの畳み方も、久々のビートルズそのもの。

何だあかんだと強がってはみても、やっぱり最後まで
ビートルズを愛していたのはジョンだったのだなあ…
って改めて思うわけです。

あっ、演奏はお見事でした。元々ベースに趣味の悪いエコーが
掛かっていてそれが気になってたのですが、2009ミックスでは
それがすっかり消えてました!さすが息子の方が耳が良かった
わけですね!ギターマジシャンさん版もそこらが微妙に
改善されていて、面白かったです!。おつかれさまでした!
pipco1980 | URL | 2016/07/09/Sat 21:10 [編集]
最高に格好いい
ギターマジシャンさん こんばんは。

ギターマジシャンさんのカム・ツギャザー最高です。
ビートルズらしさ満載の曲ですね。

ポールのベース、リンゴのドラム、ジョージのツイン・リード、
そして、ジョンのボーカルで怖いものなしですね。

私も、バンドで挑戦しましたがリードのチョーキングが
うまく弾けず苦戦しました。

「レット・イット・ビー」の、イントロのような裏声を出して、
のところうけました(笑)
マサジョン | URL | 2016/07/09/Sat 21:39 [編集]
Re: 毎度です
いつも、コメントありがとうございます。



> ほんとにジョージマーティンってオッサンは
今更ながら、何もわかってない凡人だったんだなあって、
よくわかるエピソードですね!。
飾りがない古き良きロック…?ジョンの魂とかイマジン、
NYCやマインドゲームスさえ、そんな単純な古き良き…
ではないはずで、以前からこの人はジョンを全く理解して
ないな!っていう漠然とした嫌疑が、今更ながらはっきりと
得心したような気がします。
ジョンがビートルズに集中できなくなった理由の一つが
よくわかったような気がします。


マーティンの台詞は、「Beatles oral history」の引用として、
「ビートルズの謎」に出ていて、正確なニュアンスは不明ですが、
「(ジョンは、)私がしていることに、乗り気じゃなかった。
彼が言うところの、”いじくり回し”が気に入らなかった。」とも、
語っているので、二人の方向性が違ってしまったのが判ります。




> そういうわけで、最もビートルズらしくないアルバムですけど
カムトゥゲザーだけは実は大好き(笑!。
グルーヴ感は間違いなくこのアルバム中唯一の
典型的なビートルズのり!
リンゴのおかずの畳み方も、久々のビートルズそのもの。
何だあかんだと強がってはみても、やっぱり最後まで
ビートルズを愛していたのはジョンだったのだなあ…
って改めて思うわけです。


B面メドレーを、「ジャンク、くずの集まりだ」と酷評しながら、
ジョンらしい曲を提供しているし、「ビコーズ」の美しいメロディ、
ビートルズは自分のバンドだという自負があったのだと思います。



> あっ、演奏はお見事でした。元々ベースに趣味の悪いエコーが
掛かっていてそれが気になってたのですが、2009ミックスでは
それがすっかり消えてました!さすが息子の方が耳が良かった
わけですね!ギターマジシャンさん版もそこらが微妙に
改善されていて、面白かったです!。おつかれさまでした!


自分のベースはフレットレスなので、下手にエコーとかかけると、
ポールでなくジャコの音になると思って、軽いリバーブ程度にし、
それが、かえって良かったみたいで、まさに偶然の産物でしたし、
そうした細かいところまでお聴きいただき、ありがとうございます。


ギターマジシャン | URL | 2016/07/09/Sat 23:44 [編集]
Re: 最高に格好いい
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん こんばんは。
ギターマジシャンさんのカム・ツギャザー最高です。
ビートルズらしさ満載の曲ですね。
ポールのベース、リンゴのドラム、ジョージのツイン・リード、
そして、ジョンのボーカルで怖いものなしですね。


4人の演奏が、ビートルズらしい、それぞれの個性が出ていて、
ハモリの不和の件など感じさせないくらい、一体感があります。


> 私も、バンドで挑戦しましたがリードのチョーキングが
うまく弾けず苦戦しました。


かなりチョーキングを多用する曲で、自分も何度もやり直し、
何とか形になりましたが、左手の薬指が、かなりむけました。


> 「レット・イット・ビー」の、イントロのような裏声を出して、
のところうけました(笑)


ここは、完全な作り話ですが、ジョンだったら、やりそうかなと。
ギターマジシャン | URL | 2016/07/09/Sat 23:48 [編集]
>pipco1980 さん

毎回、偉そうな不愉快なコメントだね、何様なの?
通りすがり | URL | 2016/07/16/Sat 20:38 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.