僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジョージが手伝ったリンゴの最高傑作「オクトパス・ガーデン」
ビートルズを聴き始めたのは、中2の1974年夏だったから、
とっくにビートルズは解散しているという、後追い世代のうえ、
そのビートルズの幻影を追うように人気だった、日本一の、
ビートルズ・コピーバンド、バッドボーイズも、後追いに近い。

ビートルズのファンになって、自分でもギターを練習し出すと、
雑誌「ヤングギター」のビートルズ特集を、古本屋で見つけて、
その中に、バッドボーイズの記事があったり、奏法の記事にも、
彼らのアドバイスがあって、自分にとって、憧れの存在となる。

ただ、オリジナル曲を出し始めて、あまりビートルズの演奏は、
しなくなっていって、それでも、「題名のない音楽会」に出たり、
オールナイトニッポンのビートルズ特集では、生演奏もしたが、
脱ビートルズ宣言をしたとか、しないとか、そんな話題も出た。

初めて生のステージを、渋谷西武デパートの屋上で見た時も、
ビートルズの曲はやらずに、解散後のポール、ジョージの曲を、
やったくらいで、ビートルズ復活祭で、「ヘルプ!」などの3作が、
上映中止になった時、代りに登場したが、何の曲を演奏したか。

2人きりのビートルズ・コピーバンドの、ジョージ役の同級生が、
バッドボーイズが、青山VAN99ホールの2部構成のライブで、
久々にビートルズの曲をたっぷり演奏するようだと、聞きつけ、
中学生には遅い時間だが、二人で、自転車で青山へと向かう。

「ハロー・グッドバイ」や、「レディ・マドンナ」といった後期の曲を、
やってくれたが、一番聴きたい初期のシングル曲とか、伝説の、
アビーロードのB面はやらずに、大半はウイングスの曲だったし、
ジョンの曲は、「ロックンロール」からの数曲で、ちょっと肩透かし。

そんな中、リンゴ役の城間がフォークギターを抱え、前に出ると、
「オクトパス・ガーデン」が始まり、器用にスリーフィンガー奏法で、
ギターを弾いて、そうか、この曲のアルペジオのリズムギターは、
ジョンお得意のスリーフィンガーだったのかと、改めて気づいた。

リンゴの空席となったドラムセットに、ジョージ(川端)が腰かけ、
バスドラムを足で叩きながら、コーラスをし、リードギターも弾き、
リンゴを盛りたてる姿は、さながら、映画「レット・イット・ビー」で、
この曲を作曲しているリンゴに、アドバイスするジョージとかぶる。

自分たちも、早速、ジョン役の自分が、スリーフィンガーで弾き、
メインボーカルも担当して、ジョージ役は、ハモリとリードを弾き、
二人だけでもさまになると、盛り上がったし、この日のライブで、
ポールの「ジュニアーズ・ファーム」も気に入って、真似していた。

ビートルズの実質ラストアルバムである、「アビーロード」収録の、
「オクトパス・ガーデン」は、ビートルズ時代にリンゴが作曲した、
2曲のうちの1曲で、初めて作った曲「ドント・パス・ミー・バイ」は、
駄作ではないが、習作レベルだったのが、今回は見違える出来。

映画「レット・イット・ビー」で、リンゴがピアノに向かい、作曲中の、
「オクトパス・ガーデン」を弾くと、ジョージがコードを変えるように、
アドバイスする、やがてジョンがドラムに座ってリズムを叩き出し、
まだ歌詞は完成版と違うものの、ジョージも一緒に歌ったりする。

スタッフも集まって、作曲風景を見守る、何とも心温まる場面だが、
そこへ、ポールが入ってきた途端に、凍りついたとも、しらけたとも、
どちらとも言えない微妙な感じになり、お遊びは終わりとばかりに、
3人が散っていく場面は、見ていて、すごく、いたたまれなかった。

ただ、このとき、ポールは、リンダの娘のヘザーを連れて来ていて、
幼い子が無邪気に、メンバー間を行き来する場面もあるのだから、
ポールが登場の張り詰めたような場面は、悪意ある編集のせいで、
他の3人とポールが、あたかも対立しているよう、見せている感じ。

ジョージのアドバイスがきいたのか、映画の練習中の風景に比べ、
「アビー・ロード」では、かなり進歩した演奏になっているし、さらに、
「アンソロジー3」収録のテイク2でも、ほとんど本番に近い出来で、
アレンジを練って、完成形にしてから、レコーディングとなった模様。

メンバーがもめていても、リンゴの曲では、リンゴの人柄があって、
和気あいあいと、リンゴを盛り上げると言われ、実際に、解散後も、
リンゴのソロアルバムに、全員一緒の演奏でなく、別々の曲だが、
ジョン、ポール、ジョージも参加して、すわ再結成かと話題になる。

「オクトパス・ガーデン」は、各自の楽器はもちろん、ハモリだったり、
かつての「イエロー・サブマリン」を彷彿させる、サウンドエフェクトと、
4人揃って、ワイワイやっていたと思っていたが、ダビングのときは、
ジョンは来なくて、ポールとジョージのハモに、リンゴ1人で泡の音。

リンゴが歌うときは、あのジョンとポールがハモリをつけてくれて、
なんと果報者なのだろうと思っていたが、最後の最後、そのうえに、
リンゴの作曲した曲なのに、ジョンはハモっていないと、先日知り、
かなり自分的にはショックで、やってくれたよな、ジョンという気分。

まあ、映画「レット・イット・ビー」で、やる気なさが目立ったジョンが、
「アビーロード」になり、急に張り切るわけもなくて、「サムシング」や、
「ヒヤ・カムズ・ザ・サン」は、ギターで参加したかも不明、自分の曲、
「カム・トゥゲザー」や「アイ・ウォント・ユー」へ、一球入魂だったか。

そうは言っても、「オクトパス・ガーデン」のスリーフィンガー奏法は、
ジョンが得意としただけあって、見事で、自分は、かなり苦労したし、
バンドスコアが、「アルペジオ」の表記のみで、音符にしてないから、
「ジュリア」の低音パターンで良いかなと、ジョンの手癖で弾いておく。

ジョージのリードは、カントリーっぽいとはいえ、初期に得意だった、
チェット・アトキンス奏法と違い、ロックに近いカントリーブルースで、
おそらくテレキャスだろうが、テイク2は、レスポールのような音色で、
とりあえず、自分は、ストラトのフロント側で弾いて、かるく歪ませた。

サビのピアノは、ポールが弾いたそうで、「全曲バイブル」によれば、
センターのコード弾きはアップライト、右チャンのベースパターンは、
グランドピアノを使ったとあるが、どちらも西部劇の酒場のシーンの、
ホンキートンクピアノのようで、調律の違いか、エフェクトかは不明。

間奏のリードギターのバックのハモりは、水の中で歌っているように、
声が小刻みに震え、これはエフェクトのトレモロかビブラートだろうし、
コップの水を、ストローでブクブクさせた音と一緒に、左右に動いて、
水中を動き回る感じを出して、「イエロー・サブマリン」の続編っぽい。

ポールのベースは、リンゴの曲だからか、ボン・ボンとはずむように、
カントリー調で、最初自分は、ややスタッカート気味に弾いてみると、
何とも締まりのない音、大げさに音を切り、録音しなすが、ポールは、
時折音を繋げたり、16分音符にしたりと、その緩急のつけ方は見事。

ビートルズ時代を通じて、自作にしろ、ジョンの曲、カバー曲にしろ、
リンゴの歌った曲で、一番名曲だと思える、「オクトパス・ガーデン」、
ジョージのリードも、ジョンのリズムも難しくて、ハモリも苦労しながら、
実のところ、優しさと哀愁に満ちたリンゴの歌声が、一番大変でした。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


まいどです
いやはやお疲れさまでした。
まさかオクトパスガーデンを持ってこられるとは!
完全に裏を突かれました(笑!

実は自分の熱中探索時代は別として、それ以降のビートルズって、
頻繁に聴くアルバムとまったく聴かないアルバムに
分かれているようで、私の場合アビイロードはまったく
聴かない方の代表。ペッパーもほとんど聴かないかな。
要はそれ以外は案外頻繁に聴いているということになります。
(あっ、イエローサブマリンも聴かないかな…)

1969年のジョージって、頭の中はロビーロバートソンの
ことばかりみたいで、何から何まで彼そっくり。
ですから彼にとってのレットイットビーは確実にThe Weight
だし(音色はレスリー通しのWheels Of Fire?)、
ゲットバックセッションで既に録音されてる Isn't It A Pityなんて
もろにI Shall Be Releasedのパクリ。

おもえばルーツに戻ろう!って言うスローガンも
Big Pinkみたいなアーシーなアルバムを作ろう!が本音だったような
気がするわけで、この曲も、リンゴの2曲目の単独作にして
いつもの彼らしいC/W風...なんて思えば分かり易いけれど
実はリンゴですらThe Bandみたいな曲作りたいよお!
リヴォンヘルムみたいに唄いたいよお!にしか聴こえて
こないわけです。ただ一つの誤算はビートルズ(ジョージ)
の方がコーラスが遥かに達者!!

余談ですけど、たぶん名著になるであろう「ビートルズ来日学」
読まれましたか?ポールは、前日マルエヴァンスが連れてかれた
っていう四谷の「トルコ風呂」に行きたくて、マルと決死の脱出を
試みるも、警備にバレて仕方なく警察帯同で皇居見学…
あの有名な暗く沈んだ皇居でのポールの表情の秘密が暴かれたわけです!
ジョンは原宿と六本木の骨董屋で、瞑想用の香炉を捜すわけですがね…。

なにしろオクトパス〜何十年ぶりかで聴かせてもらいました。
ではでは。

pipco1980 | URL | 2016/07/02/Sat 23:06 [編集]
Re: まいどです
いつも、コメントありがとうございます。



> いやはやお疲れさまでした。
まさかオクトパスガーデンを持ってこられるとは!
完全に裏を突かれました(笑!


「消えた恋」からのリンゴつながりでした。



> 実は自分の熱中探索時代は別として、それ以降のビートルズって、
頻繁に聴くアルバムとまったく聴かないアルバムに
分かれているようで、私の場合アビイロードはまったく
聴かない方の代表。ペッパーもほとんど聴かないかな。
要はそれ以外は案外頻繁に聴いているということになります。
(あっ、イエローサブマリンも聴かないかな…)


自分も、よく聴くものと聴かないものがありましたが、
宅録するようになってからは、まんべんなく聴いてます。
(それでも、イエローサブマリンは確かに・・・)


> 1969年のジョージって、頭の中はロビーロバートソンの
ことばかりみたいで、何から何まで彼そっくり。
ですから彼にとってのレットイットビーは確実にThe Weight
だし(音色はレスリー通しのWheels Of Fire?)、
ゲットバックセッションで既に録音されてる Isn't It A Pityなんて
もろにI Shall Be Releasedのパクリ。


ゲットバックセッションを通じて、ジョージが使うギターは、
ストラトでなく、テレキャスターですが、バッキングや音が、
すごくロビー・ロバートソンに近く、意識したのでしょうし、
ビリーをオルガンに連れてきたのも、スワンプの音ですかね。



> おもえばルーツに戻ろう!って言うスローガンも
Big Pinkみたいなアーシーなアルバムを作ろう!が本音だったような
気がするわけで、この曲も、リンゴの2曲目の単独作にして
いつもの彼らしいC/W風...なんて思えば分かり易いけれど
実はリンゴですらThe Bandみたいな曲作りたいよお!
リヴォンヘルムみたいに唄いたいよお!にしか聴こえて
こないわけです。ただ一つの誤算はビートルズ(ジョージ)
の方がコーラスが遥かに達者!!


ジョージもリンゴも、バングラディシュコンサートにおいて、
ディランと共演したり、それ系の演奏は念願かなったもので、
リンゴにいたっては、ラストワルツに参加と、まんまですね。



> 余談ですけど、たぶん名著になるであろう「ビートルズ来日学」
読まれましたか?ポールは、前日マルエヴァンスが連れてかれた
っていう四谷の「トルコ風呂」に行きたくて、マルと決死の脱出を
試みるも、警備にバレて仕方なく警察帯同で皇居見学…
あの有名な暗く沈んだ皇居でのポールの表情の秘密が暴かれたわけです!
ジョンは原宿と六本木の骨董屋で、瞑想用の香炉を捜すわけですがね…。



本は立ち読みした程度ですが、ポールの件は、著者がラジオで語って、
「確かに、落胆した表情だ」と、一同の爆笑をかっていたのを聞いて、
自分も妙に納得、こうした裏事情は、まだまだあるのか楽しみです。



> なにしろオクトパス〜何十年ぶりかで聴かせてもらいました。
ではでは。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2016/07/03/Sun 00:45 [編集]
いいですねぇ~。
ギターマジシャンさん

仰る通り、映画“レット・イット・ビー”では、ポールの登場で
場の雰囲気が一遍した曲のイメージがあります。

リンゴの曲ですが、どうもレノン=マッカートニーの曲のように聞こえます。
というのもギター、コーラスのアレンジがいいからなんでしょうね。

この曲はバンドで練習したのですが、全然まとまらなかった曲で、
ギターが早すぎて弾けませんでした。

ギターマジシャンさんは、上手くコピーされていて驚きです。

コーラス部など日本のバンドにコピーされていて名曲だと
思います。

お疲れ様でした。
マサジョン | URL | 2016/07/03/Sun 15:34 [編集]
Re: いいですねぇ~。
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん
仰る通り、映画“レット・イット・ビー”では、ポールの登場で
場の雰囲気が一遍した曲のイメージがあります。


あの和気あいあいとした練習風景が凍りついた一瞬でした。



> リンゴの曲ですが、どうもレノン=マッカートニーの曲のように聞こえます。
というのもギター、コーラスのアレンジがいいからなんでしょうね。


本当、アーウーのコーラスが見事で、ギターも格好良いです。



> この曲はバンドで練習したのですが、全然まとまらなかった曲で、
ギターが早すぎて弾けませんでした。
ギターマジシャンさんは、上手くコピーされていて驚きです。


中学時代に、ジョージ役の友人とよく練習した曲なので、
この歳になっても、昔取った杵柄で、何とかなりました。


> コーラス部など日本のバンドにコピーされていて名曲だと
思います。


チューリップやオフコースなど、影響を受けていますよね。



> お疲れ様でした。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2016/07/03/Sun 18:37 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.