僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
怒りにまかせた悪口の曲でも、メロディが美しい「セクシー・セディ」
中学時代、ビートルズに夢中だった頃、LPを買い集めながら、
ビートルズ本も手に入れ、バイブルだった「ビートルズ事典」や、
角川文庫版、ハンター・デイビスの伝記を、何度も読んだのに、
時系列を勘違いしていたり、思い込みの誤解など、かなり多い。

いつも書くことだが、映画「レット・イット・ビー」の屋上の演奏が、
ビートルズ4人が揃った最後の姿で、その後に解散したのだと、
勝手に思い込んでいて、映画の前年に出た「アビィ・ロード」が、
撮影後の録音、実質上のラストアルバムだとは、知らずにいた。

「ホワイト・アルバム」の録音前に、インドへ修行に行ったことも、
時期を勘違いして、マネージャーのブライアン・エプスタインが、
亡くなったので、インドから急ぎ帰国したと、思い込んでいたが、
ブライアンの事故は67年8月で、インドへ行くのは翌年の2月。

67年夏は、イギリスの郊外で開かれたセミナーに参加していて、
その間にエプスタインが亡くなって、修行している服装のままで、
インタビューに答えていたのを、自分は、インドでの写真と誤解、
インドから戻り、「マジカル・ミステリー・ツアー」撮影と思っていた。

実際は、「マジカル~」の撮影とアルバムを作成して、さらに翌年、
「レディ・マドンナ」など録音してから、インドへ旅立つし、修行中、
いくつもの曲を作って、「ホワイト・アルバム」に取りかかかる前に、
ジョージの家でデモ録音したことも、つい最近まで知らなかった。

おそらく、「アンソロジー」の映像や、CDの解説にはあったろうが、
このブログで「ホワイト・アルバム」の曲を演奏する時に、ようやく、
「イーシャー・デモ」なる言葉を知り、YouTubeにある音源から、
アルバムの多くの曲に、弾き語りのデモ演奏があったのを知る。

そんな自分だから、ジョンが、修行の師であるマハリシに幻滅し、
「セクシー・セディ」を作ったというのも、ブライアンの件が原因で、
「悲しんではいけない、魂は不滅だ。」という、マハリシの励ましに、
納得いかなくて、インチキ宗教だとばかり、作った曲と思っていた。

実際には、インドでの修行中に、マハリシのセクハラ疑惑が発生、
女性信者に手を出そうとしたとの噂が流れて、激怒したジョンが、
荷物をまとめる中、「マハリシのクソ野郎」みたいな過激な歌詞で、
曲を作ったが、ジョージが説得し、実名を入れるのをやめたとか。

ジョージは、この後も、マハリシに師事し、インド思想を実践するし、
「ホワイト・アルバム」でも、ジョンの曲への名誉回復を考えたのか、
「ノット・ギルティ」(無罪)のタイトルで、録音もするが、没にされて、
ソロ時代に再録音という、マハリシ抜きにしても、かわいそうな話。

今では、このセクハラ疑惑は、ビートルズの修行をやめさせようと、
アップル社員が流したデマで、それどころか、修行の道場の中に、
麻薬を持ち込んでいた輩がいて、それを知ったマハリシが怒って、
追い出したのが、一連のトラブルの発端だったという説まである。

ただ、不思議なのは、妻のシンシアや、息子ジュリアンがいるのに、
ヨーコと不倫関係だったジョンが、セクハラ疑惑で、こうも怒るのか、
修行に飽きて、ヨーコにも会いたいジョンが、いい口実だとばかり、
必要以上に怒って、言い訳というか、照れ隠しに曲まで作ったかと。

「ヨーコと離れて、はるばるインドまで修行へ来たってのに、あいつ、
不倫は人の道に反するとか、偉そうに言いやがって。結局のところ、
マハリシも煩悩の塊じゃないか。あー腹立つ、とっとと帰国するか。
これは、瞑想の挫折じゃないよ、悪いのはマハリシなんだから。」

とまあ、ジョンの気持ちを勝手に推測してみたが、実際はどうだろう、
ともあれ、歌詞から、マハリシの実名は消えたものの、その内容は、
「何てこと、してくれたんだ」と、悪口のオンパレードで、それでいて、
歌詞とは裏腹に、メロディはスローなバラード調で、すごく美しく響く。

半音下降していくコード進行のAメロ、1音ずつ上がるサビの対比も、
見事で、コーラスをバックに歌うサビは、本当にジョンならではだが、
いざ歌おうとすると、音痴の自分はきつくて、伴奏なしで口ずさめば、
どんどんキーがずれるし、楽器を弾いても、正しい音程が取れない。

「ワウ、ワウ、ワウ」という、コミカルに、囃し立てるようなコーラスを、
いくつかのビートルズ本に、「ワウワウギターのよう」と書いてあるが、
これは本末転倒で、ギターのワウペダルの方が、手で口をふさぐ音、
トランペットのミュートを使った音を再現するように、開発されたもの。

イントロのピアノは、不協和音から始まって、愛用のバンドスコアは、
ソドレの和音だが、どうも響きが違い、、YouTubeのピアノ講座を、
いくつか確認すると、レファ♯ラの和音で、さらにファとファ♯を弾いて、
不協和音にしているものが多いが、それでも、同じ音にはならない。

自分には、明らかに、ミの音が鳴っていて、レかレ♯とミをぶつけて、
不協和音にしているように聴こえるが、これは、耳コピできる人なら、
何も悩む必要がないことで、自分が苦手な分、楽譜を買い集めて、
頼りにしているのに、それが間違いだらけというのも、困ってしまう。

バンドスコアは、この不協和音に続く部分も、間違っているようで、
Cのコードの裏拍でベース音を弾くのは、休符で、続くDのコードを、
チャチャンと8分音符で2回鳴らすのも、4分音符で伸ばしたままと、
耳コピできない自分でも、わかる間違いで、手抜きという以前の話。

エンディングでリードギターが流れるが、フェイドアウトする手前で、
もう一本の別のリードが聴こえて、どうやらギターを2本弾いていて
そう思うと、Aメロの伴奏のアルペジオと、サビのリフの音色が違い、
これは、セッティングを変えるのでなく、別々の2本での録音だろう。

エンディングも、最初のアルペジオは、Aメロの伴奏のギターの音で、
2小節目から、別のギターのリードが入ってくると、伴奏のギターは、
小さくな音でアルペジオを続け、フェイドアウト前に、コードの変形で、
フレーズを弾き始めて、これは、さらに3本目のギターかもしれない。

日経「全曲バイブル」の解析では、ジョージのストラトだけとあるが、
人気ブログ「ザ・ビートルズ楽曲データベース」では、ジョンのカジノ、
ジョージのストラト、レスポールで、「レコーディング・セッション」では、
2日に渡るダビングで、ギターを追加した記録はなく、これまた謎に。

デマを信じ込んだジョンが、修行を中止して、怒りにまかせ作った曲、
もともとは、罵詈雑言、誹謗中傷の歌詞を、オブラートで包みこんだ、
このうえない美しいメロディですが、正しいピアノの和音も不明ならば、
半音進行についていけず、音程も外れがちな歌のまま、アップです。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


素晴らしい。
ギターマジシャンさん こんばんは。

いつもながらの完コピで素晴らしいです。
時折、ドキッとするフレーズがあり驚きです。
ジョージの説得とは別に、ポールは直接的でいいと言ったという説もありますね。
三者三様ですね。
いつも聞かせていただきありがとうございます。
マサジョン | URL | 2016/02/06/Sat 22:23 [編集]
私もよく弾き語りでこれを唄いましたが
the greatest uf them all...のところの音程がうまくとれなかったなあ...なんてことを思い出しましたよ!。

ミアファローの妹のプルーデンスにマハリシご執心で…遂に...
という話は、昔っからありましたね。
何となくギターマジシャンさんのご見解が正解なように
思えてきました。
それにしてもこの曲で使われる、完全に専門教育を
受けたとしか思えないピアノの不思議なテンションコードは
誰のアイデアなんでしょうね? 多くのミュージシャンが
スタジオに呼ばれていたとは聞いてますが、誰なんだろう??

個人的にはリンゴらしいドラミングとオカズが何故か嬉しい
今日この頃であります。

何はともあれお疲れさまでした。




pipco1980 | URL | 2016/02/06/Sat 22:32 [編集]
Re: 素晴らしい。
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんばんは。
いつもながらの完コピで素晴らしいです。
時折、ドキッとするフレーズがあり驚きです。
ジョージの説得とは別に、ポールは直接的でいいと言ったという説もありますね。
三者三様ですね。
いつも聞かせていただきありがとうございます。



最初のうちは、ポールも一緒になって、悪ノリしたようですが、
ジョージの説得で、マハリシの実名や、放送禁止用語はやめて、
後にポールも、あの件はデマだったからと、言ったようですね。

まだまだ、完コピというには、ピアノの不協和音の問題点やら、
何よりも、相変わらず、音痴で悪声の歌がネックになっていて、
そんな演奏を、いつもお聞きいただき、ありがとうございます。
ギターマジシャン | URL | 2016/02/06/Sat 22:49 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 私もよく弾き語りでこれを唄いましたが
the greatest uf them all...のところの音程がうまくとれなかったなあ...なんてことを思い出しましたよ!。



自分はAメロでさえあぶなっかしいのですが、ご指摘の箇所となると、
音程どころか、そもそも、歌い出しの部分がずれてしまいます・・・。



> ミアファローの妹のプルーデンスにマハリシご執心で…遂に...
という話は、昔っからありましたね。
何となくギターマジシャンさんのご見解が正解なように
思えてきました。



セクハラ疑惑には、プルーデンスが絡んでいますが、それ以外にも、
マハリシの商業主義、金銭欲にジョンが幻滅したという説もあって、
こればっかりは、ジョンのみぞ知る、生前のインタビューにしても、
そのときの気分で発言が変わるジョンなので、真相は不明ですよね。




> それにしてもこの曲で使われる、完全に専門教育を
受けたとしか思えないピアノの不思議なテンションコードは
誰のアイデアなんでしょうね? 多くのミュージシャンが
スタジオに呼ばれていたとは聞いてますが、誰なんだろう??



没テイクでは、もっとジャズに近い演奏で、バッキングのギターも、
もろにジャズのテンションコードで、オルガンもジャジーな感じで、
リンゴもスイングしていて、ジャズ系の誰かがいたんでしょうかね。



> 個人的にはリンゴらしいドラミングとオカズが何故か嬉しい
今日この頃であります。


何だかんだ言っても、リンゴのドラムはビートルズに欠かせず、
見事なタイミングで入れてくるフィルインは、特徴があります。


> 何はともあれお疲れさまでした。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2016/02/06/Sat 23:00 [編集]
ブログの内容と違ってm(_ _)m
久々のカキコありがとうございまふm(_ _)mペコリ
お元気そうで安心しました♪

※逆に、あたいが最近ギターマジシャンさんのブログ
拝見してなくてm(_ _)mペコリ

松原正樹さんの訃報はショックでしたorz
もう歌うように音を繋げるギターフレーズは
めっちゃ真似っ子しました
昨晩は、ようつべやCD聴きまくりでした(ToT)
NOBU | URL | 2016/02/11/Thu 08:17 [編集]
Re: ブログの内容と違ってm(_ _)m
いつも、コメントありがとうございます。


> 久々のカキコありがとうございまふm(_ _)mペコリ
お元気そうで安心しました♪

※逆に、あたいが最近ギターマジシャンさんのブログ
拝見してなくてm(_ _)mペコリ



数日おきに、NOBUさんのブログは拝見していますが、
書き込みしたのは久々で、ご無沙汰してしまいました。


こちらのブログは、NOBUさんのお師匠さんがリーダーの、
プリズムなどの記事、演奏とは、最近は縁遠くなっています。



> 松原正樹さんの訃報はショックでしたorz
もう歌うように音を繋げるギターフレーズは
めっちゃ真似っ子しました
昨晩は、ようつべやCD聴きまくりでした(ToT)



先日、NOBUさんのブログで、療養中だと知り驚き、
それから間もなくの訃報となり、本当に驚いています。

ニューミュージック、歌謡曲の名演、パラシュートの曲、
何より、初期のソロアルバムが好きで、今も愛聴盤です。
ギターマジシャン | URL | 2016/02/11/Thu 10:00 [編集]
これはボーカル泣かせな曲ですね~^^;
カセットテープ時代はテープが伸びてこの曲みたいになっちゃうことがあったな~なんて思ったりしました( ̄ー ̄)
マジェ | URL | 2016/02/11/Thu 15:19 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> これはボーカル泣かせな曲ですね~^^;
カセットテープ時代はテープが伸びてこの曲みたいになっちゃうことがあったな~なんて思ったりしました( ̄ー ̄)



とにかく音程が取りにくく、ただでさえ音痴なのに、お粗末でした。
原曲では、途中で、ピアノの音程が微妙にフラットする部分があり、
実際に、テープが伸びてしまったのではないかと、怪しい箇所です。
ギターマジシャン | URL | 2016/02/11/Thu 19:13 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.