僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
長すぎる曲名「エブリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー」
「ホワイトアルバム」の、「エブリボディーズ・ゴット・サムシング・
トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー」という曲は、
ビートルズの曲で、一番長い題名で、このブログ記事の表題も、
この曲名だけで、2行にまたがってしまう、とんでもないタイトル。

レコード時代、「ホワイトアルバム」は、あまり聴きこんでないから、
ああ、あの一番長い題名の曲ね、というくらいの印象でしかなく、
「一番長い題名の曲は?」と、友人にクイズを出したり、自分でも、
ちゃんと最後まで正確に言えるかなど、曲そのものは二の次に。

それと、ビートルズの曲名の邦題は、何度も書いたが、「こいつ」、
「浮気娘」「嘘つき女」など、目まいがするようなものが多いうえに、
カタカナ表記にしても、どうなんだろうというのがあり、この曲でも、
「エブリボディ」より、自分には「エブリバディ」の方がなじむのだが。

中学時代の、ジョージ役と二人きりのビートルズコピーバンドでは、
全曲コピーを目指したから、メロディー譜の「ビートルズ大全集」を、
パラパラめくっては、一通りやったが、まともに練習していたのは、
「バースデイ」と「ヤー・ブルース」に、数曲のギター弾き語りくらい。

タイトルにあるモンキーとは、ヨーコのことを指しているそうだが、
普通、恋人を猿にたとえたら、機嫌を損ねてしまうような気がして、
日本人が描く猿のイメージと、西洋人とでは、感覚が異なるのか、
「いたずらっ子」の意味から、僕の可愛い、いたずらお猿ちゃんか。

それだったら、子猫とか、別のたとえもあるだろうし、当のヨーコは、
どうなのだろうと思っていたら、里中・遠山「ビートルズを聴こう」に、
ジョンの背中にしがみつく猿という風刺画に、ジョンが怒ったとあり、
「俺とヨーコ以外、みんな隠し事だらけ、嘘っぱちだ」と歌ったとか。

それは、録音スタジオに連れて来るヨーコを、毛嫌いしたジョージ、
ポールにも向けたメッセージなのかもしれないが、ポールによると、
「モンキーはヘロインのことだ」となり、ヨーコの件は気づかないか、
気づいても、気づかないふり、関わりたくなかったように思えてくる。

藤本「213曲全ガイド」には、「ヘロイン用語が出てくるようになって、
これ以上ひどいことに、なりませんようにと、願うしかなかった。」と、
ポールの回想が載っているが、そのわりに、演奏そのものとなると、
力強いベースに、歌のバックの叫び声、ハンドベルと、気合が入る。

あとから、パーカッション類をダビングしていて、「全曲バイブル」に、
ポールがチョカルホとハンドベルとあり、チョカルホって何だと思うと、
ブラジルのパーカッションで、金属の筒に玉が入った、マラカス類で、
リンゴも「シーズ・ア・ウーマン」で使ったそうで、自分はマラカスに。

ハンドベルというと、パーティや結婚式の余興で、数人の女性陣が、
軽やかにメロディを奏でるイメージだが、この曲では、けたたましく、
昔の学校のチャイム、クイズの時間切れのガランガランという音で、
自分は、トライアングルをミュートして叩くが、リズムが危なっかしい。

イントロのジョンのギターは、プログレやテクノのような変拍子っぽく、
ドラムや手拍子とポリリズムのように聴こえるが、半拍ずらしただけ、
裏から始まるリフで、自分は、昔から、ギターが拍の頭と思っていて、
今回、演奏しても、40年来の癖が抜けず、出だしから、ずれまくる。

ドラム、ベースが入ってくると、拍の裏に感じてきて、サビから合って、
2番からは、裏でリフを弾けるのだが、イントロだけは、全然駄目で、
自分のリズム音痴を呪うのみ、半拍休んで開始、全部ずらしたまま、
チャッ・チャッ・チャッ・パン・パン(手拍子)と、覚えたとおりに弾いた。

メロディが始まると、ジョージの弾く、16ビートのリフが重なってきて、
これが、弾いてみると、けっこう難しくて、ポールがユニゾンにしたら、
イエス「燃える朝焼け」みたいになるし、「レイン」の後半なんかでも、
ポールのベースと、リンゴのドラムのユニゾンで、プログレ系を披露。

この曲のリンゴのドラムは、最初、普通のエイトビートを刻んでいるが、
サビなると、1拍ごとに力強くスネアを叩き、バスドラムは8分音符で、
ドッドッとツインペダルのように連打、4拍目だけ、スネアをタンタンと、
アクセントをつける部分などは、ビル・ブラフォードの手癖を思わせる。

歌の最後に入るジョージのリードギターも、そこだけが3拍子になって、
ジョンの癖というか、4拍子や小節数を無視して、ギターをかき鳴らし、
思いついたメロディやリフ優先で、作曲する気がして、本人は良くても、
それに合わせるポールやリンゴのリズム隊は、かなり苦労したと思う。

そういう点からも、ビートルズの演奏能力というは、巷で言われるほど、
レベルが低いとか下手どころか、かなりのハイレベルだと昔から思って、
今回、いろいろな曲の完コピに挑戦していると、ますます、それを実感、
特に、リズム隊のすごさ、リンゴのドラムが欠かせない存在だと痛感。

単に、お前が下手なだけ、リズム音痴なだけ、世間はそう思わんよと、
言われてしまうと、身も蓋もないのだが、初期のライブバンドの実力は、
一連のBBCライブで証明されたろうし、スタジオ時代に入ってからも、
ベーシックトラックは基本ライブで、アンソロジーで聴ける演奏は見事。

4人がバラバラになりつつ、時には、まとまったグルーブを聴かせた、
「ホワイトアルバム」の1曲、「エブリボディーズ・ゴット・サムシング・
トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー」は、いつもながら、
シャウトや高音に苦労しつつ、演奏のほうも、かなり厳しかったです。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


取りあえず、かったるそうな曲だなあ...って何となく思いつつ
結局手を付けなかった中の代表みたい曲ですね。

まずはとってもご苦労様と言いたいです。

何か漠然と、かったるいなあと思ってった原因が
丁寧なご説明で理解できましたよ。
〜my monkeyの小節と次が、3/4ー4/4の繰り返しっていう
ほんとに悪夢でも見てる感じの...謎が解けたって感じ!
ジョージの思い切りの悪いチョーキングのせいだとばかり
今の今まで思ってた!。天国のジョージさん濡れ衣ゴメン!

カッティングギターの音が、本物以上に厚くて気持ちいいです。
あとマッカっぽいワナナキが、奴さんらしくて良かったです!
pipco1980 | URL | 2015/11/21/Sat 23:33 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> 取りあえず、かったるそうな曲だなあ...って何となく思いつつ
結局手を付けなかった中の代表みたい曲ですね。


タイトルの長さだけで、まず、かったるくなりそうです。


> まずはとってもご苦労様と言いたいです。


イントロのリフがなかなか弾けないし、早いリフもずれまくり、
かったるいとか言っている場合でなく、かなり苦労しました。



> 何か漠然と、かったるいなあと思ってった原因が
丁寧なご説明で理解できましたよ。
〜my monkeyの小節と次が、3/4ー4/4の繰り返しっていう
ほんとに悪夢でも見てる感じの...謎が解けたって感じ!
ジョージの思い切りの悪いチョーキングのせいだとばかり
今の今まで思ってた!。天国のジョージさん濡れ衣ゴメン!



3拍子が入ることもありますが、ジョージのチョーキングは、
昔から、ちょっと危なっかしい感じで、それでも、この頃に、
先日、pipco1980さんからコメントいただいた09の弦が、
開発されたこともあって、多少はスムーズになって感じです。


> カッティングギターの音が、本物以上に厚くて気持ちいいです。
あとマッカっぽいワナナキが、奴さんらしくて良かったです!



ギターは、もう少し歪みを抑えて、軽めのほうが似ているのですが、
自分の好みもあって、ついつい、ハードロック系にしてしまいます。
ギターマジシャン | URL | 2015/11/22/Sun 01:12 [編集]
ギターが聞かせます。
ギターマジシャンさん こんばんは。

この曲も大好きな曲です。
スピード感があってノリノリです。

ギターが抜群で、ホワイト・アルバムを聞いてるみたいです。
リンゴのドラムはジョンのボーカルの時にさらに深みが
あるように感じます。
マサジョン | URL | 2015/11/22/Sun 21:07 [編集]
Re: ギターが聞かせます。
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんばんは。
この曲も大好きな曲です。
スピード感があってノリノリです。


ジョンのカッティングに、ジョージの早いリフがあおるように重なり、
ポールのベースとリンゴのドラムも迫力ある、バンドサウンドですね。



> ギターが抜群で、ホワイト・アルバムを聞いてるみたいです。
リンゴのドラムはジョンのボーカルの時にさらに深みが
あるように感じます。



ホワイトアルバムは、歪んだギターのリフが格好良い曲が多いし、
リンゴは、ジョンの曲の方が、好きに叩けたのかもしれません。
ギターマジシャン | URL | 2015/11/22/Sun 21:41 [編集]
チキチキチキチキ・・・原曲ではこれハンドベルで鳴らしてるんですか?
なかなかリズムを刻むのが難しいですね^^;
ハンドベルトいうと、クリスマスソングとかで長~いトーンで鳴らす奴しかイメージにないんですけど( ゚д゚ )
しかし、長いタイトルの曲ですね~覚えられません(ーー;
マジェ | URL | 2015/11/24/Tue 14:08 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> チキチキチキチキ・・・原曲ではこれハンドベルで鳴らしてるんですか?
なかなかリズムを刻むのが難しいですね^^;


このテンポで16ビートで鳴らすのは、トライアングルでも厳しくて、
よくもまあ、ハンドベルを振って、リズムキープできたものですよね。



> ハンドベルトいうと、クリスマスソングとかで長~いトーンで鳴らす奴しかイメージにないんですけど( ゚д゚ )


メロディを奏でるミュージックベルというより、商店街の福引で、
ガランガラン鳴らすようなハンドベルを使ったのではと思います。


> しかし、長いタイトルの曲ですね~覚えられません(ーー;


いまだに、自分も歌っていて間違いやすく、そのうえに歌詞では、
「エクセプト・フォー・ミー~」と、「フォー」が追加されます。
ギターマジシャン | URL | 2015/11/24/Tue 20:46 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.