僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
フュージョンとフラメンコの壮絶なアコギ・バトル、「地中海の舞踏」
歌ものの伴奏をしたり、ピアノやサックスがメロディを弾く、
フュージョンばかりを演奏していると、昔からの悪い癖で、
早弾きの虫が騒ぎ出して、「ああ、ギターを弾きまくりたい、
早弾きがしたい。」と、スピード優先のムチャ弾きを始める。

自分にとって、早弾きと言えば、プリズムの和田アキラで、
そのアキラが、77年、「ロッキンF」に連載のギター講座で、
「ベックより、すごいかも。」と、アル・ディメオラの2枚目の、
「エレガント・ジプシー」を紹介して、初めてディメオラを知る。

「ジェフ・ベック命」のように思っていた、高1~高2にかけて、
「ベックより~」は何よりの殺し文句で、何の予備知識もなく、
早弾きであることも知らないまま、ジャケットに写るギターが、
ベックと同じレスポールだから、間違いないだろうと買った。

ゆっくりと始まる1曲目は、テンポが倍速に変わった途端に、
早いフレーズのテーマとなり、さらに超高速のアドリブには、
本当、ものすごく興奮して、これだけでも、もう元が取れたが、
さらなる早弾きの曲が次々と続いて、一気に愛聴盤となった。

フラメンコギタリストのパコ・デ・ルシアとの、ギターバトルの、
「地中海の舞踏」は、最初のテーマから、すごい早弾きだし、
ディストーションなどで歪ませない、アコギの生音のままで、
正確無比に弾きまくる二人には、とにかく圧倒されるばかり。

ディメオラが、チック・コリアのリターン・トゥ・フォーエバーに、
弱冠19歳で抜擢され、その早弾きが話題になったことさえ、
知らなかった自分には、ましてパコなど、いったい誰なんだ、
フラメンコだから、早弾きもすごいのだろうかと、思ったくらい。

今でこそ、フラメンコの革命児、さらに大御所、大家とされる、
パコだが、この録音時は30歳で、ソロアルバム「天才」こそ、
すでに出しているも、由緒あるフラメンコ界では、若輩者だし、
この曲で、パコを知ったというのが、世間一般ではないかと。

しばらくして、ディメオラのギター譜が2冊出て、デビュー作、
「白夜の大地」と、「エレガント・ジプシー」から数曲が入った、
第2巻を買うが、「地中海の舞踏」は入っていなかったので、
その後に、ジャズライフやギターマガジンに載った譜で練習。

その頃通っていた、渋谷河合楽器のジャズ・ギター教室にも、
その雑誌を持っていって、先生に細かいところを教わったり、
伴奏までは載っていなかったが、先生がパコのパートを弾き、
二重奏で練習して、その後、渋谷店全体の発表会にも出た。

81年、「NHKギターをひこう」の、生徒オーディションに行き、
講師の荘村清志から、「どんな曲が弾きたいのか」と聞かれ、
すかさず、「地中海の舞踏」の名を挙げると、「それだったら、
クラシックを習う必要は、ないんじゃないのかな。」と言われる。

「右手の基礎ができないと、パコは弾けないと思うので。」と、
説明すると、「ああ、なるほどね。」と言いつつも、生返事で、
クラシック奏者からすると、ジャズ、フュージョン、フラメンコの、
早弾きなんて、テクニックのうちに、入らないのかもしれない。

イングヴェイの超絶技巧とされる、パガニーニ風の早弾きも、
バイオリン奏者からすれば、普通に何てことないレベルだし、
楽譜どおりに弾けて当たり前、というクラシックは、本当厳しく、
どれだけ練習をすれば良いのかと、ときどき眩暈がしてくる。

仕方なく、ピックを使って、ディメオラのパートを弾いていたが、
パコのラスゲアード、指弾きによる超高速フレーズは憧れで、
10代の頃には、「フラメンコ入門」を買ったし、つい2年前にも、
クラシックギターに盛り上がっていた中、フラメンコに手を出す。

毎日クラシックギターの基礎練習をしていたから、少しくらいは、
パコのフレーズも弾けるんじゃないか、それなら、フラメンコの、
ラスゲアードの技術も、きちんと覚えたら、「地中海の舞踏」を、
MTRの多重録音で、完コピで再現できるのではと、もくろんだ。

ネットで調べると、DVD付きフラメンコギター教本も見つかるし、
そのものズバリ、教則DVD「パコ・デ・ルシア・地中海の舞踏・
1曲マスター」まであって、ディメオラのパートは大丈夫だから、
この2冊で完璧と、まずは、買っただけで、妙な達成感がある。

ただ、「1曲マスター」の方は、慣れ親しんだスタジオ盤でなく、
スーパーギタートリオによるライブ盤の、パコのフレーズであり、
事前にその懸念もあって、メーカーのHPやレビューを探すも、
どこにも、ライブの文字はなくって、半分賭けで購入した品物。

楽譜自体は、リットーのムック本、「アコースティックギター3」に、
シンコー「アル・ディメオラ奏法」があるから、パコのフレーズも、
出ているが、合いの手に入れるラスゲアードや、ゴルペの叩き、
何フレットで押さえるか、などを知りたかったが、別演奏だった。

それでも、フラメンコの技術解説が丁寧で、ライブ盤のとおりに、
模範演奏してくれるので、これはこれで弾けるようになりたいと、
ライブ盤の楽譜が洋書で出ているのを、アマゾンで見つけ注文、
とは言え、ディメオラもスタジオ以上に弾きまくって、到底無理。

まあ、スタジオ盤でもライブ盤でも、楽譜が手に入ったのだから、
いつか集中すれば、弾けるだろうと、2年前は、そこで満足して、
この7月に入って再び、挑戦してみたら、テーマからつまづいて、
1拍=100のところ、90くらいに落としても、指が追いつかない。

ライブ盤にいたっては、120で始まり、どんどん早くなっていき、
ピックでも追いつかないスピード、いずれ弾けるようにしたいが、
昔から弾けていたつもりの、スタジオ盤のディメオラのパートも、
指がもつれるし、パコのフレーズは、情けないくらいに弾けない。

YouTubeを見ると、ライブ盤を収録した際と思える映像があり、
数年後、ディメオラ、パコに、ジョン・マクラフリンまで加わった、
3人でのバトルなど、本人たちの演奏も、数多く見られるうえに、
国内外を問わず、カバー演奏があり、早弾きの見事な人も多い。

ただ、本人たちも含め、ほとんどが、ライブ盤のアレンジとなる、
「地中海の舞踏~広い河」のメドレーで、メドレーというよりは、
イントロとエンディングだけ、「地中海の舞踏」のテーマを弾いて、
あとは、「広い河」のメロディとアドリブの繰り返しとなっている。

ネタばらしというか、「地中海の舞踏」は、ほとんど即興演奏で、
コード進行を「広い河」から拝借したので、ライブ演奏にあたり、
原曲とも言える「広い河」と、つなげたそうだが、自分が聴くと、
アドリブの度に、「広い河」のテーマになり、「地中海」じゃない。

先のDVD「1曲マスター」も、「広い河」のタイトルにすべきだと、
最初に聴いた方に、こだわる自分としては、文句を言いたいが、
世間一般は、ライブ盤を重視していて、これはディメオラでなく、
パコのファン、アコギのファンが、多いということなのだろうか。

エレキを弾く人や、ディメオラのファンではなく、アコギのファンは、
たった1曲のために、「エレガント・ジプシー」を買うことはなくて、
スーパーギタートリオの、全編アコギによるライブ盤を買うから、
「広い河」の方が、普通に聴き慣れた演奏になるのかもしれない。

ちなみに、「地中海~」の原曲は、「二筋の川」とする説もあって、
「広い河」のどちらもパコの曲なので、図書館でベスト盤を借りて、
聴き比べたら、ライブ盤で弾くメロディは、明らかに「広い河だが、
コード進行は、「二筋の川」の方が、「地中海~」と同じに思える。

とにかくギターを弾きまくりたいが、オケを作るのが面倒な時は、
アコギの二重奏がぴったりで、このブログでも、開設した当初に、
少しずつ、多重録音を始めるようになり、この曲に挑戦していて、
その時は、パコのアドリブになる前に、フェイドアウトでごまかす。

高校時代から、早弾きが好きで、40年近くも弾き続けている曲、
アル・ディメオラとパコ・デ・ルシアの名演、「地中海の舞踏」を、
パコのフレーズは危なっかしくて、フラメンコには、ほど遠いうえ、
得意のつもりのディメオラも、寄る年波か、指がもつれています。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ご無沙汰しております
ギターマジシャンさん、こんばんは(^^)
めっちゃお久しぶりです^^;

更新のない私のところへも時々足を運んでくださって感謝です♪
まぁ元気でやってます。

ギターマジシャンさんは、相変わらずキチンとUPなさってて素晴らしいです!
ビートルズも続けていらっしゃるんですね♪さすがです。

厳しい暑さが続いてますが、お身体大切に頑張ってくださいね。
また、忘れた頃に来ま~す(笑)
ちゃらこ | URL | 2015/07/29/Wed 21:22 [編集]
Re: ご無沙汰しております
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん、こんばんは(^^)
めっちゃお久しぶりです^^;


ちゃらこさんが、ブログを休止された昨年6月以来でしょうか。



> 更新のない私のところへも時々足を運んでくださって感謝です♪
まぁ元気でやってます。



また、ブログを再開されないかと、時々覗いておりますが、
こうしてコメントいただけて、お元気そうで、何よりです。



> ギターマジシャンさんは、相変わらずキチンとUPなさってて素晴らしいです!
ビートルズも続けていらっしゃるんですね♪さすがです。



ビートルズは、全曲コピーが生涯かけての目標になりそうですし、
やり直したい曲も、たくさんあるので、休む暇などなさそうです。



> 厳しい暑さが続いてますが、お身体大切に頑張ってくださいね。
また、忘れた頃に来ま~す(笑)


ちゃらこさんもご自愛ください。
またのご訪問、いつの日かのブログ更新をお待ちしています。
ギターマジシャン | URL | 2015/07/29/Wed 23:15 [編集]
Wow!
フラメンコギター、凄まじい演奏です!
( ̄ー ̄)bグッ!
TK | URL | 2015/07/30/Thu 23:44 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> Wow!
フラメンコギター、凄まじい演奏です!
( ̄ー ̄)bグッ!



フラメンコは、ラスゲアードに早弾きと、派手なテクニックが多く、
けっこう、あなどれないもので、じっくりと取り組んでみたいです。
ギターマジシャン | URL | 2015/07/31/Fri 02:12 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.