僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
たった一度きりのビートルズの来日は、「アイム・ダウン」で締めくくり
ビートルズが来日したのは、49年も前の66年6月29日、
季節はずれの台風で、当初の予定時刻を大幅に過ぎて、
午前3時にようやく、羽田空港に到着、有名な場面となる、
日本航空のロゴのハッピを羽織り、タラップを降りてきた。

武道館コンサートは、6月30日、7月1日、2日で5公演、
7月3日の午前10時には、次の公演先へと羽田を発ち、
写真集「「ビートルズ東京~100時間のロマン」のとおり、
たった103時間の滞在、まさに台風のように通り過ぎた。

まさか、このあと、ビートルズがコンサート活動をやめて、
さらには解散して、この武道館公演が、ビートルズとして
唯一のコンサートになるとは、誰も思わなかっただろうし、
ジョンの存命中は、再結成、再来日を誰もが夢見ていた。

結果的に、最初で最後のコンサートになってしまったから、
日本で演奏が聴けたのは、約30分間、11曲のみであり、
最後の曲は、ポールが歌った「アイム・ダウン」だったから、
これがビートルズとしての最後の演奏、白鳥の歌となった。

この曲は、シングル盤のB面で、自分がLPを集めた頃は、
本国イギリス盤はもとより、アメリカ編集・日本編集盤にも、
収録されず、シングル盤でしか聴けない数曲の一つだが、
ライブの定番曲というせいもあってか、普通に知っていた。

ハンブルグ時代から、ライブの最後は、ポールの絶叫する、
「のっぽのサリー」でしめくくるのが、お決まりになっていて、
それに代るオリジナル曲を作ろうと、ポールが作詞・作曲し、
65~66年のライブは、ほとんどこの曲を最後に演奏した。

ビートルズ本だったか、ブログだったか、記憶が曖昧だが、
リバプール・ハンブルグの人たちでは、アマ時代のライブで、
最後に歌う「のっぽのサリー」で、ポールのキレまくる絶叫が、
今でも語り草になっているそうで、レコードの比でないとか。

そんなノリノリ、キレキレの曲に続けとばかりに、作ったから、
冒頭から、ポールが無伴奏で絶叫し、コーラスも叫んでいて、
間奏ギターをジョージが決めると、次にジョンがオルガンで、
鍵盤をスライドさせて、リンゴはボンゴまで叩きまくっている。

伝説の球場コンサートである、シェア・スタジアム・ライブは、
その記録映画が、ロードショー公開までされたように思うが、
確か、自分は、シネクラブ主宰の「ビートルズ復活祭」で見て、
全編上映したろうか、「アイム・ダウン」だけ、よく覚えている。

汗だくのジョンが、上着のボタンを外し、オルガンの前に座り、
その脇のマイクに、ジョージが寄ってきて、一緒にハモッたり、
オルガンのソロでは、ジョンが腕を突き上げたり、肘を使って、
鍵盤をスライドさせたり、パフォーマンスがすごく派手だった。

「アンソロジー」でリンゴが、「ジョンは完全にキレていた。」と、
何だか苦々しそうに回想しているが、ショーとしては見事だし、
ギターを燃やすジミ・ヘンドリックスに比べれば、おとなしいし、
ロックなんだから、何をいったい、リンゴは気に入らないのか。

そんなわけでもないのだろうが、日本公演に限らず、66年は、
ステージにオルガンが用意されていても、ジョンが弾くことなく、
YouTubeにあるドイツ公演でも、ジョンはカジノを抱えて演奏、
この時、ポールは、ジョンに歌詞を教わるも、2番から歌った。

歌詞を間違えるのは、ジョンが常習犯というイメージが強くて、
ポールは、そんなことないように思えるが、ライブ音源を探すと、
けっこう間違えたり、笑い出していて、レコード盤に記録された、
ジョンのミスが目立ちすぎるのと、2人の性格の印象のせいも。

「アイム・ダウン」が録音された日は、まさにポールの独壇場で、
たった1日で、「夢の人」、「アイム・ダウン」、「イエスタデイ」と、
立て続けに演奏し、歌ったそうで、「アイム・ダウン」で絶叫して、
一転、弦楽バックに、「イエスタデイ」を歌ったポールには脱帽。

自分と比べるのも失礼だが、「アイム・ダウン」のような絶叫は、
そもそも、高音が出ないのは別として、せいぜい2回歌うのが、
限度であって、その後、かすれた声さえ出なくなってしまうのに、
ポールの声帯はどうなっているのか、プロだと誰もそうなのか。

自分は、いつもリズム音痴だと、愚痴っているが、それ以上に、
実際の音痴も重症で、ハモリが濁って、何度も歌いなおしたり、
出だしの無伴奏で歌う部分が、音程がどんどん下がってしまい、
伴奏が入ったときに、半音から1音ずれて、ちょっとひどすぎた。

そこで、空いているトラックに、リズムギターを録音して、歌うが、
メロディーはAの音程なのに、コードはGを弾くから、つられて、
Gで歌う始末で、さらにと、メロディー・ラインまで空きトラックに、
ガイド用で録音したが、それでも音程が合わなくて、打つ手なし。

コーラスは、いつものように、バンドスコアだと省略されていて、
YouTubeの「ビートルズ・ヴォーカル・ハーモニー」を参考にして、
「I realy down」は2声、その後ろで、「down」と伸ばすのは、
3声にするが、ここはライブで省略されていたから、初めて歌う。

ジョージのリードギターは、ステレオでよく聴くと、右チャンのは、
ディレイで振り分けているようでいて、途中でフレーズが変わり、
ツインギターなのかと、不思議に思うと、歌をダビングする前の、
ベーシックトラックでも弾いた音が残って、そのままにした模様。

「アンソロジー」で聴けるベーシックトラックは、これとはまた別の、
リードギターのフレーズが聴けるので、ジョージは、ソロの最初と、
最後は、ある程度フレーズを決めるが、あとはアドリブのようで、
ドイツ公演では、ポールが「タックスマン」で弾いたようなフレーズ。

すでに、「リボルバー」の録音を終えて、ツアーに出ていたから、
「タックスマン」も完成していたはず、自分の曲のリードギターを、
ポールが弾いたのが、やや引っかかるものの、このフレーズは、
格好良いなあと、何気にコピーしたのかと、想像するもの楽しい。

ポールの武道館公演にちなんで、いろいろと演奏してはきたが、
最後にトリのつもりで選曲した「アイム・ダウン」は、企画倒れで、
ビートルズ日本公演の白鳥の歌が、鶏を絞め殺したような声で、
自分の歌えるキーを再確認すべきと、反省だらけとなりました。





スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


絶叫ですね
ギターマジシャンさん こんばんは。

この曲はキーが高すぎて私はどうにもなりませんが、上手く
まとめられているのが流石です。
ポールの武道館で期待していたのが演奏されずガッカリでしたが、
ギターマジシャンさんの演奏で聞けて最高です。
マサジョン | URL | 2015/07/04/Sat 20:38 [編集]
Re: 絶叫ですね
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん こんばんは。
この曲はキーが高すぎて私はどうにもなりませんが、上手く
まとめられているのが流石です。
ポールの武道館で期待していたのが演奏されずガッカリでしたが、
ギターマジシャンさんの演奏で聞けて最高です。



先日の武道館でポール本人が歌ってくれれば、一番良かったのですが、
その代わりに自分で歌ってみようなどと思いついたのが、失敗でした。

いつも以上に、お粗末な歌声になってしまい、本当すみませんでした。
(と、反省しつつ、暖かいコメントに、また調子に乗りそうです…)
ギターマジシャン | URL | 2015/07/04/Sat 22:26 [編集]
こんにちは~^^

何度も聴いていますが、コメント遅くなりました。
いや~『敢闘賞』差し上げます☆

マサジョンさんも仰るとおり、いかんせん、このKeyではど~にもなりませんね^^;
でも、しっかりグルーブ感が出ていると思います☆

もう、30年くらい前でしたか、某六本木のライブハウス(笑)で、トリに出てきたバンドがいまして、お世辞にも上手いとはいえない演奏でしたが、ポール君が歌う
アイムダウン、のっぽのサリーのシャウトボーカルに店内のお客さんが『熱狂』したのを思い出しました^^>

オマケに、アンコールも、アイムダウンだったのですが、腕時計を指しながら
「もう終電が無くなるので、僕らはもういかなくちゃ」ってパロってたのが
さすがだな~と思いました^^

益々のご活躍を☆


Mr・へぼい | URL | 2015/07/10/Fri 18:40 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> こんにちは~^^
何度も聴いていますが、コメント遅くなりました。
いや~『敢闘賞』差し上げます☆



それより、せいぜい参加賞か、がんばった大賞のNG部門でしょう。




> マサジョンさんも仰るとおり、いかんせん、このKeyではど~にもなりませんね^^;
でも、しっかりグルーブ感が出ていると思います☆



演奏とハモリは、そこそこできたと思うので、それに救われて、
曲全体として、ノリ、グルーブが多少は出せたんだと思います。




> もう、30年くらい前でしたか、某六本木のライブハウス(笑)で、トリに出てきたバンドがいまして、お世辞にも上手いとはいえない演奏でしたが、ポール君が歌う
アイムダウン、のっぽのサリーのシャウトボーカルに店内のお客さんが『熱狂』したのを思い出しました^^>



やはり、歌がうまいかどうか、シャウトできるかがポイントで、
演奏はギター1本であっても、ボーカルの力で聞かせますよね。




> オマケに、アンコールも、アイムダウンだったのですが、腕時計を指しながら
「もう終電が無くなるので、僕らはもういかなくちゃ」ってパロってたのが
さすがだな~と思いました^^


ライブハウスならではのコメントも見事ですね。



> 益々のご活躍を☆


へぼいさんも、弾き語りのペースがすごくて、楽しみに聴いています。
ギターマジシャン | URL | 2015/07/10/Fri 21:00 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.