僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
お楽しみ会でマジシャンデビュー
手品を始めたきっかけの記憶は、
今となっては、おぼろげ。

引田天功(初代)をテレビで見たからか、
東横の玩具売り場で実演を見たからか。

ただ、はっきり覚えているのは、最初に買った手品が、
テンヨー「八つの手品」というセット物だったこと。

そして、その中の「ストップダイス」を、
小学4年生のお楽しみ会で披露した。

紐を通したダイスが、マジシャン(自分です)の掛け声と共に、
落下したり、ストップしたりする手品。

仕掛けがあるのか調べてみてと、クラスの数名に渡しても、
ダイスは落下するのみ。

再びマジシャンが手にすると、
「ストップ」「落ちろ」という命令どおり、ダイスが自由自在。

クラス中の喝采というにはおおげさだが、
拍手に気をよくした自分は、手品にはまっていくのでした。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.