僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ビートルズ初のミリオンヒット、初期の大傑作「シー・ラヴズ・ユー」
自分とビートルズとの出会いが、3本立ての映画だったと、
何度となくブログに書いているが、後追い世代のせいもあり、
初めて聴いたのは、この曲で、ものすごく衝撃を受けたとか、
あの曲を聴いて、ファンになっただとか、そうした経験がない。

その映画にしても、流れていた音楽より、ストーリーが面白く、
気に入ったので、友人に、サントラ盤はないのかと尋ねたら、
貸してくれたのが、前期ベスト盤「オールディーズ」で、そこで、
一度に名曲の塊と出会って、一気にファンになったという感じ。

「オールディーズ」の1曲目は、「シー・ラヴズ・ユー」だから、
無理やり、これが自分とビートルズの出会いと、こじつけても、
よい気もするが、映画「ビートルズがやって来る」の最後でも、
演奏していた、この曲が、特に印象に残っていたわけでない。

「ハード・デイズ・ナイト」にしても、「ヘルプ」にしても、映画で、
冒頭からテーマ曲として流れていたが、アニメの主題歌とか、
映画音楽という感覚でいて、「フロム・ミー・トゥー・ユー」だの、
「抱きしめたい」と、怒涛のヒットに魅かれるまで、時間差が。

自分で買った最初のLPが、日本編集盤「ビートルズ!」で、
これまた、初期のシングルベスト盤と呼べる、すごい選曲で、
どちらにも入っていた、「シー・ラヴズ・ユー」、「抱きしめたい」、
「プリーズ・プリーズ・ミー」「フロム・ミー~」が、やはり決め手。

映画のサントラ盤だからと、「レット・イット・ビー」を渡されたり、
前期・後期それぞれ2枚組となる、赤盤と青盤を聴いていたら、
一気にファンになれたか、ちょっと敬遠してしまったかもしれず、
初期の大ヒット4曲と出会って、ファンになったと、こじつけたい。

その1つ、「シー・ラヴズ・ユー」は、ビートルズ初のミリオンで、
「イェー・イェー」のハモリや、「フー」のファルセットが特徴的で、
ドドンドドンと、リンゴのドラムから始まり、いきなりサビを歌って、
このあたり、マーティンがヒットを狙って、アドバイスしたそうだ。

ビートルズの成功は、ジョンとポールの作曲の才能だけでなく、
5人目のビートルズと呼ばれる、マーティンの存在が大きいし、
マネージャーのエプスタインの才覚、スタジオの技術者たちの、
創意工夫と、どのピースが欠けても、なかったのだろうと思う。

エンディングのハーモニーについて、ジョージの案で6度にして、
4人は、すごい和音を考えたと、自画自賛するも、マーティンは、
昔からある、ジャズの和音で、古臭いと思ったのだが、4人が、
意地を通して、このハモリにして、それがロックでは斬新だった。

その肝心のハーモニーが、バンドスコアでは、DとEの2声だし、
上林格「この日のビートルズ」では、D、F、Gだと書かれていて、
川瀬泰雄「真実のビートルズ・サウンド」は、3度、5度、6度と、
なっているから、これは、B、D、Eの音をさし、どれもバラバラ。

「ビートルズ・レコーディング・セッション」には、63年7月1日に、
マーティンの回想として、ハーモニーのエピソードが載っていて、
そこでは、「ジョージが6度、ジョンとポールが3度、5度」とあり、
それが、一番正しいのかと思いつつ、歌ってみると、どうも違う。

頼みの綱の、YouTube「ビートルズ・ヴォーカル・ハーモニー」は、
ジョンがD、ジョージがE、ポールが高いGで、これが正解かと、
参考になったし、さらに全曲を通しての、メロディのハーモニー、
ジョンとポールの各々のパートが確認できて、本当ありがたい。

ジョンとポールが、時々ユニゾンになりながら、ポールが上で、
ジョンが下でハモるのは、自分は高音が聴きとりやすいようで、
他の曲と同様に、ポールの方で覚えていたが、「bad」の部分は、
なぜかジョンの歌う下で覚えていて、いい加減に歌っていた。

こうした悩みは、音感のある人なら、まったく縁がないわけで、
楽譜を見比べたり、いろいろな本を、調べるも調べないもなく、
聴こえる音をそのまま歌うだけのことで、それはギターも同様、
コードやポジションが違うと、あれこれ調べるのは自分くらい。

この曲の最初のコードは、Em、A7で始まり、バンドスコアは、
開放弦を含むローコードになっているが、ライブ映像を見ると、
ジョンは、7フレットのEmを押さえて、次に5フレットへと降りて、
ライブは変えているのか、レコードはどっちかと悩んだりする。

レコーディングでジョンが弾いた楽器は、ギブソンのJ160Eと、
リッケンバッカー320の諸説あり、ギブソンなら、アコギだから、
開放弦を使って弾くし、リッケンバッカーなら、ハイポジかなと、
想像するが、これも、音感があれば、和音どおり押さえるだけ。

さらに、リンゴのドラムは、バンドスコアでは、トップシンバルを、
ずっと叩くよう指定しているが、これは、ライブ映像にあるとおり、
オープン気味のハイハットを、スティックを前後に揺らして叩く、
リンゴ特有のやり方に間違いなく、ドラムマシンは、それで入力。

ビートルズの初期の大ヒット曲の1つ、「シー・ラヴズ・ユー」は、
有名すぎるだけに、自分の歌の稚拙さが目立ってしまうからと、
避けがちな曲ですが、やはり、歌いたい、演奏したいと思うので、
いつものダブルトラック、エコーを駆使して、何とかのアップです。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


いいですねぇ~
ギターマジシャンさん こんばんは。

yeah,yeah,yeah、原点の曲ですね。
ビートルズ・マニアが叫んでいる情景が浮かびます。
特にジョージのフレーズが好きですが弾くのは忙しいです。
マサジョン | URL | 2015/03/15/Sun 18:56 [編集]
Re: いいですねぇ~
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん こんばんは。
yeah,yeah,yeah、原点の曲ですね。
ビートルズ・マニアが叫んでいる情景が浮かびます。
特にジョージのフレーズが好きですが弾くのは忙しいです。



ビートルズが本国イギリスで、全国区のバンドとなった曲で、
ここから、黄色い悲鳴のマニア現象が始まったのでしょうね。

ジョージのフレーズは、曲のポイントを押さえて、見事です。
ギターマジシャン | URL | 2015/03/15/Sun 21:22 [編集]
イエーイ ☆d(o⌒∇⌒o)b
ノリノリで拝聴しました♪

小学生の頃、この曲を聴いてノックアウトされたのを
思い出しました☆

>5人目のビートルズと呼ばれる、マーティンの存在が・・・

その通りですね♪
これは、小林克也の「ビートルズから始まる」の受け売りなのですが、

マーティン:「曲は最高だけどもう少しインパクトがほしいね」
ポール:「どーすればいいの?」
マーティン:「それはね、サビから入ればいいのさ」

この一言で四人はマーティンに対する揺ぎ無い信頼をよせるよになったそうです。


今回もギターマジシャンさんの演奏、良かったですよ☆
Mr・へぼい | URL | 2015/03/17/Tue 21:12 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> イエーイ ☆d(o⌒∇⌒o)b
ノリノリで拝聴しました♪
小学生の頃、この曲を聴いてノックアウトされたのを
思い出しました☆


自分はビートルズと出会ったのは、中学生でしたが、
こうした初期のヒット曲で、とりこになりますよね。



> >5人目のビートルズと呼ばれる、マーティンの存在が・・・

> その通りですね♪
これは、小林克也の「ビートルズから始まる」の受け売りなのですが、
マーティン:「曲は最高だけどもう少しインパクトがほしいね」
ポール:「どーすればいいの?」
マーティン:「それはね、サビから入ればいいのさ」
この一言で四人はマーティンに対する揺ぎ無い信頼をよせるよになったそうです。


サビから始めるという、インパクトのある編曲が、
この曲の魅力を、見事に引き出したと思いますし、
そこから、マーティンとの絆も深まったのですね。



> 今回もギターマジシャンさんの演奏、良かったですよ☆


歌のほうは、高音がきつく、ファルセットもお粗末ですが、
ギター伴奏のほうは、雰囲気が近づけたのではと思います。
ギターマジシャン | URL | 2015/03/18/Wed 00:10 [編集]
びっくりです
おはようございます。
ギターマジシャンさんがこの曲取り上げるなんて超びっくりです。
これまでのいろんなコメントからこの曲の位置づけはあまり高くないのかと思っていました。それと、ジョンとポールが対等に最初から最後までハモりっぱなしという、ポールの占める割合が高い曲であることからも。
でも、ずっとやってみたかったと聞きうれしいです。
バンドとしてのグルーヴ感がとっても出ていますよ。ジョージのギターもいいですね。
シンセを買ったので僕もフルバンドで多重録音してみたくなりました。
ST Rocker | URL | 2015/03/18/Wed 06:56 [編集]
Re: びっくりです
いつも、コメントありがとうございます。



> おはようございます。
ギターマジシャンさんがこの曲取り上げるなんて超びっくりです。
これまでのいろんなコメントからこの曲の位置づけはあまり高くないのかと思っていました。それと、ジョンとポールが対等に最初から最後までハモりっぱなしという、ポールの占める割合が高い曲であることからも。
でも、ずっとやってみたかったと聞きうれしいです。
バンドとしてのグルーヴ感がとっても出ていますよ。ジョージのギターもいいですね。
シンセを買ったので僕もフルバンドで多重録音してみたくなりました。



ポールがメインの曲は、どうしても自分の歌がネックになるので、
隠れた名曲に取り組む意地とは別に、ついつい避けてしまいます。

ST Rockerさんは、「イエスタデイ」「レットイットビー」に加え、
「シー・ラヴズ・ユー」曲も、昔から、歌を重ねて演奏されていて、
ファルセットも見事なので、是非、バンド版をお聴かせください。
ギターマジシャン | URL | 2015/03/18/Wed 07:25 [編集]
いい曲ですね!
原曲は若さがみなぎる勢いを感じますが、
ギターマジシャンさんVerは、ソフトな雰囲気が漂っていてます。
リッチーエリックボーン | URL | 2015/03/22/Sun 23:56 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> いい曲ですね!
原曲は若さがみなぎる勢いを感じますが、
ギターマジシャンさんVerは、ソフトな雰囲気が漂っていてます。



若き日のビートルズの、元気いっぱいの演奏で、
楽しそうに歌っているのが、すごく伝わる曲です。

ジョンのドスのきいた声と、リンゴのドラミングが、
再現しにくい分、ソフトな感じに仕上がりました。
ギターマジシャン | URL | 2015/03/23/Mon 00:28 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.