僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
歌詞は難解だが、ジョンのストレートな歌声の「ディグ・ア・ポニー」
久々のライブ演奏へ向けての、ドキュメンタリーとして始まった、
「ゲット・バック・セッション」は、たった1度のライブでさえも中止、
人間関係も悪化するなか、テレビから、映画へ方向転換したり、
紆余曲折が続いて、膨大な、未完成の演奏、フィルムが残った。

何とか、まともな演奏をまとめて、アルバムの形にはしたものの、
発売は延期され、原点回帰、「ゲット・バック」とは、かけ離れて、
フィル・スペクターが、オーケストラや、合唱をダビングして完成、
映画のサントラ盤、「レット・イット・ビー」として、ようやく発売した。

ダビングなし、4人での演奏に戻ることが、コンセプトだったから、
ポールが、特に「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」への、
オーケストラ、女性コーラスの起用に怒り、今も根に持ちながら、
「ネイキッド」として、元のシンプルな演奏にしたのも、有名な話。

ただ、ポールやビートルズ側にも問題があり、やりっ放しというか、
未完成なテープと、形ばかりの屋上ライブ、スタジオライブを残し、
あとはよろしく、編集してアルバムに仕上げておいてね、となると、
いつものジョージ・マーティンも、さじを投げたのか、手をつけない。

いわば、最悪な音源だけ残った感のある、一連のセッションだが、
それでも、一時期の、テープの回転操作をして、録音してみたり、
レスリースピーカーを通したりと、ジョンの声を加工したのに対し、
ストレートな生のジョンの歌声が聴ける、それだけで価値はある。

中学時代、ジョンに憧れ、その声を必死で真似ていた自分には、
「ディグ・ア・ポニー」や、「ワン・アフター・909」でのジョンの歌は、
デビュー当時のジョン節と並ぶ、いかにも、ジョンという歌い方で、
アルバム「レット・イット・ビー」の中で、気に入って歌った曲だった。

このアルバムでは、基本的に、4人はダビングなしの演奏だから、
中学時代の、ジョージ役と2人きりのビートルズ・コピーバンドでは、
「サージェント・ペパーズ」などに比べて、はるかに再現しやすくて、
弾き語りに毛が生えた程度だが、2人で演奏して、その気になった。

当時、ビートルズの楽譜は、なぜか、ギターでなく、ピアノに編曲し、
国内盤の全LPに、曲を合わせたものが、分冊で発売されていて、
「ミート・ザ・ビートルズ」や、「レット・イット・ビー」とかを手に入れて、
耳コピが苦手な分、ピアノ譜のイントロや間奏を、参考にしていた。

ピアノ譜だから、ギター用タブ譜どころか、ポジションの指定もなく、
「ディグ・ア・ポニー」のイントロのリフは、開放弦を使って弾いたが、
今回、全曲バンドスコアを見ると、5~9フレットが指定されていて、
映像で確認すると、ジョージだけでなく、ジョンも、ハイポジション。

このあたり、正しい弾き方がわかって、さすがのバンドスコアだが、
その反面、この曲では、ビリー・プレストンが弾く、ピアノのパートが、
載っていないし、ジョージが弾く、歌に絡むオブリガードのギターが、
1番・2番とフレーズを変えていくのに、最初の分しか、出ていない。

ジョージの弾くリズムギターや、一部のハモリが、省略されるのは、
もう慣れたというか、あきらめたが、リードギターは採譜して欲しく、
耳コピすれば良いと言われても、苦手だし、その時間が惜しいから、
市販の楽譜を買うのにと、ないものねだりの、いつもの愚痴となる。

それで、イントロは、せっかくの正しい弾き方を知っても、指を広げ、
ポジション移動するとなると、かなり、ぎこちない演奏となってしまい、
長年覚えた弾き方は、そうそう変えられないと実感し、今さらながら、
クラシックギターで、正しい姿勢、押さえ方を、しつこく言うのも納得。

この曲のテンポは、全体を通じて3拍子だが、イントロでは128で、
歌が始まると、114と遅くなって、さらに、リタルダンドもしているが、
自分のMTRでテンポを変えるのは、至難の技、時間もかかるから、
120で通したが、イントロは、間の抜けたようになり、今後の課題に。

ジョンは、エピフォン・カジノを歪ませ、こもった音色でコードを弾き、
ジョージは、フェンダー・テレキャスターで、エッジのきいた硬い音色、
自分は、どちらも、ストラトにし、ギターのトーンをしぼり、ジョンの音、
トーン全開で、ピックをひっかけるようにして、ジョージの音を出す。

最後の歌詞が、 昔の歌詞集では「dug a pony」、楽譜全集も同様、
CDの歌詞は、「dig a pony」だが、そうは聴こえないと思っていて、
「ネイキッド」は「dug~」、バンドスコアでは、「 cold and lonely」、
ネットでは、「roll a lorry」とあるが、とりあえず、バンドスコアに倣う。

映画では、イントロに続けて、「All I want is」と、ポールが歌ったが、
フィル・スペクターは、そこをカットして、「レット・イット・ビー」に収録、
なぜか、「ネイキッド」も同様にカット、そもそも、この部分の歌詞は、
ジョンがヨーコへ向けたという、愛のメッセージだそうで、何ともはや。

それなら、何をおいても、最初の部分を、ジョンは歌うべきだろうが、
まるで、デビュー曲の、「ラヴ・ミー・ドゥー」で、ハーモニカを吹くため、
ポールに歌ってもらったように、「I I Hi Hi~」とかぶってくるから、
ポールにやらせ、なぜか、ポールは、「You」までは歌わないでいる。

映画「レット・イット・ビー」の、屋上での演奏が、LPにも収録された、
「ディグ・ア・ポニー」は、ジョンらしい歌声が光る、名ライブですが、
自分は、テンポが間延びしたうえ、生唄のジョンとは、どうやっても、
似ても似つかない悪声で、没にすべきところ、無理やりのアップです。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ご無沙汰してしまいました。すみません。

ビートルズシリーズの完成度があんまり高くてびっくりしました。かっこいいですね。
テイルピース | URL | 2014/11/29/Sat 19:48 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> ご無沙汰してしまいました。すみません。



テイルピースさんのブログが、また更新されるようになって、
旅行の記事や、ギターの機材の話を、楽しく拝見しています。




> ビートルズシリーズの完成度があんまり高くてびっくりしました。かっこいいですね。



いくつかの曲は、オケの出来が、良く仕上がってきていますが、
ノリや迫力不足だったり、何より歌がネックで、先は長いです。
ギターマジシャン | URL | 2014/11/29/Sat 20:26 [編集]
最高ですね。
ギターマジシャンさん こんばんは。

いつもながらの素晴らしい再現度です。
この曲は以前練習していましたが拍子をとるのが難しく
なかなか合わせることが出来ませんでした。
ジョンの歌も演歌調で難曲です。
マサジョン | URL | 2014/11/29/Sat 20:44 [編集]
Re: 最高ですね。
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんばんは。
いつもながらの素晴らしい再現度です。
この曲は以前練習していましたが拍子をとるのが難しく
なかなか合わせることが出来ませんでした。
ジョンの歌も演歌調で難曲です。



初期の曲に多い、ジョン節とも呼べる、演歌調の歌い方で、
なかなか音程が取れないし、早口にも、ついていけないです。

全体に3拍子なのですが、テンポが変わるし、3連符とか、
シャッフル気味のノリも難しくて、さすがのジョンですね。


ギターマジシャン | URL | 2014/11/29/Sat 21:43 [編集]
ルーフトップの見せ場ですね
おはようございます。
今回もゲットバックセッションの一連のお話、お見事です。
本当にいろいろありましたが、音の宝庫でもありますね。

今回の曲は僕もいずれ是非やってみたい曲です。
あの当時の緊張感が出ていて、いいですよ。
ST Rocker | URL | 2014/12/01/Mon 07:08 [編集]
Re: ルーフトップの見せ場ですね
いつも、コメントありがとうございます。



> おはようございます。
今回もゲットバックセッションの一連のお話、お見事です。
本当にいろいろありましたが、音の宝庫でもありますね。



昔のレパートリーを演奏したり、「アビーロード」の曲を練習したり、
音源がたくさんありますが、LPにするのは、大変だったと思います。



> 今回の曲は僕もいずれ是非やってみたい曲です。
あの当時の緊張感が出ていて、いいですよ。


テンポの設定と、いつもの悪声のボーカルがネックでして、
YouTubeにアップしてから、ブログへ貼り付けるという、
わずかの間に、低評価がついてしまうほどの仕上がりです。

ギターマジシャン | URL | 2014/12/01/Mon 07:16 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.