僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
中秋の名月にちなみ、ジャズの定番「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」
雨が続き、涼しくなったかと思うと、再び残暑になったりして、
毎年、季節の変わり目に、今年は異常気象なのだろうかと、
戸惑うことばかりで、以前のような、穏やかな四季の変化は、
日本には存在しなくなったのかと、これまた、毎年感じること。

暦の上では、8月7日が立秋だが、こればかりは、今も昔も、
実感がわかなくて、旧暦、新暦の違い以上に、ずれた感覚、
それでも、秋分の日に、昼夜の長さが同じなのは、事実だし、
中秋の名月には、日にちが毎年動くものの、お月見が定番。

今年は、9月8日が中秋の名月らしいが、陰暦のことだとか、
月齢のことに疎い自分は、満月と言えば十五夜なのだから、
9月15日こそ、お月見じゃないかと、勝手に思い込んでいて、
月見団子を買いに行っては、空振りするのも、毎年の恒例。

そもそも、十五夜が毎月15日だと、それだけでも勘違いだし、
それが高じて、中秋の名月が、秋分の日で、9月15日だとか、
敬老の日が、どっちだったっけと、混乱することまで起こって、
昨今のハッピーマンデーで、余計に、訳が分からなくなった。

だから、感覚的には、ちょっと早い、お月見の時期になるが、
月にちなんだポピュラーソングでも、弾いてみようかと考えて、
どんな曲があるかと、すぐ思いつくのは、「ムーン・リバー」に、
「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」など、定番のスタンダード曲。

特に、この2曲は、歌い始めの歌詞が、曲のタイトルになって、
何となく、そこだけは、口ずさめるから、印象にも残るのだが、
そこから先は、メロディも、うろ覚え、歌詞も出ず、鼻歌という、
熱心に聴いたことがない、いつのまにか、親しんだ曲の典型。

さらにジャズとなると、「ムーンライト・セレナーデ」が有名だし、
「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」「バーモントの月」「月光値千金」など、
太陽や雨と同様に、次から次へと思いつくし、クラシック音楽、
洋楽、J-POPにも名曲があり、毎年弾いても、追いつかない。

「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」は、いつも愛用、江部賢一の、
ギター編曲集にも出ていて、前半は、3拍子で、ゆっくり弾き、
後半は、ボサノバのリズムで、アップテンポで演奏するという、
しゃれた編曲になっていて、昔から、さわり程度は弾いていた。

もともと、この曲は3拍子で、のちにボサノバのリズムに編曲、
そっちの方が、一般的になったそうで、そのあたりを踏まえた、
江部の編曲は心憎いし、ジャズを意識したのか、ボサノバか、
テンションコードによる伴奏も、リハーモナイズされてて見事。

3拍子は、ワルツで、音楽の教科書でも慣れ親しんでいるが、
やはり4拍子の方が、聴いていて、おさまりがよいのだろうか、
バッハのメヌエットを4拍子にした、「ラバーズ・コンチェルト」が、
大ヒットしたのも、お茶の間に、心地よい感じだったのでしょう。

「フライ・ミー~」は、いつの間にか、曲を聴いて、覚えたわけで、
例えば、ビートルズのように、中2で聴いたとか、あのドラマで、
あの映画で、というのが、自分にはないから、実家の、まさに、
お茶の間に浸透した曲で、テレビで、何気に流れたのだと思う。

幼い頃、母が見ていた、「アンディ・ウィリアムス・ショー」とかで、
歌ってそうだが、そう記憶には残らないだろうから、それよりは、
中学、高校になって見た、「サウンド・イン・S」で、伊東ゆかりが、
ゲスト歌手と歌ったり、ジャズの歌番組で、聴いたというところ。

今回、記事を書くにあたり、知ったのが、社会現象にまでなった、
「新世紀エヴァンゲリオン」の、エンディングテーマだったそうで、
こうやって、次の世代へ、歌い継がれていく曲があるんだなあ、
歌は世につれ、世は歌につれとは、よく言ったものと、感慨深い。

中秋の名月にちなんで、月がタイトルに登場する、多くの曲から、
ジャズでも定番中の定番曲、「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」を、
昔から弾いていた、江部のギター編曲で、今回はリズム隊なし、
ソロギターで演奏しましたが、リズムがよれたり、タッチが雑です。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


今年の夏ほど「夏らしくない」ものはありませんでしたね。「蒸し暑い梅雨」だなと思いました。明日は長男の通う中学校の体育祭なのですが、今日は大雨警報が出てましたし中止・延期になる可能性大です。
月が綺礼に見える夜も最近少ないですね・・・ちなみに今年の「中秋の名月」は9月8日だそうですね。俺の誕生日ですわ^^;
様々な演奏を聴いていて、マジシャンさんとガット・ギターの組み合わせが一番しっくりくるのは俺だけでしょうかね~?この曲もめちゃいい感じですよ(*´∀`*)
マジェ | URL | 2014/09/06/Sat 20:40 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> 今年の夏ほど「夏らしくない」ものはありませんでしたね。「蒸し暑い梅雨」だなと思いました。明日は長男の通う中学校の体育祭なのですが、今日は大雨警報が出てましたし中止・延期になる可能性大です。


おっしゃるとおり、蒸し暑いし、雨も多くて、エアコンは、
冷房よりも、除湿の方に切り替えることが、多かったです。

娘のところは、昨年、文化祭も台風で中止になってしまい、
今年も、来週が予定のところ、台風がせまってきています。



> 月が綺礼に見える夜も最近少ないですね・・・ちなみに今年の「中秋の名月」は9月8日だそうですね。俺の誕生日ですわ^^;



9月8日では、早すぎる「中秋の名月」と思っていましたが、
マジェさんの誕生日に重なるとは、どこか、めでたいですね。



> 様々な演奏を聴いていて、マジシャンさんとガット・ギターの組み合わせが一番しっくりくるのは俺だけでしょうかね~?この曲もめちゃいい感じですよ(*´∀`*)


中1のとき、一番最初に買ったのが、ガットギターだったことや、
「ギターをひこう」で、クラシックギターを覚えたせいもあって、
自分でも、エレキよりも、生ギターの方が、しっくりくるようで、
そのうえ、ピック弾きより、指弾きの方が、音も良い気がします。
ギターマジシャン | URL | 2014/09/06/Sat 23:09 [編集]
場所と 時間が 変わってくる のですね
>中秋の名月が、秋分の日で、9月15日だとか、
敬老の日が、どっちだったっけと、混乱することまで起こって、
昨今のハッピーマンデーで、余計に、訳が分からなくなった。

笑ってしまいます。♪ 楽しい!いやぁ 実に今の私みたいに・・・
ほんとうに 新語がでてきて 混乱です。
シンプルな 日本はどこへ いったのでしょうか?

曲も 同じで 
前半のしっとりフライミー ツー ザ・ムーンは
仲秋の名月にぴったり
おだんご じゃなくって ちょっと 洋酒のグラスを傾けながら
紳士が夜も更けゆく 月明かりで飲んでる感じに。

後半のボサノバリズムに乗せると 
サングラスをかけ、髪を スカーフでおおい、
白いノースリーブの姿に身をつつみ、
オープンカーで 
海辺へ 月を見に 走るような 感じに

速さや リズムにより 受ける感じが変わり、
曲を聴いている
自分の居場所が 変わってくるものなんですね

昔 エレクトーンをしていて
こんな編成がとても 多く、その中に リズムをどんどん変えていく
方法がありまして、懐かしく 聞きました
kao | URL | 2014/09/13/Sat 11:16 [編集]
Re: 場所と 時間が 変わってくる のですね
いつも、コメントありがとうございます。


> >中秋の名月が、秋分の日で、9月15日だとか、
敬老の日が、どっちだったっけと、混乱することまで起こって、
昨今のハッピーマンデーで、余計に、訳が分からなくなった。

> 笑ってしまいます。♪ 楽しい!いやぁ 実に今の私みたいに・・・
ほんとうに 新語がでてきて 混乱です。
シンプルな 日本はどこへ いったのでしょうか?



「みどりの日」と、「海の日」も、混乱に拍車をかけています。



> 曲も 同じで 
前半のしっとりフライミー ツー ザ・ムーンは
仲秋の名月にぴったり
おだんご じゃなくって ちょっと 洋酒のグラスを傾けながら
紳士が夜も更けゆく 月明かりで飲んでる感じに。
後半のボサノバリズムに乗せると 
サングラスをかけ、髪を スカーフでおおい、
白いノースリーブの姿に身をつつみ、
オープンカーで 
海辺へ 月を見に 走るような 感じに
速さや リズムにより 受ける感じが変わり、
曲を聴いている
自分の居場所が 変わってくるものなんですね



おっしゃるとおり、ギター1本で同じメロディを弾いても、編曲によって、
まったく雰囲気が変わってきて、これが、音楽の面白いところだと思います。

曲に対するKaoさんのイメージを伺い、前半は、ウィスキーのCMあたり、
後半は、ユーミンのプロモーションビデオへと、自分の連想が続いています。




> 昔 エレクトーンをしていて
こんな編成がとても 多く、その中に リズムをどんどん変えていく
方法がありまして、懐かしく 聞きました


エレクトーンは、リズムボックスをいじって、テンポやパターンを変えて、
曲のアレンジが広がっていき、ちょっとしたオーケストラを聴くようです。
ギターマジシャン | URL | 2014/09/13/Sat 15:19 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.