僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジョージの作曲で、唯一コンサートで演奏された曲、「恋をするなら」
中学時代、情報も少ない中、バイブルのように読みあさった、
立風書房の「ビートルズ事典」には、年表や、全曲の解説に、
各国のLP、シングル盤、海賊盤のリストなど、充実していて、
楽器リストも、これが憧れのギターだと、食い入るよう見た。

日本一のコピーバンドの、ジョンを目指した自分は、当然に、
初期のジョンが弾いた、リッケンバッカーのギターに憧れて、
高校合格祝いで、グレコのコピーモデル、本物の黒、青が、
売り切れる中、赤のリッケンバッカー320を、買ってもらった。

「事典」では、ジョンのギターは、リッケンバッカー425とされ、
何で自分のは、320なのか、ジョージの12弦は330だから、
Fホールなどが開いていると、300番台で、末尾が5となると、
トレモロアームがつくのかと、モデルを比較して、推定した。

当時、月刊「ヤングギター」に質問コーナーがあり、投書して、
「自分のリッケンは320なので、穴がないと400番で~」など、
考えついたことを質問したら、採用されたが、書いた内容を、
編集で質問と回答に分けただけで、新しい情報はなかった。

それでも、ビートルズの楽譜を出す、シンコーミュージックの、
お墨付きをもらった気でいたら、数年前に、ジョンのモデルは、
昔から325と呼ばれていたと知り、晴天の霹靂くらいの驚き、
そのうえに、ジョージの12弦も360だと知って、さらにがく然。

リッケンバッカー425は、ジョージが一時使っていたモデルで、
まったくデザインが違うのを、「事典」が、混同していたようだし、
12弦も、2つのデザインがあるが、360のモデルチェンジで、
古いタイプでも、330ではないと知り、これも「事典」の間違い。

「事典」と出版社の違うシンコーでも、間違えていたというのは、
当時は、情報が少なく、誤ったまま、他社も鵜呑みにしたのか、
楽器店に確認すれば、すぐわかることが、どうしてこうなのか、
細かい話だが、改訂版でも425、330のままなので、不思議。

そんなリッケンバッカーの12弦ギターは、映画の場面だったり、
日本公演で演奏したこともあり、ジョージのトレードマークだと、
自分には、強い印象があるが、「ビートルズがやって来る」では、
7曲で使ったものの、次からは、4曲、1曲、1曲と出番が減る。

「ラバーソウル」では、日本公演でもおなじみ、ジョージの作曲、
「恋をするなら」で、これぞ12弦ギターというアルペジオを弾き、
第一人者の面目躍如だが、自身が作曲して、12弦を使うのは、
最初で最後、さらに解散まで、エレキの12弦を弾くことはない。

「ビートルズがやって来る」では、ジョージのギターへのこだわり、
新しもの好きという面もあって、これでもかという具合に使うが、
逆に、その音の印象が強すぎて、曲全体を左右してしまうからか、
「フォーセール」では、4曲で使ったものの、次第に弾かなくなる。

バーズのようなフォークロックバンドが、12弦ギターを使ったり、
サイモン&ガーファンクルでも、「サウンド・オブ・サイレンス」が、
アコギ伴奏だったところに、本人たちが知らないうち、リズム隊と、
12弦をつけ加えたら、大ヒットして、逆に、ジョージはひいたのか。

「恋をするなら」は、バーズの12弦ギターを使った曲に影響され、
作った曲だと言われているが、本家本物の演奏とは、こうだよと、
示したいとこともあって作り、ジョージとしては、もう満足したので、
その後、弾かなくなったと考えるのは、身びいきすぎるだろうか。

「ラバーソウル」は、新曲のストックがなくて、ジョンは締め切りに、
追われるように作曲したし、いくらでも、珠玉のメロディが湧くと、
思われがちなポールでも苦労して、おのずと、ジョージの作曲が、
2曲もの採用となるが、ジョージの才能が開花したことも大きい。

しかも、ジョージが作曲した曲のうち、ライブで演奏されたのは、
これ1曲だけ、いつもジョージやリンゴは、カバー曲だったから、
ジョンもポールも、この曲を認めていたのだろうし、ジョンなんか、
バーズとかに聴かせてやれよ、くらいに、あおったかもしれない。

日本公演でも演奏したが、新しい、丸みを帯びたデザインとなる、
12弦ギターを弾くジョージは、やはり、リッケンバッカーでなくて、
エピフォンのカジノを弾くジョンと同様に、どこか違和感があって、
リアルタイム世代でないのに、もっと早く来日していればと、残念。

ジョージは、通常のエレキギターも、やはりトレードマークだった、
グレッチのギターでなく、ジョンと同じく、カジノを弾いていたので、
「ラバーソウル」、「リボルバー」は、二人とも、カジノで録音したと、
勝手に思っていたが、実際は、ストラトが中心と、これも最近知る。

そう思って、「恋をするなら」を聴くと、「ひとりぼっちのあいつ」で、
聴かれた、ジャリジャリのストラトの音に近い、ギラギラした音で、
ジョンがリズムギターを弾いていて、12弦やコーラスエフェクトで、
重ねたような音で、ストラトのフェイズアウトを、もうやってたのか。

ジョージの12弦は、ときおり逆のチャンネルから、音がはね返り、
間奏は、完全にダビングで右にパンするので、そこは別に弾き、
イントロなどで繰り返すリフは、両方のチャンネルに録音してみて、
音の広がりを出してみたが、なかなかジョージの音にはならない。

自分の12弦ギターは、ピックアップが、ボロッと取れてしまって、
修理に出すのが面倒なので、6弦のリッケンを2回重ねて録音し、
重ねるときは、12弦だと、オクターブ弦となる、3~6弦部分は、
オクターブ上げた譜面を書いて、12弦ギターの音に、近づけた。

7フレットにカポタストをつけ、Dコードを中心に、アルペジオで、
イントロや伴奏を弾くのは、当時では、画期的だったのだろうか、
自分たち、後追い世代だと、後期の「ヒア・カムズ・ザ・サン」も、
聴いているから、それを簡単にした演奏だと、つい思ってしまう。

自作の曲を、得意の12弦ギターを弾きながら、歌うジョージの、
日本公演での姿も印象的な、「恋をするなら」を、一番肝心な、
12弦ギターを使えないまま、何とか、音を似せてみたものの、
いつもの歌がネック、特にポールのハモが、やはりきついです。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


いいですねぇ
ギターマジシャンさん こんばんは。

今、この曲を練習してますが、私はベースなのでひたすら
スライドの繰返しをしていますよ。
1本のギターでオクターブ違いで録音すると、12弦の感じがでますね。
マサジョン | URL | 2014/08/24/Sun 18:28 [編集]
Re: いいですねぇ
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん こんばんは。
今、この曲を練習してますが、私はベースなのでひたすら
スライドの繰返しをしていますよ。
1本のギターでオクターブ違いで録音すると、12弦の感じがでますね。



この曲のポールは、スライドを含むフレーズを、珍しく繰り返すだけで、
ライブで歌うことを想定し、規則的なラインにしたのかもしれませんね。

12弦ギターは、もともと音を厚くするために、複弦にしているから、
二人で弾いたり、ダビングをすれば、雰囲気は出せるように思います。
ギターマジシャン | URL | 2014/08/24/Sun 19:27 [編集]
リッケンバッカー
ビートルズといえばリッケンバッカーのイメージって強いですよね。
だからかな?俺はずっとリッケンバッカーはイギリスのメーカーだと思い込んでました。
Made in USAのイメージは全然無かったです( ゚д゚)
有名ではあるけど、全然詳細を知らないギターです。ピックアップはミニハムみたいなもの?シングルっぽいモデルもあるけど・・・ボディーはホロウのモデルしかないのか?
リッケンバッカーといえば、チェリーサンバーストのイメージが強いのですが、何てモデルか知りませんが、ジョンが使ってた?黒い3ピックアップ、トレモロ付きのリッケンはカッコイイなと思います^^
12弦ギターってのも弾いたことないですわ。弦交換が面倒くさそうですな( ゚д゚)
3~6弦だけがオクターブなんですか~それも知らなんだ^^;
マジェ | URL | 2014/08/25/Mon 01:22 [編集]
Re: リッケンバッカー
いつもコメント、ありがとうございます。


> ビートルズといえばリッケンバッカーのイメージって強いですよね。
だからかな?俺はずっとリッケンバッカーはイギリスのメーカーだと思い込んでました。
Made in USAのイメージは全然無かったです( ゚д゚)


おっしゃるとおり、イギリスの知る人ぞ知るメーカーに思えますが、
アメリカで、ハワイアンのスチールギターから、始まったようです。



> 有名ではあるけど、全然詳細を知らないギターです。ピックアップはミニハムみたいなもの?シングルっぽいモデルもあるけど・・・ボディーはホロウのモデルしかないのか?


ピックアップは、シングルコイルで、機種により、ハイゲインタイプもあるようで、
ボディは、ソリッドもあるし、自分のは、ソリッドをくり抜いたセミソリッドです。



> リッケンバッカーといえば、チェリーサンバーストのイメージが強いのですが、何てモデルか知りませんが、ジョンが使ってた?黒い3ピックアップ、トレモロ付きのリッケンはカッコイイなと思います^^


とにかく、ジョンのモデルが、憧れもあって、一番格好良く思えます。



> 12弦ギターってのも弾いたことないですわ。弦交換が面倒くさそうですな( ゚д゚)
3~6弦だけがオクターブなんですか~それも知らなんだ^^;


弦はブリッジの裏に引っ掛ける方式なので、12本あると交錯するし、
G弦のオクターブ上は、08とかを使い、巻き上げていて、怖いです。
ギターマジシャン | URL | 2014/08/25/Mon 02:00 [編集]
感慨深いです
この曲ですか! 何とも印象深いですね。
僕がこの曲に関して感じていたことは全てギターマジシャンさんの記事に書かれています。(すごいですね。)
12弦ギターと日本公演。本当に感慨深いです。
6弦で12弦と同じ効果の録音とはすごいですね。

ハーモニーも抜群ですよ。
ST Rocker | URL | 2014/08/26/Tue 21:30 [編集]
Re: 感慨深いです
いつも、コメントありがとうございます。



> この曲ですか! 何とも印象深いですね。
僕がこの曲に関して感じていたことは全てギターマジシャンさんの記事に書かれています。(すごいですね。)
12弦ギターと日本公演。本当に感慨深いです。
6弦で12弦と同じ効果の録音とはすごいですね。



ST Rockerさんより、自分の方が、何年か遅れをとっていますが、
リアルタイム世代より年下、中学時代に感化されたということで、
ビートルズへの思い、各曲の印象が、共通しているように思います。

6弦による12弦の再現は、実は、東急本店のビートルズフェアで、
「がむがむ」というバンドが、この曲を演奏してくれ、学びました。

>
> ハーモニーも抜群ですよ。
ギターマジシャン | URL | 2014/08/26/Tue 23:59 [編集]
昔は情報がないので、どの機材なのか知るのは困難で、
ヤングギターなどの雑誌が頼りでしたよね。
アンプのセッティングも書いてあって無理だと知りつつ真似するものの、
機材が同じではないので、今思うと全く参考にならないです。
同じ音は同じ機材でないと出ない!とその反動で現在に至ります^^;
どうやら、音もコピーしてみたいようです☆彡
リッチーエリックボーン | URL | 2014/08/28/Thu 10:31 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> 昔は情報がないので、どの機材なのか知るのは困難で、
ヤングギターなどの雑誌が頼りでしたよね。
アンプのセッティングも書いてあって無理だと知りつつ真似するものの、
機材が同じではないので、今思うと全く参考にならないです。
同じ音は同じ機材でないと出ない!とその反動で現在に至ります^^;
どうやら、音もコピーしてみたいようです☆彡



リッチーエリックボーンさんは、多数のヴィンテージギターもすごいですが、
同じアンプやエフェクター、ピックアップの改造にもこだわって、本物の音を、
追求されているのですから、単なるマニアックの一言で片付けられないです。

YouTubeでも、ビートルズ、パープル、ツェッペリンから、フュージョンまで、
同じギターや機材で、音色まで完コピする猛者たちばかりで、驚くばかりです。
ギターマジシャン | URL | 2014/08/28/Thu 19:28 [編集]
こんにちは~♪

ボーカルがピッタりはまってジョージっぽいです☆

>6弦のリッケンを2回重ねて録音し、
重ねるときは、12弦だと、オクターブ弦となる、3~6弦部分は、
オクターブ上げた譜面を書いて、12弦ギターの音に、近づけた。

工夫されてますね。演奏聴いていて違和感ありませんでした。
さすがです☆

「ヤングギター」懐かしいです。
今のように情報が少なかったあの当時、バイブル的雑誌でした^^;

Mr・へぼい | URL | 2014/09/02/Tue 17:32 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> こんにちは~♪
ボーカルがピッタりはまってジョージっぽいです☆



声の高さとしては、ジョージの曲が、一番歌いやすいです。



> >6弦のリッケンを2回重ねて録音し、
重ねるときは、12弦だと、オクターブ弦となる、3~6弦部分は、
オクターブ上げた譜面を書いて、12弦ギターの音に、近づけた。

> 工夫されてますね。演奏聴いていて違和感ありませんでした。
さすがです☆


本来の12弦ギターの音とは、当然ながら、微妙に違うのですが、
多重録音の強みで、何度か重ねたり、エフェクトで、似せました。



>「ヤングギター」懐かしいです。
今のように情報が少なかったあの当時、バイブル的雑誌でした^^;


新譜の情報や、弾き語りの楽譜、バンドスコアが載っていたり、
さらに奏法解説もあり、かなり充実した雑誌で愛読してました。
ギターマジシャン | URL | 2014/09/02/Tue 19:41 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.