僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
着ぐるみスタイルでも演奏した、「アイ・アム・ザ・ウォルラス」
ビートルズの「マジカル・ミステリー・ツアー」の、上映会を、
渋谷の西武デパートでやると、高校の友人から誘われて、
観に行ったが、教室の半分もない、会議室のような部屋に、
椅子を並べた感じで、ミニシアターというわけでもなかった。

パンフもグッズも置いてなければ、ポスターの掲示もなくて、
ほとんど解説のないまま、映画が始まると、字幕はないし、
どういった催しなのか、名画座でも観る機会がない作品を、
海外から取り寄せては、時々、こうして上映していたのか。

あるいは、渋谷の東急本店が、ビートルズ・フェアを開催し、
生バンド演奏や、フィルム上映に、グッズ販売と、大々的に、
やっていたから、少しは、ビートルズのことでも、やろうかと、
あえてマニア向けの内容を、狙いでもしたのか、今も不明。

ただでさえ、何をやっているか、わからないと、酷評されて、
ビートルズ初の失敗作と言われた映画を、字幕もなしでは、
さらに理解不能で、曲が流れる場面では、すごく楽しめたが、
あとは、LPの写真で知っていた場面さえ、記憶に残らない。

そんな中、「アイ・アム・ザ・ウォルラス」は、映画の曲の中で、
唯一、楽器を持って演奏する曲で、サイケデリック調なのか、
ペイントしたギター、ベースに、衣装も格好良いし、もともと、
LPのブックレットに、見開き写真で載って、憧れたスタイル。

途中で、4人が、LPジャケットにある、着ぐるみ姿になったり、
警官が踊ったり、歌詞に出てくるエッグマンを表現したのか、
白い帽子を被り、白い布にくるまって、行進する人々が現れ、
はっきり言って、何だか、よくわからない映像が、続いていく。

こうしたことも含めて、当時は批判されたが、MTV全盛時に、
一転して、これこそMTVの元祖だと、絶賛されるようになり、
よくあるPVの、ストーリーがありそうで、ないような映像とか、
近未来だの、中世だの、わけのわからない設定の、走りかと。

ビートルズは時代の先を行っていた、なんと偉大なのだろう、
などと言うつもりは、実は、自分にはなく、DVDで見返しても、
やはり、映画全体は、わけのわからない、冗談めいた芝居で、
これがMTVらしさと思いつつ、普通に演奏すれば良い気も。

それでも、個々の音楽の場面は、曲の力もあり、素晴らしくて、
「ウォルラス」は、本当、4人揃い演奏する姿が、格好良くって、
アリスを始め、マザーグースなどの、英国のナンセンス文学の、
言葉遊びの詩の世界を、うまく表現して、これで良いのかなと。

ディズニーのアニメにも出てくる、「鏡の国のアリス」の一場面、
「セイウチと大工」が、題名の由来で、マザーグースに歌われ、
「鏡の国~」にも登場する、卵の姿のハンプティ・ダンプティが、
エッグマンとして現れ、アリスの影響は、ジョンの歌詞に大きい。

イントロは、ウーリッツァーのエレピなのだが、ギターシンセは、
フェンダー・ローズ系の、金属的なクリック音しか入ってなくて、
なるべく柔らかい音を選び、通常は6回フレーズを弾くところ、
バンドスコアは4回で、映画も4回だったから、そうしておいた。

ピアノが弾く中、リンゴのドラムが、フィルインで入ってくるのが、
すごく格好良いし、他の曲でも、ドラムが特徴的な曲は多くて、
リンゴは欠かせない存在、さらに、かぶってくるオーケストラも、
見事なアレンジで、ジョージ・マーティンの貢献も、かなり大きい。

まったく、曲の感じも、メロディも、バンドの形態さえ違うのだが、
スキマスイッチ「奏」を聴いたとき、繰り返すピアノのフレーズ、
淡々とリズムを叩き続けるくドラム、かぶってくるストリングスと、
イントロが、すごくビートルズ的で、ウォルラスみたいだと思った。

オーケストラが入ればビートルズ、コーラスの「ウーランラン」は、
ビートルズ、ベースがメロディアスならビートルズ、という具合に、
何でもかんでも、結びつける悪い癖があり、我田引水すぎるが、
それだけ、自分にとっては、音楽の原点になっているのが事実。

「トゥモロー・ネバー・ノウズ」では、「山の上から、ダライ・ラマが、
語るような声にして」と言ったのに続き、「ウォルラス」に際しては、
「月から聴こえるような声」と要望して、エンジニアは悩んだ末に、
安いマイクで歪ませたそうで、そんなので、ジョンは満足なのか。

初期ビートルズでは、ジョンの歌声が、曲以上に、魅力的なのに、
ジョンは、その自分の声が嫌いらしく、やがて、変な風に歌ったり、
機械的に加工していくのだが、ジョンに憧れ、何とかジョンの声に、
近づけないかと思う自分には、まったく理解のできない暴挙なみ。

一応、ジョンに倣って、マイクのイコライジングで、音を歪ませて、
低音、高音をカットして、ラジオから流れるみたいな音にしたが、
もともとがジョンの声でないから、単にこもっただけの音になって、
それならばと、普通に録音したら、曲の雰囲気が出ず、悩む所。

ラジオというと、後半に流れる台詞は、録音中にラジオをつけて、
たまたま放送していた、リア王の音声を、そのままレコーディング、
さらに、チューナーを回し、キュイキュインと雑音も出したそうで、
本当に、いろいろ試しているんだと、あきれるやら感心するやら。

歌が終わっても、1分近く、コーラスだの、効果音が繰り返されて、
「Got One Got One~」「Oompha Oompha~」と別の歌詞を、
いっせいに、コーラス隊が歌い続けたり、リア王の台詞は流れるし、
ストリングスは、どんどん音程を上げるという、前衛的な終わり方。

「全曲バイブル」には、リア王は、第4幕第6場の台詞と書かれて、
どうせだから、図書館で、英語版の「リア王」を借りてきたのだが、
高校のリーダーで使うような抄訳で、肝心の台詞は見当たらなく、
ネットで見つけた台詞を、それっぽく呟いたが、発音はでたらめ。

ラジオのチューニングの雑音も入れようとしたが、CDラジカセや、
携帯ラジオはデジタル式なので、ダイヤルを回すのはできなくて、
古いウォークマンのラジオで試しても、シャーシャー鳴るだけで、
キューンとはならないので、口真似するのも何だし、やめておく。

ジョージのギターは、バンドスコアでは、いつもの省略で載らず、
CDでも、ほとんど音は聴こえないので、映画の場面を見ながら、
コードフォームや、カッティングのパターンを確認して、弾いたが、
アンソロジーでは、よく聴こえると知り、音を確認し、演奏し直す。

オーケストラやコーラスをダビングする前の、テイク16を聴くと、
ジョージは、ロックのリフっぽく、コードを弾いているのが、わかり、
YouTubeでは、歌入れ前のテイク7~9の、リズムトラックが聴け、
これだけ弾いても、完成テイクでは、音がしぼられてしまうのか。

ポールは、最初は、ベースを弾かず、タンバリンを叩いたそうで、
リボルバーあたりから、メロディアス・ベースとやらで、自分だけ、
後からベースを、好きにダビングするようになり、ジョージなどは、
工場の分業みたいで、バンドの一体感がないと、ぼやいたらしい。

そんなやりとりが、尾をひいて、ゲットバック・セッションにいたると、
「じゃあ、一緒に演奏するから、僕がピアノやギターを弾く曲では、
代りにベースを弾いてくれよ、こっちの指示するフレーズどおり。」
みたいになっていき、映画での口論になったかと、想像してしまう。

ジョン派の自分は、何かと、ポールを批判するみたいな言い方を、
してしまって反省するが、後期ビートルズは、ジョンからポールへ、
主導権が移ると、音楽的には、飛躍していった反面、人間関係は、
だんだん悪化して、これは、ジョンにも責任があると、思ってしまう。

ビートルズの映画、MTVの元祖「マジカル・ミステリー・ツアー」で、
着ぐるみでの演奏が印象的な曲、オーケストラやコーラスも参加し、
SE・サウンドエフェクトも駆使した大作で、ジョンの傑作と呼べる、
「アイ・アム・ザ・ウォルラス」を、懲りずに、なりきって歌っています。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


この曲もメロディーが独創的で印象に残りますね~。「マジカル・ミステリー」というイメージそのものですね。
歪ませたボーカルなど、当時の音響・録音機材だからこそ出せた音も多いと思うのですが、あちこちに試行錯誤の証が残っててこの曲を再現しようというチャレンジ精神に脱帽ですよ。
マジェ | URL | 2014/08/03/Sun 16:42 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> この曲もメロディーが独創的で印象に残りますね~。「マジカル・ミステリー」というイメージそのものですね。
歪ませたボーカルなど、当時の音響・録音機材だからこそ出せた音も多いと思うのですが、あちこちに試行錯誤の証が残っててこの曲を再現しようというチャレンジ精神に脱帽ですよ。



アナログ、それも4トラックテープの時代の、すごく手作り感のある録音方法で、
そうした中で、いろいろ工夫を重ねて、音を作り上げていったのが、わかります。

今やデジタルで、DAWや打込み全盛の中、自分の場合、単に苦手というだけで、
自分で弾いて音を重ねていくのは、逆行するようですが、やっていて楽しいです。
ギターマジシャン | URL | 2014/08/03/Sun 18:08 [編集]
凄すぎです
ギターマジシャンさん こんばんは。

ジョン中期の名曲です。これも大好きな曲です。
ここまで再現するとは凄すぎです。
ギターマジシャンさんのジョンが大好きなのが伝わって来ます。
ありがとうございます。
マサジョン | URL | 2014/08/03/Sun 21:58 [編集]
Re: 凄すぎです
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん こんばんは。
ジョン中期の名曲です。これも大好きな曲です。
ここまで再現するとは凄すぎです。
ギターマジシャンさんのジョンが大好きなのが伝わって来ます。
ありがとうございます。



ジョン派のマサジョンさんに、そう言っていただけて、本当に嬉しいですし、
これからも続けていく励みになるので、こちらこそ、ありがとうございます。

ジョンに少しでも近づきたくて、少しずつダビングを重ねていったのですが、
演奏は多少似せることができても、ジョンの歌だけは、まだまだ無理です…。
ギターマジシャン | URL | 2014/08/03/Sun 23:37 [編集]
ついにこの曲ですね
ギターマジシャンさん
おはようございます。
ついにこの曲ですね。
既にこれまでも素人には絶対に再現不能である曲をいくつも取り上げてこられました。そしてついにこの曲ですね。

マジカルミステリーツアーやこの曲のことも余すことな書かれていて、興味深いです。
渋谷ではそのような催しがあったのですね。

それにしても今回の録音もあの雰囲気を再現され、すごいです。
ST Rocker | URL | 2014/08/04/Mon 07:09 [編集]
Re: ついにこの曲ですね
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん
おはようございます。
ついにこの曲ですね。
既にこれまでも素人には絶対に再現不能である曲をいくつも取り上げてこられました。そしてついにこの曲ですね。


ジョンの曲を演奏するなら、「ウォラス」「ルーシー」「愛こそはすべて」に、
「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」「ストロベリー・フィールズ」は外せなくて、
他の曲のように、毎週ペースでは無理ですが、時間をかけ取り組むつもりです。



> マジカルミステリーツアーやこの曲のことも余すことな書かれていて、興味深いです。
渋谷ではそのような催しがあったのですね。


西武デパートは、こうした映画上映が定期的だったのかも不明なのですが、
東急のビートルズフェアは、たった一度きりですが、すごい盛況でした。



> それにしても今回の録音もあの雰囲気を再現され、すごいです。


バンドスコアが、かなり細かい部分も採譜しているので、時間をかければ、
演奏のほうは、何とかなりますが、やはりジョンの歌声が、難しいです。

ギターマジシャン | URL | 2014/08/04/Mon 07:23 [編集]
初期のビートルズは、明快なロックンロールと言う感じなのですが、中期頃より、こういう人の精神に訴えかけるような曲が増えて、良いのか良くないのかさえ私には判断できません。
このテイクは、サイケな感じのけだるい伴奏に輪をかけるようなギターマジシャンさんの憂鬱そうなボーカル・・・
私は好きじゃないんですが、こういうの好きな人はたくさんいて需要ありそうです。

また記事内にウーリッツアーのワードもあったので、コメントしますと・・・
ウーリッツアーは良い音のエレピなんですが、使いづらいです・・・
バンドでやったDayTripperも、ウーリッツアー音色にするかフェンダーローズ(改造機種のダイノマイと言われる音色)にするか、随分迷いましたが、結局ダイノマイを選びました・・・
ウーリッツアーは一回使ってみたいんですが、どこで使ったらいいんだ!って感じですね・・・まあ、カーペンターズやることになれば迷わず使いますが^^;
ひょい。 | URL | 2014/08/04/Mon 21:19 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> 初期のビートルズは、明快なロックンロールと言う感じなのですが、中期頃より、こういう人の精神に訴えかけるような曲が増えて、良いのか良くないのかさえ私には判断できません。
このテイクは、サイケな感じのけだるい伴奏に輪をかけるようなギターマジシャンさんの憂鬱そうなボーカル・・・
私は好きじゃないんですが、こういうの好きな人はたくさんいて需要ありそうです。



ポールの曲ばかり、ベスト10に入ったり、シングルのA面になるのは、
逆に言うと、ジョンは、こういった、わけのわからない曲が多いわけで、
好き嫌いの分かれるところ、実は、自分も嫌いな曲が、かなりあります。



> また記事内にウーリッツアーのワードもあったので、コメントしますと・・・
ウーリッツアーは良い音のエレピなんですが、使いづらいです・・・
バンドでやったDayTripperも、ウーリッツアー音色にするかフェンダーローズ(改造機種のダイノマイと言われる音色)にするか、随分迷いましたが、結局ダイノマイを選びました・・・
ウーリッツアーは一回使ってみたいんですが、どこで使ったらいいんだ!って感じですね・・・まあ、カーペンターズやることになれば迷わず使いますが^^;



確かに、エレピの音色としては、ローズの方が、オールマイティな感じで、
ギターシンセにも、そっくりの音があり、開発者も力を入れた気がします。

カーペンターズは、特徴的なウーリッツァーの音が欠かせないでしょうし、
S&Gなんかは、再結成ライブの印象から、ローズが合うように思えます。

ギターマジシャン | URL | 2014/08/04/Mon 21:55 [編集]
カッコイイです☆
こんばんは^^

今回も『大ネタ』ですね☆
イントロからドラムのフィルインもうこのあたりから『鳥肌』モノですよ。
気合入れての演奏とのこと、とにかく、聴き応えあります。

コラムもギターマジシャンの『情熱』がひしひしと伝わってくるようです。

いつも思うのですが、演奏とその曲にかかる思いがセットになっているところが
ギターマジシャンさんの魅力なんですね~♪
Mr・へぼい | URL | 2014/08/07/Thu 18:59 [編集]
Re: カッコイイです☆
> こんばんは^^
いつも、コメントありがとうございます。




> 今回も『大ネタ』ですね☆
イントロからドラムのフィルインもうこのあたりから『鳥肌』モノですよ。
気合入れての演奏とのこと、とにかく、聴き応えあります。



オーケストラやSEの入った曲は、手間と時間がかかる一方、
気合も入りますし、なんなとなく似るだけで、形になります。



> コラムもギターマジシャンの『情熱』がひしひしと伝わってくるようです。



曲自体の思い出に加えて、オケ作りで知ったことなど、書き連ねました。




> いつも思うのですが、演奏とその曲にかかる思いがセットになっているところが
ギターマジシャンさんの魅力なんですね~♪



中学時代、ビートルズがすべてだったので、思い入れが強すぎて、
けっこう空回りしますが、演奏と合わせて、おつきあいください。
ギターマジシャン | URL | 2014/08/07/Thu 22:37 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.