僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
北欧のタイトルに、インドの楽器と、何でもありの「ノルウェーの森」
ビートルズとの出会いは、中2の夏に、友人に誘われて観た、
新宿武蔵野館での、映画3本立、「ビートルズがやって来る」、
「ヘルプ」に「レット・イット・ビー」だが、名前を知らないままに、
流れている曲を聴いたり、映像を見たことが、実際はあった。

ビートルズファンの思い出で語られるのは、チョコのCMだが、
自分はまったく記憶になくて、小4の頃だったか、渋谷東宝で、
ゴジラを観た時に、休憩中に、「レット・イット・ビー」が流れて、
「何これ、LPレコードのCMソング?」と、すぐにサビを覚えた。

翌日、学校で、「エルピー、エルピー」と歌うと、同級生たちも、
どこかで聴いたようで、一緒に、そこだけ何度も歌ったのだが、
誰もビートルズという名前を言わなかったし、映画館なのに、
映画「レット・イット・ビー」の予告編を、見たわけでもなかった。

映像との出会いは、直接にビートルズではなく、解散後だが、
ジョージが中心の、「バングラデシュ・コンサート」の予告編で、
これは、「スヌーピーとチャーリー・ブラウン」だったか、続編の、
「スヌーピーの大冒険」を、有楽町スバル座で観たとき流れた。

予告編は、インタビューや、演奏シーン、メンバー紹介などと、
けっこう長かった記憶があり、ジョージが誰かも知らないまま、
「チャリティなのに、税金を取られて、その分を負担した。」と、
語る場面を見て、なんて立派な人なんだと、幼心に感動した。

その映画自体を観たのは、ビートルズに夢中になってから、
目黒公会堂で、ビートルズ・シネ・クラブ主催の大会があって、
「ビートルズがやって来る」などの映画が、上映できなくなり、
差し替えで上映されたので、アクシデントから偶然、観れた。

前半、ジョージがインド音楽にのめりこみ、弟子入りまでした、
ラヴィ・シャンカールの演奏があり、後期のジョージの曲には、
ビートルズのメンバーでなく、インド楽器の奏者が参加して、
この手の音楽を披露していたから、あまり違和感はなかった。

ただ、ビートルズ映画が観たくて、やってきた映画大会なので、
シタールの演奏が、延々と続くのには、だんだん退屈してきて、
いったんロビーに出たし、ジョージのファンには申し訳ないが、
ビートルズでも、シタールの曲は、自分のランキングでは低い。

ジョージがインド音楽と出会ったのは、映画「ヘルプ」撮影時、
レストランの場面で、シタールなどの演奏があり、興味を持ち、
とりあえず、民芸品店にあった、シタールを手に入れたところ、
次のアルバム「ラバー・ソウル」で、早速、演奏することになる。

ジョンの歌う「ノルウェーの森」は、ロック、ポピュラー曲として、
世界初となるシタールの導入らしいが、当のジョージ自身は、
シャンカールに習いに行く前で、弾き方もよくわからないまま、
ジョンにせがまれ、買ったばかりのシタールを、自己流で弾く。

ジョンやポールが、わりと同じギターを愛用するのに比べて、
音色へのこだわりか、いくつも持ち替えていたジョージだから、
シタールに興味を持ったのも、その音楽より、音だったろうし、
それを、ジョンも珍しがって、自分の曲で弾かせた気もする。

後付け世代の自分としては、後期のシタールだらけの曲や、
バングラデシュの演奏も聴いているが、リアルタイムの人は、
訳の分からない音が鳴って、不気味に感じたり、その楽器が、
インド音楽と知ると、ビートルズが遠ざかっていくと感じたとか。

イントロや間奏のシタールは、メロディ・ラインをなぞっていて、
ジョンが弾くアコギでも、コードストロークと同時に、メロディも、
一緒に弾いているが、これがまた、絶妙なニュアンス、音色で、
ジョンのリズムギタリストとしての、真骨頂とも言える、見事さ。

愛用のアコギ、ギブソン・J160Eの2フレットに、カポを付けて、
「アイル・フォロー・ザ・サン」でも弾いた、低音弦、高音弦とを、
ピックのアップダウンで、交互に鳴らす奏法を、さらに発展させ、
Dコードを押さえつつ、小指を動かし、メロディラインも奏でる。

最初の2小節は、ジョンのギターだけなので、すごく良くわかり、
まず、3~5弦を鳴らし、2・3弦、1・2弦を交互に繰り返して、
次に1~3弦を鳴らしながら、3弦を、小指で、ハンマリングと、
プリングで、メロディを弾くのが、すごく滑らかなフィンガリング。

基本、この2小節の繰り返しだが、なかなか、この感じが出せず、
エレアコのJ160Eを、アンプにつながずに、マイク録りしている、
アコースティックな響きも美しく、自分のオベイション・タイプの、
エレアコは、生音でもプラスチックみたいな音で、全然似ない。

ジョージが苦労したシタールは、ギターシンセを使い楽勝だが、
エレキシタールの音しかなかったので、ジョンのアコギ同様に、
木の響きが電気的な音になり、「ノーウェジアン・ウッド」ならぬ、
「ノーウェジアン・エレキ」みたいな、半端な音色になってしまう。

題名「ノーウェジアン・ウッド」は、邦題が「ノルウェーの森」だが、
今では、誤訳だと知られていて、複数形の「Woods」と混同し、
「森」と訳してしまったそうで、本来、ウエッジウッドの食器ならぬ、
ノーウェジアンウッドの家具を意味して、歌詞もつじつまが合う。

自分は、副題が、「This Bird Has Flown」ということもあって、
北欧神話に関係して、何か鳥の妖精とか、森の妖精の歌かと、
想像をふくらませていたのに、何でも、ジョンが浮気したことを、
妻に気づかれないように歌にして、そこにあった家具が題名に。

さらに、ポールの案で、歌の結末は、風呂場に寝かされたうえ、
とっとと外出した彼女を恨んで、家具を燃やしてやったとなって、
私小説な内容を歌詞にすることや、犯罪者まがいの結末など、
ジョン流のジョークなのだろうが、どこが「愛と平和の使者」かと。

「ノー・リプライ」では、ストーカーのような心境を、歌にしたり、
「浮気娘」では、「おまえが、他の男といるのを見るくらいなら、
死んでもらったほうがまし、命がけで逃げろよ。」と、言い放ち、
歌詞のお遊びとは言え、ジョンには、そんな面があるのも事実。

邦題が「ノルウェーの森」と誤訳されたから、村上春樹の小説が、
生まれたのも事実だが、なぜか、こちらは、「ノルウェイ」の表記、
ネットでビートルズのつもりで検索しても、小説の方ががヒットし、
家族に話すと、それが世間一般だと言われ、なんだかショック。

スタジオでの作業も増え、音楽性も広がっていくビートルズの、
「ラバーソウル」から、インドの楽器、シタールを早々に導入し、
メロディーも、どことなくエスニックなのに、なぜか、題名だけは、
インドでなく、「ノルウェーの森」、アコギに苦労しての演奏です。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


この曲、小説が流行した時はよく耳にしましたね^^;
流行が一段落して近くの図書館に入ったので読みかけましたが、ろくに読みもせず返却期限が来て返却、そのままですわ( ゚д゚)
この曲のキーや雰囲気はマジシャンさんにベストマッチですね。気持よく聴くことが出来ましたよ^^v
マジェ | URL | 2014/07/14/Mon 14:09 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。




> この曲、小説が流行した時はよく耳にしましたね^^;
流行が一段落して近くの図書館に入ったので読みかけましたが、ろくに読みもせず返却期限が来て返却、そのままですわ( ゚д゚)


小説は、発売日でも手に入らない、みたいなニュースを見た矢先、
近所に、数冊残っていたので、何だか慌てて買ってしまいました。



> この曲のキーや雰囲気はマジシャンさんにベストマッチですね。気持よく聴くことが出来ましたよ^^v



ジョンがメインボーカルの曲だと、ポールの曲より、キーが楽ですね。

マジェさんバンドが、毎年恒例の、各地のイベントでのライブ演奏が、
また始まるようで、リハ、本番の音源、映像が、すごく楽しみです。

ギターマジシャン | URL | 2014/07/14/Mon 23:16 [編集]
すごくよいです
おはようございます。
最近はかなり特徴のある曲を取り上げておられ、しかもその特徴部分を素晴らしく表現されています。
この曲も、そうした部分をさらにギターマジシャン流に仕上がておられ、さすがですね。

カポでDのあの感じもとてもばっちりです。
ST Rocker | URL | 2014/07/15/Tue 07:00 [編集]
Re: すごくよいです
いつも、コメントありがとうございます。



> おはようございます。
最近はかなり特徴のある曲を取り上げておられ、しかもその特徴部分を素晴らしく表現されています。
この曲も、そうした部分をさらにギターマジシャン流に仕上がておられ、さすがですね。



中期の曲に、しばらく取り組むつもりですので、後期よりは多少楽(?)ですが、
不明な部分も多くて、それだけにやりがいもあって、楽しく分析、演奏しています。



> カポでDのあの感じもとてもばっちりです。


なかなかニュアンスが出せないですし、生ギターの音でないから、
ST Rockerさんのヤマハのアコギの音色が、すごく憧れます。
ギターマジシャン | URL | 2014/07/15/Tue 07:21 [編集]
こんにちは^^

何度も聴きなおしちゃいましたよ♪ すごく良かったです☆
お見事!!!
Mr・へぼい | URL | 2014/07/15/Tue 18:49 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> こんにちは^^
何度も聴きなおしちゃいましたよ♪ すごく良かったです☆
お見事!!!



自分の歌だと、リピートしていただくのは、お恥ずかしい出来ですが、
ビートルズの曲は、2分前後の曲ばかりなので、物足りない感じがし、
もう少し聴いていたくなり、ついつい、何度も聴き返したりしますね。

ギターマジシャン | URL | 2014/07/15/Tue 21:57 [編集]
マジシャンさんの優しさが漂う演奏ですね!
シタールはとても雰囲気あります。

私も小説の方は昔流行ったので、読みました~
良い時代でしたね。
リッチーエリックボーン | URL | 2014/07/16/Wed 21:32 [編集]
アコギの表現力が豊かですね。
ダイナミクスと言うか強弱がノリを作っていてとてもいいです。
それとMIXも、音圧が上がっていてかつメリハリついていて、かなり
完成度の高いテイクになったと感じますね。
ひょい。 | URL | 2014/07/16/Wed 22:34 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> マジシャンさんの優しさが漂う演奏ですね!
シタールはとても雰囲気あります。



ギターシンセのシタールが、エレキシタールになっているので、
ちょっと電気的な音色ですが、シタールらしさは出たようです。



> 私も小説の方は昔流行ったので、読みました~
良い時代でしたね。



ここ数年の村上春樹は、「1Q84」の盛り上がりもすごいですが、
初期の三部作やノルウェイは、良き80年代がよみがえってきます。
ギターマジシャン | URL | 2014/07/16/Wed 23:31 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> アコギの表現力が豊かですね。
ダイナミクスと言うか強弱がノリを作っていてとてもいいです。
それとMIXも、音圧が上がっていてかつメリハリついていて、かなり
完成度の高いテイクになったと感じますね。



原曲のジョンの弾くアコギは、イントロから、ダイナミクスが見事で、
左指のプリングの音、叩きつけるピッキングと、再現が難しいです。

ミキシングでは、アコギの低音、高音をイコライジングさせたうえに、
プリセットの、音圧を上げるマスタリングエフェクトを、かけました。
ギターマジシャン | URL | 2014/07/16/Wed 23:38 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.