僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ビートルが武道館で歌ったワルツ、「ベイビーズ・イン・ブラック」
中学時代、ジョージ役の同級生と二人で、ビートルズを演奏し、
日本一のコピーバンドになろうと、夢見たし、そのプライドから、
シングルのB面や、隠れた名曲を、あえて練習していたので、
たった一度の檜舞台、卒業の謝恩会でも、同様の選曲だった。

その時の1曲である、「恋のアドバイス」をブログ記事にした時、
書いた話だが、ジョージ役が見つけてきた、ギタースコアには、
メロディ、コード以外に、イントロ、間奏も載っていて、その曲も、
わりとマニアックなものが多く、自分らには、うってつけの選曲。

ビートルズが武道館で歌った、「ベイビーズ・イン・ブラック」も、
そこに載っていて、イントロのフレーズ、間奏のリードギターを、
ギターのうまいジョージ役は、もともと耳コピしていただろうが、
すぐに弾けて、自分は、ワルツのリズムを刻んで、歌う練習を。

ジョン役の自分だが、バンドは、ジョージ役と二人だったから、
ポールの曲は、自分がメロディを歌うし、二人がハモる曲だと、
音痴の自分が、音を取りやすく、楽に歌えるパートを担当して、
たいていの曲では、上のパートを歌う方が、つられずに歌えた。

「ベイビーズ・イン・ブラック」も、本来、ジョンは下のパートだが、
上のポールの方が音程が取りやすく、変声期後ではあったが、
今よりは、高い音程もきつくないから、ポールのパートを歌って、
下でも歌えたのは、「恋におちたら」や「ノルウエーの森」くらい。

ブログで、ビートルズの曲を歌うようになり、楽譜とにらめっこ、
必死にギターで音程を確かめつつ、ジョンのパートを覚えるが、
自分のハモりにつられてしまうので、下のパートを録音するとき、
上の音を消したり、先に下を録音したりと、音痴対策で苦労する。

この曲は、全部のメロディを、ジョンとポールが二人でハモって、
楽譜出版社から、どっちがメロディなんだと聞かれたポールが、
「二人で作ったから、どっちもだよ。」と返事したそうで、実際に、
楽譜には、二声のまま載ったから、さすがはポールという感じ。

ちなみに、今は、輸入楽譜の「ビートルズ全曲バンドスコア」を、
使っているが、中学時代は、「ビートルズ80」を、まず買ったし、
箱入り「ビートルズ大全集」を買うと、天下を取ったような気分、
その大全集でも、「ベイビーズ~」が、二声なのを、確認できる。

この曲は、ビートルズでは、初めてとなる、ワルツのリズムで、
「アイル・ビー・バック」も、当初の演奏は、ワルツにしていたが、
なかなかうまくいかずに、普通の4拍子に戻していて、こちらは、
ノリも良いし、何より、リンゴのドラムのシンバルワークが見事。

ワルツのリズムというと、小学校の音楽で、リコーダーで覚えた、
「スケーターズ・ワルツ」がすぐに浮かぶが、「ベイビーズ~」は、
3拍子というよりも、8分の6拍子で、ジャズワルツに近いノリで、
3連シャッフルにも近いから、自分は、ワルツを意識しなかった。

ビートルズで、ワルツと言ったら、「恋を抱きしめよう」の途中で、
サーカスやお祭りで流れる、ワルツのようになるのに驚いたし、
それは、何より、最初に友人に借りて、聴いたビートルズのLP、
「オールデイズ」に入っていたから、ものすごいインパクトだった。

そのサーカスを思わせるワルツは、「サージェント・ペパーズ」で、
「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」へと、
さらに昇華されていくのだろうが、「ベイビーズ~」も、彼らには、
ワルツと意識され、「次はワルツの曲を」と、MCしていたそうだ。

この曲の、途中のギターソロは、ジョージが、ギターのアームや、
ボリューム奏法を駆使して、のちに、テープを逆回転することで、
フワーっと浮遊感のある音を発見したのを、ここでは、手作業で、
作り出していたそうで、新しい音作りへの意識も、高くなっている。

「アイ・ニード・ユー」で使われる、ボリュームペダルは、ないのか、
ギターを弾きながら、自分で、ボリュームノブを操作したようだが、
うまくできなくて、ジョンが手を伸ばして、ノブを回してやったらしく、
こういうところなんか、ジョンは親分肌というか、兄貴分という感じ。

この曲の歌詞は、恋人の喪に服して、黒装束の服を着る女性が、
歌われていて、その女性は、マッシュルームカットの生みの親で、
「ウィズ・ザ・ビートルズ」のジャケット写真で、印象的な撮影法の、
ハーフ・シャドウで、若き彼らを撮影した、アストリットだとされる。

マッシュルームカットは、もともとフランスの美大生の髪型だとか、
今では諸説入り乱れるが、ハンブルグ時代のビートルズたちと、
彼女は交流があって、何より、当時のメンバーで、ジョンの親友、
スチュアート・サトクリフの婚約者だったのは、まぎれもない事実。

アストリットが、亡きスチュを偲んで、黒い服に身を包む歌詞は、
何よりも、スチュの大親友であった、ジョンの気持ちそのままで、
この歌詞を見たポールは、「やっぱり、ジョンは、スチュのことが、
今も、忘れられないのかな。」と、一抹の寂しさを感じたのでは。

画家志望のスチュを、無理やり、ジョンがバンドに入れたものの、
もともと音楽への興味はないうえ、自分の限界も感じたスチュは、
バンドよりも、アストリットとの生活や、絵画を優先することとなり、
ポールは、このままじゃ、プロにもなれないと、ジョンに直訴する。

映画「バックビート」では、ジョンが、「スチュをクビにするのなら、
俺もバンドを抜ける。」と、ポールに面と向かって言う場面があり、
実際に、それに近いやりとりは、あったろうし、自分こそジョンの、
音楽パートナーと自負したポールには、自己否定されたも同然。

自分は、ジョン派であるし、ジョンが気分屋で、悪気のないことは、
わかっているつもりだが、こういう無神経なところは、大嫌いで、
ポールにすごく同情してしまうが、外野が騒いでいるだけのこと、
日常茶飯事で、案外、本人同士は、そうでもないのかもしれない。

「フォー・セール」に収録のワルツ、「ベイビーズ・イン・ブラック」を、
中学時代に音程の取れなかった、ジョンのパートを、何とか歌うも、
ポールの方は高音が出ず音痴気味、それと、間奏のギターソロは、
ノブも使わず、普通に弾いてしまい、演奏まで、手抜き気味です。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


凄くいいです。
ギターマジシャンさん こんにちは。

いつも聞かせていただきありがとうございます。
“ベイビーズ・イン・ブラック”は最後のハモリナンバーで
もう、最初から最後までハモリまくりで大好きです。
66年公演でジョージの間奏時に二人がワルツを踊るのを
想いながら聞かせていただきました。
| URL | 2014/06/15/Sun 16:39 [編集]
Re: 凄くいいです。
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんにちは。
いつも聞かせていただきありがとうございます。
“ベイビーズ・イン・ブラック”は最後のハモリナンバーで
もう、最初から最後までハモリまくりで大好きです。
66年公演でジョージの間奏時に二人がワルツを踊るのを
想いながら聞かせていただきました。



二人で共作して、ずっとハモるような曲は、おっしゃるとおり、
この曲が最後で、その後は、互いのソロ作のようになりますね。

武道館で二人がワルツを踊ったのは、7月1日のライブだそうで、
自分が高校時代に特番で見たのは、6月30日のライブだったから、
今回の記事を書いてて、初めて知り、どこかで見てみたいです。
ギターマジシャン | URL | 2014/06/15/Sun 17:35 [編集]
ハモリは私も得意ではないんですが、これ多分声質によるものが大きいんじゃないかと思います。
私の場合、声量が無いので、ハモッても自分の声が聞こえず歌えないパターンがほとんどです。
ギターマジシャンさんも声を聴くと、多分自分の声があまり聞こえないタイプだと思いました。
いかがでしょうか?
またスケーターズワルツ・・・懐かしいところを!!^^。
私も基本的にワルツ大好きです。
シュトラウスの「美しき青きドナウ」、チャイコフスキーの「花のワルツ」・・・
千昌夫の「星影のワルツ」とか・・・(笑)
このテイクの曲は6連のいわゆるロッカバラードと言われるリズムだと思うのですが、じゃ~ワルツと何が違うのかと言われると明確に説明できません。
唯一ワルツはクラシック、ロッカバラードはブルースと音楽のジャンルが違うと言うことだけですね。
ひょい。 | URL | 2014/06/15/Sun 20:46 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> ハモリは私も得意ではないんですが、これ多分声質によるものが大きいんじゃないかと思います。
私の場合、声量が無いので、ハモッても自分の声が聞こえず歌えないパターンがほとんどです。
ギターマジシャンさんも声を聴くと、多分自分の声があまり聞こえないタイプだと思いました。
いかがでしょうか?


おっしゃるとおり、自分の声が聞こえず、音程が取れなくなったり、
相手のメロディばかりが聞えてきて、つられてしまったりしますね。



> またスケーターズワルツ・・・懐かしいところを!!^^。
私も基本的にワルツ大好きです。
シュトラウスの「美しき青きドナウ」、チャイコフスキーの「花のワルツ」・・・
千昌夫の「星影のワルツ」とか・・・(笑)
このテイクの曲は6連のいわゆるロッカバラードと言われるリズムだと思うのですが、じゃ~ワルツと何が違うのかと言われると明確に説明できません。
唯一ワルツはクラシック、ロッカバラードはブルースと音楽のジャンルが違うと言うことだけですね。



リンゴのドラムパターンは、典型的なロッカバラードの叩き方でしょうし、
よくある、フォークギターの弾き語りで、3連アルペジオで伴奏するのも、
それに近いですし、3連なのか3拍子なのか、曲調によるかもしれません。
ギターマジシャン | URL | 2014/06/15/Sun 22:19 [編集]
おはようございます
おはようございます。
ハモりっぱなしで、ブルージーな曲。
日本公演も思い出しますね。
僕もビートルズ80買いました。
ギターとボーカルがからんでいい感じです。
ST Rocker | URL | 2014/06/16/Mon 07:05 [編集]
Re: おはようございます
いつも、コメントありがとうございます。


> おはようございます。
ハモりっぱなしで、ブルージーな曲。
日本公演も思い出しますね。
僕もビートルズ80買いました。
ギターとボーカルがからんでいい感じです。



たった一度の来日、11曲だけの演奏という日本公演なので、
そこで演奏された曲というのも、すごく貴重なことですね。

当時は、「ビートルズ80」が、一番ポピュラーな楽譜で、
まずは、それを買って、次に他のバンドスコアだったり、
「弾き語りビートルズ」を集るのが、友人たちも同様でした。


ギターマジシャン | URL | 2014/06/16/Mon 07:11 [編集]
ご謙遜を・・・
ギターマジシャンさん、こんばんは(^^)

手抜き気味?
ぜんぜんそんなことないですよ。
ハモは柔らかく優しい雰囲気がギターマジシャンさんらしくて素敵だし、
ギターももちろん、どこが手抜き?って感じです。

私もようやく2曲の歌入れが終わりました。
仕上がりが楽しみでもあり、怖くもありです。
ちゃらこ | URL | 2014/06/16/Mon 22:21 [編集]
Re: ご謙遜を・・・
いつも、ありがとうございます。



> ギターマジシャンさん、こんばんは(^^)
手抜き気味?
ぜんぜんそんなことないですよ。
ハモは柔らかく優しい雰囲気がギターマジシャンさんらしくて素敵だし、
ギターももちろん、どこが手抜き?って感じです。



間奏のギターが、とりあえず、楽譜どおりに弾いたというレベルで、
記事に書きましたように、トレモロアームで音程に抑揚をつけたり、
ボリュームを上げ下げすべきところを、面倒でやめてしまっていて、
日本一のコピーバンドを目指したと言うわりには、手抜きかなあと。



> 私もようやく2曲の歌入れが終わりました。
仕上がりが楽しみでもあり、怖くもありです。



近々、ロッシーさんがブログとYouTubeにアップされるでしょうから、
ちゃらこさんの歌声による新曲を、じっくりと聴かせていただきます。
ギターマジシャン | URL | 2014/06/16/Mon 23:47 [編集]
イエーイ♪ すごく良かったですよ!!!
ワルツのリズムにうっとり♪ ハモリももBeatelsぽかったです^^
イントロはこうだったんですね♪

いつも思うのですが、独特の世界観がありますね。
日曜の朝にまとめて聴きたいです^^

Beatlesでワルツといえば、「アイミーマイン」!
ジョージがお披露目のとき「ワルツの曲なんだぜ・・・あれっ どんなリズムだっけ」
リンゴ「ドン・パンパン!ドン・パンパン!」
LetItBeのワンシーンを思い出しました^^;

あっ! 「ビートルズ80」ギターでは演奏できません(泣)
オリジナルのKeyじゃなくて、おまけにE♭やC#なんかが、バンバンでてくるので
お手上げです^^;
Mr・へぼい | URL | 2014/06/17/Tue 21:14 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> イエーイ♪ すごく良かったですよ!!!
ワルツのリズムにうっとり♪ ハモリももBeatelsぽかったです^^
イントロはこうだったんですね♪


ビートルズっぽいというのは、コピーバンドを目指した自分には、
何よりのお言葉でして、ますます歌に演奏に気合が入りそうです。



> いつも思うのですが、独特の世界観がありますね。
日曜の朝にまとめて聴きたいです^^


あまり、じっくり聴かれてしまうと、ボロが目立つので、
さらっと流して聴いていただける方が、ありがたいです。




> Beatlesでワルツといえば、「アイミーマイン」!
ジョージがお披露目のとき「ワルツの曲なんだぜ・・・あれっ どんなリズムだっけ」
リンゴ「ドン・パンパン!ドン・パンパン!」
LetItBeのワンシーンを思い出しました^^;


ジョンとヨーコがワルツを踊るのが、良くも悪くも印象的な曲で、
何より、ビートルズとして、最後にスタジオ録音した曲ですよね。


> あっ! 「ビートルズ80」ギターでは演奏できません(泣)
オリジナルのKeyじゃなくて、おまけにE♭やC#なんかが、バンバンでてくるので
お手上げです^^;



自分も、とてもじゃないけど押さえられないので、移調したコードを書いてますし、
なんで、わざわざ変なキーの楽譜にしてあるのか、管楽器用という説もあります。
ギターマジシャン | URL | 2014/06/17/Tue 23:29 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.