僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
若き日のA・ヨークが、ウィンダムヒルに残した「アンデシー」
大工にして、ギタリストでもある、ウィリアム・アッカーマンが、
創設したレーベル、ウィンダムヒルからは、多くのベスト盤が、
オムニバス・アルバム、コンピレーション・アルバムの名称で、
出ているし、ギターだけ、ピアノだけを、集めたものまである。

88年に出た「ウィンダムヒル・ギター・コレクション」は、原題が、
「ギター・サンプラー」であって、サンプル集の名前のとおりに、
若手ギタリストの作品を、レーベルの所属を問わず、また曲も、
既発あり、新曲ありと様々に、11名のギタリストらを紹介した。

村治佳織の演奏でも有名な、「サンバースト」を作曲・自演した、
アンドリュー・ヨークも、その中の一人として、アルバムに参加、
どちらかというと、クラシックギタリストだと思っている、ヨークが、
若き日に、ウィンダムヒルに演奏を残していたのは、興味深い。

86年に出した自主制作盤で、スティール弦のアコギを使って、
すでに「サンバースト」を演奏していたが、当時は無名なのか、
解説でも、8才で父からギターを習う、大学で博士号を取得と、
あたりさわりのないプロフィールが、紹介されているに過ぎない。

89年に、クラシックギター界の大御所、ジョン・ウィリアムスが、
「サンバースト」を録音して、クラシックのレパートリーになって、
日本では、福田進一が早い時期から、演奏、録音しただろうが、
お茶の間に浸透したのは、村治佳織のトヨタCMからだと思う。

自分は、伊藤園のCMで、「はちすずめ」の早弾きを軽々と弾く、
村治に感動して、アルバムを買い、1曲目の「サンバースト」で、
従来のクラシックとは違うメロディ、特殊奏法のような音に驚き、
自分でも弾きたくなり、作曲者ヨークの名を調べ、楽譜も探した。

ただ、これは自分がギターを弾いているからで、村治のCMから、
作曲者のヨークに、たどりつく、一般の音楽リスナーはいたのか、
ジョージ・ウィンストン「あこがれ/愛」のような、ブームには至らず、
このあたり、ピアノとギターの違いだろうかと、ひがんだりもする。

新人ヨークが、ウィンダムヒルで演奏した曲は、「アンデシー」で、
自主制作盤「パーフェクト・スカイ」のCD化で、追加収録されたが、
「ギターサンプラー」の英文ライナーは、その「パーフェクト~」を、
カセットテープと紹介し、本当、無名だし、手作り制作だった感じ。

「アンデシー」は、フォークギターの基本、スリーフィンガー奏法で、
イントロからテーマから弾けるような、メロディだし、伴奏なのだが、
当然ながら、フォーフィンガー、薬指も使うように、楽譜に書かれ、
左手も、フォークのような、同じコードを押さえたままとはいかない。

Amを押さえ、スリーフィンガーの基本パターンで続けたいところ、
右指は、スリーフィンガーなら、5弦・4弦を親指、1弦が中指だが、
4弦は人差し指に、1弦は薬指と、いわゆるアルペジオの運指で、
ただ、アグアドの24パターンとも違うから、慣れるまでは難しい。

左手も、Amを押さえたままではなく、そもそも3拍子にしてあるし、
2拍目でコードを離して、3弦開放をはさんで、ポジション移動し、
3拍目では、2フレット中心の別のコードフォームと、ひねっていて、
ついついフォークの癖で、調子づいて弾くと、違う音を出している。

入手困難だった、「サンバースト」の楽譜を、掲載したこともあり、
ベストセラーとなった、リットーの「クラシックギターのしらべ」では、
第2巻に「フェア」、第3巻に「アンデシー」と、ヨークの曲を載せて、
曲ごとに表示してある難易度は、「アンデシー」を、初級Aとする。

スリーフィンガーとは違うと、手こずるのは、初級以下だからで、
クラシックギターを、きちんと練習してきた人には、変型とはいえ、
一定のアルペジオパターンで、左手のポジション移動するくらい、
わけないのかと、改めて、クラシックのすごさを思い知った次第。

ただ、ヨーク自身は、クラシックギタリストに分類しても良いのか、
「サンバースト」の初演が、アコギだったり、エレキも弾いてるし、
ジャズの曲もこなす、「アンデシー」の動画でわかるが、左手は、
親指でネックを握っていて、フォークのグリップ・フォームに近い。

外人さんは手がでかいから、自分のように、必死で親指を下げて、
ストレッチする必要もないのだろうが、クラシックの基本中の基本、
親指をネックの上から出すなと、しつこいくらい、注意されたのを、
意に介さないフォームは、ロックを弾く自分でさえ、どうも気になる。

そう思うと、クラシックギターというより、フォーク、アコギになるか、
近年のフィンガーピッカー、いっそウィンダムヒルとジャンル分け、
コンテンポラリー・ギタリストなる、どうとでも取れる名称になるか、
そんな分類は無意味と思いつつ、いろいろ考察してみても楽しい。

名曲「サンバースト」の作曲でも知られる、アンドリュー・ヨークが、
ウィンダムヒルの「ギター・サンプラー」に残した、唯一の演奏の、
「アンデシー」を、難易度Aなのに、原曲のテンポには追いつけず。
いつもの右爪の雑音、左手の消音という、課題は相変わらずです。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


独特です
ヨークの曲は LAQの時から テクニックはすごくって
この人すごいって思っていたのですが、
他のメンバーとはまた かなり 毛色が違うような感じでした。
ちょっと 異風な感じのものをと 思っていました。

どこから このリズムと 刻みがやってくるのでしょうか
かれの 根源って 何だろうって・・・
メキシコインデオ的な要素もたぶんにあるような気がして
やはり 何か思想的なものをしっかりもっているのかも。

例 たとえば バリオスの 中南米と 音楽教育のすばらしさ
がバックにあるように
彼の 生まれ育ったものを 見てみたい気もしますね。

私は いまちょうど三千院に取りつかれていて
これまた 左手の 小技テクニックと 右指で刻むリズム&
フォークみたいなフィンガータッチに
コンフューズしています。(笑)

guitarrakao | URL | 2014/06/15/Sun 22:16 [編集]
Re: 独特です
いつも、コメントありがとうございます。


> ヨークの曲は LAQの時から テクニックはすごくって
この人すごいって思っていたのですが、
他のメンバーとはまた かなり 毛色が違うような感じでした。
ちょっと 異風な感じのものをと 思っていました。


kaoさんは、LAQで、実際に演奏する姿をご覧になっているから、
他のクラシック然としたメンバーとの違いまで、わかるのでしょうね。


> どこから このリズムと 刻みがやってくるのでしょうか
かれの 根源って 何だろうって・・・
メキシコインデオ的な要素もたぶんにあるような気がして
やはり 何か思想的なものをしっかりもっているのかも。
例 たとえば バリオスの 中南米と 音楽教育のすばらしさ
がバックにあるように
彼の 生まれ育ったものを 見てみたい気もしますね。



スペインのセゴビアと、パラグアイのバリオスでは、明らかに違いますし、
同様に、ヨークにも、バックグラウンドが音楽性に出るのかもしれません。



> 私は いまちょうど三千院に取りつかれていて
これまた 左手の 小技テクニックと 右指で刻むリズム&
フォークみたいなフィンガータッチに
コンフューズしています。(笑)



ヨークが作曲した「三千院」は、すごく日本情緒あふれるメロディで、
和音の響きは、奈良、京都を思わせる雅楽や、琴のような感じですね。
ギターマジシャン | URL | 2014/06/15/Sun 22:51 [編集]
あ!
>和音の響きは、奈良、京都を思わせる雅楽
雅楽 これかもしれない!
ありがとう!!!
さすが マジシャンさん 音を聞き分ける マジシャンだわーー
guitarrakao | URL | 2014/06/16/Mon 09:04 [編集]
Re: あ!
いつも、コメントありがとうございます。



> >和音の響きは、奈良、京都を思わせる雅楽
雅楽 これかもしれない!
ありがとう!!!
さすが マジシャンさん 音を聞き分ける マジシャンだわーー



「京都、大原、三千院」の歌詞から、単純に京都に結びつきますが、
実際に、ギターの響きが、古都の情景を思わせるところがあります。

ギター用に書かれた「古代日本旋法による踏歌」「幻想曲・京都」は、
こんな感じだったのか、いろいろと思いをはせる木村大の演奏です。
ギターマジシャン | URL | 2014/06/16/Mon 20:16 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.