僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
アッカーマンの特徴、響き渡るアルペジオの「プロセッショナル」
癒し系音楽の代表格と呼べる、ウィンダムヒル・レコードは、
大工が本業の、ウィリアム・アッカーマンが、親しい仲間に、
趣味のギターを聴かせているうちに、次第に評判となって、
友人へ配ったテープを、自主製作盤で出すことから始まる。

やがて、従弟であるアレックス・デ・グラッシにも、声をかけ、
自身の作品と合わせて、数枚のレコードを出すことによって、
ギターのレーベルとして、ウィンダムヒルは確立していくうち、
演奏仲間のジョージ・ウィンストンの、ピアノアルバムも出す。

当初、ギターのレーベルなのに、ピアノを出すのはどうかと、
言われたようだし、ウィンストン本人も、ギターが弾けるから、
ギターで録音するつもりでいたが、逆に、そうしたイメージを、
払拭すべく、アッカーマンは、ピアノ曲の発売に踏み切った。

これが、功を奏し、ウィンダムヒルは、一大ブームを起こすし、
そのアルバム収録の、「あこがれ/愛」が、84年CMで流れ、
ウィンダムヒルの音楽が、日本でも浸透していくことになるし、
自分も、この曲が入った来日記念盤で、彼らの曲と出会えた。

その「心の美術館vol.2」に入っていた、アッカーマンの曲は、
「ヴィジティング」だが、「そして、訪れ」の邦題がついてるのは、
ヒットした「あこがれ/愛」にあやかろうと、国内盤の担当者が、
頭をひねった感じで、ビートルズの頃から、邦題は一長一短。

その「そして、訪れ」は、アッカーマンのギターソロ曲ではなく、
リリコンとの演奏で、それが、ものすごく澄みきった音の世界、
このベスト盤は、ピアノ曲や、バンド形式による曲が多数占め、
ギター曲ばかり追いかけた自分なのに、愛聴する一枚となる。

リズ・ストーリーや、スコット・コッスのピアノ演奏は、自分には、
すごくキース・ジャレットや、チック・コリアに近いものに聴こえ、
アレックス・デ・グラッシや、マイケル・ヘッジスのアコギの音も、
透明感あふれる音で、レーベル全体がECMの音を思わせた。

その数年前、ECMの来日記念盤で、パット・メセニーを知って、
こんなに美しいギターの音があったのかと、ものすごく感動して、
ECMを数枚買ったが、ウィンダムヒルの時には、この1枚のみ、
気に入ったとはいえ、エレキギターほど夢中にはならなかった。

そんな自分も、癒し系のピアノ曲、倉本裕基のCDを買うときに、
アッカーマン「パッセージ」のCDも買い、アコギに凝ってくるうち、
ヘッジス、デ・グラッシのCDや楽譜を買っては、少しずつ練習し、
4年前、満を持しての(?)、アッカーマンの楽譜の購入となった。

ただ、ヘッジスやデ・グラッシと同様に、アッカーマンの弾く曲は、
ギターは変則チューニング、それも1曲ごとに、変えているから、
いかんせん、チューニングし直すのが面倒で、すぐやめてしまい、
練習する・しない、弾ける・弾けないの次元まで、いかなかった。

今回、ブログでアッカーマンの曲を取り上げることで、気合も入り、
1週間、その曲にだけ向き合うから、苦手な変則チューニングも、
一度合わせたら、そのままにしておいて、毎日弾けば良いから、
曲の練習に集中できると、無理やりアップする効能もなくはない。

「パッセージ」は、ソロギターの曲と、他の楽器との合奏の曲とが、
半々くらいで、2曲目の「プロセッショナル(邦題:行列聖歌)」は、
デビューアルバムの曲の再録音、メロディが見え隠れするように、
全体を通してアルペジオで奏でるところは、アッカーマンの特徴。

時折、入ってくる、プリング・オフ、ハンマリング・オンの装飾音や、
ポジション移動で、スライドしてのスラーと、アッカーマンの曲では、
おなじみの奏法、アッカーマン節といえる歌わせ方が、当初から、
確立されていて、ウィンダムヒルの音楽を、特徴づけたと思える。

アルペジオ主体だから、開放弦を響かせるために、左指を立てて、
隣の弦を消音しないよう、気を配るのだが、これが自分は苦手で、
もともと、指を寝かせる癖があるうえに、指の腹で弦を押さえがち、
意識して、先端のピンポイントで押さえないと、隣を消音してしまう。

さらに、爪の先が邪魔になり、指の先端よりも、爪が指板に当たり、
きちんと弦を、押さえられないこともあり、特に、人差し指なんかは、
かなり深爪にしないと、1.2弦を押さえるときに、指が立てられず、
単純なCコードでさえ、1弦は消音、2弦はかすれる、最悪の音色。

小胎剛「ギター教室ただいまレッスン」には、左手の爪の話もあり、
右手だけでなく、左手の爪も手入れしないと、スラーをかけるとき、
引っかかり、大きな音や質の違う音になると、アドバイスされるが、
自分の場合、手入れも何も、とにかく深爪にして、しのいでいる形。

ウィル・アッカーマンのデビュー作に収録、4枚目で再録音された、
「行列聖歌」を、アルペジオを響かせるよう意識して、演奏しつつ、
指が寝て消音したり、右爪が当たる、カチャっという雑音も多くて、
前回の教訓が生かされないまま、無理やりのアップとなりました。





スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


目を閉じて聞いていると、風で草がそよぐ野原の風景が頭に浮かびました。
ウィンダム・ヒル・レコードの収録曲ってどれも「自然」を感じるんですよね。それが一番の魅力なのかな?
しかし・・・やはり・・・邦題のセンスは何とかならんもんですかね^^;
マジェ | URL | 2014/06/07/Sat 12:25 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 目を閉じて聞いていると、風で草がそよぐ野原の風景が頭に浮かびました。
ウィンダム・ヒル・レコードの収録曲ってどれも「自然」を感じるんですよね。それが一番の魅力なのかな?
しかし・・・やはり・・・邦題のセンスは何とかならんもんですかね^^;



ウィンダムヒルの音楽は、自然風景のジャケット写真の効果もありますが、
アコースティック楽器の素朴な響きが、そのイメージに合っていますよね。

来日記念盤が出た当時、写真集まで2冊発売されて、イメージ戦略よりは、
便乗商法のような感じもしましたが、その写真集の評判も良かったそうで、
ウィンダムヒルの音と、自然風景は、切っても切れないものなのでしょう。

邦題は音楽に限らず、映画や小説と、トホホな題名が、けっこう多いです。
ギターマジシャン | URL | 2014/06/07/Sat 13:12 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.