僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
歌から始まり、イェーと掛け合う「イット・ウォント・ビー・ロング」
レコードがCDになり、アルバムのA・B面がなくなったし、
配信ダウンロードで、好きな曲のみ選んだり、再生でも、
シャッフルできる昨今、曲順さえ、意味を持たなくなるが、
昔は、LPの1曲目でのインパクトは、かなり大切だった。

シングル盤のヒット曲を、まず、1曲目に持ってくるという、
いわば安直な曲順も多いが、それぞれのアーティストが、
どう1曲目で、ファンを虜にするか、アルバム全体を通じ、
コンセプトを持つよう、曲順をどうするか、気を使っていた。

ビートルズは、ロック史に残る「サージェント・ペパーズ」で、
アルバム全体、架空のバンドのライブというコンセプトで、
オープニングから、アンコール曲と、かなり計算していたが、
そもそも、デビューアルバムから、考え抜いてた気もする。

「ワン・トゥー・スリー・フォアッ」と、ポールの叫ぶカウントで、
始まった1作目に続き、2枚目「ウィズ・ザ・ビートルズ」は、
イントロなし、無伴奏のままに、「♪イッ・ウォン・ビー~」と、
ジョンの歌声から、いきなり始まるという、人目を引く方法。

しつこく書くと、3枚目の「ビートルズがやって来る」の場合、
あの12弦ギターの、ジャーンという、衝撃の和音で始まり、
4枚目「フォー・セール」でも、ジョンの歌声から入っていき、
5枚目「ヘルプ!」も、「ヘルプ」と叫ぶコーラスから始まる。

ただ、ビートルズの場合、アルバムの1曲目に限らなくても、
特徴的なイントロだったり、無伴奏の歌から始まったりして、
最初にバーンとかます曲が多いから、LPの出だしばかりを、
意識したとは限らないが、こっちにとっては、インパクトが大。

ただ、当人らが、それだけ考えていたとしても、悲しいかな、
アメリカや日本では、本国イギリス盤とは、収録する曲から、
曲順、はてはジャケット写真まで、勝手に変更していたので、
自分は、CDを買うまでは、別の曲で始まるのを聴いていた。

そのうえ、ここに書いた、1曲目のことも、あとでの受け売り、
学研新書の「真実のビートルズ・サウンド」に、「1枚目から、
5枚目は、ジャーンを除き、楽器なし、生の声で始まる。」と、
書いてあるのを読んで、なるほど、そうだったと、再認識した。

前の記事にも書いたが、昔からビートルズを聴き、演奏して、
関連本も、いろいろ読んできたつもりだが、自分にとっての、
新発見やら、目新しい情報は、この歳になっても、数多くて、
それだけビートルズは、奥が深いのだと、楽しくて仕方ない。

中学時代、ビートルズのLPは、国内盤で買っていたから、
シングル盤ヒット曲満載の、「ビートルズ!」を聴きこんだが、
そこから漏れた、本来の1・2枚目の曲を集めたような形の、
「ビートルズNo.2」「No.5」も、やはり、夢中で聴きこんだ。

今、あらためて、その2枚のLPを出してきて、眺めたところ、
「No.2」は、「キャント・バイ・ミー・ラブ」が、1曲目であるし、
「No.5」は、「ロング・トール・サリー」と、歌から始まるから、
アメリカ盤に比べて、国内盤は、多少考えて選曲したような。

ちなみに、国内盤の1・2枚目は、収録曲は違っていたのに、
ジャケットデザインだけは、ほぼアメリカ盤と同じだったので、
自分やジョージ役の同級生は、「ミート・ザ・ビートルズ」に、
「セカンドアルバム」と、ジャケット記載の名称で呼んでいた。

「イット・ウォント・ビー・ロング」は、セカンドの5曲目だったが、
ジョンの歌から始まり、「イェー」と「イェー」と掛け合う出だしが、
すごく印象的だったし、一転、半音進行のコーラスをバックに、
メロディックに歌い上げるジョンの声が、すごく魅力的だった。

ジョンは、自分の声が嫌いだそうで、中期以降、エフェクトで、
声質を加工させたり、わざとなのか、歌い方が変わったのか、
トッポジージョみたいに、甲高い声を出すことが多くなったが、
初期のジョン節と呼べる、歌い方と声は、天性のすごさと思う。

コーラスが半音進行する部分は、その歌詞が後追いしていて、
後の「ヘルプ」の追いかけっこのコーラスへと、発展していくし、
半音進行は、「ミッシェル」などの、クリシェの原型に思えたり、
彼らは、音楽理論も知らないまま、カノンの技法まで体現した。

ブログ仲間の、「ビートルズの新しい解析のページ」の記事に、
「Yesterday7小節の謎」という話があり、興味深い内容だが、
この曲でも、最初のメロディの部分が、7小節になっていて、
歌でも演奏でも、つい1小節待ちそうになって、ずれてしまう。

「イエスタデイ」では、そんなことはなく、歌い演奏できるから、
本当に不思議な7小節なのだが、「イット・ウォント~」の場合、
何度も出てくるギターのリフが、通常は2回繰り返すところを、
歌の途中では、1回のみにしているから、1小節分減っている。

このあたり、意識してやったのか、もともとジョンのメロディが、
つっこみ気味で、1小節少ないので、ジョージがリフを弾く時、
つじつま合わせで、そこは1回しか弾かないのか、これまた、
いろいろ解釈できて、本当にビートルズは、面白いことばかり。

そのギターのリフも、YouTubeで、ステレオ盤やリマスターを、
聴いた感じだと、ジョージが2回重ねているように思うのだが、
「レコーディング・セッション」の記録を見ても、この曲に関して、
テイクを重ねてはいるが、ダビングを行ったような記事はない。

値段が高くてためらっていたが、消費増税前に便乗買いした、
「ビートルズ全曲バイブル」は、パソコンの波形分析を駆使し、
使用楽器、ダビングの過程、マスターテープを解析していて、
そのステレオ音像配置図を見ても、ジョージのギターは1台。

ダブルトラックに聴こえるのは、エフェクトなのかと思いつつ、
その頃すでに、ビートルズは、テープエコーなどを使ったのか、
あるいは、2チャンのマスターを、ステレオミックスの段階で、
リフだけを加工できるのかと、こうした疑問も、また出てくる。

ビートルズの2枚目の冒頭を飾り、ジョンの歌から始まる曲、
「イェー」の掛け合いや、半音進行していくバックコーラスと、
コーラスグループの実力を見せつけ、ジョンの歌唱力も良い、
「イット・ウォント・ビー・ロング」は、やはり高音がきついです。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


自然と身についている・・・
ビートルズって ほんとうに 高度成長期時代の私たちの音楽文化に影響大でしたのね、マジシャンさんの記事を読ませていただきながら、
今更ながら そう思います。
声のハーモニー、曲自体の粋さ、ビート感覚などなど・・・・

CDになってもそうですが、あ、この曲がはいっているから 他の曲もと、
昔のシングルa面に入っている曲があるから やっぱり買いたくなる心境です。これは 未来過去変わらぬ買い物客の心理ですね(笑)

歌だけではいる 入り方、イントロを聞かせた感じ、
なにを用いても 新しく そして あ、この導入はいただき なんて
真似をして中学生の頃小さな作曲したりもしました。

>クリシェの原型に思えたり、
彼らは、音楽理論も知らないまま、カノンの技法まで体現した。

たぶん、音楽というのは 
必然的に Aから 高音Aまで の わずか8音で
すてきな曲ができていく。

そして 自然の法則(音楽の場合は 例えば カデンツ移動であったり)
で 次に来る音が決まってくるのだと思います。
彼らに それが 無意識の中の意識として 潜在的に働いた・・・・

言葉よりものをいう 
音楽の言語をうまく駆使した ビートルズがなした仕事。

私たちは その仕事の恩恵をうけて
今 音と楽しませていただいています

感覚で作っていく 彼ら・・・
時が贈ってくれた大きな音楽遺産だと思います
kao | URL | 2014/04/28/Mon 12:33 [編集]
Re: 自然と身についている・・・
いつも、コメントありがとうございます。


> ビートルズって ほんとうに 高度成長期時代の私たちの音楽文化に影響大でしたのね、マジシャンさんの記事を読ませていただきながら、
今更ながら そう思います。
声のハーモニー、曲自体の粋さ、ビート感覚などなど・・・・



ロックという範疇を超えて、ポップス全体に影響を与えたと思います。


> CDになってもそうですが、あ、この曲がはいっているから 他の曲もと、
昔のシングルa面に入っている曲があるから やっぱり買いたくなる心境です。これは 未来過去変わらぬ買い物客の心理ですね(笑)



ビートルズの場合、もう全部揃えるのが悩まずにすむ、と極論ですが・・・。



> 歌だけではいる 入り方、イントロを聞かせた感じ、
なにを用いても 新しく そして あ、この導入はいただき なんて
真似をして中学生の頃小さな作曲したりもしました。


ちょっとした部分が、自分なりの作曲に、いろいろ利用できますよね。
(と言っても、自分は演奏中心で、作曲は、ほとんどやりませんが・・・)



> >クリシェの原型に思えたり、
彼らは、音楽理論も知らないまま、カノンの技法まで体現した。

> たぶん、音楽というのは 
必然的に Aから 高音Aまで の わずか8音で
すてきな曲ができていく。
そして 自然の法則(音楽の場合は 例えば カデンツ移動であったり)
で 次に来る音が決まってくるのだと思います。
彼らに それが 無意識の中の意識として 潜在的に働いた・・・・
言葉よりものをいう 
音楽の言語をうまく駆使した ビートルズがなした仕事。
私たちは その仕事の恩恵をうけて
今 音と楽しませていただいています
感覚で作っていく 彼ら・・・
時が贈ってくれた大きな音楽遺産だと思います



たった8音の組み合わせが、それこそ、無限大に多くの曲を生み出し、
その中にも、自然の法則があるという、深遠な気分になってきますね。

ビートルズに限らず、多くの音楽と接した自分たちは、良き世代です。
ギターマジシャン | URL | 2014/04/28/Mon 19:50 [編集]
コーラスって何重録音なんですか?マジシャンさんがいっぱいいる~( ゚д゚)
確かにキーが高いと辛そうですね~^^;ボイストレーニングして鍛えましょう!
マジェ | URL | 2014/04/29/Tue 01:50 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> コーラスって何重録音なんですか?マジシャンさんがいっぱいいる~( ゚д゚)


ジョン、ポール、ジョージのパートを、ダブルトラックにしていて、
6チャンネルを、ボーカル用にしているので、一人六重唱ですね。



> 確かにキーが高いと辛そうですね~^^;ボイストレーニングして鍛えましょう!


高い声がきついうえに、息が続かないので、呼吸法から鍛えます。
ギターマジシャン | URL | 2014/04/29/Tue 06:55 [編集]
またまた素晴らしいです
おはようございます。
ギターマジシャンさんのビートルズ特集はほんとにとどまるところ知らずですね。
今回もまた興味満載の前書きから既にワクワクです。
ジョンのインパクトのあるオープニングですね。
そして弊ブログも取り上げていただきありがとうございました。
おっしゃるように、1小節減りますね。すごいですね。
そう言えば、そのパターンは結構ありますね。

そして今回もまた素晴らしい演奏とプロデュース。さすがです。
ST Rocker | URL | 2014/04/29/Tue 08:38 [編集]
Re: またまた素晴らしいです
いつも、コメントありがとうございます。



> おはようございます。
ギターマジシャンさんのビートルズ特集はほんとにとどまるところ知らずですね。
今回もまた興味満載の前書きから既にワクワクです。
ジョンのインパクトのあるオープニングですね。
そして弊ブログも取り上げていただきありがとうございました。
おっしゃるように、1小節減りますね。すごいですね。
そう言えば、そのパターンは結構ありますね。


ST Rockerさんの7小節の謎の分析は、音声による語り、実演で、
聴いていて面白いですし、その他の曲の演奏も、すごく良いです。

ビートルズは、小節数が奇数だったり、変拍子が入っているのに、
聞き流していると気づかないところが、彼らのマジックですね。



> そして今回もまた素晴らしい演奏とプロデュース。さすがです。


歌のほうは、相変わらず、何度やり直しても、こんな感じですが、
演奏だけは、かなり良い線行ってるのではと、自己満足気味です。
ギターマジシャン | URL | 2014/04/29/Tue 18:24 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.