僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
難易度が高そうで、敬遠しがちな、ジュリアーニの練習曲
NHK「ギターをひこう」で、クラシックギターを覚えたので、
初級の練習曲となると、当然、そのテキストで習った曲で、
カルカッシから、ソルへと進んでいくイメージができていて、
東京音楽アカデミーのテキストは、カルリの曲も多く載る。

そのせいで、ソルと同時代で、ギターの腕を競ったという、
ジュリアーニの曲とは疎遠で、阿部保夫の2冊の教本に、
いくつかの練習曲や、「アレグロ・ビバーチェ」などの曲が、
載っていたものの、とばしてしまって、弾いていなかった。

これまたイメージだが、ソルよりも、練習曲が難しそうとか、
曲も大作ばかりで、とっつきにくいと思って、それで、逆に、
芳志戸幹雄が運指・校訂した、「ジュリアーニ変奏曲集」は、
難しそうな楽譜ばかり、意味なく集めた頃に、買っている。

初級レベルでも十分弾けて、発表会でも通用するような曲、
「舟歌」のコストだったり、必ず、初級向教則本に出てくる、
アルペジオ練習で、おなじみの、アグアドの方が親しんで、
自分でも弾いてみたり、録音も聴く機会も、多いように思う。

鈴木巌の教本は、全3巻ということもあって、ジュリアーニ、
コスト、アグアドの練習曲が、多く載り、全部の曲について、
さわり程度は、あたったので、ジュリアーニの曲は難しいが、
練習にはなるし、和音の響きが、洗練されていると感じた。

メジャー7th、ディミニッシュといった和音が、時折出てきて、
古典的な和声に比べて、わりと近代的な感じ、ラベルとか、
ドビュッシー、あるいはジャズのテンションコードを思わせて、
ソルよりも、かなり後の時代の人だと、勘違いしていたほど。

群雄割拠というか、ソル、ジュリアーニに加えて、カルカッシ、
アグアドも、ほぼ同時代、1800年前後に活躍した音楽家、
音楽史的に見ると、モーツァルトの少し後、ベートーベンは、
まったく同じ頃、その後半にかぶって、ショパンというところ。

ジュリアーニは、ギター以外の楽器もこなし、ベートーベンの、
「交響曲第七番」の初演で、チェロを弾いたという説もあって、
多少は交流もあったのか、「ギターは小さなオーケストラ」の、
名言も、その関わりから出たかと、想像してみるのも面白い。

ただ、この台詞は、ベートーベンでなく、ベルリオーズだとか、
諸説あり、真偽のほどは定かでないし、シューベルトの曲が、
生前から、ギター伴奏で出版されたり、ギターのための曲を、
書いたような形では、ギターとの関係は、期待できないだろう。

そのジュリアーニの練習曲は、鈴木巌の教本では第2巻から、
かなり出てきて、左手の押さえが難しかったり、右手の方でも、
通常のアルペジオのようでいて、一部順番が変わったりして、
ひねりがきいていて、面白いものの、弾くとなると、難しすぎる。

第3巻になると、♭が4個もついた調で、セーハを連続させて、
左手を鍛えようという狙いだろうが、途中で、つりそうになって、
巻末のソル、タレガの作品よりも、技術的なことから言ったら、
難易度が、はるかに高いんじゃないかと思う、練習曲ばかり。

まずは、アグアドのアルペジオ練習の、後に出てくる練習曲、
3フレットのセーハで、Gコードを押さえる形で始めて、すぐに、
セーハのまま、D7を鳴らすので、人差し指が固定されたまま、
中指と薬指を入れ替える、こんがらがりそうな運指の曲から。

ついでに、ソルよりも、7thなどの和音があり、洗練された曲と、
書いたものの、カルカッシやソルにも、そうした和音が出てきて、
まるでモダンフォークの伴奏かと思える、練習曲があったので、
ジュリアーニとの比較でもないが、一緒にアップしておきます。

阿部教本だけでなく、鈴木教本でも、難易度が高いと感じる、
ジュリアーニの練習曲から、「op100第2番」、アルペジオの、
練習曲で、同様な雰囲気の、ソルの「op35第9番」の2曲を、
ちょっとモダンな和音を意識しつつ、左手の方が難しすぎです。






スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ベース音の進行によってコードの響きも随分飾られてる感じで
特に一曲目のベース進行は哀愁漂う、いいセンスのベースですね。
最初、メジャーな下っていく感じなのに、中盤からマイナー調で
上がったり下がったりが、陶酔できますね。
ひょい。 | URL | 2014/04/12/Sat 22:38 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ベース音の進行によってコードの響きも随分飾られてる感じで
特に一曲目のベース進行は哀愁漂う、いいセンスのベースですね。
最初、メジャーな下っていく感じなのに、中盤からマイナー調で
上がったり下がったりが、陶酔できますね。



おっしゃるように、ベース進行により、響きがまったく変わりますし、
コードネームも別のもの、メジャーがマイナーになる時もありますね。

この2曲は、基本的には、アルペジオを練習する曲になっていますが、
その中から対旋律を聴き取ることで、和声を学ぶ訓練にもなってます。
ギターマジシャン | URL | 2014/04/13/Sun 00:26 [編集]
どこかで 記憶が
どちらも すてきな曲ですよね。
練習曲にしては もったいないくらい どこかの演奏会で  スマートに
弾けそうな曲です。

しかし、アルペジオで 弾きながらメロディー部分を 
曲らしく弾くのって 難しです。
imaが きちんと コントロールされながら、
フレーズ感覚や 呼吸との兼ね合い、

どちらも かつて 弾いたことがありそうなかすかな記憶。

マジシャンさんの今週も 見事に きれいに そして 
気持ちよく 効かせていただきました。
私の教則本に きっと あとから(今は まだ 基本のまた基本なので)
出てくる曲だと 思います。



kao | URL | 2014/04/13/Sun 09:54 [編集]
Re: どこかで 記憶が
いつも、コメントありがとうございます。


> どちらも すてきな曲ですよね。
練習曲にしては もったいないくらい どこかの演奏会で  スマートに
弾けそうな曲です。


練習曲というと、つい単調な技巧練習を思い浮かべますが、
メロディや和音がきれいな曲も多く、今、取り組んでいます。



> しかし、アルペジオで 弾きながらメロディー部分を 
曲らしく弾くのって 難しです。
imaが きちんと コントロールされながら、
フレーズ感覚や 呼吸との兼ね合い、



おっしゃるとおり、アポヤンドの使い分けも難しくて、
そのために練習曲があるんだなと、改めて実感します。



> どちらも かつて 弾いたことがありそうなかすかな記憶。


おそらく、ソルもジュリアーニもあちこちの教則本に載り、
クラシックギターを弾く人には、おなじみの曲たちですね。



> マジシャンさんの今週も 見事に きれいに そして 
気持ちよく 効かせていただきました。
私の教則本に きっと あとから(今は まだ 基本のまた基本なので)
出てくる曲だと 思います。


自分の場合、独学をいいことに、教則本をとばしてばかりで、
勝手に後半の曲ばかり弾いたりするので、kaoさんのように、
先生について学ばれる方とは、順番が全然違うと思います。
ギターマジシャン | URL | 2014/04/13/Sun 11:03 [編集]
アルペジオが優しく優雅な演奏です。
安定して弾くって難しいです。
私はクラシックは左手が難しく永遠に弾けそうにありません^^;

ビートルズはジョンがとてもハマってますね!
ビートルズは初期の方が、いつまでも新鮮に感じます。
リッチーエリックボーン | URL | 2014/04/13/Sun 12:37 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> アルペジオが優しく優雅な演奏です。
安定して弾くって難しいです。
私はクラシックは左手が難しく永遠に弾けそうにありません^^;


右手のコントロールが、まだまだで、その日によっては、安定せず、
もちろん左手も、指が届かなかったり、雑音が出たりと、苦労です。



> ビートルズはジョンがとてもハマってますね!
ビートルズは初期の方が、いつまでも新鮮に感じます。


もともと中学時代は、ジョンの曲ばかりを歌っていたので、
似ている・似ていない、うまい・下手は、別の次元として、
ポールの曲よりも、歌いやすいし、歌詞も暗記できてます。

初期の曲は、ジョンとポールの歌声も、すごく若い感じで、
みずみずしいハーモニーが、今でも、きらめいて感じます。
ギターマジシャン | URL | 2014/04/13/Sun 13:44 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.