僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジョンは一番嫌いと言うが、隠れた名曲「イッツ・オンリー・ラヴ」
ビートルズ映画、「ビートルズがやってくる」「ヘルプ」のLPは、
アメリカでは、映画で歌われた曲に、オーケストラ曲も加えて、
文字通りのサントラ盤として発売したが、本国のイギリスでは、
映画の曲はA面にまとめて、B面には新曲を入れて、出した。

イギリスでは、シングル盤を買ったファンが、次にLPを買う時、
同じ曲がダブらないように、配慮したと言われて、基本的には、
シングル盤の曲をLPには入れず、例外的にデビュー作のみ、
入れたのと、あとで、LPからシングル・カットした、数枚がある。

日本も含め、通常、シングルがヒットしたら、それに適当な曲、
下手すれば、捨て曲同然のものを加えて、LPで儲けるのが、
業界の常識だったところを、ビートルズは、レパートリーなら、
いくらでもあるとばかり、B面にまで名曲を、惜しみなく入れた。

中学時代、ビートルズのコピーバンドで、プロを目指したから、
全曲コピーの壮大な計画をたてたが、まずは、ヒット曲でなく、
隠れた名曲を、ものにしようと通ぶって、シングルのB面だの、
LPのB面に、さりげなく入っている佳曲を、目ざとく演奏した。

アルバム「ヘルプ」のB面収録の、「イッツ・オンリー・ラヴ」は、
メロディがマイナー調で、サビでは、シャウト気味に歌うのが、
気に入ったし、何より、弾き語りで成立するような編曲なので、
ジョンとジョージの二人きりの、コピーバンドには、うってつけ。

ジョンは80年のインタビューで、この曲を、「一番嫌いな曲だ、
歌詞が最悪。」と、酷評したらしいが、75年当時の自分たちは、
そんなジョンの思いなど知らずに、これこそ隠れた名曲だぞと、
気に入ってレパートリーにし、けっこう、いい線いっていたかと。

イントロのアコギに、2小節遅れて、高音のアコギが加わるが、
ハイポジションのコードで、最後まで押さえるのは大変だから、
カポタストをつけた方が楽だろうかと、試したら、雰囲気が出て、
ジョージ役の友人と、そっくりな音が出たと、異様に盛り上がる。

今では、情報も多く、高音は、「悲しみをぶっとばせ」でも使った、
12弦ギターで弾き、5フレットにカポタストをつけたと分かるが、
自分らは、普通のアコギに、8フレットカポタストにしていたから、
何となく似た音だった程度で、それでも、完コピした気分だった。

一般に12弦ギターは、3~6弦に、1オクターブ高い弦が加わり、
1~2弦は、同じ弦を2本にしているので、5フレットのカポでは、
一番高い開放弦の音は、3弦のド、これは1弦8フレの音だから、
自分らの耳コピも、まったくの勘違いでは、なかったかなと思う。

この曲は、弾き語りにもできるが、ギターは5~6本が使われて、
コードを弾くアコギに、12弦ギター、エレキギターのカッティング、
単音の裏メロ、イントロやサビのエレキのメロディは、単音弾きと、
コード弾きの2本のようで、けっこう凝ったアレンジになっている。

イントロとか、何度か出てくるエレキのエフェクトは、本によっては、
「アイ・ニード・ユー」でも使った、ワウ・ペダルと書かれているが、
どう聴いても、ワウ・ペダルでなく、そもそも、あの曲で使ったのは、
ボリューム・ペダルだし、この「イッツ~」の音色は、それでもない。

後にジョージが多用する、レズリー・スピーカーも、「ヘルプ」当時、
まだ導入されていなかったし、レズリー特有の音程のうねりもない、
同様に、うねりがないから、フェイザーやフランジャーではないし、
昔のアンプに、よく内蔵されていた、「トレモロ」による音だと思う。

ベンチャーズに代表される、テケテケ・サウンドで、よく使われた、
ギターアンプに内蔵の「トレモロ」、または「ビブラート」の装置で、
音量を一定の周期で上下できるので、細かく音を途切れさせると、
「アルハンブラの思い出」のトレモロ奏法に、近い感じにもできる。

ジョージ役の友人とお揃いで買った、ヤマハのアンプにもあって、
どっちの家で練習するときも、「トレモロ」が使えたから、この曲は、
そうやって弾いたし、フェイザーなどエフェクターが買えないから、
何となくレズリーに近い音も出せると、わりと重宝して使っていた。

ビートルズのLP「ヘルプ」のB面に、映画とは無関係の曲の中に、
埋もれ、ジョンは一番嫌いだと言った、「イッツ・オンリー・ラブ」を、
ジョンに申し訳ないが、自分は昔から好きな曲なので、なりきって、
Aメロは情けなさそうに、サビは声をふりしぼったよう、歌いました。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


この曲、私も好きです。
サビの歌はジョンの雰囲気が良く出ています。
マジシャンさんがクラシックで弾かれているように、この曲は
アコースティック一本でもいい感じになるんではないでしょうか?
リッチーエリックボーン | URL | 2014/03/24/Mon 01:34 [編集]
いい味ですね
おはようございます。
ほんとに隠れた名曲を採り上げられましたね。
僕も、ジョンが「一番嫌いな曲」と言ったことがずっと引っかかっていました。
ジョンの言葉とは裏腹によい味が出ているこの曲、ギターマジシャンさんがさらに味を加えられて、本当にいい雰囲気です。
ST Rocker | URL | 2014/03/24/Mon 06:57 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> この曲、私も好きです。
サビの歌はジョンの雰囲気が良く出ています。


サビは、昔から、なりきって、弾き語っていたので、
他の曲よりも、ある意味、歌いこんでいる感じです。



> マジシャンさんがクラシックで弾かれているように、この曲は
アコースティック一本でもいい感じになるんではないでしょうか?


ソロギターのアレンジでも、良いかもしれませんね。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/24/Mon 07:22 [編集]
Re: いい味ですね
いつも、コメントありがとうございます。


> おはようございます。
ほんとに隠れた名曲を採り上げられましたね。
僕も、ジョンが「一番嫌いな曲」と言ったことがずっと引っかかっていました。
ジョンの言葉とは裏腹によい味が出ているこの曲、ギターマジシャンさんがさらに味を加えられて、本当にいい雰囲気です。



実は、この曲を演奏するので、手持ちの本やネットを見て、
ジョンの発言を間接的に知って、ちょっと驚いた次第です。

自分は、昔から好きだったので、作曲者の思いとは裏腹に、
原曲の伴奏を再現して、ひとり、いい気分で歌っています。

ギターマジシャン | URL | 2014/03/24/Mon 07:25 [編集]
仕上がっています
音といい演奏といい、仕上がっていて聴いていて心地よいです。
ビートルズは本当に両A面といえるシングルを何枚も出していますよね。
そこら辺はやはり捨て曲なんか作らない(作れない?)、才能の溢れたコンポーザー2人の存在が大きいですよね。

話は変わりますが、私は12弦ギターはほとんど弾けません。持っていた事もないんですよね。。。
いまだに苦手意識があって手を出せないギターです。
年内には何か1本買う予定ですが、ギターマジシャンさんの影響でガット弦の張れるゴダンなんか狙っています。
Les Paul L-5 | URL | 2014/03/26/Wed 20:14 [編集]
Re: 仕上がっています
> 音といい演奏といい、仕上がっていて聴いていて心地よいです。
ビートルズは本当に両A面といえるシングルを何枚も出していますよね。
そこら辺はやはり捨て曲なんか作らない(作れない?)、才能の溢れたコンポーザー2人の存在が大きいですよね。



おっしゃるとおり、B面やアルバム用に、ササっと作った曲でも、
二人の才能を持ってすれば、捨て曲にならなかったのでしょうね。



> 話は変わりますが、私は12弦ギターはほとんど弾けません。持っていた事もないんですよね。。。
いまだに苦手意識があって手を出せないギターです。
年内には何か1本買う予定ですが、ギターマジシャンさんの影響でガット弦の張れるゴダンなんか狙っています。



ゴダンは、実際に見たり、音を聴いたことはないのですが、
アコギマガジンの楽器レポートにも、よく載るメーカーで、
かなりの逸品でしょうし、手工ガットも買える値段ですね。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/26/Wed 22:16 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.