僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
アルプスをバックに、雪上で4人がはじける、「涙の乗車券」
ビートルズの2作目の映画、「ヘルプ!四人はアイドル」は、
バハマとアルプスの海外ロケがあり、前作がヒットしたので、
ご褒美を兼ね、彼らの行きたいところをロケ地にしたそうで、
ストーリーと関係なしに、唐突に海外になる、ムチャな設定。

アルプスでスキーを楽しみたいという、誰の要望だったのか、
オーストリアのザルツブルクへと出かけるが、映画の中では、
リンゴの指輪を狙って、自宅を襲撃された場面のあと、急に、
「一行はアルプスへ避難した」の字幕だけで、片付けられる。

「涙の乗車券」が流れて、ここはレコーディング場面と違い、
楽器を手に演奏するより、アルプスで、はしゃぎ回っている
4人の姿を追っていて、そりに乗ったり、スキーをしたりと、
好き勝手にさせて撮影し、音楽に合わせて編集したそうだ。

それが、まさにPVの元祖みたいな、素晴らしい映像なので、
監督のリチャード・レスターは、のちのMTV全盛時になって、
「あなたは、MTVの父です」という、表彰状をもらったそうで、
監督は、「DNA鑑定したのかい?」と、ジョークを言ったとか。

雪山の上に置かれた、グランドピアノを囲んで、歌う場面や、
ジョンが手本を示し、向かい合った3人が真似る準備体操に、
雪面を転がったり、ターンに失敗して、後ろ向きに滑降したり、
ゲレンデに座り込んでのランチと、楽しそうに、はしゃいでる。

4人が手をつないで、後ろ向きに、雪面に倒れ込む場面は、
かなり多くの人が、スキー場で、真似したのではと想像でき、
音楽の終わった後も、1台のそりに、4人で重なって乗ったり、
カーリングをしたりと、雪山での遊び方まで、紹介してくれる。

ビートルズも、おそらく初めてなのであろう、スキーを楽しみ、
それが、スクリーンから伝わり、こっちまで嬉しくなってくるし、
本当に、この頃は、4人が仲良かったんだなあ、と感慨深く、
あの「レット・イット・ビー」の、ぎすぎすした雰囲気と、対照的。

今、見返していたら、邦画の「私をスキーに連れてって」での、
「恋人はサンタクロース」の曲が流れる、ゲレンデでの場面は、
この「涙の乗車券」の場面に、かなり影響されているのではと、
何でも、ビートルズに結びつける、自分の悪い癖が出てくる。

この曲のリードギターは、後半に、バハマのビーチで演奏する、
「アナザー・ガール」と共に、ジョージでなく、ポールだったのは、
今では周知の事実だが、いつ頃から、そうした裏話でもないが、
レコーディングの詳細などが、知られるようになったのだろう。

76年頃、渋谷の東急本店で、ビートルズ・フェアーが開催され、
「がむがむ」というフォーク・グループの、生演奏があった時に、
ベース担当の柿沼が、「アンド・ユア・バード・キャン・シング」の、
リードギターはポールだと、ビートルズネタを、曲間で話し出す。

すかさず、ギターの宮城が、「それは、違いますよ。ポールが、
ギターを弾いたのは、タックスマンですよ。」と、訂正していて、
自分も、「ああ、それならば知っているよ。」と、納得したのだが、
タックスマンの件も、今思えば、どこで読んだり、聞いたのだか。

ちなみに、この数年後に、ARBやチューリップにベースとして、
加入する宮城は、この時、ギブソンの、チェリーサンバーストの、
レスポールを弾いて、オリジナル曲では、泣きのフレーズから、
早弾きがすごくて、レコードを買ったが、早弾きの曲はなかった。

今では、チューリップのベーシストとして知られる、この宮城が、
リードギターの名手だったように、ポールは、元々ギタリストで、
この「ヘルプ」のアルバムあたりから、ギターも弾くようになるが、
そのことから、ジョージはポールより下手だと、言われがちに。

ジョージの弁解でもないが、ポールがギターだったアマ時代に、
ギターのうまい後輩がいると、連れてこられたのがジョージだし、
「涙の乗車券」のライブ演奏では、ポールが弾いたフレーズを、
ジョージは、苦もなく完コピで再現し、弾けないわけではない。

映画での「アナザー・ガール」の演奏場面でも、ジョージの指は、
ポールのフレーズに沿うように、あて振りしていて、技術的に、
決してジョージが劣っていたわけではないが、ポールとしては、
自分の思いついたフレーズを、自分で弾きたかったのだと思う。

このあたり、「レット・イット・ビー」の中で、ジョージのフレーズに、
ポールが注文をつけ、口論となり、「じゃあ、言うとおりに弾くよ、
それで満足だろう。」と、目を覆いたくなる場面を、思い出すが、
「ヘルプ」の頃は、それでも、何とか、仲良くやっていけたのに。

「涙の乗車券」は、ジョンがメインボーカルの曲なので、昔から、
歌っていて、今回、歌詞カードを見て歌うと、字余りになったり、
メロディとずれてしまい、耳で覚えた、「ドノ・ワシ・ラン・ソ・ハア、
シャル・トワ、シャル・ドラ・バイ・ミー」の方が、本物らしくなった。
 
ビートルズの映画「ヘルプ!」で、アルプスのスキーで流れる曲、
楽しそうに4人が、はじけている、「涙の乗車券」を歌いましたが、
ポールの高音ハモは、相変わらず、かすれたり、無声音となり、
ジョンの歌は、何とか出てますが、エンディングのは無理でした。








スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


風景が浮かびます
ギターマジシャンさん こんばんは。
あの雪山の風景が目に浮かびますね。
やはりポールの歌声は厳しいですよね。頭の血管が切れそうになります。
こんな演奏が出来て羨ましいです。
マサジョン | URL | 2014/03/16/Sun 18:46 [編集]
Re: 風景が浮かびます
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんばんは。
あの雪山の風景が目に浮かびますね。


「ヘルプ」や、「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」の映画で流れた曲は、
それぞれの場面が、すごく印象的で、曲と切り離せないですね。



> やはりポールの歌声は厳しいですよね。頭の血管が切れそうになります。


喉から血が出そうだし、こめかみは痛くなり、自分の歳を考えないと、
本当に、脳の血管が切れてしまって、救急車騒ぎを起こしそうです。


> こんな演奏が出来て羨ましいです。


全曲入りバンドスコアと、MTRのおかげで、地道に音を重ね、
本物のサウンドに近づけますが、歌ばっかりは、課題が大です。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/16/Sun 19:37 [編集]
いいですね
おはようございます。
今回もまた映画も一緒に素敵な紹介でした。
この曲の雰囲気もよく出てますよ。
ポールのうなるようなギターも、ギターマジシャンさんの技術がさらに生きていてカッコいいです。
ST Rocker | URL | 2014/03/17/Mon 07:07 [編集]
Re: いいですね
いつも、コメントありがとうございます。


> おはようございます。
今回もまた映画も一緒に素敵な紹介でした。
この曲の雰囲気もよく出てますよ。
ポールのうなるようなギターも、ギターマジシャンさんの技術がさらに生きていてカッコいいです。



自分にとっては、ビートルズと出会った映画なので、
そこで流れた曲は、どれも、画面と結びついています。

ポールの弾くリードギターは、どの曲でも特徴的であり、
ちょっとひっかけるようなノリが、なかなか出せません。

ギターマジシャン | URL | 2014/03/17/Mon 07:23 [編集]
元祖PV!?
ギターマジシャンさん こんばんは♪

今回もまた楽しく聴かせていただきました。
やっぱり英語の歌は歌詞カードを見てもダメなんですね。
う~ん耳コピ・・・ 渡しの場合それも難しいような(苦笑)

PVの元祖がビートルズ!?
これまたすごいですね。
「私をスキーに連れてって」は最近何故だかまた観る機会がありましたが、
ビートルズと結びつくとは・・・思いもよりませんでした^^;
ちゃらこ | URL | 2014/03/18/Tue 21:18 [編集]
Re: 元祖PV!?
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん こんばんは♪
今回もまた楽しく聴かせていただきました。
やっぱり英語の歌は歌詞カードを見てもダメなんですね。
う~ん耳コピ・・・ 渡しの場合それも難しいような(苦笑)


耳コピというよりは、中学時代に、そらで覚えた響きの方が、
長年口ずさんでいたので、今さら、正しい単語では歌えません。



> PVの元祖がビートルズ!?
これまたすごいですね。
「私をスキーに連れてって」は最近何故だかまた観る機会がありましたが、
ビートルズと結びつくとは・・・思いもよりませんでした^^;


「ビートルズがやってくる」や、「ヘルプ」を元祖とするのは、
ちょっと強引ですが、「マジカル・ミステリー・ツアー」や、
その前後のミュージックフィルムは、まさにMTVそのものです。

「私をスキーに~」は、単純に、自分の好みというだけでして、
音楽をバックにスキーしている、という共通点くらいですね。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/18/Tue 22:20 [編集]
ハモリがええ感じですね~^^
この映画、雪に全員倒れこむシーンがありましたっけ?何かそこだけ記憶にあるんですけど( ゚д゚)
最近、長女が弾き語りに挑戦中です・・・が、まともにコードも弾けないしストロークもまだまだ・・・でも一所懸命練習してますからそのうち弾き語りが苦手なオヤジを見下す日がくるかも?(@@;
マジェ | URL | 2014/03/20/Thu 23:28 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ハモリがええ感じですね~^^
この映画、雪に全員倒れこむシーンがありましたっけ?何かそこだけ記憶にあるんですけど( ゚д゚)



この「涙の乗車券」のスキー場面で、4人で後ろ向きに倒れていて、
ほんの一瞬なのですが、曲の中で、ものすごく印象に残る場面です。



> 最近、長女が弾き語りに挑戦中です・・・が、まともにコードも弾けないしストロークもまだまだ・・・でも一所懸命練習してますからそのうち弾き語りが苦手なオヤジを見下す日がくるかも?(@@;


子供らは吸収が早いから、瞬く間に上達しそうですし、
親子共演も夢ではないから、すごくうらやましいです。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/21/Fri 01:43 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.