僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ビリー・ジョエルの全盛期の、さらに傑作、「オネスティ」
ビリー・ジョエルの曲を何曲か、リクエストいただいたので、
ソロギターで演奏してみようかと、楽譜を探して見たところ、
愛用している楽譜で馴染みの、江部賢一による編曲集が、
出ていたようだが、今は廃刊になってしまい、入手は困難。

ソロギターのブームを作った、南澤大介「しらべ」シリーズは、
2曲が別々の巻にある程度で、まとまったものはないようで、
それなら、自分で、ソロギターに編曲しようと、試みたものの、
音がスカスカで、なかなか江部や南澤のようにはいかない。

それで、二重奏にしようかと思うが、中途半端な合奏よりは、
ギターシンセで、ピアノの右手と左手を別々に録音した方が、
ピアノ弾き語りが中心の、ビリー・ジョエルの雰囲気が出るし、
そこまでやるならば、バンドスコアで、原曲を再現することに。

現行のバンドスコアには、「オネスティ」、「ストレンジャー」に、
「素顔のままで」という、往年のヒット曲が、載っていたので、
まずは、ピアノ弾き語りに近く、あまりダビングをしなくても、
原曲の雰囲気が出せそうな、「オネスティ」に取組んでみる。

長い下積み時代を経て、77年の「ストレンジャー」によって、
ヒットチャートに躍り出て、78年の「ニューヨーク52番街」で、
全米1位を取ると同時に、グラミー賞までも受賞した全盛期、
そのアルバムの収録曲で、シングルヒットもした「オネスティ」。

ほとんどピアノの弾き語りに近い形で、まるで、自己の内面を、
さらけ出すように歌い上げる、「誠実とは、何と寂しい言葉か、
誰もがあまりに偽り続ける。誠実なんて、そう聞けそうにない、
一番必要としているのに。」と、その歌詞は、重さを持っている。

リクエストいただいた、ビリー・ジョエルの名曲「オネスティ」を、
ギターシンセのピアノ音は、強弱がうまくつかず、平淡すぎて、
せめて歌声で抑揚をつけようとしたが、歌は相変わらず下手、
歌詞が良いので、消さないが、やっぱり歌は駄目みたいです。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


名曲ですね
この曲はスローの8ビートの歌伴のお手本のような演奏でいつも曲のメロディーより演奏に耳が行ってしまうんですよね。

今回はギターシンセにチャレンジとまた新境地を聴かせてもらいました。

ストレンジャーのプロモでスティーブ・カーンが弾いていたのがN・Yならでは・・・って感じが当時は伝わってきたのを覚えています。
レコーディングの時は亡くなったハイラム・ブロックとツインギターだったんですが、プロモではスティーブ・カーンが弾いていたことしか覚えていません。
Les Paul L-5 | URL | 2014/03/10/Mon 12:24 [編集]
Re: 名曲ですね
いつも、コメントありがとうございます。


> この曲はスローの8ビートの歌伴のお手本のような演奏でいつも曲のメロディーより演奏に耳が行ってしまうんですよね。



ラジオから流れる曲の、ついリズムギターに耳が行ったり、
自分も、まっとうに曲を聴くのが、できなくなっています。



> 今回はギターシンセにチャレンジとまた新境地を聴かせてもらいました。



打ち込みは苦手だし、鍵盤もほとんど弾けないので、
ギターシンセで代用するほうが、オケ作りが楽です。



> ストレンジャーのプロモでスティーブ・カーンが弾いていたのがN・Yならでは・・・って感じが当時は伝わってきたのを覚えています。
レコーディングの時は亡くなったハイラム・ブロックとツインギターだったんですが、プロモではスティーブ・カーンが弾いていたことしか覚えていません。


Youtubeで見ると、「オネスティ」でも、スティーブ・カーンが、
オベイションギターで伴奏をしていて、ソロデビューの前後ですね。

ハイラム・ブロックは、クレジットを見て、誰だろうと思ってたら、
78年、ボブ・ジェームスのバックで来日した際のインタビューで、
顔を知り、翌年、デビッド・マシューズの作品で演奏を聴きました。

LAとNYのそれぞれで、フュージョン系スタジオミュージシャンが、
活躍していた良き時代で、すごく音楽的にも充実していたと思います。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/10/Mon 19:06 [編集]
どんな曲も、弾いて、歌って、凄いですね!

ビリージョエルは グラスハウスまではよく聞きました。
ナイロンカーテンに馴染めず、聴かなくなりました^^;
リッチーエリックボーン | URL | 2014/03/11/Tue 00:37 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> どんな曲も、弾いて、歌って、凄いですね!


自分が聴いたことがある曲で、バンドスコアがあれば、
そこそこオケは作れますが、歌は無理があるようです。



> ビリージョエルは グラスハウスまではよく聞きました。
ナイロンカーテンに馴染めず、聴かなくなりました^^;



自分も、「ストレンジャー」「ニューヨーク52番街」「グラスハウス」が、
3部作でもないですが、気に入っていて、その後はシングル曲くらいですね。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/11/Tue 02:30 [編集]
ギターシンセでピアノを再現する・・・めっちゃ難しそうなことにチャレンジされたんですね~^^;
声質的にはこの曲に合ってると思うのですが、高音部分がしんどそう。キーを下げたらもっと歌いやすくなるような気がするのですがどうでしょう?あとは腹筋を鍛えますかな?( ゚д゚)
しかし、最近ビリー・ジョエルって活動してるんですかね?
マジェ | URL | 2014/03/11/Tue 14:23 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターシンセでピアノを再現する・・・めっちゃ難しそうなことにチャレンジされたんですね~^^;



左右別々に、楽譜どおり弾けば、何とかなると思いましたが、
なかなかニュアンスが出せなくて、企画倒れの状態ですね。



> 声質的にはこの曲に合ってると思うのですが、高音部分がしんどそう。キーを下げたらもっと歌いやすくなるような気がするのですがどうでしょう?あとは腹筋を鍛えますかな?( ゚д゚)


声質は合う合わない以前の、悪声ですが、複式呼吸など、
発声を学んでいけば、少しは、ましになるでしょうかね。


> しかし、最近ビリー・ジョエルって活動してるんですかね?


アルバムは10年以上出てなくて、たまにライブを行うようです。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/11/Tue 18:20 [編集]
やった!
>今は廃刊になってしまい、入手は困難。
苦労されて・・すみません!私のリクエスト!

ギターシンセ・・って私にはあまりイメージがわかないのですが
ピアノで弾き語りしているような感じがでるんですねーー
なんでも こなしちゃうような マジックだわ
kao | URL | 2014/03/29/Sat 23:05 [編集]
Re: やった!
いつも、コメントありがとうございます。


> >今は廃刊になってしまい、入手は困難。
> 苦労されて・・すみません!私のリクエスト!



リクエストしていただくのは、とても嬉しいことですし、
楽譜をあれこれと探すのも、すごく楽しい作業なんです。



> ギターシンセ・・って私にはあまりイメージがわかないのですが
ピアノで弾き語りしているような感じがでるんですねーー
なんでも こなしちゃうような マジックだわ



ギターシンセは、ギターで弾いた音が、シンセの音源に変換され、
エレクトーンのように、ピアノや管楽器の音が鳴らせるのですが、
ピアノの両手の音は、6本弦では無理なので、分けて弾いてます。

弾いた音を変換するから、音の出てくるタイミングのずれがあり、
ちょっと遅れ気味に弾くと、半拍ずれたりして、苦労しています。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/30/Sun 02:15 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.