僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
「リンゴのテーマ」にもなった、コーラスが印象的な「ジス・ボーイ」
ビートルズの、「ハード・デイズ・ナイト」のアルバムは、
なぜだか、リンゴが歌う曲が入ってなくて、前の2作や、
次作以降も歌うから、メンバー紹介を兼ねていたのを、
映画でリンゴは目立つから、ひとまず良いとの判断か。

そのためでもないが、米キャピトル盤の、このLPでは、
映画サントラ盤っぽく、4曲が、オーケストラの演奏で、
リンゴがテレビ局を抜け出し、町をさまよい歩く場面で、
流れたBGMを、「リンゴのテーマ」の題名にしている。

元々は、シングル盤「抱きしめたい」のB面の曲だった、
「ジス・ボーイ」を、ジョージ・マーティンが、編曲したが、
他のオーケストラ曲は、映画の中で、ビートルズたちが、
歌った曲なのに、この曲だけは、インストのみが流れた。

リンゴのボーカル曲でもなく、映画用の新曲でもないが、
オーケストラ編曲して、BGMに使ったのが不思議だし、
しかも「リンゴのテーマ」の題名と、ちょっとしたことだが、
これもビートルズにまつわる謎かと、あれこれ想像する。

「ジス・ボーイ」は、シングル「抱きしめたい」のB面曲で、
イギリス編集盤のアルバムには、収録されていないが、
そのシングル盤こそが、日本で初めて出たビートルズの、
レコードだから、当然、この曲も、みんなが聴いただろう。

ビートルズのLPは、イギリス、アメリカ、日本と曲が違い、
ことデビュー作では、日本編集の「ビートルズ!」こそが、
シングルヒットの「抱きしめたい」、「シー・ラヴズ・ユー」、
「フロム・ミー・トゥ・ユー」を含む、ベスト盤並のデビュー。

そこに「ジス・ボーイ」は、収録されず、日本編集LPには、
「ビートルズ No.5」という、これまで収録されていない、
どちらかというと、地味な曲ばかりに、ドイツ語で歌った、
「シー・ラヴズ・ユー」、「抱きしめたい」を加えたLPに入る。

リアルタイムで、ビートルズを聴いていない、自分だから、
「抱きしめたい」に限らず、シングル盤は買っていないし、
「No.5」は、他のLPを集めてから、未収録曲を揃える為、
買うようなLPなので、「ジス・ボーイ」は縁遠いことになる。

だけど、中3の頃に、この曲のリズムギターを練習したり、
3声コーラスを覚えようとして、かなり好きな曲だったから、
ラジオで聴いたか、ビートルズを合奏した、ジョージ役が、
全部持っていたキャピトル盤が、きっかけだったかと思う。

中学時代、ビートルズのコピーバンドでプロにと憧れたが、
いつも一緒なのは、ジョージ役の友人の、二人きりだから、
コーラスはダビングしてみたり、彼はギターがうまい上に、
ベースも弾けたから、ベースとリズムギターで録音したり。

楽譜は、メロディとコードだけの「ビートルズ80」を使うが、
中3の頃、黒い表紙で、手書き譜面のバンドスコアが出て、
続けて、赤盤、青盤の表紙だが、曲目は全然違っている、
2冊のバンドスコアが出て、とびつくように買い、練習した。

その赤盤には、「ジス・ボーイ」が載っていて、ジョージと、
ハモったりしたが、昔から音痴の自分は、この曲に限らず、
主旋律が取れないまま、一番聴こえる高音部を歌ったり、
逆に低い方を歌うと、それに合わせるよう、ハモってくれた。

ビートルズのハーモニーは、ジョン、ポールと特徴のある、
二人の声が、ある時は、まったく区別できずに融合するし、
そこへ、ジョージが、彼だと分かる声で加わるから見事で、
彼らが出会ったのは、ボーカルだけ見ても、まさに奇跡か。

そんなハーモニーを、自分ひとりで、いつもダビングして、
同じ声だから今一歩だと、こぼしつつ、比較にならないが、
山下達郎は、ひとりアカペラでも、見事な世界を築くから、
これは、歌唱力や才能の問題で、言い訳にはならないか。

この曲では、いわゆるロッカバラード風の、リズムギターも、
曲を引き立てていて、当然、ジョンが弾いていると思ったが、
Youtubeで見たら、テレビでもライブでも、ジョージも一緒に、
細かくリズムを刻み、逆に、レコードでのアコギはどちらか。

そのテレビやライブ映像は、何種類かアップされているが、
ジョンが真ん中、向かって左側にポール、右にジョージで、
1本のマイクに向かうと、2本のギター、ベースのネックが、
左右対称に、前方に向き、すごく絵になり、気に入っている。

日本デビューレコードのB面「ジス・ボーイ」、当時の邦題は、
「こいつ」という、何かと批判もある邦題の一つでもあるが、
3声コーラスとリズムギターが特徴的な名曲を、中学時代の、
友人とのハモリを思い出しつつ、ダビングを重ねてみました。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


いいですねぇー
ギターマジシャンさん こんにちは。

コーラスバンドの真骨頂と言える曲をよく再現されてますね。
エド・サリバンショーの演奏が思い出されます。
ベース・ラインが特に好きです。
録音が綺麗にされてますね。
マサジョン | URL | 2014/02/09/Sun 13:10 [編集]
Re: いいですねぇー
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんにちは。
コーラスバンドの真骨頂と言える曲をよく再現されてますね。
エド・サリバンショーの演奏が思い出されます。
ベース・ラインが特に好きです。
録音が綺麗にされてますね。



エド・サリバン・ショーでの3人の並びが、一番格好良いですし、
何よりも、演奏にコーラス、ジョンのサビも、すごく良いですね。

この曲のベース・ラインは、シャッフル系の曲のお手本みたいで、
コードのルート音をつないで、その経過音も、メロディックです。
ギターマジシャン | URL | 2014/02/09/Sun 16:09 [編集]
ビートルズだから違うのでしょうが、古き良きアメリカを連想させてくれるいい曲ですね。
細かなカッティングもバッチリ決まって凄く心地良いです。
よねちゃん | URL | 2014/02/09/Sun 21:52 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ビートルズだから違うのでしょうが、古き良きアメリカを連想させてくれるいい曲ですね。
細かなカッティングもバッチリ決まって凄く心地良いです。



ジョンは、この曲を、スモーキー・ロビンソンみたいに作ったと言ったそうで、
ポールは、あのフィル・スペクター在籍のテディ・ベアーズの曲のコーラスを、
意識したそうで、彼らがよくカバーした、アメリカの曲のサウンドでしょうね。
ギターマジシャン | URL | 2014/02/09/Sun 23:55 [編集]
ばっちりです
ギターマジシャンさん
こんばんは。
実はギターマジシャンさん、そろそろこの曲かな、と思っていたんです。
僕のブログへコメントくださる時もこの曲が何度か登場した記憶もあるもんですから。
それにしてもハーモニーばっちりですね。
かく言う僕もこの曲をそろそろ狙っていたところです。
自分ではかつて歌ったり演奏したりしたことはまだ一度もありません。
これから一つ一つ音を取っていくことから始めます。
遅ればせながら頑張ります。
ST Rocker | URL | 2014/02/10/Mon 23:27 [編集]
オールディーズ風でコーラスもすごく決まっています。
この曲は「抱きしめたい」のB面だったんですね。
マジシャンさんのコーラスは爽やかで、大瀧詠一のようにも感じます。
リッチーエリックボーン | URL | 2014/02/11/Tue 01:02 [編集]
Re: ばっちりです
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん
こんばんは。
実はギターマジシャンさん、そろそろこの曲かな、と思っていたんです。
僕のブログへコメントくださる時もこの曲が何度か登場した記憶もあるもんですから。
それにしてもハーモニーばっちりですね。
かく言う僕もこの曲をそろそろ狙っていたところです。
自分ではかつて歌ったり演奏したりしたことはまだ一度もありません。
これから一つ一つ音を取っていくことから始めます。
遅ればせながら頑張ります。



リズムギターやコーラスが特徴的で、昔から好きな曲だったので、
ST Rockerさんのブログでも、コメントさせていただきました。

自分は、元来ハーモニー感覚がなくて、自分で音も取れないので、
楽譜の音を何度もギターで弾いて、覚えつつ、ダビングしてます。

今や、ST Rockerさんの「ビートルズの新しい解析のページ」は、
毎日の訪問者が200名を越し、コメントの対応も大変でしょうし、
そんな中、演奏を聴いていただき、コメントまでありがたいです。
ギターマジシャン | URL | 2014/02/11/Tue 01:46 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> オールディーズ風でコーラスもすごく決まっています。
この曲は「抱きしめたい」のB面だったんですね。
マジシャンさんのコーラスは爽やかで、大瀧詠一のようにも感じます。




60年代初期のビートルズが、50年代の曲を意識して作ったから、
まさにオールディーズサウンドで、懐かしい雰囲気にあふれてます。

他の曲でも同様で、ダブルトラックにしたうえ、エコーを深くかけ、
フィル・スペクターの音の壁みたいにし、ボーカルをごまかしてて、
自分の声で重ねていることもあって、大瀧詠一っぽくなりますよね。
ギターマジシャン | URL | 2014/02/11/Tue 01:56 [編集]
抽斗!
ギターマジシャンさん 今日は。

日本盤で育った為に、此の曲聴いたのは結構あとで、こんなコーラス・ハーモニー出来るなんて思ってない為、当時の事とても印象深く覚えてます。

ハーモニー・バンドのイメージは?と云えば、ミルス・ブラザースやフォー・シーズンス等の米国伝統受け継ぎ、当時はビーチボーイズが筆頭と思ってました。したがって、コーラス・ハモるビートルズは抽斗が一つ増えたようで嬉しく、意外性がありフレッシュに感じました。
take10n | URL | 2014/02/22/Sat 12:56 [編集]
Re: 抽斗!
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん 今日は。
> 日本盤で育った為に、此の曲聴いたのは結構あとで、こんなコーラス・ハーモニー出来るなんて思ってない為、当時の事とても印象深く覚えてます。



後追いでビートルズを聴いた自分と違い、take10nさんは、リアルタイムで、
まったく白紙の状態から、様々な曲に触れたので、その印象も強いでしょうね。



> ハーモニー・バンドのイメージは?と云えば、ミルス・ブラザースやフォー・シーズンス等の米国伝統受け継ぎ、当時はビーチボーイズが筆頭と思ってました。したがって、コーラス・ハモるビートルズは抽斗が一つ増えたようで嬉しく、意外性がありフレッシュに感じました。




ビートルズは、アメリカ音楽への憧憬があり、モータウンをカバーして、
コーラスグループとしての実力も、開花していったのだと、思いますが、
これまた、後付の知識なので、リアルタイムの感想は、貴重なお話です。
ギターマジシャン | URL | 2014/02/22/Sat 20:11 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.