僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
アコギ、ソロギターの伝道師、南澤大介の「ソング・フォー・FG」
いつも弾いてるエレガットギターは、ナイロン弦なので、
アコギのように、すぐに、高音弦が切れたりはしないが、
弦を押さえる際の癖か、フレットが、こすれたりするのか、
たいてい、4弦の巻き弦が、むけてきては、使えなくなる。

弦を張り替えるのが面倒で、エレキは弦が切れたときや、
サビがひどいと替えるが、ガットだと、わりと放っておいて、
巻き弦がむけてきて、とげとげ部分が、指に引っかかると、
そのきっかけで替えるから、半年に一度の割合だろうか。

昔から、ガットギターには、定番のオーガスティンを使い、
値段が安いからと、黒ラベルのみ、ジャズギター教室で、
ハナバッハとかは無理でも、せめて赤にしろと言われて、
赤とか青を試してみたら、音は格段に良い響きになった。

テンションが強いので、エレキ同様、太い弦なのだろうが、
単純に、値段が高いから、良い音なのだと、思い込んで、
青ばかり使っていたら、中1で買った、古いガットギターは、
ブリッジがはがれて、修理するか悩んで、もう10年近い。

昨年、久しぶりにクラシックギターを、やり直すことにして、
押さえやすいローテンションの、黒ラベルを使ってみたが、
今回、赤にしてみると、かなり弦を押さえるのが、大変で、
いかに、生ぬるい環境にいたか、筋力の衰えを実感した。

それと別に、弦のチューニングが安定せず、3日たっても、
1曲を弾いているうちに、高音弦は、1音近く下がってきて、
弦の当り外れのせいか、12フレットのオクターブピッチは、
4分の1音くらい、ずれて、音痴の自分でも、気分が悪い。

そのうえ、弦が新しいせいで、いつも以上にキュッキュッと、
左指が弦をこする音が大きく、これを、よくよく観察したら、
ポジション移動の時だけでなく、ただ弦を押さえるだけでも、
キュイとかゴリッと雑音が、かなり頻繁に出ていると気づく。

どうも自分の癖らしく、およその位置に、いったん指を置き、
右手が弾くときに、左指をフレット近くに、正しく押さえ直し、
弦をこする、あるいは、セーハしていて、小指を伸ばす際に、
中指・薬指が、引っ張られて動き、弦をこすり、雑音が出る。

これだけ、弦をこすって弾くから、巻き弦が、むけるのかと、
妙に納得しつつ、克服するには、低音弦の半音階練習や、
ストレッチを強化して、最初から、指の間を広げられるよう、
これまで以上に、初歩の初歩から、やり直さないとまずい。

やるべきことは、見えたものの、いまだ雑音はひどすぎるし、
何より弦のチューニングが安定せず、音程が合わないので、
ガットギターの録音は、お休みして、アコギに持ち替えれば、
多少は雑音も少ないが、ガットの曲を弾くのは抵抗がある。

クラシックギターに限らず、アコギも、昔から弾いているから、
そこそこ弾ける曲というか、簡単な部分だけを、さらっと弾き、
何となくレパートリーっぽい曲は、まあ、あるにはあるので、
その中でも、簡単そうな曲を、少し練習し、アップすることに。

99年、山崎まさよしの演奏を見て、アコギに再挑戦した時、
ちょうど、季刊「アコースティック・ギター・マガジン」が創刊し、
近所の文教堂には、その前身である、年1回発行のムック、
「アコースティック・ギター」のバックナンバーまで置いてある。

そうしたアコギブームの中、アコギ・マガジンの中心人物の、
南澤大介の編曲集、「ソロギターのしらべ」が、何冊も出て、
「ソロギ」の名称と共に、一大ブームとなり、さらに2002年、
押尾コータローが、メジャーデビューし、アコギ天国の様相。

南澤は、ホームページで、ソロギの質問に、丁寧に答えたり、
楽器店のイベント、クリニックと活躍し、今のソロギの普及に、
かなり貢献したというか、ほとんど、伝道師とも呼べる存在で、
編曲だけでなく、自身の作品も、CDと楽譜を数枚出している。

初のギター作品集のCDと、その楽譜が出たのは、03年で、
その年末に、忘年会の前に、雑誌「現代ギター」を立ち読みし、
しばらく、クラシックギターに、はまったので、99年に始まる、
自分の中のアコギブームは、4年くらいは、続いていたようだ。

ソロ作「イレブン・スモール・ラビッシュズ」の題名は、敬愛する、
マイケル・ヘッジスの、「イレブン・スモール・ローチス」をもじり、
しかも、11曲入りとしていて、冒頭の「ソング・フォー・FG」は、
アコギ・マガジンで、ヤマハFGのデモ音源で弾いた即興の曲。

Gコードを中心にして、ハイポジションを含んだアルペジオが、
印象的な曲で、S&Gのようであり、アール・クルーも思わせて、
すごく気に入って、比較的簡単であり、運指も覚えやすいから、
今でも、アコギを手にすると、指慣らしに爪弾く曲になっている。

ただ、他のレパートリーと同様に、10年以上、うろ覚えのまま、
弾いていたから、原曲よりテンポが早まったり、アルペジオで、
和音は合っていても、弾く弦の順番を、間違えて覚えていたり、
何度も楽譜を確認するも、無意識に、違うフレーズを弾く始末。

最初の数小節で、2弦だけ8フレットを押さえて、1弦と3弦は、
開放弦を鳴らすのだが、左指が寝てしまい、1弦がびびったり、
4弦を弾いてしまったり、左右のコントロールが全然できなくて、
クラシックの基礎のなさは、アコギを弾くにも大きな障害となる。

ソロギの第一人者、南澤大介の、03年発表のソロ作品集から、
前年の「アコギ・マガジン13」で、ギター試奏デモ音源としても、
収録された、「ソング・フォー・FG」を、昔から弾いてたとは言え、
ガットギターの弦が不調だからと、あまりに、やっつけ的です。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


本日の記事内容大変参考になりました。ありがとうございます。

初心者の私ですが弦のキュッキュッという音が気になっていましたが、今回のご説明で原因がわかったような気がします。

弦の押えを二度押ししているときに音が出ているようで、左指のストレッチが必要なようです。何か良い方法を探してみます。
Tommy | URL | 2014/02/08/Sat 20:03 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> 本日の記事内容大変参考になりました。ありがとうございます。
初心者の私ですが弦のキュッキュッという音が気になっていましたが、今回のご説明で原因がわかったような気がします。
弦の押えを二度押ししているときに音が出ているようで、左指のストレッチが必要なようです。何か良い方法を探してみます。




弦の雑音は、プロでも出ていて、巨匠セゴビアでも同様なのですが、
自分の雑音は、あまりにひどいので、原因を探ってみたところです。

教則本などには、ポジション移動時には、いったん指をうかすとか、
フラットワウンド弦を使う、指先が乾燥しないように、とあります。

自分の場合、押さえた時、指の位置が安定しないのが、一番ですが、
弦から離す際も、こする癖があって、本当、初級からやり直しです。
ギターマジシャン | URL | 2014/02/09/Sun 03:13 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.