僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジョンがリンゴに語りかけるように歌う、「恋に落ちたら」
ビートルズの初主演映画の、「ア・ハード・デイズ・ナイト」
(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)には、
リハーサルや、テレビの公開放送など、演奏シーンが多く、
物語とは切り離しても、さながら、PVのように、楽しめる。

タイトル曲の流れる中、追い回すファンから、走って逃げ、
列車に乗り込むオープニングに続き、貨物車両へ移動し、
積み込んである楽器で演奏する、すごく無理のない設定、
ダンスホールでのBGMが、彼らの曲なのも、妥当な感じ。

何より、印象的なのが、翌日のテレビ局での、リハーサル、
ドラムのセッティング中に、ふてくされてしまったリンゴに、
機嫌を直せよ、とばかり、歌いかけるジョンの場面であり、
何度見返しても、この曲の始まる流れは、感心してしまう。

大道具・小道具の人たちが、舞台狭しと、セットを並べて、
カメラクルーも、機材を準備、あれこれ動き回っている中、
よし、こっちも音出しをしとこうよと、客席から舞台へ移り、
スタッフに混じり、楽器のセッティングを始めるビートルズ。

床に落としたドラムスティックを、ADが拾ってくれたものの、
いたずら半分、シンバルを叩かれ、大事な楽器に触るなと、
怒るリンゴを見て、「ドラムは、あいつの恋人なんだよ」と、
ジョージは、困惑しているADに、とりなすように声をかける。

ポールは、きょとんとして、「どうしたの」とジョージに尋ねて、
「だいぶ、おかんむりらしいや」、すると、雰囲気を察したか、
ジョンはギターを抱えるや、「ハハ、まあ見てろって」と言い、
リンゴに向かって、「恋におちたら」のイントロを歌い始める。

ほっといてくれよ、という仕草で、ドラムをセットするリンゴに、
ジョンは追い回すように歌い続け、ジョージが伴奏を加えて、
ポールもドラムを囲むように立つと、リンゴも気を取り直して、
ドラムを叩き始めて、ジョンとポールのハーモニーへと移る。

もともと、ドラムが後から加わる曲で、脚本家がひらめいて、
こうした設定にしたのか、あるいは、シナリオが先行していて、
それに合わせ、ギターのみで始まる曲を、ジョンが書いたか、
どちらか不明だが、とにかく、見事すぎると、本当感動もの。

いかにも、4人だけの練習という感じで、局のスタッフたちは、
演奏には、おかまいなしと、脇を通って、機材を運び続けて、
置いてくれたアンプに、寄りかかったジョージが、こけたり、
演奏後、ジョンとポールがドラムに注文しつつ、ふざけたり。

この場面は、Youtubeで、日本語吹き替え版も見られるので、
自分が中学の頃、土曜の午後あたりに、放送していたとおり、
広川太一郎のジョンに、高橋元太郎のポール、堀勝之祐が、
ジョージで、鈴木やすしがリンゴの、懐かしい声優が聞ける。

広川太一郎の吹き替えは、二枚目でいて、おどけた面を持つ、
この映画でのジョンの役回りに、ぴったりすぎるくらい見事で、
自分にとってのジョン、とぼけて、皮肉屋の、やや自分勝手で、
気まぐれで、愛すべきジョンを、イメージづけた一因でもある。

ついでに書いておくと、「愛と平和の使者」といったイメージは、
ヨーコが作り上げて、世間一般に広まっていったような気がし、
もちろん、革命だの、愛だの、平和だの歌ったジョンであるが、
ナイーブで傷つきやすく、道化と皮肉をまとった人と思ってる。

「恋におちたら」の場面は、昔、アルフィーがコントにしていて、
その番組が、サザンの桑田の「メリー・クリスマス・ショー」だか、
タモリの「今夜は最高」あたりだったか、記憶が曖昧なのだが、
内容だけは、鮮明に覚えて、ビートルズ関連だと、印象に残る。

本来ベースの桜井だが、リンゴの役で、ドラムをセットしていて、
坂崎が、ジョンよろしく、ギターを弾きながら、歌いかけていくと、
ドラムが入る直前、弁当が届いて、坂崎も高見沢も演奏を中断、
いなくなり、残った桜井は、スティックを空振りし、床に倒れこむ。

まるで、クレイジー・キャッツばりの爆笑コントに、大受けしたし、
モンティ・パイソンが、架空のバンド、ラトルズのドキュメントで、
パロディにしたときも、ビートルズの冒涜だと、憤慨することなく、
よくやってくれたと、手放しで喜ぶ自分は、ファンとして、どうか。

ビートルズの映画「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」の、印象的なシーン、
ジョンがリンゴに語りかけるように、歌い始めて、2人が加わり、
待ちかねたよう、ドラムが入ってくるという、見事すぎる展開が、
大好きな、「恋におちたら」を、ジョンになりきって、歌いました。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


来たー!
ギターマジシャンさん こんにちは。
来ましたね“イフ・アイ・フィル”。
ハモリばっちりですね。私もジョン・パートを歌いたくて練習してますが正しかったと
ギターマジシャンさんの演奏を聞いて確認しました。
ポール・パートの高音部も決まってますね。
マサジョン | URL | 2014/01/19/Sun 16:34 [編集]
Re: 来たー!
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんにちは。
来ましたね“イフ・アイ・フィル”。
ハモリばっちりですね。私もジョン・パートを歌いたくて練習してますが正しかったと
ギターマジシャンさんの演奏を聞いて確認しました。
ポール・パートの高音部も決まってますね。



中学時代に持っていた、バンドスコアで覚えたジョンのパートと、
今使っている全曲スコアは、微妙に違っていて、自分の音感では、
どちらが正しいか不明で、全曲スコアの方で、覚えなおしました。

ポールの部分は、高音が出なくて、かなりフラットしてます…。
ギターマジシャン | URL | 2014/01/19/Sun 18:33 [編集]
いい感じです
ギターマジシャンさん
おはようございます。
名曲ですね。
ジョンのパートもしっかり取られていますね。
全体の雰囲気もばっちり出ています。
僕も以前何度か録音載せました時ギターマジシャンさんにいろんなお話いただきました。

僕もシンセを買う検討をしているのですが、PCを買ってしまったため、買うとしてもまだ当分先になりそうです。
ST Rocker | URL | 2014/01/20/Mon 06:47 [編集]
Re: いい感じです
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん
おはようございます。
名曲ですね。
ジョンのパートもしっかり取られていますね。
全体の雰囲気もばっちり出ています。
僕も以前何度か録音載せました時ギターマジシャンさんにいろんなお話いただきました。



ST Rockerさんは、たしか耳コピされて、この複雑なハーモニーを、
ブログで再現されていたので、その音感には、いつも驚いています。



> 僕もシンセを買う検討をしているのですが、PCを買ってしまったため、買うとしてもまだ当分先になりそうです。



今の、ピアノ、ギターによる演奏や、アカペラでもすごいので、
シンセが加わると、かなり本物にせまる演奏になりそうですね。
ギターマジシャン | URL | 2014/01/20/Mon 07:21 [編集]
心憎いほど・・・
ギターマジシャンさん、こんばんは(^^)

いやぁもうバッチリですよですよ♪
ハーモニーもステキだし、とっても良い雰囲気。
ひとり何役もこなすのはいつもながらさすがです!

ところで英語の歌詞をスムーズにうまく歌うコツってなんでしょう?
やっぱり練習あるのみ??
ちゃらこ | URL | 2014/01/20/Mon 23:55 [編集]
Re: 心憎いほど・・・
いつも、コメントありがとうございます。



> ギターマジシャンさん、こんばんは(^^)
いやぁもうバッチリですよですよ♪
ハーモニーもステキだし、とっても良い雰囲気。
ひとり何役もこなすのはいつもながらさすがです!


各楽器を、ダビングしていくのは、ブログ当初から、
やってるので、慣れた手順で、サクサク進みますが、
ハーモニーは、苦手な歌の苦労も、倍増しています。


 
> ところで英語の歌詞をスムーズにうまく歌うコツってなんでしょう?
やっぱり練習あるのみ??



英会話が苦手で、自分の発音は、カタカナ英語ですし、
ビートルズの歌詞は、中学時代に、耳から覚えたので、
歌詞カードを見たら、逆に、音符と合わなくなります。

聴いた感じに、つなげて歌うと、雰囲気が出せますね。
ギターマジシャン | URL | 2014/01/21/Tue 02:30 [編集]
面白い逸話ですね。
ビートルズといえども、普通の若者であり当然、色々葛藤やわがままも
あるわけで、そういう面をマスコミはネタにしちゃうんで、ま、色々ストレスも
合ったでしょうね。
またこのギターマジシャンさんテイクは素直な感じでスッと耳に入ってきますし
またボーカル録りもされましたか。
演奏と違ってボーカルはまた、違う世界の音楽であり、色々チャレンジ
されるギターマジシャンさんの向上心には拍手いたします。
ひょい。 | URL | 2014/01/22/Wed 20:50 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 面白い逸話ですね。
ビートルズといえども、普通の若者であり当然、色々葛藤やわがままも
あるわけで、そういう面をマスコミはネタにしちゃうんで、ま、色々ストレスも
合ったでしょうね。
またこのギターマジシャンさんテイクは素直な感じでスッと耳に入ってきますし
またボーカル録りもされましたか。
演奏と違ってボーカルはまた、違う世界の音楽であり、色々チャレンジ
されるギターマジシャンさんの向上心には拍手いたします。




ビートルズの映画の脚本家は、4人へ何日かの密着取材を敢行して、
彼らの性格、言動を踏まえて、ドキュメント風に仕上げたそうです。

自分のボーカルは、本来なら、アップできるレベルでないのですが、
年末からのビートルズ熱に浮かされ、次々に歌ってしまっています。
ギターマジシャン | URL | 2014/01/22/Wed 22:54 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/01/25/Sat 08:01 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


ちょっと悩んでいた、PC環境へのアドバイスを、ありがとうございます。
すごく参考になります。
ギターマジシャン | URL | 2014/01/25/Sat 09:19 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.