僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
冬のCMの定番曲、「私のお気に入り」を、江部のギター編曲で
20年以上も続くCMで、いつの間にか、冬の京都の、
代名詞のようになった、「私のお気に入り」なのだが、
もともとは、「サウンド・オブ・ミュージック」の劇中歌で、
冬でもなければ、ましてや、旅とも京都とも関係ない。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」は、64年公開で、
自分が母に連れられて、有楽町まで見に行ったのは、
小学生の時だから、名画座だか、洋画好きの母には、
字幕も読めない頃から、あちこちと、つき合わされた。

NHK「みんなのうた」で覚えたか、音楽の授業だか、
「ドレミのうた」を歌っていたから、その曲が出てくる、
ミュージカル映画だと、母に誘われて、見に行ったが、
自分の覚えていた歌詞と違うのに、だまされた気分。

「ドはドーナツのド」だったのが、字幕では「ドラム」で、
確か他のところも、かなり違ったのに、がっかりして、
映画のストーリーや、他の場面より、そのことだけが、
今もって、すごく印象に残っているほど、衝撃だった。

当然ながら、原詞では、「ドーナツ」と歌っていないが、
「Deer(鹿)」なのだから、「ドラム」でもなかったわけで、
訳詞の著作権の関係か、あるいは、カバー曲にある、
競作盤、本命盤みたいに、いくつも流布していたのか。

そんなわけで、「私のお気に入り」を、どこで歌ったか、
まったく記憶になくて、今回Youtubeで、確認したら、
嵐を怖がって、主人公マリアのベッドに集まってきた、
子供たちに、気を紛らわせるように、歌う場面だった。

パジャマ姿で、寄り添うようにして、集まってくる場面は、
プログラムの写真にもあったから、やや覚えていたが、
マリアの歌い方は、すごく早口で、2分くらいの歌だから、
「エーデルワイス」などに比べ、印象も薄かったのかも。

20歳前後、渋谷河合楽器で、ジャズギターを習った頃、
ギターばかりでなく、ピアノやサックスなどの演奏も聴き、
アドリブの参考にすると良いし、何よりも、一つの楽器、
ジャンルでなく、広く音楽に触れるようにと、教えられた。

ジャズの名盤・名演と呼ばれるLPを、少しずつ買ったり、
もっぱらエアチェックをした際、あのジョン・コルトレーン、
自分にとっては、フリージャズに近い、難解な奏者だと、
思っていた、サックス奏者が、この曲を演奏したのを聴く。

ピアノトリオを従え、ソプラノ・サックスで奏でるテーマは、
限りなく美しく響き、それでいて、ピアノの和音の響きは、
テンションコードを含み、時に3拍子を、変拍子のように、
アクセントをずらすのなんか、いかにもジャズという感じ。

この演奏を、聴きこんだせいもあり、曲のテンポにしても、
しみついていたが、マリアの歌は、この倍に近い速さで、
今回演奏することにした、江部賢一・編曲の楽譜表記も、
Fastと書かれていて、本当は早く弾く曲なんだと気づく。

ところで、漫画家を目指した小学生の頃、石森章太郎の、
「マンガ家入門」に、題材として掲載された作品の一つが、
「夜は千の目を持っている」で、たくさんの子がいる家に、
歌の好きな家庭教師という、まるで、映画のままの設定。

物語は、父親が、かつてスナイパーという、過去を持ち、
昔の仲間から、もう一度だけ手を貸してくれと、脅されて、
家族を守るために、銃を手にするが、現場にかけつけた、
家庭教師と子供たちの歌声で、犯行を思いとどまらせる。

映画や小説の引用は、赤塚不二夫の「おそ松くん」でも、
チャップリンの「街の灯」や、O・ヘンリーをモチーフにして、
そういった作品を、単なるパロディやオマージュにはせず、
どこまで換骨奪胎できるかが、腕の見せどころなのだろう。

「夜は千の目を持っている」は、先のジョン・コルトレーンが、
「マイ・フェイバリット・シングス」と、同時期に録音しているが、
別のLPで発表されるのは、数年後で、その前に描いてる、
石森章太郎との、題名の符合は偶然なのかと、興味深い。

JR東海のCMで、お茶の間にもおなじみ、元は映画音楽の、
名曲、「私のお気に入り(マイ・フェイバリット・シングス)」を、
いつもの、江部賢一による、珠玉のギター編曲で弾くものの、
本来のテンポより遅いうえ、それでも慌ただしい演奏です。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


今回も心地好く聴かせて頂きました。
心の琴線に触れると言いますか、
物悲しさ、切なさを感じずにはいられない、
素晴らしい曲ですね。
素晴らしい演奏有難うございました。
よねちゃん | URL | 2014/01/12/Sun 00:08 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 今回も心地好く聴かせて頂きました。
心の琴線に触れると言いますか、
物悲しさ、切なさを感じずにはいられない、
素晴らしい曲ですね。
素晴らしい演奏有難うございました。



実際の映画の場面では、「雷なんかは、怖くないんだから。
好きなものを思い浮かべて、元気を出しましょう。」と、
ややコミカルな設定ですが、Emというキーのせいもあり、
京都の風景が浮かんでくると、切ない気分になりますよね。


ギターマジシャン | URL | 2014/01/12/Sun 00:24 [編集]
夢見る少女
これ 私とってもすきで 鼻歌にして 歌いました。

ドレミの歌も、エーデルワイスも
自分が 山の上で、マリアになって踊るように・・・
ついつい主演になっていた夢見る少女は 今も健在???!。
漫画家志望のほうがまだかわいいかもしれない(笑)

kao | URL | 2014/01/12/Sun 22:29 [編集]
Re: 夢見る少女
いつも、コメントありがとうございます。


> これ 私とってもすきで 鼻歌にして 歌いました。
ドレミの歌も、エーデルワイスも
自分が 山の上で、マリアになって踊るように・・・
ついつい主演になっていた夢見る少女は 今も健在???!。
漫画家志望のほうがまだかわいいかもしれない(笑)



オープニングのシーンを見ても、主人公のマリアも夢見る少女で、
そのマリアを、さらに夢見るわけで、すごくほんわかしてきます。

漫画家志望は、手品師、落語家、プロ野球選手に、ジョン・レノンと、
大忙しの夢見る状態でしたが、今は、多少ましになったと思ってます。
ギターマジシャン | URL | 2014/01/13/Mon 00:28 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.